KADOKAWAの漫画レーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

KADOKAWAの漫画レーベル(カドカワのまんがレーベル)では、KADOKAWAが発行・発売している、もしくは旧角川グループパブリッシング(角川GP)が発売元となっていた漫画単行本のレーベル一覧について、各ブランド(旧ブランドカンパニー)別に記述する。

角川書店[編集]

角川書店では、古くは1980年代前半から「カドカワコミックス」もしくは「角川コミックス」の名義で漫画単行本を刊行しており、1991年にグループ企業の富士見書房を吸収合併(ブランド名のみ存続)した際に従来は富士見書房が発行していた漫画単行本もカドカワコミックスないしそのサブレーベルへ編入され、富士見書房が2005年に再分社された後も2006年までは角川書店、2007年以降は角川GPが発売を担当し単行本はカドカワコミックスのサブレーベルより発売される体制が2009年11月まで続いていた。

「カドカワコミックス」と「角川コミックス」の2種類の表記が存在することについては、主に単行本折り込みの新刊案内や単行本の奥付では漢字表記、公式サイトや取次系の新刊案内では片仮名表記が使用されており、どちらかが間違いという訳ではない模様。また、各レーベルに作者番号が与えられる。

カドカワコミックス・エース[編集]

角川コミックス・エース(Kadokawa Comics A)とも。基幹レーベル。『月刊少年エース』や『コンプティーク』、『月刊コンプエース』その他増刊各誌に掲載された作品が中心。B6判。4コマや総ページ数の少ない単巻作品の場合はA5判のカドカワコミックス・エースエクストラ(kadokawa comics A Extra)で刊行される場合もある。番号は「KCA-X-Y」(Xに作者番号、Yにその作者の刊行数)、エースエクストラの場合は「KCA-EX-26-1」となる(例・瀬川はじめ著『喰霊第7巻』KCA-160-7)。

レーベル創刊時は角川書店の社章に由来する不死鳥をデフォルメしたイメージキャラクター(名称不明)のマークが用いられていたが、1999年より角川書店の出版物がQRコードを背表紙に印刷するようになった際の装丁変更に伴い、社章を金色にカラーリングした新しいマークへ変更された。このマークは、エース以外のカドカワコミックスでも共通で使用されている。

派生レーベル[編集]

エース以外のレーベル[編集]

廃刊したレーベル[編集]

富士見書房[編集]

富士見書房のレーベルは以下の通りである。

ドラゴンコミックス[編集]

月刊ドラゴンマガジン』や旧『月刊コミックドラゴン』掲載作品のレーベルであるが、当初は『コンプティーク』『マル勝ファミコン』『マル勝PCエンジン』などゲーム雑誌に掲載された作品用のレーベルであった。1987年に『ヴァグランツ』や『ザナドゥドラゴンスレイヤー伝説』などを刊行したのが始まり。

A5判とB6判のタイトルが混在する。現在はA5判のみに一本化されており『月刊ドラゴンエイジ』掲載作品のうち4コマ漫画など総ページ数の少ない単巻作品を刊行する際に使用されている。2009年にカドカワコミックス・ドラゴンJr.(角川書店発行)を継承して創刊した『月刊ドラゴンエイジ』掲載作品の基幹レーベル・ドラゴンコミックスエイジは、形式上は本レーベルのサブレーベルとして位置付けられている。

角川書店富士見事業部のレーベル[編集]

以下は角川書店富士見事業部時代(1991年 - 2005年)のレーベルである。

月刊ドラゴンジュニア』→『月刊ドラゴンエイジ』

富士見ファンタジアコミックス[編集]

富士見書房より1988年から1993年まで刊行された単行本レーベル。略称「FFC」。『月刊ドラゴンマガジン』に連載された漫画が主に発売された。A5判。これの前身として1980年代前半に『富士見コミックス』が存在した。

名称から分かるように同社・富士見ファンタジア文庫に対応するレーベルであったが、富士見書房が角川書店に吸収合併されたことに伴い、前述のドラゴンコミックスへ移行した。

アスキー・メディアワークス[編集]

エンターブレイン[編集]

メディアファクトリー[編集]

廃刊したMFコミックスのサブレーベル[編集]

  • MFコミックス・アルファシリーズ - 旧コミックアルファ掲載作品。フラッパーシリーズへ移行。

バンダイビジュアル発行[編集]

バンダイビジュアルKADOKAWAグループでなくバンダイナムコグループの企業であるが、ウェブコミック配信サイトWebコミックゲッキン』(旧『YOMBAN』)掲載作品の単行本を角川GPより発売していた[1]

  • エモーションコミックス
2011年3月までは子会社のエモーションが発行元であったが2011年4月にバンダイビジュアルがエモーションを吸収合併して新たに発行元となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 《新コミックスレーベル「エモーションコミックス」創刊 12月10日より毎月4アイテムを刊行 角川グループ&バンダイナムコグループ協業開始》

関連項目[編集]

外部リンク[編集]