富士見ミステリー文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富士見ミステリー文庫(ふじみミステリーぶんこ、Fujimi Mystery Bunko)は2000年11月から2009年3月まで富士見書房が刊行していた日本ライトノベル文庫レーベル

概要[編集]

既存のミステリー小説とは異なるキャラクター・ミステリーという新ジャンルの確立を目指し、富士見ファンタジア文庫から派生して創刊。富士見ヤングミステリー大賞というレーベル独自の新人賞を持っていたが、第8回をもって終了している。

2000年に創刊し、2002年からはヤングミステリー大賞の候補者の作品が刊行され始めた。ミステリー&ホラーをメインにしており、女神転生のノベライズも取り扱った。2003年12月より、いわゆるミステリー(本格推理小説)という固定観念からの脱却を図り、大幅にリニューアルされた。カバーイラストの占有量が増加し裏表紙にまで至り(凡そ表紙と一枚続きの絵である)、黒を基調としていた背表紙もパステル調に改められた。内容面も恋愛要素を多分に取り入れ、その一端は帯に大きく印字された「L・O・V・E!」の文字に象徴されており、「LOVE寄せ」などと表現された[1]。一方で殺人事件などは基本的に御法度とされ、一部の作家にのみ「殺人許可証」が与えられる、と言われた。この恋愛偏重の編集方針への転換[2]により、幾つかの作品が事実上の打ち切りとなるなどの影響を生じたが、「GOSICK」シリーズなどが刊行され、レーベル自体は概ね好調であり、本レーベルで「ライトノベル」として刊行された『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、一般文芸書籍としてハードカバー化される(2007年2月)など話題も呼んだ。

しかしながら「ミステリーという枠にとらわれない」という定義付けは、富士見ファンタジア文庫が既にあるなかでの存在理由に齟齬を生じ、読み切り短編を積極的に刊行する「初体験Project」(2006年6月~)[3]、発売日の20日への変更(2008年4月)[4]などをおこなうも、次第に刊行数を減らしていった[5]。2008年頃から富士見ファンタジア文庫への移籍も開始され[6]、2009年3月、人気シリーズ「ROOM NO.1301」「SHI-NO」両シリーズの終了を以て刊行を停止、事実上の廃刊となる。なお富士見ファンタジア文庫へ移植された作品のほか、他社ライトノベルレーベルや、角川文庫ハードカバーなど一般書籍として新装版・続刊の刊行に至った作品も一部存する[7]

キャッチフレーズを「ナゾ・解ク・愉シミ」としながらもジャンル外の作品(大まかに言うなればミステリー以外にアクション恋愛ファンタジー設定)も扱い、リニューアル後には「富士見ミステリー文庫はあなたに恋をさせます。」と明らかに迷走していたが、正統派の作品も多く存在している[8]

富士見ミステリー文庫作品一覧[編集]

あ行[編集]

タイトル 著者 巻数
天知未来がいる街 田村純一レッド・エンタテインメント 完結済み
イキガミステイエス 沖永融明
イレギュラーズ・パラダイス 上田志岐 完結
ヴァーテックテイルズ 麗しのシャーロットに捧ぐ 尾関修一
うれしの荘片恋ものがたり ひとつ、桜の下 岩久勝昭
エクスプローラー 北山大詩 完結済み
ANGEL 南房秀久
エンジェル・ダスト 天使が降ってきた夏 マツノダイスケ
黄金の血脈 伊吹秀明

か行[編集]

タイトル 著者 巻数
カフェ「白銀館」物語 年見悟
楓の剣! かたやま和華 全3巻
描きかけのラブレター ヤマグチノボル
仮面は夜に踊る 名島ちはや
硝子ノ音色 蒼い波紋のラプソディ 金巻兼一
かりん増血記 甲斐透 完結
がらくたのフロンティア 師走トオル
からっぽの僕に、君はうたう。 フォルマント・ブルー 木ノ歌詠 移動
カシオペアは北天に輝く 西奥隆起
着流し探偵事件帖 村瀬継弥
キリサキ 田代裕彦
ぐるぐる渦巻きの名探偵 上田志岐 全3巻
黒と白のデュエット 岡村流生
ゲームデザイナーは眠れない Heaven’s Game 高山浩
激アルバイター・美波の事件簿 谷原秋桜子 文庫移動
業多姫 時海結以 完結済み
GOSICK -ゴシック- 桜庭一樹 文庫移動
今宵、すべての悪党たちに―レブリガン・ド・レコール 日昌晶
今夜だけ退魔少女 真坂たま

