本の旅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

本の旅人』(ほんのたびびと)は、株式会社KADOKAWAが発行する文芸雑誌、書籍PR誌

略歴[編集]

読者との架け橋となることを願って、角川書店創立50周年の節目に当たる1995年平成7年)に創刊された[1]。KADOKAWAの新刊書籍の紹介をはじめとして、小説エッセイの連載・読み切りなども充実させている[1]。定価が設定されているが、書店店頭の無料配布もされている[1]。毎月27日に発売されている[2]。かつては角川書店が発行していた。判型は、A5判変形[3]。表紙は升ノ内朝子が担当している[4]。過去に表紙を担当したことがあるのは、司修、木内達朗、西原理恵子など[5][6][7]。本誌に連載された山本兼一『信長死すべし』は、『オール讀物』編集部が主催する第2回本屋が選ぶ時代小説大賞の候補作に選ばれている[8]

出版社が発行するPR誌には他に、『IN★POCKET』(講談社)、『図書』(岩波書店)、『』(新潮社)、『青春と読書』(集英社)などがある。

過去の主な連載作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]