終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
終末なにしてますか? 忙しいですか?
救ってもらっていいですか?
Shuumatsu Nani Shitemasu ka? Isogashii desu ka? Sukutte Moratte Ii desu ka? Logo.png
ジャンル ファンタジー
小説
著者 枯野瑛
イラスト ue
出版社 KADOKAWA
レーベル 角川スニーカー文庫
刊行期間 2014年11月 - 2017年2月
巻数 全5巻, 外伝1巻
小説:終末なにしてますか?
もう一度だけ、会えますか?
著者 枯野瑛
イラスト ue
出版社 KADOKAWA
レーベル 角川スニーカー文庫
刊行期間 2016年4月 -
巻数 既刊5巻(2017年10月現在)
漫画
原作・原案など 枯野瑛(原作)
ue(キャラクター原案)
作画 せうかなめ
出版社 KADOKAWA
掲載誌 月刊コミックアライブ
発表号 2016年8月号(プレ連載)
2016年9月号 -
発表期間 2016年6月27日(プレ連載[1]
2016年7月27日 -
巻数 既刊2巻(2017年6月)
アニメ
原作 枯野瑛
監督 和田純一
シリーズ構成 枯野瑛
脚本 枯野瑛、根元歳三
永井真吾、望月真里子[2]
キャラクターデザイン 今西亨
音楽 加藤達也
アニメーション制作 サテライトC2C
製作 68番島・妖精倉庫
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2017年4月 - 6月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』(しゅうまつなにしてますか いそがしいですか すくってもらっていいですか)は、枯野瑛による日本ライトノベル。イラストはueが担当。略称は「終末な(略)」、愛称は「すかすか」[3]

第1部『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』は「ヴィレムの物語」となっており、角川スニーカー文庫KADOKAWA)より2014年11月から2016年4月まで全5巻が刊行され、その後外伝(EX)が2017年2月に刊行された。2016年4月からは5年後の世界を描いた第2部『終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?』(しゅうまつなにしてますか もういちどだけあえますか)が5巻(2017年10月現在)まで刊行されている。2017年6月時点でのシリーズ累計発行部数は65万部[4]

2016年7月より『月刊コミックアライブ』においてせうかなめ作画による漫画版が連載されている[5]。2017年4月から6月にかけてテレビアニメがTOKYO MXAT-Xほかにて放送された。

制作・作風[編集]

著者が本作のプロットを書いたのは2004年頃[6]であるが、世界の基本設定や主人公が戦うのではなく戦いに行く女の子を男が見送るところなどの骨格以外はほとんど変わっている[7]。もともとは角川スニーカー文庫とは別の出版社に持ち込んだ作品であったが、そこで没となったものをスニーカー文庫に持ち込み、ほとんどすべてを改稿した上で出版することになった[8]。登場人物のうち、「妖精兵」と呼ばれる女の子たちも半分くらい新しくなっている。一度没になった作品だったため、登場人物の一部を枯野の他の著書に登場させてしまったためである[8]。作品の雰囲気・世界観について、枯野は「ファンタジーロマンを追い求め、ごった煮感のあるファンタジーを真正面から突き詰めている。世界が滅んでいるというのもごった煮の中の一つ。」と語っている[8]

第1部のタイトルは、「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」であるが、もともとは「箱庭世界の天使と悪魔」というタイトルであった。空に浮かぶ島が舞台であるなど「箱庭」の要素があることからつけられたタイトルであったが、これではほかの作品に埋もれてしまうということで、枯野が編集部で当時枯野の担当の具志堅にタイトル決めのほとんどを任せ、現在のタイトルになった[8]。そしてタイトルの「終末」について枯野は「人によって解釈の幅のある言葉だと思っている。どんな人も共通して「明日死ぬのが決まっているから今日をどう生きようか」というシチュエーションと問いかけの組み合わせがオーソドックスな終末感で、決まった死を全人類の共通認識として描いてみているのが一般的な『終末』の作品。でもそうではなくて、「死」ももっと小さな人にも適用できるであろうと考えた。例えば終末医療のように。『終末』だからと言って世界が終わるわけではない。それで終末をこのシリーズに近い言葉として使っている。」[7]と話している。

