ときメモ・カフェ「エコル」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ときメモ・カフェ「エコル」は、かつて東京原宿にあった『ときめきメモリアルONLINE』のプロモーションを目的にしたコスプレ喫茶複合カフェである。コナミの公認により、オーバーロード株式会社[要出典]によって運営されていた。本項では同店の移転、業態変更により登場したライブハウスカフェバー(ライブハウスバー)赤坂ライブシアターエコル(あかさかライブシアターエコル)についても記述する。

ときメモ・カフェ「エコル」[編集]

原宿駅側から見た竹下通り。画面右の緑の廂の看板のある建物が入居していたル・ポンテ。

2005年11月12日13日のプレオープンの後、同月19日に原宿竹下通り入口にオープンした。店内は学食風に作られていて、店員は『ときめきメモリアルONLINE』のコスプレをし、「エコル生徒」と称して接客していた(一部のイベント時除く)。また、BGMは『ときめきメモリアル』シリーズの曲が流されていた。

『ときめきメモリアル』シリーズのキャラクターや楽曲等の名前を冠した食事を取りながら、店内の端末で『ときめきメモリアルONLINE』のプレイを楽しむことができた他、『ときめきメモリアル』シリーズ関連グッズの販売や関係者のトークショー、ライブアイドル関連イベントなども定期的に行われていた。

2006年8月18日には、同店舗のウェイトレスら9名によるアイドルユニット「ecole merveille:Rouge」(エコル・メルヴェイユ・ルージュ)の結成が発表され、同年9月21日にCDデビューした。

オープンから1周年を迎えた2006年11月19日の営業を最後に、フル・リニューアル期間に入るとの名目で休業した。同年12月1日に赤坂への移転と「赤坂ライブシアターエコル」への店名変更が発表された。

所在地

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-14-2 ル・ポンテ3階 ※閉店後は、全く関係のない飲食店が入居している。

交通機関

赤坂ライブシアターエコル[編集]

前述の通り、原宿の閉店後、赤坂への移転が発表された。この移転先となったのは、これまで株式会社アクシス・ミュージックがライブハウス「Live Factory FUN」として運営していた施設である。2006年12月22日のオープンにあたり、旧「エコル」の店名と「学校」のコンセプトを継承しつつ施設を改装しているが、その一方『ときめきメモリアル』シリーズのアンテナショップとしての役割はほぼなくなり、サブカルチャー全般の色を出したものとなった。

店内では飲食店としての営業の傍ら、休日など不定期にライブなどのイベントが行われていた。

2007年6月に公式サイトのリニューアル移転などを行ったが、同年7月24日に公式サイト上で7月31日限りでの営業終了が発表され、7月31日付けの営業を最後に閉店した(エコルの完全閉店)。なお、施設は同年9月以降「AKASAKA LIVE SPACE TENJIKU」として同社が引き続き使用している。

「エコル」運営終了日である2007年7月31日は『ときめきメモリアルONLINE』のサービス終了日でもあり、「エコル」の終了は『ONLINE』の終了を受けてのものである。

所在地

〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-1 赤坂山王会館地下1階

交通機関

ライブ等で登場したアーティスト[編集]

なお、トークライブについては省略する。ときメモ・カフェ「エコル」時代から引き継いだ特徴として、ライブアイドル関係が多く見られた。

エコル・メルヴェイユ・ルージュ[編集]

2006年8月18日に結成し、9月21日にシングル「もっと!モット!ときめき Rouge 2006」(『ときめきメモリアル』の主題歌のロングバージョン「もっと!モット!ときめき」のカバー)でCDデビューした、同店キャストらによって構成されるライブアイドルユニット。『ときメモ・カフェ「エコル」』時代では、『ときめきメモリアルONLINE』のコスプレをして歌っていた。

2007年6月にメンバーのほとんどを交代し、エコル完全閉店後はユニット名を略称である「エコメル」に改名した。

週刊エコル放送室[編集]

2006年10月6日から2007年3月まで音泉で毎週金曜日に配信されていたインターネットラジオ。同店内で収録され、上述エコル・メルヴェイユ・ルージュなどの同店キャストが出演していた。『ときメモ・カフェ「エコル」』として2か月、『赤坂ライブシアターエコル』として4か月続いた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]