てなもんやボイジャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
てなもんやボイジャーズ
OVA
原作 月村了衛、てなもんやプロジェクト
監督 新房昭之
キャラクターデザイン 石浜真史
メカニックデザイン 鉄羅紀明、紺野直幸岡田有章
アニメーション制作 スタジオぴえろ
製作 バンダイビジュアル、スタジオぴえろ
発表期間 1999年6月25日 - 1999年12月18日
話数 全4話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

てなもんやボイジャーズ』は、1999年に発売されたOVA作品。全4巻。

解説[編集]

スタジオぴえろ作のOVA作品。往年のバラエティヤクザ映画SFの世界観でまとめたストーリー。ナレーションに来宮良子を起用するなど、高めの年齢層に向けた意欲作であったが、ヒットには至らなかった。逆にその特殊性より、最近までスタジオぴえろの作品履歴にも掲載されていなかった(ぴえろ作品一覧を参照)不遇の作品である。

2010年1月時点で、スタジオぴえろの公式HP上では作品情報のOVAの作品年表内で1巻から4巻までしっかり紹介されている。

あらすじ[編集]

女子の就職超氷河期、教職志望の花菱アヤコは地球での就職を諦め、宇宙の果ての高校に就職することになった。
ところが赴任早々、学校が経営難で閉鎖したため、アヤコはいきなり路頭に迷う羽目に。
アヤコは同じく地球からの留学生である七宮若菜と共に、地球に戻る旅を始めることを決意する。そこにヤクザ組織の元大幹部のパライラも加え、3人での銀河無宿旅が始まってしまうこととなる。
だが、追い打ちをかけるかのように、彼女たちの行く先では様々な大トラブルが待ち構えていた……。

登場キャラクター[編集]

花菱アヤコ
- 高橋美紀
主人公。教師志望。女子就職大氷河期に銀河の果ての高校に就職を果たすも、その途上で赴任先の高校が経営破綻で閉鎖してしまったため、(赴任のための渡航日数も含め)内定からわずか25日で失業。留学のため一緒に渡航していた七宮若菜と共に、無一文で銀河の果てに放り出されるという超不幸に見舞われる。赴任予定だった元高校の校舎に理機士に乗って不時着したパライラと出会い、彼女と若菜の三人で地球への帰還を目指す。教師らしく面倒見が良いが、常にマイペース。たとえ戦艦から砲撃されても「あっちょんぷりけ」で済ませてしまうほど。知識はそれなりに豊富なようで各巻でよく授業をしている。パライラに対してもちゃん付けで呼ぶ。第三巻ではビギナーズラックでカジノで大勝し恐るべき額を稼ぎ出した。名前の由来は花菱アチャコ
七宮若菜
声 - 川上とも子
地球からの留学生。スポーツ超万能で、スポーツ特待生としてアヤコと共に留学するも学校の閉鎖で無一文となってしまい、アヤコ、パライラと共に地球を目指す。明るく明朗快活で負けん気が強く、意志も固い。パライラとは良く喧嘩をしているがいざと言うときは息を合わせる。「何が何でも地球に帰る」事を誓っており作中何度もアヤコを叱咤する。その運動能力はほぼ人類を超越しており、本当に空間を飛び越える「消えちゃった魔球」を投擲できる。第四巻ではそれを応用し、宇宙船を使用した「消えちゃった魔球応用版消えちゃった亜空間航法」を実現した。
星屑のパライラ
声 - 三田ゆう子
ヤクザ組織の元大幹部。銀河に名だたる大ヤクザ組織「邪王会」の最年少大幹部。「星屑のパライラ」としてその名は銀河に轟いており「星屑の姉さん」とも呼ばれている。その恐ろしさはヤクザでさえ「逆らったら命はない」と認識しているほどである。組の実権を握ろうとクーデターを画策するも、己の人望の無さを自覚しなかったため、計画がほぼ駄々漏れしていたことで大失敗。追われる身となり、理機士に搭乗して組を脱出。アヤコの赴任予定だった高校に不時着した事が縁でアヤコと若菜に出会い、三人で地球を目指す。作中決して語られることは無かったが「地球に行ってやらねばならないことがある」とのこと。常識的な若菜とは徹底的に相性が悪い。義理人情にあまり厚くなく、自己中心的で強欲、その上目的のためには一切手段を問わず、助けてくれた人間から金を巻き上げる事すら平然と行なってきたことから人望は無く、それゆえにクーデター計画を漏らされていた。だが、舎弟のまあこや、成り行き上とはいえ仲間となったアヤコ、若菜にはらしからぬ情を見せ何度も助けている。総合的な戦闘能力は最強で邪王プレート(後述)の能力もあってほとんど無敵。頭の回転も速く、明確な描写はないが法律関係の知識も豊富。理機士の操縦技能も極めて高い。しかしやや猪突猛進な部分があり、結果的に危機に陥ることも多い。
横山タツエ
声 - 土井美加
地球から銀河警察機構に赴任した女刑事。名誉的な出世に思われるがその実、大左遷。極めて過激かつ暴力的な性格をしており、地球にいたころは何度も犯人に容赦なく発砲し、「犯罪者以上の暴力」と三面記事を飾ったほどの「犯罪者許すまじ」を地で行く超危険人物。銀河警察機構への大左遷は、タツエの扱いや彼女に対して寄せられる苦情に困り果てた警察の、厄介払いと言う名の最終手段というのが真実だった。パライラの逮捕に異常な執念を燃やす。宇宙戦艦の中にパトカーで突入し「警察だ」と啖呵を切る、尋問中の犯人を締め上げ銃で脅す、脱獄したパライラ達に戦艦で砲撃するなど作中でその過激さは留まるところを知らずに発揮される。最終巻ではパライラに対抗すべく未開の惑星で修行を敢行していた。愛銃はリボルバー。過激さばかりが目立つが能力は高く、読みも確かである。名前の由来は横山エンタツ
焼津のまあこ
声 - 大谷育江
江戸っ子気質なパライラの舎弟。食い逃げで捕まっていた。
ナレーション
声 - 来宮良子

登場ロボ[編集]

理機士

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「ゲバゲバ90分のテーマ」
作曲・編曲 - 宮川泰
エンディングテーマ「だれかが風の中で」
作詞 - 和田夏十 / 作曲 - 小室等 / 編曲 - 太田建 / 歌 - 水木一郎

この他にも『仁義なき戦い』の曲がBGMとして用いられていたり、冠二郎のヒット曲「愛しき人よ」を挿入歌として採択するなど、やや高い年齢層を意識した選曲がなされていた。

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 発売日
第1話 県警対組織暴力 月村了衛 - 石浜真史
城前龍治(メカ)
鉄羅紀明(メカ)
紺野直幸(メカ)
1999年6月25日
第2話 大幹部無頼 石浜真史 1999年8月25日
第3話 喧嘩博徒 久保田雅史 阿部紀之 阿部紀之
渡辺健一郎
もりやまゆうじ
崔ふみひで(レイアウト)
1999年10月25日
第4話 女殺汗地獄 - 石浜真史 1999年12月18日

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ステレオ録音のマスターテープが現存するため、OPでもステレオ・バージョンが使用されている。