執筆はまずは枯野の書きたい世界やシーンがあり、それに合うように組み合わせていくことで行われた[8]。その他にも作中には複雑な時系列や設定が多く存在することから、枯野自身設定メモや用語集、年表を作成し整理しながら執筆している[9]

シリーズの特徴として、1巻のエピローグの蛇足のように2巻が、2巻のエピローグの蛇足のように3巻があるといった感じで繋がっている[9]。また、第1部では3巻のクトリがヴィレムの作ったバターケーキを食べるシーンで1巻から続いてきた話は一旦完結をしている。バターケーキ後の話は「クトリの物語」のエピローグ的な位置づけとなっている[9]。そして4巻は「ヴィレムとは何者なのか」ということを考えて作られている[10]。そして5巻はこれまでの1巻から4巻のようにクトリとヴィレムに視点を合わせるのではなく、物語の世界全体を見れるように描かれている[7]

第1部の終了と同時に、第1部からおよそ5年後の世界を舞台に、新たな主人公に徴無しの青年・フェオドールを据えた第2部が刊行されている。第1部はヴィレムが世界の真相を鋭く深く突き止めていったのに対し、第2部では前作では描かれなかった黄金妖精や獣の謎、様々な組織の対立など、より幅広い世界観を描いた作風となっている。 

評価[編集]

第1部1巻が発売された2014年下半期ライトノベルツイッター杯で新規部門3位を獲得[4]。作品が話題となったのは2015年1月の2巻発売時。当時カドカワ書店の電子書籍部門でセールが行われており、そこで話題となって2015年1月の「Amazon電子書籍ランキング」で1位を獲得[8]。その後も2015年上半期ライトノベルツイッター杯既存部門、2015年下半期ライトノベルツイッター杯既存部門で1位を連続獲得[4]。2016年には宝島社刊の「このライトノベルがすごい!2016」の作品部門5位 新作部門2位を獲得し、「SUGOI JAPAN Award2016」ラノベ部門 SUGOI20にも選出された[4]

2017年7月時点でシリーズ累計発行部数は65万部、シリーズ累計電子書籍ダウンロード数は10万[4]

ストーリー[編集]

第1部[編集]

500年以上前、地上では人間族(エムネトワイト)と怪物(モンストラス)が領土を巡って対峙していた。人間族は、多種族に比べると非力な種族であるにもかかわらず、勇者(ブレイブ)と呼ばれた対怪物に特化した人間たちの圧倒的な力を駆使し、自らを地上の支配者たらしめていた。ヴィレム・クメシュもまた勇者の一人として人類を守るべく戦っていたが、ついに人間族は、全ての種族の創造主といわれる星神に宣戦布告を行われてしまう。後に決戦と呼ばれる讃光教会認定適正星神「エルク・ハルクステン」討伐のために正規勇者リーリァ・アスプレイ以下7人の勇者が集結、ヴィレムは星神の守護につく三柱の地神(ポトー)の一人、黒燭公(イーボンキャンドル)との激戦の末、身体に刻まれた呪いによって石化してしまう。

しかし、ヴィレムら勇者たちによる奮闘も空しく、人間族は決戦から1年と経たぬうちに突如として出現した謎の存在「十七種の獣」により滅ぼされてしまった。

長い時が経過し、地上探索隊によって石化した状態で発見されたヴィレムが目が覚めた場所は、地上を蹂躙する〈獣〉から逃れた様々な種族が暮らす、上空に浮かんだ陸地、浮遊大陸群(レグル・エレ)であった。

人間が滅んでから526年が経過した今、全てを失ってしまった絶望から世捨て人のような生活を送っていたヴィレムは、ヴィレムを発見した探索隊の一人グリックの勧めで軍の兵器管理の仕事をはじめることになり、そこでクトリ・ノタ・セニオリスたち妖精兵と出会う。彼女ら妖精(黄金妖精/レプラカーン)が兵器と呼ばれる理由、そして彼女たちの存在のあり方を知ったヴィレムは、かつて準勇者として培ってきた技術で遺跡兵装を調整、妖精兵に遺跡兵装の正しい使い方を教え、「彼女たちが救われるために今の自分ができること」を模索していく。

