角川ティーンズルビー文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

角川ティーンズルビー文庫(かどかわティーンズルビーぶんこ)は、角川書店による少女向けのライトノベルを主に扱う文庫であった。現在は休刊となっている。

1999年に設立。従来あった角川ルビー文庫に対し、より低年齢層をターゲットにして創設された。当初は広範に少女小説を主体としたレーベルであったが、ボーイズラブの要素の強い作品もまだ色濃く残存していた。その後ファンタジーへと転向。

現在の角川ビーンズ文庫の前身とも言われており、ビーンズ文庫の誕生とほぼ同時期に新作の発売は停止した。一部のファンタジー色の強い作品は、角川ビーンズ文庫で再刊されている。

主な作品[編集]

関連項目[編集]