私がモテてどうすんだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
私がモテてどうすんだ
Watashi ga Motete Dōsunda logo.png
ジャンル 少女漫画ラブコメギャグ逆ハーレム
漫画
作者 ぢゅん子
出版社 講談社
掲載誌 別冊フレンド
レーベル 講談社コミックス別冊フレンド
発表号 2013年5月号 -
巻数 既刊12巻(2017年6月13日現在)
その他 スペシャルアドバイザー:
影木栄貴
アニメ
原作 ぢゅん子
監督 石踊宏
シリーズ構成 横手美智子
キャラクターデザイン たむらかずひこ
音楽 川田瑠夏
アニメーション制作 ブレインズ・ベース
製作 私モテ製作委員会、TBSテレビ
放送局 TBSBS-TBSほか
放送期間 2016年10月 - 12月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

私がモテてどうすんだ』(わたしがモテてどうすんだ)は、ぢゅん子による日本漫画

概要[編集]

略称は『私モテ』(わたしモテ、ワタモテ)。影木栄貴がスペシャルアドバイザーを務めている。

宝島社このマンガがすごい!2015年版オンナ編の第4位作品。第39回講談社漫画賞・少女部門にノミネート、第40回講談社漫画賞・少女部門受賞作品[1][2]

2016年にテレビアニメ化された(詳細は#テレビアニメの節を参照)。

あらすじ[編集]

高校生・芹沼花依は、男同士が仲良くしているのを見て妄想するのが大好きな肥満腐女子だったが、ある日花依は、大好きなアニメキャラが死んだショックで体重が激減し、それがきっかけで美少女に変身。高校の4人の美少年から熱烈なアプローチを受けるようになる。相変わらず腐女子な彼女は、真っ当な恋愛観で接する努力をしながらも、全く実らず、ずれた考えで彼らと接することとなる。

登場人物[編集]

各人物の担当声優情報は、順番にテレビアニメ版 / ドラマCD版のの。1名のみの場合はテレビアニメ版でのキャストを示す。

主要キャラクター[編集]

