川奈まり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわな まりこ
川奈 まり子
プロフィール
愛称 まり子姐さん、姐(ねえ)さん
生年月日 1967年11月9日
現年齢 50歳
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
血液型 A型
公称サイズ[いつ?]
身長 / 体重 164 cm / kg
スリーサイズ 85 - 58 - 87 cm
ブラのサイズ C
活動
AV出演 1999年 - 2004年
他の活動 著述業・タレント業等
AV女優テンプレート | カテゴリ

川奈 まり子(かわな まりこ、1967年11月9日 - )は、日本の元AV女優作家コラムニスト。夫はAV監督の溜池ゴロー

略歴[編集]

東京都世田谷区出身。女子美術大学付属高等学校を経て、1988年、女子美術大学短期大学部グラフィックデザイン教室卒業[1]

AVデビュー前はフリーライターをしていた。デビュー前にネット上の掲示板で知り合った男性からAV出演を持ちかけられ面接を受けたところ、その件をネタに親にばらすと脅迫される。思い悩んでいたところへプロのスカウトマンからスカウトを受ける。事情を話すと「プロダクションに登録していれば断る理由になるのではないか」とアドバイスされ、登録する。プロダクションの社長からその男性に電話したこともあり、脅迫はなくなった[2]1999年、前夫との離婚を機にAVデビュー。同年夏、初主演作『義母~まり子34歳~』(溜池ゴロー監督/ソフト・オン・デマンド)は1万本を越えるヒットとなった[3]

これ以降、引退までに400本近いAV、計10本以上のピンク映画Vシネマに出演した。

AV現役時代の活動範囲は幅広くテレビ、ラジオ等にも出演、CS番組『まり子ビッチの穴』『夜美女』などではMCを務め、また実話誌・AV専門誌・スポーツ紙等にコラムや官能小説を連載した。

2003年9月から1年間CS放送局「ジャム・テレビ」の営業部に嘱託勤務。同年、AV監督の溜池ゴローと再婚した[3]

2004年3月、AV女優を引退[3]。「山村正夫記念小説講座」で、小説執筆の勉強を始める。

2010年、女性誌を中心にコラムやポルノ小説の書き手として活動を続けている[3]

2016年7月11日、AV出演者への支援ならびに業界の健全化を図る団体「表現者ネットワーク」を設立。同団体の代表に就任する[4][5]

作品[編集]

アダルトビデオ[編集]

