朱雀門出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朱雀門 出(すざくもん いづる)
誕生 1967年
大阪府高槻市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2009年 -
ジャンル ホラー小説怪談
主な受賞歴 『今昔奇怪録』 - 第16回日本ホラー小説大賞(短編賞)
デビュー作 今昔奇怪録
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

朱雀門 出(すざくもん いづる、男性1967年[1] - )は、日本小説家。本名は池内俊貴[2]

大阪府高槻市出身[2]北海道大学大学院博士後期課程修了[2]。日本学術振興会特別研究員を経て、2003年より長浜バイオ大学講師となる[2]長浜市在住であり、作中にも長浜の地名が用いられている[2]

2009年に「寅淡語怪録」で第15回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞し、同年に受賞作を改題し表題作とした短編集『今昔奇怪録』でデビュー[3][4]。その作風は、「直接的な暴力、グロテスク、残酷描写は避け、人物描写などで底知れない恐怖を描き出す手法」と評されている[5]

てのひら怪談』にも作品が収録されている。

 また、執筆以外にふるさと怪談トークライブ[6]や怪談社によるイベント[7]などで怪談を語っている。柔らかい語り口から、『男たちの怪談百物語』刊行記念イベントでのプロモーションビデオでは「静かなる西の語り部」という二つ名が付けられている。

作品リスト[編集]

単著[編集]

  • 今昔奇怪録(角川ホラー文庫)2009
  • 首ざぶとん(角川ホラー文庫)2010
  • 脳釘怪談(竹書房文庫)2014
  • 脳釘怪談 呪殺(竹書房文庫)2014
  • 第三脳釘怪談 (自主電子出版)2019
  • 忌田の枝足 (自主電子出版)2019
  • 謎の河童銭 (続首ざぶとん)(自主電子出版)2019
  • 「オーグリーンは死にました」考 (自主電子出版)2019

アンソロジー・競作集[編集]

「」内が収録されている朱雀門出の作品

  • てのひら怪談―ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ社)2007「のほうさん」
  • てのひら怪談2―ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ社)2007「カミソリを踏む」
  • てのひら怪談 百怪繚乱篇―ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ社)2008「プリオン的」
  • てのひら怪談 ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ文庫)2008「のほうさん」
  • てのひら怪談 己丑 ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ文庫)2009「プリオン的」
  • てのひら怪談 庚寅 ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ文庫)2010「やまんぶの帯」「線香花火」
  • 異形コレクション第45巻 憑依(光文社文庫)2010「地蔵憑き」
  • 怪しき我が家 家の怪談競作集(MF文庫ダ・ヴィンチ)2011「ちかしらさん」
  • てのひら怪談 辛卯 ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ文庫)2011「癲覚」
  • 超短編の世界 vol.3(創英社)2011 「行き先」「えげれす日和」
  • 異形コレクション第48巻 物語のルミナリエ(光文社文庫)2011「望ちゃんの写らぬかげ」
  • てのひら怪談 壬辰 ビーケーワン怪談大賞傑作選(ポプラ文庫)2012「くすくす岩」
  • 男たちの怪談百物語(メディアファクトリー) 2012「今からな……」「列見の辻」「うらみ葛の葉」「やきかんごふ」「もう一つの墓」「蛇を遣わします」「辻占」「くせいけ」「ペロと黒猫」「コノエさん」
  • 恐怖通信 鳥肌ゾーン (1)コックリさん(ポプラ社)2012「脳みそを見た話」
  • 恐怖通信 鳥肌ゾーン (2)うずまき(ポプラ社)2013「タクミはあげてくれたのに」
  • 怪談実話コロシアム 阿鼻叫喚の開幕篇(MF文庫ダ・ヴィンチ)2013「地獄を選ぶ 他六篇」
  • 怪談実話系 魔(MF文庫ダ・ヴィンチ)2013「その夢を最後まで見ていたらどうなっていたと思う?」
  • 恐怖通信 鳥肌ゾーン (3)後ろにいるよ(ポプラ社)2013「死刑」
  • 恐怖通信 鳥肌ゾーン (4)くびだけだよ(ポプラ社)2013「ひみつの相談」
  • 怪談五色(竹書房文庫)2013「真っ白な鬼の話」「あくむつき」「階段でうつむく女」「奇形児標本室」「まにあ」「人形の額」「透明人形」「こびと人気」「こぶづか」
  • 恐怖通信 鳥肌ゾーン (5)腹話術(ポプラ社)2014「ちがうのに」
  • 恐怖通信 鳥肌ゾーン (6)くらやみ(ポプラ社)2014「おかあさんのお迎えがおそかった日の話」
  • そっと、抱きよせて 競作集 <怪談実話系> (KADOKAWA) 2014 「猿工場の怪」
  • 怪談五色2 忌式(竹書房文庫)2014「りょうあしカタアシ」「小人のいる店」「震える三人」「つまみぐい」「めし」「誤作動」「金曜日の出来事」「gさんと人形」
  • 怪談五色3 呪葬(竹書房文庫)2015「オーグリーンは死にました」「なめ兄さん」「らっきょ」「ワタシが愛してる」「図書室」「犬の首」「じっと待つ」「邪童流言」「俺の顔って……」
  • 京都怪談 神隠し(竹書房文庫)2019 「右乗りルール」「河原で良い物を拾う話」「鬼障り」「鬼の話」「五人の老婆」「アジサイ」「悪魔崇拝の会」「心霊写真を買ってください」
  • 怪談四十九夜 埋骨(竹書房文庫)2019「上手な絵」「四つの文字」「あの部屋」「餅のようなモノ」「フロの黒蛇」
  • 世にも怖い実話怪談 (白夜ムック617)  2019「甘えん坊」「もうやちゃん」「餓鬼の写る場所」「犬の首」「練乳」「ママムリモ星からの子供」「老ノ坂まで」「異宗門」「S駅の怪人」「赤髪」「仏ヶ浦のお爺さん」「エダアツメ」「恭平ちゃんに代わって」「いけないこと」