さ行[編集]

タイトル 著者 巻数
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない 桜庭一樹 単行本化
さよなら、いもうと。 新井輝
さよならトロイメライ 壱乗寺かるた 完結・移動
式神宅配便の二宮少年 イセカタワキカツ
THE DOLL HUNTER 中島望
熾天使たちの五分後 木ノ歌詠
食卓にビールを 小林めぐみ 完結済み
ショットガン刑事 秋口ぎぐる
しずるさんシリーズ 上遠野浩平 移動
シナオシ 田代裕彦
SHI-NO -シノ- 上月雨音 完結
SHADE 南房秀久
超探偵ハヤブサ 紙谷龍生
真・女神転生 廃墟の中のジン 吉村夜
真・女神転生2 復活のジン
真・女神転生if... 魔界のジン
真・女神転生 NINE 実弥島巧
真・女神転生III-NOCTURNE 吉村夜
真・女神転生III-NOCTURNE アンソロジー あざの耕平甲斐透五代ゆう吉村夜
青春時計 川上亮森橋ビンゴ緋野莉月
銀の逢魔ヶ刻探偵団 ゆうきりん
セカイのスキマ 田代裕彦 全3巻
空とタマ -Autumn Sky,Spring Fly- 鈴木大輔

た行[編集]

タイトル 著者 巻数
タクティカル・ジャッジメント 師走トオル 完結
大旋風ガール! 立花薫
助けて!ワトソンくん じょうもん弥生
たましいの反抗記 すてるがかち! 水城正太郎
玉響-たまゆら- 時海結以 全3巻
月が射す夏 コバヤシ少年の生活と冒険 イタバシマサヒロ
翼の境界 アンダーヘヴン RYO 三田誠
ディストラクターXIII 大迫純一
Dクラッカーズ あざの耕平 文庫移動
DEARシリーズ 新井輝 全5巻
東京タブロイド 水城正太郎 完結済み
遠く6マイルの彼女 ヤマグチノボル
トキオカシ 萩原麻里

な行[編集]

タイトル 著者 巻数
菜子の冒険 猫は知っていたのかも。 深沢美潮 単行本化
夏の雪に溶けたパスワード 雅孝司
なばかり少年探偵団 雑破業 完結
七不思議学園の風来坊 イタバシマサヒロ
ニライカナイをさがして 葉山透
ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン 新井輝築地俊彦水城正太郎師走トオル田代裕彦吉田茄矢あざの耕平
呪の血脈 加門七海 文庫版

は行[編集]

タイトル 著者 巻数
ハード・デイズ・ナイツ 南房秀久 完結
ハーフダラーを探して 水城正太郎 全3巻
ハイブリッド・ソウル 松田朱夏
ハイスクール・ミッション! 岡村流生
バクト! 海冬レイジ 完結
パズルアウト 深見真
初恋セクスアリス 矢野有花
BLOOD THE LAST VAMPIRE 藤咲淳一 移動
BAD×BUDDY 吉田茄矢 完結
B-EDGE AGE 桜庭一樹
ヒドラ-HYDRA- 吉田茄矢
平井骸惚此中ニ有リ 田代裕彦 文庫移動
風月綺 皇城一夢
風水探偵タケル 六道慧 全3巻
フォルクローロの記憶 あの空に届いた約束 伊藤馨太郎
フォート探偵団ファイル 霞流一
ブラインド・エスケープ 樹川さとみ
BLACK JOKER あくたゆい
ブルー・ムーンにくちづけを 一条理希
ブロークン・フィスト 深見真 完結
閉鎖のシステム 秋田禎信
ぼくのご主人様!? 鷹野祐希 完結済み
僕たちのパラドクス 厚木隼
僕らA.I. 川上亮
星屑エンプレス 小林めぐみ
ホーム・チェリー・ホーム 結城貴夜

ま行[編集]