次の大規模な〈深く潜む六番目の獣〉(テイメレ)との戦いで自爆し死ぬことを定められていたクトリは、ヴィレムによる戦闘の手ほどきや、自身の奮闘が功を奏し、無事に生還を果たすが、過剰な魔力(ヴェネノム)の熾しすぎた結果、黄金妖精特有の前世の侵食による人格破壊が進行し昏睡状態となってしまう。精神世界にてクトリは全ての黄金妖精の魂のもとである星神・エルクと邂逅する。帰らなければならない場所があると、エルクに別れを告げたクトリは、前世の侵食からの回復という奇跡的な生還を果たす。だが、意識は回復したものの前世の侵食が止まったわけではないこと、また、クトリは黄金妖精ではない別の存在に変質していることなどが判明する。

その頃、妖精兵のノフト・ケー・デスペラティオラーントルク・イツリ・ヒストリアの二人はそれぞれの遺跡兵装を携え地上調査艇の護衛を行っていた。調査は順調に進んでいたが、ある時〈捩じれ飲み込む四番目の獣〉(レジテイミターテ)と遭遇。艇は〈獣〉に破壊され、地上に降りた者は浮遊大陸群に戻ることが出来なくなっていた。

そこで、生き残った乗員と発掘物を浮遊大陸群へ引き上げるため、大規模な艇を用いた大掛かりな作戦が計画される。そしてその艇の護衛に妖精兵を1人つけろという命令が妖精倉庫に下された。地上で発掘された物の中に心身のコンディションを最良のものに保つ遺跡兵装「ラピデムシビルス」があることを知ったヴィレムは、この剣を用いればクトリの前世の浸食を止められると考え、ネフレン・ルク・インサニア、クトリと共に地上に向かう。

地上に降り立ったヴィレムは、地上探索のアドバイザーを務めていたグリックに招かれ、クトリと共に地下の遺跡に向かうことになる。突然の地盤の崩壊の末、たどり着いた先にいたのは500年前の決戦でリーリァの聖剣・セニオリスの特筆能力によって『死』の呪詛がかけられた状態のエルクだった。氷の中で眠るようにして死んでいるエルクを見たことで突如異変が発生し、そのまま昏睡してしまったクトリを抱えたヴィレム達は、急いでその場から脱出する。

時を同じくして、地下に調査隊が送り込まれていたが、大規模な人数で潜入してしまったことによって、地中の巣で眠っていた無数の〈六番目の獣〉が目を覚ましてしまう。なんとか飛空挺の修理を終え、脱出に成功したかのように思えたが、舷に張り付いていた大量の獣を前に戦況は劣勢。3人の妖精兵と護翼軍、そしてヴィレムの死闘の末、すべての獣を払い落とせたものの、限界を超えて魔力を熾したことで暴走寸前となっていたネフレンは、飛空挺を爆発に巻き込まないために、自ら地上へと落下。間髪を入れずにヴィレムも、ネフレンに襲い掛かる〈二番目の獣〉から彼女を守るべく地上へ飛び降りる。ヴィレムは死力を尽くし、ネフレンに襲いかかろうとする獣を退けるが、地上にはまだ無数の獣が二人を待ち構えていた。

昏睡していたクトリは、意識の世界で再びエルクと出会う。クトリはすでに自身の人格が失われるぎりぎりの所であり、もし次に元の世界に戻ったら今度こそ「クトリ」が消えてなくなってしまう状態であった。名前さえ思い出せないが、自分の中にわずかに残る「大切な誰かを救いたい」という思いから、クトリは再び戻って戦うことを選択する。自分自身の記憶が削れ落ちていくのを感じながら、二人に襲いかかろうとしていた無数の獣を斬り伏せ切ったクトリは、最後にヴィレムに感謝の気持ちを伝えたのちに消滅する。

