ゲームファンド ときめきメモリアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ゲームファンド ときめきメモリアルとは、ゲームソフト会社であるコナミ2000年に組成した投資信託ときメモファンドの通称で知られる。投資信託の形態は、バミューダ諸島オープンドエンド型契約型証券投資信託となっている。発売元はマネックス証券

概要[編集]

2000年11月から12月にかけて募集され、1口10,000円、10口から購入可能だった。集められた資金は、SPCである「ときめきカンパニーリミテッド」が発行する社債に投資され、当該SPCは調達した資金を元に、コナミを営業者とする匿名組合の出資を行う。この資金は『ときめきメモリアル3 〜約束のあの場所で〜』(以下、『3』)と、『ときめきメモリアル Girl's Side』(以下、『GS』)の開発資金に当てられた。

償還額は、『3』と『GS』の発売180日後の最終出荷本数に応じて、決定する仕組みであった。10口保有で希望者は『3』のエンディングスクロール(スタッフロールが終わった後に表示される)に名前を載せることができ、20口保有で『3』の限定版(一般販売されたものと外装ケースの色が異なる)がもらえるという特典が付けられた。

特定のテレビゲームソフトの開発資金を「投資信託」という形で調達するというのはゲーム業界初の試みで、ゲーム業界からはもちろん、それ以外の業界からも大きな注目を集めた。

また、この「ときメモファンド」がゲーム業界での投資話としてクローズアップされがちであるが、コナミでは過去に「メタルギアソリッド債」「幻想水滸伝債」と銘打った社債投資の募集も行っている[1]

結果[編集]

募集総額は12億円であったが、実際に申込みがあったのは2,783件・7.7億円に留まり、『3』や『GS』の展開に厳しい影響を与える遠因になった。その後、2003年2月に1口あたり10,088円が償還された。10,000円に対しわずか88円であっても利益を出していることになるが、実際には投資時に3.15%の手数料が発生するため、最低投資単位である10口を購入した場合、必要資金は10,000円×10口×手数料3.15%=103,150円であるのに対して償還額は100,880円であることとなり、その差はマイナス2,270円であり、投資家側から見れば元本割れが生じていることとなる(手数料を取得原価に加味することは有価証券売却益の課税方法を見れば明らかな通り投資の世界では当然のことである)。

この厳しい結果が尾を引いたことや、テレビゲーム市場の大きな変化もあって、その後ゲームファンドに目立った動きはなくなってしまった。

影響[編集]

ファンドの利益結果について、畑健二郎が『週刊少年サンデー2004年10号(同年2月18日発売)に掲載した読切漫画『ハヤテの如く』(後の『ハヤテのごとく!』の原形)において、「ときメモファンドが元本割れした」と取られかねない表現をし、コナミの抗議を受けて小学館がサンデー誌面で謝罪した(登場キャラクターである誘拐犯が、その借金の原因として「ときめもファンド」の名を叫んでいた)。公式ガイドブックに掲載されている『ハヤテの如く』では修正されている。詳細については「畑健二郎」の項目を参照のこと。

なお、コナミの組織再編で誕生したコナミデジタルエンタテインメントは、KONAMIのクレジットで同作のアニメのスポンサーに名を連ねており、トレーディングカードゲームコンピュータゲームを発売している。また、ニンテンドーDS用ゲーム第2弾では、『ときめきメモリアル』シリーズに登場した制服3種類[2]がアイテムとして登場している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「幻想水滸伝債」、「第二回メタルギアソリッド債」発行のお知らせ
  2. ^ 『1』のきらめき高校(旧制服)、『2』のひびきの高校、このファンドの対象の一つである『GS』のはばたき学園の女子制服(旧制服)。