芹沼 花依(せりぬま かえ)
声 - 小林ゆう / 花澤香菜
本作の主人公3月3日生まれ。高校2年生。保健委員。史学部所属。
BLが大好きな腐女子。少し癖のあるセミロングヘアに巨乳が特徴。非常に太りやすく、また痩せやすい体質。当初は太めの眼鏡女子だったが、アニメ『ミラージュ・サーガ(ミラ・サガ)』のお気に入りキャラクターだったシオンが死んだショックで、1週間も飲食を摂らず部屋に引きこもり号泣し続けた結果、別人のような美少女に変貌してしまう。
間もなく以前から交友のあった男子達に好意を寄せられるが、本人は「乙女ゲーム」的モテ期(逆ハーレム)到来に困惑してしまう。
男子達との初めての団体デートでは嫌われないように腐女子であることを隠し、結局カミングアウトしたものの、何となく受け入れてもらっている。
好きなアニメを見る際は、Twitter(テレビアニメ版では「COMMETTER」と表記)で実況しながら見る。アカウント名は「えっか」。
史学部に所属しているだけあって、大の歴史マニアでもある。カードゲーム『城ガード』やアニメ『甲冑乱舞』なども好む。一方、知識は「衆道の歴史」などと偏っており、各教科で赤点を取るなど勉学にはあまり役立っていない。
手先が器用で縫製技術が高く、コスプレ衣装を自作したりする。また、太っていた頃から運動神経は悪くないが、運動部の助っ人を務めるほどの実力はない。
作中で何度かリバウンドをすることがあるが、そのたびに最終的には痩せる。
テレビアニメで演じた小林ゆうはTwitter上で「前代未聞のヒロイン」と形容している[3]。また第3話のアイキャッチでは花依が小林演じる『進撃の巨人』のサシャ・ブラウスのコスプレを披露している。
六見 遊馬(むつみ あすま)
声 - 島﨑信長古城門志帆(少年時代) / 櫻井孝宏
花依の先輩。高校3年生。史学部所属。メンバー内の最年長者。
長身とセンター分けが特徴。クールな外見に反し、温厚でかつ寛大な性格。天然気味な言動も目立つが、怒らせると非常に怖い。
花依と最も距離が近く、大親友と呼べる存在。実際、痩せた後の花依を一目で気づいている。さらに、周囲の反応に困惑する花依に対し、「優しいのは変わらない」と言う。
男子メンバー内で唯一、花依の趣味に理解を示しており、コミケに参加した際も適応していた。
花依のことを恋愛対象として捉えているか曖昧な節があり、他のメンバーに乗っかる形で参加することが多い。なので、分かりやすくアプローチするような行動は少ない。
幼少の頃、兄・一馬によって蔵の中に閉じ込められたことがトラウマとなり、暗いところが大の苦手。
五十嵐 祐輔(いがらし ゆうすけ)
声 - 小野友樹 / 細谷佳正
花依の同級生。高校2年生。サッカー部所属。
垂れ目と太い眉毛が特徴。爽やかな容姿でクラスの人気者。いち早く抜け駆けして花依と2人きりになろうとするなど、強かな一面も持っている。一方で、直情的な七島・四ノ宮を抑える役回りであることもある。花依の体型がリバウンドした際に、花依の明るくて前向きな優しい性格に気付いたことから、外見だけではなく性格も好きになったことを自覚するようになる。
七島 希(ななしま のぞむ)
声 - 河本啓佑 / 鈴木達央
祐輔と同じく、花依の同級生。高校2年生。元サッカー部所属。
金髪と三白眼が特徴。口は悪いが裏表のない性格。祐輔とは中学時代からの親友で、「ナナ」という愛称で呼ばれる。
アニメ『ミラージュ・サーガ(ミラ・サガ)』の「シオン」に容姿が酷似しているため、花依から「3Dシオン」と陰で呼ばれ、彼女にとって最も好みな顔立ちをしている。希本人もシオンの真似をして花依の気を引こうとすることがある。
少女アニメ『プリプリムーン』が好きな幼い妹の光がおり、妹の影響で『プリプリムーン』の台詞やダンスは全て覚えている。
四ノ宮 隼人(しのみや はやと)
声 - 松岡禎丞 / 神谷浩史
花依の後輩。高校1年生。保険委員会所属。メンバー内の最年少者。
ノルウェー人とのクォーター。色白の肌と茶髪の地毛が特徴。成績優秀な優等生だが、ツンデレでドジっ子な美少年。
当初は花依に対して非常に冷たい態度をとっていたが、彼女が痩せてからは打って変わり、彼女にふさわしい男になろうと意気込んでいる。その反面要領が悪いため失敗を繰り返し、2度ほど花依の胸に顔を埋めてしまったことがある。
巨大なイグアナ「トール」を飼っている。
二科 志麻(にしな しま)
声 - 沢城みゆき / 赤﨑千夏
花依の後輩。高校1年生。「横縞」というペンネーム活躍する同人作家。
切れ長の目とテクノカットとが特徴。凛々しい容姿の持ち主で、同性からの人気が高い。花依とはコミケで知り合い、その時は『灰執事』に登場するセバスのコスプレをしていたため男性だと勘違いされていた。花依が横縞のファンであったことから意気投合し、腐女子仲間となった。同時に、花依を恋愛対象として見ているような言動も多い。花依のファーストキスの相手。BLのカップリングを巡っては、花依と激しく対立したことがある。
人の心に踏み込む「人たらし(悪意なし)」な上、コレクションをきっちり管理する几帳面な性格。即興でかなりうまい絵を描くなど画力も高い。家は大邸宅で図書館のような書庫やフィギュア展示用ルーム、コスプレ用衣装ルームなども持つなどあまりの高レベルっぷりに七島に「チート」「盛りすぎ」と言われた。
中野 あまね(なかの あまね)
声 - 下田麻美 / 瀬戸麻沙美
花依の親友。高校2年生。通称「あーちゃん」。
茶髪のショートヘアをした美少女だが、コミケやアニソンライブ、声優トークショーなどのオタクイベントも一緒に行くオタク・腐女子仲間。
「みっくん」(みこしば)というイケメンの彼氏がいるが、オタク・腐女子の趣味を明かしていない。そのため、その年の冬コミは不参加となった。
激ヤセして美少女となった花依を祝福しているが、縮まなかった巨乳に対しては少し嫉妬している。
三星 建(みつぼしたける)
声 - 蒼井翔太
花依が推している「甲冑乱舞」朱役の声優。18歳だが仕事の激務から休学をして、現在も高校2年生。花依の幼馴染。花依と同じ高校に転校してくる。花依からは「たぁくん」と呼ばれている。今はイケメンだが、幼少の頃の体型は太った花依そっくりだった。花依を手に入れるため色々画策する。

主要キャラクターの家族[編集]