目を覚ましたヴィレムとネフレンがいたのは〈月に嘆く最初の獣〉(シヤントル)が滅びる直前の町の人々を取り込んで作り上げた幻想の世界であった。ヴィレムが知ることのなかった、〈獣〉に滅ぼされる直前の世界で、ヴィレムとネフレンは情報を集め、幻想から脱出する方法を探っていくが、ついに訪れた〈獣〉が最初に発生した日、2人は幻想を作り上げていた〈月に嘆く最初の獣〉の正体と、世界滅亡の本当の真実を知る。長い時を経てアルマリアと再会したヴィレムは、約束を果たせなかったことを詫びながら、彼女が作り出した幻想世界を終わらせるために聖剣を突き入れる。それによって水晶を形どっていた〈最初の獣〉は崩壊するが、行き場を失った〈最初の獣〉の因子は、ヴィレムとネフレンの中に流れ込んでいった。

一方その頃、ヴィレム達が囚われる以前から〈最初の獣〉の作り出す結界の中に閉じ込められていた星神・エルクと地神・紅湖伯(カーマインレイク)は結界の崩壊と同時に脱出することに成功するが、その際にお互いの行方を見失ってしまう。精神体のような存在である紅湖伯は、偶然居合わせたネフレンを一時的な依代に定め、2人は離れ離れとなったヴィレムとエルクを見つけ出すために行動を共にする。

〈最初の獣〉の半分が体の中に入ったことで異質の存在となっていたネフレンは、偶然地上を訪れていたグリックに発見され、浮遊大陸群に帰還する。自身がいつ浮遊島群の脅威となってしまうかわからないために、妖精倉庫へは戻らずに〈獣〉をよく知る大賢者と黒燭公のもとに身を寄せることに決め、彼らの協力のもとでヴィレムを捜索していく。一方、新たな〈最初の獣〉として、意識の大半を〈獣〉に支配された状態で荒野を彷徨っていたヴィレムは、エルピス集商国によって他の〈獣〉と共に回収、浮遊大陸群に運び込まれていた。事故によって解き放たれたヴィレムは暴走する一歩手前のところで、エルクと共に現れたかつてのヴィレムの師匠であり、星神・ニルスによる施術によって、獣に纏わる全ての記憶を封印することで、自発的に思い出そうとしない限りは、安定した人格を保つことが出来るようになる。エルクもまた彼によって呪詛の一部を解除され、ある程度は活動できるようになっていた。そうしてヴィレムとエルクは、ニルスが二人の元を去った後もナイグラートの父が営む11番浮遊島の宿屋に身を寄せることになる。

浮遊島群で交錯する様々な思惑は、68番島妖精倉庫にも及ぼうとしていたが、そこへ軍の一位武官・ライムスキンの計らいによって、新たに聖剣に適合したティアットとラキシュを含むアイセア、ラーントルクの4人も11番浮遊島を訪れていた。そしてある日、かねてより護翼軍と対立していたエルピス集商国によって、ヴィレム達の暮らす11番浮遊島コリナディルーチェ市に〈二番目の獣〉が解き放たれた。エルピス集商国のこの蛮行は、護翼軍の戦力独占に反対する過激派組織が、〈獣〉を集商国が開発した新兵器で倒すという自演行為であった。偶然現場に居合わせ、その兵器の正体が、幼い黄金妖精の魔力暴走によって稼働する使い捨てのものであると知ったヴィレムは、光の粒子となって消えてゆく幼い少女を見ながら、ある決心をする。

これが封印が外れるきっかけとなったヴィレムは、人格をわずかに残しながらも〈獣〉の力を開放し、手ずから新兵器を破壊し始める。

妖精兵、クトリ・ノタ・セニオリスの身命を賭した偉業は、唯一浮遊島を脅かす存在であった〈六番目の獣〉の危機が去ったことにより、妖精兵の私有化を求める気運が高まるという、思いがけない形で妖精兵の新たな危機になろうとしていた。私利私欲のために妖精たちの命が利用される未来を危ぶんだヴィレムが考えたのは、「新兵器にも敵わない獣」である自分が、アイセア達黄金妖精に討伐されることで、再度彼女達が獣の脅威に対抗できる唯一の手段であることを認識されることだった。そうして激しい戦闘の末、新たに遺跡兵装の適合者となったラキシュのセニオリスに背後から貫かれ、『死』の呪詛を施されたことによって、ヴィレムは彼女達の成長を嬉しく思いながら眠りについた。

