ZABADAK-I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ZABADAK-I
ZABADAKスタジオ・アルバム
リリース
録音 Studio RUNT
レーベル 東芝EMI
プロデュース TAKASHI YOSHINAGA
MASAHARU TSUZURA
ZABADAK 年表
ZABADAK-I
1986年
銀の三角
1987年
テンプレートを表示

ZABADAK-I』(ザバダック・ワン)は、1986年3月20日に日本で発売されたZABADAKの1stミニ・アナログ・アルバム(LP)である。東芝EMIに当時新設されたレーベル「POPSIZE(ポップサイズ)」の第1弾作品であった[1]

デビュー前に出場したコンテスト「第3回PARCOオルガン坂大賞[2]の入賞曲である「ポーランド」「オハイオ殺人事件」が収録され、同賞の審査員の一人であり、ZABADAKをプロデビューに向けて推薦した立川直樹がライナーノーツに文章を寄せている[3]

「ポーランド」はセゾンカードCMに起用され、ZABADAKがCM音楽の作り手として業界内で注目を浴びるきっかけとなった。

共同プロデューサーとして安部隆雄が参加している。

曲目[編集]

side.A[編集]

  1. わにのゆめ/CROCODILE DREAMER
  2. 森林学者/THE FORESTER
  3. パスカルの群れ/The Vapour
    • 作詞:松田克志、作曲、ボーカル:上野洋子

side.B[編集]

  1. ポーランド/POLAND
    • 作曲:吉良知彦 (インストゥルメンタル)
  2. オハイオ殺人事件/The Murder Case In Ohio
    • 作詞・作曲:吉良知彦

脚注[編集]

  1. ^ 宝島』1986年4月号、JICC出版局、p.142。
  2. ^ 吉良知彦 / Tomohiko Kira(2004年5月26日)、moment、2016年1月11日閲覧。
  3. ^ moment 吉良知彦インタビュー2010年4月10日参照