ハルキゲニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハルキゲニア
生息年代: 525–505 Ma
Hallucinogenia.jpg
三種のハルキゲニア:H. sparsaH. hongmeiaH. fortis の復元図
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
約5億2,500万- 約5億0,500万年前
古生代カンブリア紀前期中盤[カエルファイアトダバニアン末期]- 中期後半[セントデイヴィッズメネヴィアン中期])
分類
: 動物界 Animalia
上門 : 脱皮動物上門 Ecdysozoa
階級なし : 汎節足動物 Panarthropoda
葉足動物 "Lobopodia"
: 有爪動物門 Onychophora[1]
: (和訳なし) Xenusia
: † (和訳なし) Scleronychophora
: †ハルキゲニア科 Hallucigeniidae
Conway Morris1977
: ハルキゲニア属 Hallucigenia
学名
genus Hallucigenia
Conway Morris1977
タイプ種
Hallucigenia sparsa
Conway Morris1977
シノニム
Canadia sparsa
Walcott1911
和名
ハルキゲニア
英名
Hallucigenia
下位分類群(

ハルキゲニア学名Hallucigenia)は、約5億2,500万- 約5億500万年前、古生代カンブリア紀の海に生息していた動物澄江生物群、および、バージェス動物群に属するものの一つである。

アイシュアイアと共に、葉足動物Lobopodia)として代表的な一属である。爪の構造により、ハルキゲニアは系統的に現生するカギムシを含んで有爪動物に近いものとして考えられている[2]

呼称[編集]

属名 Hallucigeniaラテン語: hallucinatio 「夢みごこち、夢想」からの造語で、その後半を省略した上で、「〜を生むもの」といった意味の接尾辞英語: -gen; フランス語: -gène)をおそらく添えたもの。夢に出てきそうな不思議な姿を指したものか。多くの文献では「幻覚のような (like a hallucination) 」といった意味であるとする[3]。また、中国語では「怪誕蟲」(guàidànchóng; グアイダンチョン)と呼ぶ。

特徴[編集]

H. sparsaの生態復元想像図

全長約0.5- 3.0cm。円柱状の胴体に、7対(H. sparsa)ないし8対(他2種)の細長い脚が備えている。その先端には1対の爪があり、構造は現生するカギムシのものによく似ている[2]。背側はほぼ脚の対数に応じて、数対の硬質な棘が並んでいる。この棘の表面は、鱗のような構造に満たされている。頭部はやや細長く、1対の眼がある。口の内側には環状の歯がある。また、"首"に相当する部分には触手様の付属肢が数対備えている。

よくカイメンや有機堆積物と共に発見される化石標本の状況から、カイメンを捕食し、または屍肉をあさる腐肉食の動物であったと考えられている。

発見と復元の経緯[編集]

バージェス頁岩累層から見出されたハルキゲニアの化石(米国、スミソニアン博物館所蔵)

本種は、カナダはブリティッシュコロンビア州バージェス頁岩カンブリア紀中期後半、約5億500万年前に属す)にて、1911年米国人古生物学者チャールズ・ウォルコットによって発見された。彼はこれを環形動物・多毛類カナディアに属するものと判断した。

英国人古生物学者サイモン・コンウェイ・モーリスen)によってHallucigenia sparsaとして再記載[4]された(1977年)。このとき、彼はこの動物を、細長い体の腹面に長い(とげ)が歩脚のように2列で並び、背面に触手が縦一列に並ぶ形で復元した。腹面にある棘状の脚で海底を移動し、背面にある細長い触手を自在に伸ばしては、その先端部にあるはずの口で餌を吸い取るようにして食べていたのではないかと想像したのである。

また一方で、現存するいかなる動物からも掛け離れたそのような復元像をあり得ないものと考え、他の生物の付属肢が脱落したものではないかとも言われていた。

ところが、1984年以降、中国雲南省澄江生物群(カンブリア紀前期中盤、約5億2,500万- 約5億2,000万年前に属す)から近縁種 H. fortis化石が発見され始める。 そして、記載当時からの復元像が誤りであり、上下を逆さまにしたものであったことが判明した(後に前後も逆であったことが判明する・後述)。 以来今日では、棒状の細長い胴体の腹面に7対の細長い脚を、背面には防御用であろう2列の鋭い棘を持つ、極めて特徴的なトゲトゲした外見の生物として復元される。触手と思われていたものは、節の無い柔らかな歩脚であるとしている。

さらに2015年、ケンブリッジ大学のマーティン・スミスらの調査によりハルキゲニアの化石から一対の目と小さな環状の歯が発見された。従来頭部とされてきた球状の物体は、泥に押しつぶされた際に腸から押し出された内容物であったことが示唆され、従来の復元図は前後逆であったと結論された[5][6]

系統関係[編集]

汎節足動物

アイシュアイア





ディアニアミクロディクティオンなど(側系統群)




ハルキゲニア(側系統群)



有爪動物カギムシ





緩歩動物クマムシ




シベリオン




恐蟹綱(側系統群)



節足動物






ハルキゲニアは、一部の葉足動物と共に、有爪動物カギムシ)の初期脇道系統から派生する動物群(ステムグループ有爪動物)として考えられた。特にハルキゲニアは、爪はカギムシと同じく、内側から一層ずつ積み重ねている構造から成り、カギムシとの類縁関係を示唆する[2]。その一方、シベリオン恐蟹綱など、消化腺、特化した前方付属肢、そして鰭(ひれ)のある葉足動物は、節足動物の初期脇道系統の派生群とされた[2]

スケール比較[編集]

バージェス動物群のスケール比較
Anomalocaris canadensis アノマロカリス・カナデンシス 
Laggania cambria ラガニア・カンブリア 
Opabinia regalis オパビニア・レガリス 
Wiwaxia corrugata ウィワクシア・コルガタ 
Pikaia gracilens ピカイア・グラキレンス 
Hallucigenia sparsa (ハルキゲニア・スパルサ)
ヒト()とバージェス動物群のスケール比較
Anomalocaris canadensis アノマロカリス・カナデンシス 
Laggania cambria ラガニア・カンブリア 
Opabinia regalis オパビニア・レガリス 
Wiwaxia corrugata ウィワクシア・コルガタ 
Pikaia gracilens ピカイア・グラキレンス 
Hallucigenia sparsa (ハルキゲニア・スパルサ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 有爪動物のステムグループ(脇道の系統)
  2. ^ a b c d Smith, Martin R.; Ortega-Hernández, Javier (2014). “Hallucigenia's onychophoran-like claws and the case for Tactopoda”. Nature 514 (7522): 363–366. Bibcode 2014Natur.514..363S. doi:10.1038/nature13576. PMID 25132546. http://dro.dur.ac.uk/19108/1/19108.pdf. 
  3. ^ Hallucigenia sparsa | burgess-shale.rom
  4. ^ 生物学上の正式記録。
  5. ^ Martin R. Smith, Jean-Bernard Caron (2015). “Hallucigenia’s head and the pharyngeal armature of early ecdysozoans”. Nature 523 (7558): 75-78.  doi:10.1038/nature14573
  6. ^ カンブリア紀の珍生物「ハルキゲニア」、また復元図が書き換えられる 実は前後も逆だったITメディア、2015年6月26日、同年6月27日閲覧

参考文献[編集]

  • X.ホウ他著、鈴木寿志、伊勢戸徹訳、大野照文監訳、『澄江生物群化石図譜 -カンブリア紀の爆発的進化-』、(2008)、朝倉書店

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本語による[編集]

外国語による[編集]