タイトル 著者 巻数
待ってて、藤森くん! 壱乗寺かるた 全4巻
魔法遣いに大切なこと 枯野瑛 全3巻
マルタ・サギーは探偵ですか? 野梨原花南 文庫移動
マンイーター 吉村夜
満月の長い夜 吉田緑
Mr.サイレント 早見裕司 完結済み
ミステリアス・キャッツ 柘植めぐみ
御手洗学園高等部実践ミステリ倶楽部 舞阪洸
夢幻万華鏡 冴木忍
探偵王女フジコ 深見真

や行[編集]

タイトル 著者 巻数
幽霊列車とこんぺい糖 木ノ歌詠
夜想譚グリモアリス 海冬レイジ 文庫移動

ら行[編集]

タイトル 著者 巻数
らぶとラブる!? 早見裕司
理央の科学捜査ファイル 夏緑 完結
リリカルレストラン 大倉らいた
ルーク&レイリア 葉山透 文庫移動
ROOM NO.1301 新井輝 完結
レンテンローズ 太田忠司 ノベルス移動
浪漫探偵・朱月宵三郎 新城カズマ
ロクメンダイス、 中村九郎
LOST MOMENT 水城正太郎

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新井輝が自身のブログ(2005.01.04付)にて「富士見ミステリー文庫用語」として紹介したのが最初とされている。以後、各所で使用される様になり、「ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン」など、(あくまでフィクションとしての)富士見書房を描いた他作家の作中にも見られるなど定着した。
  2. ^ 編集方針の変化は装丁のリニューアルにやや先んじて生じており、編集者の原稿のチェックの重点が、ミステリーそのもの(謎解き)よりも登場人物の恋愛関係の方に置かれる様になった、との作家の回想もある。
  3. ^ 新井輝『さよなら、いもうと。』・田代裕彦『セカイのスキマ』・水城正太郎『すてるがかち!』など、既に本レーベルでシリーズを持っている作家の新作のほか、鈴木大輔『空とタマ』・岩久勝昭『うれしの荘片恋ものがたり』など、新たな作家の起用もおこなった。なお正確には、「初体験」と「Project」の間にハートマークが入る。
  4. ^ 当初、富士見ミステリー文庫の発売は毎月20日であったが、2003年4月、発売日が10日に変更された。これは書店への通知文書から、電撃文庫との共生を狙ったもの(一緒に新刊として陳列される)とされている。しかし実際には、刊行数・人気作の豊富な電撃文庫が平積みされるなか、スペースの関係から棚の隅へ追いやられる結果となった。
  5. ^ 看板作のひとつであった「GOSICK」シリーズも、2007年4月以降、レーベル存続中に新刊を出すことがなかった(後、角川文庫への既刊移植・新刊刊行が発表された)。また、富士見ミステリー文庫の短編を多く掲載していた『ファンタジアバトルロイヤル』(月刊ドラゴンマガジン増刊号)の休刊(2007年5月号)、「富士見ヤングミステリー大賞」が第8回(2007年12月31日締切)を以て終了するなど、縮小傾向が見られる。
  6. ^ 夜想譚グリモアリス」シリーズは2008年5月より「幻想譚グリモアリス」、「さよならトロイメライ」シリーズは同年6月より「放課後トロイメライ」と改題して富士見ファンタジア文庫で続編を刊行。また「Dクラッカーズ」シリーズも2007年のうちに富士見ファンタジア文庫への移植を完了している。
  7. ^ ルーク&レイリア」シリーズは一迅社文庫アイリスへ、『菜子の冒険 猫は知っていたのかも。』はハードカバーとして講談社より刊行された。また初期の段階で、いわゆる「LOVE寄せ」によって打ち切りとなった作品(本格的なミステリ作品が多い)では、「レンテンローズ」シリーズが幻狼ファンタジアノベルス幻冬舎)で、「激アルバイター・美波の事件簿」シリーズが創元推理文庫での復刊を果たしている。
  8. ^ 結果としては推理要素が主題ではなくなってしまったとはいえ、当時の富士見ファンタジア文庫からは主だって提供されていなかった分野を扱っていた。後のファンタジア文庫が継承したためレーベル性に少なからず影響を与えた

関連項目[編集]

外部リンク[編集]