芹沼 拓郎(せりぬま たくろう)
声 - 水島大宙 / 岡本信彦
花依の兄。ヤンキー風の大学生。赤毛と両耳に開けたピアスが特徴。
花依のオタク・腐女子趣味に辟易しており、当初は「デブ」等と罵っていたが、痩せて美少年たちと交流を持つようになってからは色々と気遣っている。六見のことは初対面での出来事から非常に警戒している。
芹沼 みつこ(せりぬま みつこ)
声 - 杉本ゆう / ならはしみき
花依の母。太めの体型で、外見は痩せる前の花依そっくり。1週間も飲食せず部屋に引きこもっていた娘を心配していたが、花依が美少女へ変貌を遂げたことを拓郎と共に驚愕する。若いころは「痩せたバブリーな美人」でモテていた。
芹沼 英男(せりぬま ひでお)
花依の父。「国家機密にかかわる」仕事をしており、家には正月くらいしか帰ってこない。
花依の祖母
太めの体型で、痩せる前の花依とその母そっくり。若いころは痩せていておしゃれだった。夫婦そろってコスプレにはまる。
花依の祖父
禿頭だが、若いころはイケメンだった。若いころの自分にそっくりと言われた五十嵐は「将来ハゲるのでは」と非常に焦っている。
六見 一馬(むつみ かずま)
声 - 中村悠一新田早規(少年時代) / 諏訪部順一
遊馬の兄。大学生。弟に負けず劣らずの長身。
実家を離れて一人暮らしをしていたが、教育実習生として出身校である花依たちの高校に来る。初代史学部部長。遊馬とは対照的によく喋る快活で明るい性格。花依を巡って遊馬とカードゲーム『城ガード』で対決することになるが、この対決によって遊馬は花依への好意を自覚する。
七島 光(ななしま きらり)
声 - 矢作紗友里
希の妹。幼稚園児。少女アニメ『プリプリムーン』が大好き。

作中劇[編集]

「ミラージュ・サーガ」[編集]

通称「ミラ・サガ」。

シオン
声 - 浪川大輔
七島に似た剣士のキャラクター。作中の戦いに敗れて命を落とし、花依が痩せる原因となる。花依の部屋にはシオンのグッズが溢れており、死亡後は棚に小さな仏壇が設置されている。
後述の朱の登場で花依の中での推しキャラの順位は変わり、「殿堂入り」として別枠扱いにしている。
テラ
声 - 津田健次郎

「甲冑乱舞」[編集]

読みは「かっちゅうらんぶ」、通称「かちゅ☆らぶ」。甲冑を擬人化した女性向け作品。

百鬼鮫虎 (ひゃっき さめとら)
声 - 小野大輔
通称「殿」(との)。朱(あかね)の持ち主で、とある国の武将をイケメン化したキャラ。
彼を装着した状態で必殺技「鮫虎炎角スラッガー」を放つ。
史実では、息子助命の嘆願のため切腹しようとするも、すでに息子はなく、そのことに怒れ狂った鮫虎は、一族を惨殺。それを阻止しようとした一族により返り討ちにあう。
朱(あかね)
声 - 蒼井翔太
殿の甲冑を擬人化したキャラ。戦いの際には甲冑に変化して殿の身を守る。モデルとなった甲冑は「炎角朱塗」。
シオンに次ぐ花依の推しキャラ。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2016年3月11日に別冊フレンド公式サイトにてテレビアニメ化が発表され[20][21]、同年10月から12月までTBSBS-TBSCBCサンテレビにて放送された。第1話の冒頭ではこれまで作者が刊行したBLコミックをベースにした男子カップルが登場している。第1巻から第7巻までのエピソードを基にしているが、一部ストーリーの順序が変更されている。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Prince×Prince」
作詞 - 高瀬愛虹 / 作曲 - no_my / 編曲 - 梅堀淳 / 歌 - From4to7(小野友樹河本啓佑松岡禎丞島﨑信長
エンディングテーマ「ドキドキの風
作詞 - 中村彼方 / 作曲・編曲 - 坂部剛 / 歌 - 村川梨衣
挿入歌「ロスト・ミラージュ」(第1話、第12話)
作詞 - eNum / 作曲・編曲 - 川島弘光 / 歌 - うたのりんこ
挿入歌「かがやき!ときめき!エブリデイ☆」(第8話)
作詞 - ぢゅん子・ミズノゲンキ / 作曲・編曲 - 睦月周平 / 歌 - 五條真由美

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第1話 できるかな?リアル乙女ゲー 横手美智子 石踊宏 加藤壮
第2話 不思議なお部屋と4人のDK 石踊宏 徐恵眞 野田康行
第3話 天高く乙女萌ゆる秋 山本靖貴 川島尚
第4話 クリスマスは聖地で♡ 石踊宏 真野玲 しんぼたくろう (中村プロダクション)
第5話 元に戻ってどうすんだ 石踊宏 野田康行
第6話 カップリング戦争勃発! 山本里織 秦義人 川島尚
第7話 聖地巡礼 かちゅ☆らぶの旅 金春智子 西森章 前園文夫 本橋秀之
第8話 俺はアドバンテージ・マイナス 横手美智子 萩原露光 高野ゆかり、高橋道子
高野やよい、久松沙紀
第9話 海だ水着だ本気出す! 金春智子 山本里織 徐恵眞 鈴木光、飯田清貴
第10話 兄☆襲来! 石踊宏 真野玲 しんぼたくろう
第11話 いざ出陣!!城ガード! 横手美智子 秦義人 加藤壮
第12話 私がモテてどうすんだ 石踊宏 川島尚、田辺よう子

