支配者の黄昏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
支配者の黄昏
漫画
作者 奥瀬サキ
出版社 新書館
巻数 全1巻
OVA:支配者の黄昏
TWILIGHT OF THE DARK MASTER
原作 奥瀬サキ
監督 新房昭之
キャラクターデザイン 阿部恒
アニメーション制作 マッドハウス
製作 東映ビデオ
フィルムリンク・インターナショナル
グッドヒルヴィジョン
発売日 1998年1月21日
話数 全1話
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

支配者の黄昏』(しはいしゃのたそがれ)は、奥瀬サキによる日本漫画作品、およびそれを原作としたOVA

概要[編集]

奥瀬サキの「火閻魔人」の続編に該る作品(共に奥瀬早紀名義) 前作の年代は描かれた当時、1980年代を舞台としていたがこちらは2019年(発行時1991年)の近未来を舞台とし、新大久保に治外法権の中華街がある、西新宿に超々高層ビル郡がある、外国人が多く移住している等、前作にはない多少未来的な設定になっている。

あらすじ[編集]

桃源津那美は苗字を紫擾と改め以前と変わらない容姿のまま、新たに探偵事務所を立ち上げていた。

折しも巷に「ヒトが変性しヒトを喰う」と言う事件(警察では連続殺人97号事件とされる)が多発し、紫擾探偵事務所にも1人の依頼人が訪れる。橘静香と名乗った依頼人は「鬼を探して欲しい」と言った。最近の連続殺人は静香の恋人、蔵座英次が鬼となって起こしている。英次はある夜、静香の目の前で鬼になり静香をズタズタに犯して去った、と。
「ヒトが鬼になる」と言う現象の背後に、若者達の間に流通しているある薬品と「本物の鬼」の存在があると踏んだ津那美は調査に乗り出した。
津那美と鬼、宿敵同士の邂逅がまた一つ描かれる。

OVA[編集]

支配者の黄昏 TWILIGHT OF THE DARK MASTER』のタイトルで、1998年1月21日に発売。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 奥瀬サキ(「支配者の黄昏」新書館刊)
  • 監督 - 新房昭之
  • 脚本 - ドゥエイン・デラミコ、浦畑達彦
  • 絵コンテ・演出 - 大橋誉志光
  • キャラクターデザイン、作画監督 - 阿部恒
  • 美術監督 - 南郷洋一
  • 色彩設計 - 渋谷圭子
  • 撮影監督 - 諫川弘
  • 編集 - 尾形治敏、伊藤勇喜子、寺内聡
  • 音響監督 - 本田保則
  • 音楽 - 浦田恵司
  • エグゼクティブ・プロデューサー - 山本又一朗
  • プロデューサー - 丸山正雄、高橋尚子、坂本雅憲、青木弥枝美
  • 制作プロデューサー - 安西武
  • アニメーション制作協力 - 童夢
  • アニメーション制作 - マッドハウス
  • 製作 - 東映ビデオ、フィルムリンク・インターナショナル、グッドヒルヴィジョン

外部リンク[編集]