1999年
2000年
  • 禁断の花園 くるみレズ地獄(3月5日、ソフト・オン・デマンド)共演:森下くるみ沢賀名
  • 私は痴女 人妻編4 奥さん!我慢できない(4月18日、クリスタル映像)他出演:森中智恵美、市川紗苗、豊島かなえ
  • 熟女アイドル淫夢伝説(8月1日、現映社)他出演:牧原れい子、前川清子、新田利恵、瀬戸麻衣子
  • 女教師 まり子32歳(9月20日、ハムレット
  • 熟痴女の館(12月8日、ハムレット)
2001年
  • 秘技伝授 [女にイカせられるテクニック入門](1月10日、ハムレット)共演:夏木まどか
  • 団地妻 まり子 三十三歳(5月10日、ハムレット)
  • 主演監督(5月21日、ワンズファクトリー
  • 淫母(6月7日、ハムレット)
  • 千客萬来(9月1日、ワンズファクトリー)
  • 全裸特別●護老人ホーム(9月7日、ソフト・オン・デマンド)共演:七瀬ななみ、池田あや 他
  • 豪華絢爛!熟女オールスターズ(11月18日、V&Rプランニング)他出演:牧原れい子、小林ひとみ後藤えり子
  • 美熟女まり子 プライベートセックス〜48時間の愛〜(11月20日、SODクリエイト
  • 真 美少女ウンチ 〜ロ●ータ便器〜(12月20日、SODクリエイト)共演:倉本安奈、ナンシー、瑞江あい、大友このみ、島塚薫
  • それゆけ!痴女ヒッチハイカー!!VOL.2(12月21日、メディアバンク)共演:立花美久、澤宮有希
2002年
  • 人妻(1月10日、ドリームチケット)他出演:橋本樹里、桜田由加里
  • SODが引っ越した!そこに頼んでもいないのに監督さん達が全裸の女優さんを連れてきてくれました!?(1月20日、SODクリエイト)共演:森下くるみ、木下いつき、宮内ゆみ、坂口華奈、桜田由加里、七瀬ななみ、松葉まどか、水野奈菜、倉本安奈、沢賀名、椎名みなみ、風間恭子
  • REAL MODELS 20(2月1日、TMA)他多数出演
  • 濡れ姉さん完全版(2月10日、メディアバンク)
  • 女神再光臨 〜アナタにまた逢えた〜(3月1日、MOODYZ)共演:冴島奈緒
  • 最強痴女決定戦(3月15日、TMA)共演:鏡麗子、桜田由加里、酒井ちなみ、桃井望
  • 犯女 1(4月12日、U&K
  • 川奈まり子&泉星香の実録レポート新宿変態パブと五反田カップル喫茶!!(4月19日、メディアバンク)共演:泉星香
  • 魔性 妻と愛人(4月20日、SODクリエイト)共演:牧原れい子
  • 月刊うめぼしマガジン 創刊号(4月20日、ホットエンターテイメント)共演:桜田由加里、山口絵梨
  • A級カリスマダム伝説 熟女王PARTII(4月27日、宇宙企画)他多数出演
  • 憎いほど男殺し 8(5月29日、アロマ企画)共演:桜たまき
  • 爆裂☆お母さんズ(8月1日、MOODYZ)共演:桜たまき、桜田由加里、後藤えり子
  • 忍びの女 淫とんの術(8月16日、グラフィティジャパン)共演:新堂真美特別出演
  • 淫乱熟女スーパースター 汁だくの団地妻たち(9月27日、V&Rプランニング)他出演:牧原れい子、加山なつこ
  • LOVEタイプ(10月25日、VIP)他出演:秋本優奈清水かおり
  • 未亡人下宿(11月1日、MOODYZ)
  • 飼育 〜しいく〜(11月4日、SODクリエイト)
  • 肉親相姦2 背徳の肉襞(11月4日、ディープス)共演:堤さやか
  • レズろう!!(11月4日、ダッシュ(ハンドメイドビジョン))共演:澤宮有希、葉月あゆみ
  • イカサレ4時間(11月15日、ケイ・エム・プロデュース)共演:澤宮有希、桜田由加里、南智子
  • 人妻昼顔 完全版(11月20日、ケイ・エム・プロデュース)
  • くノ一が捕まってあんなことも!こんなことも!(11月20日、ケイ・エム・プロデュース)…共演:うさみ恭香
  • 加藤鷹の快感地獄責め(11月20日、ケイ・エム・プロデュース)共演:加藤鷹 オムニバス作品
  • インラン女子校生たまちゃん(12月6日、SODクリエイト)共演:広末奈緒、風間恭子、星田真波
  • OFF ☆ SHOT!(12月14日、ベスト・パートナーズ)他出演:臼井利奈田畑百子小森詩、澤宮有希
2003年
  • ど艶歌姉妹 ザ ブルースシスターズ(1月25日、オブテイン・フューチャー)共演:桜田由加里
  • レズ痴女(2月10日、パジェント)共演:澤宮有希
  • 龍縛監禁凌辱 聖職崩壊の刻(4月8日、アタッカーズ)共演:小泉ゆり、澤宮有希、加山由衣
  • 貴婦人 誘惑する乱れ妻(5月6日、ビッグモーカル)他出演:神谷麗子、宮下真紀、楠真由美、友崎亜希
  • ミリオンスペシャル スパンキングガールズ完全版(5月23日、ケイ・エム・プロデュース)…共演:及川奈央長谷川瞳、鏡麗子、冴島奈緒中村京子林由美香
  • 痴雌 〜ちめす〜(9月5日、SODクリエイト)共演:吉澤レイカ
  • ためいき[私、まだイッてないの](9月16日、GUTS)
  • 政界レズビアン 女戒(9月19日、アリスJAPAN)共演:黒沢愛愛染恭子、清水瞳
  • 熟女尺八劇場 〜尺八マニア専用〜(12月16日、GUTS)オムニバス作品
2004年
  • 川奈まり子ラストドラマ 人妻X(3月5日、オブテイン・フューチャー)
  • Mariko Last Love(3月15日、MOODYZ) ※引退作。
発売日不明