エッセイ・その他[編集]

  • 「がんばる妻」 本の旅人 2010年11月号 書店の遠景
  • 「リアル名人伝」 小説すばる 2010年11月号 Oh! my IDOL
  • 「どこかでみてる」 vol.15 (2011.07) 怪談実話コロシアム
  • 「良いとこ採りの実話系」(MF文庫ダヴィンチ 『怪談実話系ベスト・セレクション』巻末 幽・文庫通信vol.34)
  • 「上方の怪談」(MF文庫ダ・ヴィンチ 『怪談実話コロシアム 群雄割拠の上方篇』巻末 幽・文庫通信vol.52)
  • 「特別料理」 (小説すばる) 2017年8月号 特別料理

DVD[編集]

  • 「怪奇蒐集者(コレクター) 朱雀門出編」(楽創舎)2014
  • 「怪奇蒐集者 朱雀門出編2」(楽創舎)2019

講演その他[編集]

  • 「ふるさと怪談+怪談社」2011年06月11日(大阪)和光寺
  • 「恐国BASARA」2012年3月18日(京都)大江能楽堂
  • 「ふるさと怪談トークライブ at 京田辺」2012年8月25日(京都)京田辺商工会館
  • 「東西花形怪談競」2012年8月31日(東京)深川江戸資料館
  • 「ふるさと怪談トークライブ in 大阪」2012年9月16日(大阪)和光寺
  • 「『男たちの怪談百物語』刊行記念 男だらけの怪談祭り!」2012年12月1日(東京)東京カルチャーカルチャー
  • 「実話怪談ライブ」2013年8月14日(京都)太秦映画村中村座
  • 「怪談奇談の夕べ ♭」2013年8月24日(大阪)アトリエflat
  • 「ふるさと怪談トークライブ in 大阪」2013年9月21日(大阪)源聖寺
  • 「怪談ライブinSonoda」2013年10月20日(大阪)園田学園女子大学 けやき祭
  • 「怪談語りの館」2014年3月23日(京都)五条会館
  • 「怪談草の間」2014年5月11日(京都)五条会館
  • 「関西大恐宴」2014年7月20日(京都)大江能楽堂
  • 「妖しき怪談談義」2014年8月27日(大阪)アトリエflat
  • 「香代子の祀り」2015年09月13日(西東京市)田無神社
  • 「宵闇妖語り」2015年10月24日(兵庫県川西市)勝福寺
  • 「怪舞」2018年5月13日(京都)五条会館
  • 「常夜の語り 闇が散る」2019年5月11日(大阪)光蓮寺
  • 「常夜の宴 闇が集う」2019年9月16日(大阪)遍満寺

TV 出演[編集]

参照元[編集]

  1. ^ 小説すばる』2017年8月号. 集英社. pp. 341. 
  2. ^ a b c d e 池内俊貴講師が第16回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞されました”. 長崎バイオ大学. 2013年2月4日閲覧。
  3. ^ 『怪しき我が家 家の怪談競作集』著者プロフィール
  4. ^ 日本ホラー小説大賞 受賞作リスト”. 角川書店. 2012年8月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年2月4日閲覧。
  5. ^ バイオ大講師 恐怖小説家の顔も 池内さん 日本ホラー小説大賞受賞”. 近江毎夕新聞 (2009年11月9日). 2013年2月4日閲覧。より引用。
  6. ^ ふるさと怪談トークライブ
  7. ^ 怪談社活動履歴

関連項目[編集]