BIOSPHERE RECORDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

BIOSPHERE RECORDS(バイオスフィア・レコード)は、日本の音楽レーベル。

ロック・ポップ・ユニットZABADAKの元所属会社、株式会社マグネットが1992年に興した彼らを核とする音楽レーベルで、兄弟レーベルにマグネット・レコードがある。

沿革[編集]

Biosphereという名前はZABADAKの曲「遠い音楽」に歌われる歌詞、「バイオスフェア〜♪」から取られた。

その意味は作詞の原マスミによると、アメリカに造られたドーム型の一大生態圏実験施設の名であるという。正確には(バイオ-スフィア)と発音する。

1993年に彼らの当時の所属事務所のザバダック・オフィスと株式会社マグネットが「のれん分け(上野洋子のZABADAKからの脱退)」の後、自身のレーベルを立ち上げる際、命名した。

第1弾が1992年の『十二月の午後、河原で僕は夏の風景を思い出していた。』。ZABADAKが暗黒舞踏集団「白虎社」のビデオ作品のために制作したインストゥルメンタル作品が、ライブ会場で開演前のBGMとして流されたところファンの間で評判となり、CD化の希望を受けて自主制作盤として発売された。[1]

その後、上野洋子の初ソロアルバム『Voices』、「のれん分け」コンサートのビデオ化作品『noren wake』のVHSおよびLD、ソロZABADAKでは以後、『』、『IKON』、また、2人時代のものとしてはシングル・コレクション『Remains』ライブ盤『Prunus』などの関連作品を発売した。

また、彼ら以外のアーティストではGoddess in the Morning新居昭乃)、karakダリエ、藤井珠緒、ハイポジくじら、NUU、ラブジョイなどをリリースしている。

活動の集大成として2003年夏にZabadak初のDVD BOX『biosphere years 1988〜2000/5枚組』が発売された。40ページに及ぶ豪華パンフレットがついたこのBOXは500セットの限定発売だったため、瞬時に品切れ、一時はオークションで異常な高騰をみせる騒ぎとなった。

現在は2005年に『noren wake』を始めとする、1986年のデビュー時からのすべてのPV、2000年までの代表的なライブ映像が5枚の単体DVDとして発売されている。

2010年4月、オンラインショップを閉店し、インターネット上の通信販売をAmazon.co.jpなどの外部サイトのみとした。その後、オンラインショップは復活している。

なお、Zabadak 公式ファンクラブの名称もBiosphereである。また海外にも同名のアーティストやサイトがあるので要注意。

脚注[編集]

  1. ^ 「moment」吉良知彦インタビュー20042004年5月26日

関連項目[編集]

  • Musicman (書籍) - 株式会社マグネットが刊行する音楽関連年鑑。

外部リンク[編集]