佐藤元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 元(さとう げん、1960年[1]1月1日 - )は、日本アニメーター漫画家メカニックデザイナー東京都出身。

漫画を描く際には「さとうげん」、「松本美奈」、「まつもとみな」、「石神白夜」、「ねこだす」などの名義を使用している。

経歴・人物[編集]

学生時代東映動画スタジオで見学者案内のアルバイトを経てアニメーターとなる。学校卒業後、大手コンピューター会社のプログラマーを務めるが、数ヶ月で退職して、アニメーター(フリーを経て葦プロダクション(現プロダクション リード)、サンライズ安彦良和スタジオ)として活躍後、サンライズの友人とスタジオを設立し、その後独立。1991年に友人と有限会社夢屋を設立。漫画家として活躍していたが、仕事のストレスから健康を害し、2000年代辺りに東映アニメーション作成『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』の原画マンとしてアニメ業界へ復帰し、フリーアニメーター兼漫画家として活動。また1986年から講師も務める。友人帯ひろ志の紹介で中央美術学院アニメコース講師を務める[2][3]

一時期漫画家のあろひろしサトウ・ユウ矢野健太郎らと仲が良く、この4人にゲスト2名を加えた6名で『4Spiritsプラス2』というアンソロジー集を作った。

特撮制作者に同名の人物[4]がいるが、別人である(ただし交遊関係はある)と、自身のブログ「心の元点」2008年5月22日付「特撮関係の佐藤元さん」で表明している[5]

また、証拠としてこの同名特撮制作者と雑誌企画で対談を行ったこと(このときは「さとうげん」名義)を明かしたほか、他の同名別人として日本酒蔵元・気象予報士・サンリオ録音監督・魚イラストレーター・科学警察研究所の毛髪鑑定士(以上、佐藤元)・アニメ『ルパン三世 燃えよ斬鉄剣』のメカニックデザイナー(さとうげん)をあげている。

主な作品[編集]

アニメ[編集]

漫画[編集]

その他[編集]

      • 自身がデザインした水晶の龍の登場人物のパロディで「深志谷(しんしや)」、「湯人(ゆーじん)」が登場する。前者は全国野球拳選手権の優勝者という設定で、じゃんけん勝負をするミニゲームもあるが脱衣要素がある訳ではない。後者は隠しキャラで、水晶の龍のイベントシーンと同じポーズを取っている。なお、本作は2010年8月25日にゲームアーカイブスで配信されている。
  • テクノポリス - マスコットキャラをデザインしている。弟分の雑誌の『MSX・FAN』などにも広告マンガを連載。
  • クイズ赤恥青恥(街の回答者として登場。テロップの職業は漫画家)
  • バッファローのハードの取扱説明書のカットを描いている。
  • こみっく☆さ~ふぃん 電脳世界のクリエイターたち

脚注[編集]

  1. ^ 『おやすみ!わたしのサイボーイ』徳間書店
  2. ^ [1]
  3. ^ 「帯ひろ志先生のご冥福をお祈りいたします。」
  4. ^ ゴジラvsキングギドラ(オプチカルエフェクト)、ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(デジタルエフェクト)、ゴジラ×メカゴジラ(エフェクトアニメーション)などに関わっている。
  5. ^ 特撮関係の佐藤元さん
  6. ^ フウムーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  7. ^ 本山一城本山理咲、いが2、うり坊、大丸ロケット、足柄空之介、水戸いずみとの共著。

外部リンク[編集]