月刊コミックアライブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
月刊コミックアライブ
monthly comic alive
愛称・略称 アライブ
ジャンル 一般漫画
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 メディアファクトリー(創刊当初)
KADOKAWA(2013年10月の会社統合による出版社変更)
編集部名 アライブ編集部
発行人 青柳昌行
編集長 松井健太[1]
刊行期間 2006年6月27日(2006年8月号) -
レーベル MFコミックス アライブシリーズ
姉妹誌 コミックキューン
ウェブサイト 月刊コミックアライブ オフィシャルサイト
テンプレートを表示

月刊コミックアライブ』(げっかんコミックアライブ)は、KADOKAWAメディアファクトリーブランド発行の漫画雑誌2006年6月27日創刊。毎月27日発売。同社の『コミックフラッパー』よりも低めの年齢層を対象にしており、オリジナル作品のほかMF文庫Jで刊行されているライトノベルの漫画化作品が多く掲載されている。2012年以降は富士見ファンタジア文庫角川スニーカー文庫の作品も掲載されるようになった。

本誌オリジナルの作品では『まりあ†ほりっく』(遠藤海成)、『のんのんびより』(あっと)などがテレビアニメ化がされている。

連載中作品[編集]

作品名五十音順。2022年9月号現在。

オリジナル作品[編集]

  • ウルトラなネコ(山本でいち)(2021年11月号 - 2022年9月号)
  • 乙女怪獣キャラメリゼ(蒼木スピカ)(2018年4月号 - )
  • ダンジョンの幼なじみ(久真やすひさ)(2022年3月号 - )
  • ディーふらぐ!春野友矢)(2008年9月号 - )
  • ひまわりさん菅野マナミ)(2011年3月号[2] - 2022年2月号(本編[3])、2022年3月号 - 2022年9月号)
  • モダン†ロマネスコ(きくらげ)(2022年1月号 - )
  • ランドセルと異世界さんぽ(くぼたまこ)(2019年8月号 - )

メディアミックス作品[編集]

小説[編集]

長期休載中[編集]

連載終了作品[編集]

オリジナル作品(終了)[編集]

メディアミックス作品(終了)[編集]

アニメ化作品[編集]

テレビアニメ[編集]

作品 放送年 アニメーション制作 備考
まりあ†ほりっく 2009年(第1期) シャフト
2011年(第2期)
ささめきこと 2009年 AIC
断裁分離のクライムエッジ 2013年 Studio五組
のんのんびより 2013年(第1期) SILVER LINK. OVA(第1期、第2期)、映画あり
2015年(第2期)
2021年(第3期)
ディーふらぐ! 2014年 ブレインズ・ベース OADあり
タブー・タトゥー 2016年 J.C.STAFF

OVA[編集]

作品 アニメーション制作 備考
朝まで授業chu! 2012年 GoHands
ゆめくり 2012年 ディオメディア ドラマCDに同梱

単行本[編集]

MFコミックス・アライブシリーズ」のレーベルで毎月23日ごろ発売。広告などでは「アライブコミックス」の別名も使われている。

兄弟誌[編集]

コミックフラッパー
詳細はコミックフラッパーを参照。
コミックアライブPlus
2010年8月31日、ケータイコミックレーベルとして「コミックシーモア」内で配信開始[7]。すべて描きおろしの作品を掲載[7]。毎週火曜日更新[7]
Comic CYUTT
『Comic CYUTT』(コミックキュット)は、オリジナルの電子書籍漫画誌[8]。パピレスとメディアファクトリーの提携により制作[8]。2009年12月11日より配信開始[8]。毎月第2・第4金曜日発売で、毎号描きおろされた4作品を掲載。本誌は「電子書店パピレス」と「電子貸本Renta!」にて販売された[8]。連載作品については電子書籍はパピレス、紙の単行本はメディアファクトリーが刊行[8]。「『恋』『癒し』『ドラマ』『夢』『笑い』など」をテーマとした作品を掲載[8]
コミックキューン
本誌創刊100号記念企画として雑誌内雑誌の形で掲載された4コマ誌。2014年10月号から2015年9月号まで掲載され、その後独立創刊した。詳細はコミックキューンを参照。
アライブ+
2022年6月27日、『月刊コミックアライブ』2022年8月号誌上にて、「アライブ16周年一大プロジェクト」の一環として「アライブ+」がWebレーベルとして創刊されることを発表[9]。本誌から派生したレーベルとして、同年7月27日に誕生[10]。「もっとたくさんの、もっと幅広い作品と繋がっていきたい、読者に届けたいという思い」が込められ、レーベルが生まれている[11]。本誌の作品のリバイバル掲載や、オリジナル作品、本誌から移籍した作品を公開[10]。多種多様なジャンルの作品が掲載される[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “「これはレアだ!!」「ヤバいから…」編集者が太鼓判を押す25作品”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年2月2日). https://natalie.mu/comic/column/462685 2022年2月3日閲覧。 
  2. ^ 2009年10月号より数度の読切掲載を経て連載開始。
  3. ^ “「よう実」2年生編のコミカライズが始動、「ひまわりさん」は本編最終回”. コミックナタリー (ナターシャ). (2021年12月25日). https://natalie.mu/comic/news/459365 2022年1月27日閲覧。 
  4. ^ コミックアライブ 2020年3月号”. 月刊コミックアライブ オフィシャルサイト. 2020年8月26日閲覧。
  5. ^ 『ドラキュラやきん!』のコミカライズ連載がコミックアライブ5月号より開始”. ラノベニュースオンライン. Days (2021年3月29日). 2022年8月3日閲覧。
  6. ^ 2018年7月号よりタイトルが『緋弾のアリア』から『緋弾のアリア 紫電の魔女』に変更され、2019年12月号よりタイトルに再変更。
  7. ^ a b c “「世紀末オカルト学院」コミカライズなど携帯コミックで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2010年8月23日). https://natalie.mu/comic/news/36541 2022年7月30日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f “「世紀末オカルト学院」コミカライズなど携帯コミックで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2009年12月8日). https://natalie.mu/comic/news/24878 2022年7月30日閲覧。 
  9. ^ “幼なじみとの交際0日婚から始まる同居ラブコメがアライブで開幕、創刊16周年企画も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年6月27日). https://natalie.mu/comic/news/483192 2022年7月30日閲覧。 
  10. ^ a b “アライブ+誕生、人気作のリバイバル連載やにじさんじ新企画のコミカライズなど展開”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年7月27日). https://natalie.mu/comic/news/487131 2022年7月30日閲覧。 
  11. ^ a b みんなを元気にする新たなWEBレーベルがオープン!『ようこそ実力至上主義の教室へ』はじめ人気作品が1話から読める!『アライブ+』始動!!”. アニメ!アニメ!. イード (2022年7月29日). 2022年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]