CD[編集]

  • 高田の馬場で恋をして(2001年/グラントレコーズ):AV『ど艶歌姉妹 ザ・ブルースシスターズ』主題歌

出演[編集]

ピンク映画[編集]

  • 川奈まり子の現役熟女妻 奥まであたる… / 2000年8月11日、エクセス・フィルム /坂本太監督)
  • 女医・川奈まり子 熟女タブーSEX / 2001年3月2日、エクセス・フィルム/佐々木乃武良監督)
  • 玲子の秘密 多淫症の人妻 / 2001年10月7日、エクセス・フィルム/松岡邦彦監督)
  • 川奈まり子 牝猫義母 / 2002年1月18日、エクセス・フィルム/浜野佐知監督)
  • 川奈まり子 桜貝の甘い水 / 2002年3月9日、オーピー映画/小林悟監督)
  • 政界レズビアン 女戒 / 2003年4月25日、アリスJAPAN/愛染恭子主演・監督)

Vシネマ[編集]

  • 奥様必見! 川奈まり子の人妻愛モード 上司の妻を辱める / 2001年3月23日、ENGEL/渡辺護監督)
  • 恋愛遊戯 / 2001年7月27日、グッドフィルムズ=アンカービュジュアルネットワーク/監督不明)
  • 全裸特別養護老人ホーム / 2001年9月7日、SOD/溜池ゴロー監督)
  • 人妻告白ファイル 女子大生処女調教 / 2002年2月8日、カレス・コミュニケーションズ/渡辺護監督)
  • 人妻まり子 昼下がりは別の顔 / 2002年8月2日(人妻まり子製作委員会/溜池ゴロー監督)
  • ドスケベ夫人 熟女のオードブル / 2003年7月4日(レジェンド・ピクチャーズ/石川均監督)
  • Sara チェリーブロッサム / 2003年12月25日(Sara制作委員会/監督不明)
  • ドスケベ夫人の探偵日記 濡れ過ぎる痴態 / 2004年3月5日(レジェンド・ピクチャーズ/石川均監督)

著書[編集]

  • 『小説・エロスの告白』(2003年5月、双葉社
  • 『三十路セックス』ベスト新書(2009年)
  • 『義母の艶香』双葉文庫(2011年)ISBN 978-4575514698
  • 『人妻、洗います』双葉文庫〉(2012) ISBN 978-4575514964
  • 『甘く匂う』廣済堂文庫(2013年) ISBN 978-4331615553
  • 『禁蜜 義母と叔母とぼく』竹書房ラブロマン文庫 2013
  • 『人妻鑑賞会』双葉文庫 2013
  • 『僕の兄嫁(ねえ)さん』双葉文庫 2013
  • 『未亡人喫茶』双葉文庫 2013
  • 『赤い地獄』廣済堂文庫 モノノケ文庫 2014
  • 『とろめきデパート』竹書房ラブロマン文庫 2014
  • 『甘くとけあう』廣済堂文庫 2015
  • 『熟蜜 義姉のしずく』竹書房文庫 2015
  • 『寝盗られ妻 書き下ろし長編官能小説』竹書房ラブロマン文庫 2015
  • 『出没地帯 実話怪談』河出書房新社 2016

共著[編集]

写真集[編集]

関連書籍[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]