放送局[編集]

TBS系列(サンテレビのみ独立局) / 放送期間および放送時間[22]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [23] 備考
2016年10月7日 - 12月23日 金曜 1:58 - 2:28(木曜深夜) TBSテレビ 関東広域圏 製作局 / 字幕放送
金曜 2:54 - 3:24(木曜深夜) CBCテレビ 中京広域圏
金曜 23:30 - 土曜 0:00 サンテレビ 兵庫県 独立局
2016年10月9日 - 12月25日 日曜 1:00 - 1:30(土曜深夜) BS-TBS 日本全域 BS放送
2016年10月17日 - 2017年1月9日 月曜 1:00 - 1:30(日曜深夜) TBSチャンネル1[24] 日本全域 CS放送 / リピート放送あり

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD初回版 DVD
1 2016年12月21日 第1話 - 第3話 COXC-1201/2 COBC-6931
2 2017年1月25日 第4話 - 第6話 COXC-1203/4 COBC-6932
3 2017年2月22日 第7話 - 第9話 COXC-1205/6 COBC-6933
4 2017年3月22日 第10話 - 第12話 COXC-1207/8 COBC-6934

CD[編集]

タイトル 発売日 規格品番
TVアニメ「私がモテてどうすんだ」囁かないでどうすんだ!? 五十嵐&七島編 2016年12月28日 COCX-39790
TVアニメ「私がモテてどうすんだ」囁かないでどうすんだ!? 四ノ宮&六見編 2016年12月28日 COCX-39791

Web番組[編集]

四×五×六×七』は、2016年10月12日から2017年3月8日までYouTube ColumbiaMusicJpチャンネルにて隔週水曜21時に配信された番組。9月21日にプレ配信が行われた。パーソナリティは松岡禎丞小野友樹島﨑信長河本啓佑の中から2名ずつ担当。

出典[編集]

  1. ^ 第39回講談社漫画賞に14作品がノミネート、受賞作の発表は5月12日”. コミックナタリー (2015年4月3日). 2015年4月3日閲覧。
  2. ^ “講談社漫画賞が決定!DAYS、私がモテてどうすんだ、コウノドリが受賞”. コミックナタリー. (2016年5月16日). http://natalie.mu/comic/news/187384 2016年5月17日閲覧。 
  3. ^ 小林ゆう 公式 2016年10月8日のツイート
  4. ^ 『私がモテてどうすんだ (1)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  5. ^ 私がモテてどうすんだ (2)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  6. ^ 私がモテてどうすんだ (3)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  7. ^ 私がモテてどうすんだ (4)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  8. ^ 『私がモテてどうすんだ (5)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  9. ^ 『CD付き 私がモテてどうすんだ (5) 特装版』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  10. ^ 『私がモテてどうすんだ (6)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  11. ^ 『私がモテてどうすんだ (7)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  12. ^ 『CD付き 私がモテてどうすんだ (7) 特装版』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  13. ^ 『私がモテてどうすんだ (8)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  14. ^ 『缶バッジ付き 私がモテてどうすんだ (8) 特装版』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年3月11日閲覧。
  15. ^ 『私がモテてどうすんだ (9)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年7月13日閲覧。
  16. ^ 『小冊子付き 私がモテてどうすんだ (9) 特装版』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年7月13日閲覧。
  17. ^ 『私がモテてどうすんだ (10)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2016年10月13日閲覧。
  18. ^ 『私がモテてどうすんだ (11)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年1月13日閲覧。
  19. ^ 『私がモテてどうすんだ (12)』(ぢゅん子)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2017年6月13日閲覧。
  20. ^ ぢゅん子「私がモテてどうすんだ」TVアニメ化!腐女子とイケメン4人のラブコメ”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  21. ^ 【私がモテてどうすんだ】TVアニメ化決定!!”. 講談社. 2016年5月2日閲覧。
  22. ^ 放送情報”. TVアニメ「私がモテてどうすんだ」公式ウェブサイト. 2016年8月15日閲覧。
  23. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  24. ^ 私がモテてどうすんだ”. TBSチャンネル. 2016年9月13日閲覧。

外部リンク[編集]

TBS 金曜1:58(木曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
私がモテてどうすんだ