コンテンツにスキップ

鈴木真仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき まさみ
鈴木 真仁
プロフィール
本名 鈴木 真仁[注 1][2]
愛称 マジンちゃん[3]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本神奈川県茅ヶ崎市[3]
生年月日 (1972-07-14) 1972年7月14日(52歳)
血液型 O型[3]
身長 153 cm[4]
職業 声優歌手舞台女優
事務所 フリー[要出典]
声優活動
活動期間 1994年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替え
デビュー作 チャチャ(『赤ずきんチャチャ』)[5]
音楽活動
活動期間 1995年 -
ジャンル J-POP
職種 歌手
レーベル パイオニアLDC
(1995年 )
TDK
1997年
日本コロムビア
1998年 -)
キングレコード
1999年 -)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

鈴木 真仁(すずき まさみ、1972年7月14日[1][3][6] - )は、日本声優歌手舞台女優神奈川県茅ヶ崎市出身[3]日本芸術専門学校特別講師。大阪芸術大学短期大学部メディア芸術学科声優コース非常勤講師。

経歴

[編集]

最初に声優を意識したのは大山のぶ代で、それまでは「ドラえもんがいる」と思っていたが、「現実と違うんだ」というギャップに打ちのめされたという[7]。中学生の頃に宮崎駿の映画『風の谷のナウシカ』をテレビで見てアニメに熱中して、職業としての声優を知った[2]

中学時代は演劇部に所属しており、友人と「声優になりたいね」と話をしていたという[2]

「女優になるのは無理かもしれないけど、声だけならどうにかなるかも」と思い、進学した高校が演劇部が盛んでなく、何となく興味あった吹奏楽部に所属[2]。しかし、イヤな先輩がいたことから1週間で退部し、3年間は帰宅部になったという[2]

高校3年生で進路決定をする時期になって、学校紹介の本でを見ていたところ声優の学校の広告があり、元々演劇部に所属しており、芝居が好きだったことから「行ってみようかな…」と声優の世界に入ったという[2][8]。また「声だけでお芝居できるのっていいな」と思ったという[8]。それが気になってしまい、毎日のようにアニメの学校のページばかりながめていたところ、母に「好きならいいわよ」と許してくれたという[2]

代々木アニメーション学院卒業[9]

以前はフリーアトム、大橋巨泉事務所ミツヤプロジェクトY・M・O(旧:ラブライブ)、青二プロダクションに所属していた[10]

デビューは1992年PCエンジン版『ドラゴンナイトII英語版』で代々木アニメーション学院の学生が数名起用され、彼女もその中の一人だった。1993年には代々木アニメーション学院福岡校の卒業制作『赤ずきんちゃんリターンズ』で赤ずきん役として特別出演し、作中で三ツ矢雄二と初共演を果たしている。プロ声優としてのデビューは1994年テレビ東京系のテレビアニメ赤ずきんチャチャ』で、デビュー作から主役という抜擢を受けた。

同時期に歌手としても活動を開始した。1995年にリリースされたアルバム『Heavenly』は作詞に日髙のり子冨永みーな、三ツ矢雄二、松野太紀など『赤ずきんチャチャ』で共演した声優陣を迎えた。また本人も並木のり子との共作で作詞に挑戦している。2004年より横山智佐とPinkRainbowというコンビを組みCD・DVD展開を開始している。また三ツ矢雄二が主宰する劇団アルターエゴに所属し、舞台にも出演している[3]

人物

[編集]

4歳上の姉、18歳下の弟がいる[1][2]

資格免許普通自動車免許[10]

趣味は読書散歩。特技は犬の鳴き真似[10]

ファンや先輩声優には名前を音読みした「マジンちゃん」の愛称で呼ばれる[3]

出演

[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

[編集]
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2017年
2018年

劇場アニメ

[編集]

OVA

[編集]
1995年
1996年
1997年
  • それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコII(メオ・ニスのエリュトロン)
  • たまごっち(ミカチュー)
1998年
  • 親切丁寧!!たまごっちビデオ 公認育成マニュアル(ミカチュー)
  • 親切丁寧!!てんしっちのたまごっちビデオ 公認育成マニュアル(ミカチュー)
  • ビデオで発見!!たまごっち
1999年
2001年
2004年
2005年
2002年
2010年

Webアニメ

[編集]

ゲーム

[編集]
時期不明
1992年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2001年
2003年
2005年
  • NANA(川村幸子)
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2013年
2014年
2016年
2017年
2019年
2020年
2021年
2022年

ドラマCD

[編集]

吹き替え

[編集]

映画

[編集]

ドラマ

[編集]

特撮

[編集]

CM

[編集]

テレビ番組

[編集]

ラジオ

[編集]

ラジオドラマ

[編集]

テレビドラマ

[編集]

舞台

[編集]
  • ミュージカル 水色時代(1996年、河合優子
  • ミュージカル 発明BOYカニパン(1998年、ナルト、ミノ)
  • ミュージカル リカちゃん(1999年 - 2000年、マイちゃん)
  • ミュージカル HUNTER×HUNTER ナイトメア・オブ・ゾルディック(2002年、カナリヤ)
  • NAO-TA!プロデュース
    • vol.1「Little Wing 〜手つかずの空2002〜」(2002年)
    • vol.4「REPLAY」(2007年)
  • ミュージカル “マザー”〜This is love〜(2003年、マザー
  • 芹川事務所「夏の夜の夢」(2004年、ライサンダー)
  • ミュージカル ギャラクシーエンジェル(2005年、ボルドー)
  • ミュージカル オーバー・ザ・ピンクレインボウ(2005年)
  • カウントアップ「源氏物語」九九九年紀祭 ひかる君(2007年)
  • 劇団アルターエゴ「踊るべき子供たち」(2007年)

