後藤隆幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

後藤 隆幸(ごとう たかゆき、1960年8月7日 - )は、日本の男性アニメーターキャラクターデザイナーProduction I.G副社長、第一スタジオチーフ。

秋田県出身。秋田県立能代工業高等学校、国際アニメーション研究所卒業。

来歴・人物[編集]

1979年の劇場アニメ映画『銀河鉄道999』を見てアニメ業界を志す。高校卒業後、サラリーマンになるが、上京してアニメの専門学校へ入学。アニメの背景美術を志したが、専門学校がアニメーターを養成していたため、卒業後にドラゴンプロダクションへ入社してアニメーターとなる[1]。作画スタジオのタマ・プロダクションを経て、東映動画タツノコプロの作品に参加。特に1986年のテレビアニメ『ドテラマン』はオープニングとエンディングの作画をした以外に、ゲストキャラクターのサイコーユ鬼をデザイン。これは、後藤が当時ファンだった女優歌手斉藤由貴を模したもので、アニメ雑誌アニメージュ』では後藤隆由貴のペンネームで4コマ漫画『こまったユ鬼ちゃん』を連載、後藤の名を浸透させるきっかけとなった[1]

1988年のテレビアニメ『赤い光弾ジリオン』ではキャラクターデザインを任せられ、後藤にとってこれが出世作となった。『赤い光弾ジリオン』終了後に、タツノコ制作分室の石川光久とともに有限会社アイジータツノコ(現・Production I.G)を設立、後藤は副社長に就任した。石川が制作担当を務めたタツノコプロ作品『昭和アホ草紙あかぬけ一番!』、『ドテラマン』、『光の伝説』、『赤い光弾ジリオン』に立て続けに参加し、後述の後藤が主宰するスタジオ鐘夢の部屋を間借りした間柄であった。

絵柄は丸みを帯びており、本人は『Gu-Guガンモ』『はーいステップジュン』『ピュア島の仲間たち』などの丸っこいキャラクターばかり描いたためではないかと語っている[1]

宇宙戦艦ヤマト2199」第四章以降の第2週目鑑賞者(第七章に関しては第1週と第2週)に配付された「森雪コレクションポストカード」で「晴れ着・森雪」を始めに「季節の森雪」を描いている。

スタジオ鐘夢[編集]

スタジオ鐘夢(スタジオチャイム)は、後藤隆幸が主宰したアニメーションの制作集団である。1987年2月1日から12月15日まで存在した。鐘夢のネーミングは、後藤がファンだった斉藤由貴のアルバムのタイトルに由来する。

後に後藤と共にProduction I.Gを立ち上げることになる石川光久が設立したタツノコプロの制作分室の部屋に仕事場を間借りした。後藤隆幸のほか、数井浩子、四谷光宏、尾関和彦、華房泰堂、武田一也、谷澤泰史らのアニメーター、演出家の小林哲也といったタツノコプロで仕事をしたことのある後藤の仲間がフリーの立場で集った。タツノコプロのテレビアニメ『赤い光弾ジリオン』を手がけた他、スタジオぴえろの『きまぐれオレンジ☆ロード』、シンエイ動画の『エスパー魔美』、スタジオディーンの『めぞん一刻』、グループ・タックの『タッチ』『陽あたり良好!』など各制作会社のテレビアニメにメンバーが自由に参加した。

『赤い光弾ジリオン』が終了し、タツノコ製作分室がなくなるのを機会に、石川と共同で出資して、Production I.Gの前身となった有限会社アイジータツノコを設立。後藤は副社長に納まり、スタジオ鐘夢も解散することになった。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

参考資料[編集]

  • 「直撃!!VIPルーム」『アニメV』1988年1月号、学習研究社。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「直撃!!VIPルーム」『アニメV』1988年1月号、学習研究社。