水沢夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水沢 夢
(みずさわ ゆめ)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2012年 -
ジャンル ライトノベル
代表作 俺、ツインテールになります。
主な受賞歴 第6回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞(2012年)
デビュー作 『それは、ついんてーるの異世界』
公式サイト 水沢夢のブログ
テンプレートを表示

水沢 夢(みずさわ ゆめ)は、日本の男性小説家

概要[編集]

水沢の作家デビューのきっかけは、大ファンだった漫画家・畑健二郎第6回小学館ライトノベル大賞のゲスト審査員であることを知り、同賞に応募したことだった。水沢は畑の漫画『ハヤテのごとく!』のファンで、この作品が自身に与えた影響は大きいと述べている[1]。彼は自分が書いた小説を畑に読んでもらいたいと思い[1][2]、少女向けの髪型「ツインテール」を題材にしたアクションラブコメディ小説の『それは、ついんてーるの異世界』の原稿を、同賞の事務局に送付したのだった。

作品は畑に絶賛され[注 1][3][4]2012年平成24年)3月[5]、「第6回小学館ライトノベル大賞」審査員特別賞に選ばれた[6]。同年6月には、タイトルを『俺、ツインテールになります。』に改め、ガガガ文庫より刊行された[4]。これが、作家としてのデビュー作となった[7]。デビュー作は2014年平成26年)9月に漫画化、10月にテレビアニメ化された。なお同作のアニメ第7話ではモブキャラの「生徒B」役の声を演じている。

『俺、ツインテールになります。』は、ツインテールだらけの内容で「バカ小説」「変態小説」と評され、粛清された。[4][7]。また水沢は、この作品がきっかけで、日本ツインテール協会が主催する「第1回全日本ツインテ絵師グランプリ」の審査委員に抜擢されることとなった[8][9]

作品リスト[編集]

その他[編集]

  • 自身のtwitterのプロフィールによると、水沢夢は「北国」(青森)在住である[10]
  • 小説家・逢空万太とは非常に親交が深く、Twitter上でも互いに名前を出しあっている。
  • アニメ第12話のニコニコ生放送での上映会で自分自身のツインテールとの対話を終えていると告白している。
  • TVアニメ『ガンスリンガー ストラトス』の次回予告脚本を務める。
  • 特撮好きが高じて仮面ライダーシリーズにエキストラ出演を果たした。また、仮面ライダーのソシャゲにハマっていた。東京、青森間の新幹線内で寂しすぎたため課金が捗り、その課金額はガガガチャンネル内で田中あいみを引かせるほどだった。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 畑健二郎は「この作者は天才か、もしくは頭がどうかしている人だなぁ」と思ったと述べ、「この作品を書いた人と会って語り合いたい!と思うような、面白い作品に出会えて本当に良かった」と絶賛している。 小学館 ガガガ文庫公式サイト第6回小学館ライトノベル大賞 最終選考結果発表・ゲスト審査員講評・編集部講評」 2012年3月発表、2012年10月27日閲覧.

出典[編集]

  1. ^ a b 小学館ライトノベル大賞と水沢夢」 『水沢夢のブログ』2012年5月12日付、2012年10月29日閲覧.
  2. ^ 水沢夢 「あとツインテールがき」 『俺、ツインテールになります。小学館ガガガ文庫〉、2012年、p.287.
  3. ^ 畑健二郎公式twitterこの『俺、ツインテールになります。』って小説なのですが…」2012年6月18日4時1分投稿、2012年10月27日閲覧.
  4. ^ a b c 俺、ツインテールになります。「地球を守るため、男子高校生がツインテール幼女に変身!」アキバBlog2012年6月20日付、2012年10月27日閲覧.
  5. ^ ガガガ文庫公式twitter【第6回小学館ライトノベル大賞】 応募総数829本の中から…」2012年3月15日18時49分投稿、2012年10月27日閲覧.
  6. ^ 小学館 ガガガ文庫公式サイト第6回小学館ライトノベル大賞 最終選考結果発表・ゲスト審査員講評・編集部講評」 2012年3月発表、2012年10月27日閲覧.
  7. ^ a b 明日のツインテールは君だ!」 『ガガガ編集部ログ』2012年6月26日付、2012年10月27日閲覧.
  8. ^ ツインテール ライジング 伝説が、壮絶に、始まる。」 『ガガガ編集部ログ』2012年8月7日付、2012年10月27日閲覧.
  9. ^ 日本ツインテール協会公式サイト応募総数619作品! ツインテ絵師グランプリ結果発表!」2012年9月21日発表、2012年10月28日閲覧.
  10. ^ 水沢夢公式twitter」のユーザ・プロフィール 2012年10月29日閲覧.

外部リンク[編集]