その他コンテンツ

[編集]

音楽

[編集]

シングル

[編集]
# 発売日 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
キングレコード
1 1995年
3月16日
- ようこそマジカルスクールへ 織田ゆり子 佐橋俊彦 KIDA-100
日本コロムビア
2 1996年
5月21日
- あの頃のように 田辺智沙 岩崎元是 CODC-938
TDKコア
3 1997年
5月21日
01 Trouble Maker 雄鹿美子 半沢一雄 NON TDDM-0001
02 determination
エアーズ
4 1997年
6月21日
01 少女時代 原由子 Nico AYDM-135
02 My Angel 相田毅 鳥渕康

アルバム

[編集]

キャラクターソング

[編集]
発売日 商品名 楽曲 備考
2001年
「幻想世界英雄烈伝 フェアプレイズ」単行本第1巻購入者応募者全員サービス品「太陽のうた」 斉木陽太(並木のり子)、ボボウ(望月久代)、月島数騎(鈴木真仁)、琴井奏(水樹奈々)、皇志乃武(田中理恵)、キサヤ(那須めぐみ 「太陽のうた」 幻想世界英雄烈伝 フェアプレイズ 』オープニングテーマ
「地球はまわる」 『幻想世界英雄烈伝 フェアプレイズ 』エンディングテーマ

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ 名前の由来は父が「真」と「仁」という字が好きでどうしても使いたかったようで、「仁」という字は「実」という意味があり、「み」と読ませたという[1]

出典

[編集]
  1. ^ a b c 鈴木真仁 インタビュー”. にちぶんうぇーぶ. 声優温泉. 日本文芸社 (2000年2月21日). 2013年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Music Treasure/People Interview 鈴木 真仁”. 産経Web. 産業経済新聞社 (1997年8月5日). 2002年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年12月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 【鈴木真仁】プロフィール(年齢) -エキサイトニュース”. 2021年11月22日閲覧。
  4. ^ 鈴木真仁 青二プロダクション”. 2016年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月7日閲覧。
  5. ^ 『赤ずきんチャチャ』TV放送から30年 原作改変しながらも大ヒットに結び付いたワケ”. マグミクス (2024年1月7日). 2024年5月2日閲覧。
  6. ^ オリコン・ウィーク The IchibanVol.20 1月5・12日合併号』オリコン、2007年、57頁頁。 
  7. ^ 「YAGプレゼンツ pick up! 鈴木真仁 2/3」『声優グランプリ』2005年7月号、主婦の友社、2005年6月、111頁。 
  8. ^ a b 鈴木真仁 インタビュー”. にちぶんうぇーぶ. 声優温泉. 日本文芸社 (2000年2月28日). 2013年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年8月18日閲覧。
  9. ^ 声優・芸能業界で活躍する卒業生”. 2021年11月22日閲覧。
  10. ^ a b c 鈴木真仁|青二プロダクション”. 2020年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月22日閲覧。
  11. ^ H2”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2023年5月27日閲覧。
  12. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所”. メディア芸術データベース. 2016年8月7日閲覧。
  13. ^ 熱沙の覇王 ガンダーラ”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2023年5月28日閲覧。
  14. ^ ロスト・ユニバース”. KING AMUSEMENT CREATIVE. 2016年6月27日閲覧。
  15. ^ スタッフ&キャスト”. 十兵衛ちゃん2 ~シベリア柳生の逆襲~. KING AMUSEMENT CREATIVE. 2022年9月28日閲覧。
  16. ^ GATE KEEPERS”. メディア芸術データベース. 文化庁. 2017年3月19日閲覧。
  17. ^ アイサ”. ONE PIECE.com. 2016年6月9日閲覧。
  18. ^ 陸奥圓明流外伝 修羅の刻”. メディア芸術データベース. 2016年8月11日閲覧。
  19. ^ スタッフキャスト”. はたらキッズ マイハム組. 東映アニメーション. 2023年3月16日閲覧。
  20. ^ ゲートキーパーズ21”. GONZO. 2016年12月16日閲覧。
  21. ^ キャラクター”. 戦国無双 Chronicle 2nd. 2012年8月23日閲覧。
  22. ^ 『NEWラブプラス』新・恋人パートとサブキャラが多数登場するモードを紹介”. 電撃オンライン. 2011年8月23日閲覧。
  23. ^ 『ヒーローズファンタジア』のアメリアやドロロ兵など新たな登場キャラクターを公開! イベント会話シーンも掲載”. 電撃オンライン. 2011年12月9日閲覧。
  24. ^ 週刊ファミ通』2013年12月19日号、エンターブレイン、2013年12月5日。 
  25. ^ 【公式】ファンタジア・リビルドの2020年10月7日のツイート2020年10月12日閲覧。
  26. ^ 登場人物”. 『ルーンファクトリー5』. マーベラス. 2020年11月12日閲覧。

外部リンク

[編集]