コミックチャージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コミックチャージ』(Comic CHARGE)は、角川書店2007年3月から2009年1月まで刊行していた青年漫画雑誌

概要[編集]

角川書店初の青年コミック誌として、主に30代から50代の男性をターゲット層とした内容で2007年3月20日に創刊。キャッチコピーは「働く男を充電(チャージ)する!」。隔週刊、毎月第1・第3火曜日発売。B5判、定価290円。

角川文庫角川映画などからの漫画化作品や、ブログを原作とする作品など、掲載作品のほとんどが原作付きとなっていた。

2009年1月20日発売の2月3日号を以て廃刊した[1]。連載作品のほとんどが完結しているが、中には未完のまま終了した作品もある。2009年7月には実質的な後継誌として『ヤングエース』が創刊された。

発行部数[編集]

※いずれも公称。

  • 創刊号 - 40万部
  • 2007年 - 30万部

廃刊まで連載されていた作品[編集]

※作品名は五十音順

廃刊までに連載を終了した作品[編集]

カドカワチャージコミックス[編集]

掲載作品の単行本は、2007年12月26日創刊のカドカワチャージコミックスより刊行されていた。B6判である点を始め『カドカワコミックス・エース』とほぼ同じ装丁となっている。『コミックチャージ』の休刊に伴いレーベルも終了した。後継誌『ヤングエース』では本レーベルは継承されず、『月刊少年エース』と同じカドカワコミックス・エースより単行本が発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 角川書店:コミックチャージが休刊 出版不況で2年の歴史に幕

関連項目[編集]