「死体」となったヴィレムの体は、ネフレンやエルクのいる2番浮遊島に運び込まれ安置されていた。真っ暗な世界の中で目を覚ましたヴィレムは、たとえ長い時間がかかっても、隣に佇む〈獣〉と寄り添い、互いを理解しようとする道を選んだのだった。

しばらく時間が流れて、妖精倉庫はいつもと同じように賑やかな様相を呈していた。ある日、そんな妖精倉庫を訪れた青年の頭上から、突然蒼い髪をした女の子が降ってくる。なぜかどこかで会ったような気がする二人、そこへ桜色の髪をした女性がその少女を見つけて近づいてくる。青年の顔を見て口元を押さえた女性が、青年のただいまに「お帰りなさい」と返したところで物語は幕を閉じる。

登場人物[編集]

第1部より登場[編集]

年齢は第1部時点。第2部にも登場する人物の第2部時点の年齢は記載されている年齢+5歳。

妖精倉庫[編集]

ヴィレム・クメシュ (Willem Kmetsch)
声 - 新井良平[11]
本作の主人公。この世界で生き残った唯一の人間族(エムネトワイト)で、世界を救うことができなかった準勇者の青年。18歳(肉体年齢であり実年齢は543歳)。護翼軍の建前上の役職である二位呪器技官の職位を与えられ、妖精倉庫の管理者に任名される。人類が滅亡する以前は、身寄りのない子供たちを集めた養育院の父親がわりとして放浪者の師匠に変わり孤児たちの面倒を見ていた。
かつて正規勇者を目指していたが、正規勇者としての資格を彼自身が持ち合わせていなかったため叶わなかった。しかし、最後までその夢を諦めずにあらゆる武芸・技術を修めていった結果、かつて地上に存在したほとんどすべての武器武芸に精通し、仲間たちからして非常識、規格外と評されるほどの強さを得た。しかし、現在は禁呪の呪詛に身体を蝕まれており、戦うと死んでしまう体になっている。そのため、生きてやらなければならない事がある限り決して戦闘をするという選択はしない[12]
浮遊大陸群のなかで唯一、遺跡兵装の本来の扱い方を知っており、調整も行うことができる。
テレビアニメでは20歳後半のイメージで描かれており、声を演じた新井にも「28歳で演じてください」と監督の和田から指示があった。18歳の青年として描くことによって15歳のクトリと年があまり離れず、恋が成就してしまう可能性があったからである。そしてそんなヴィレムを和田は「過去に縛られ本当に情けなく、カッコ悪い男。しかし、同時に愛すべきキャラでもあった」と語っている[13]
クトリ・ノタ・セニオリス (Chtholly Nota Seniorious)
声 - 田所あずさ[14][11]
本作のもうひとりの主人公[7]。青空の髪、凪の海のような眼を持つ黄金妖精(レプラカーン)。妖精倉庫の中ではもっとも年長の15歳。最強の聖剣の一振り、セニオリスの適合者。発生は94番浮遊島[13]
28番島にてヴィレムと知り合う。その時に買ってもらった帽子がお気に入り。殉職した先輩妖精から受け継いだブローチを大切にしている。
原作から「普通の女の子」がクトリのコンセプト。何かにつれてのタイミングが悪く、要領も良くなく、そして筋金入りの見栄っ張り。原作者の枯野は「そんな真面目な女の子がヴィレムのような男に会ったらどうなるのか」と考えながら書いていると言う。そして和田はクトリについて「何事にでも一生懸命な委員長タイプで、ともすればお固すぎる一面もある」と評し、「恋愛には憧れるけど経験はゼロの女の子が、初めて恋をする感じに書ければいいと思っていた」と語っている[13]
アイセア・マイゼ・ヴァルガリス(Ithea Myse Valgulious)
声 - Machico[11]
妖精兵の少女。稲穂色の髪、朽ち木色の眼を持つ黄金妖精。14歳。聖剣ヴァルガリスの適合者。
何かと訳知り顔をする情報通。常に本気のわかりにくい笑顔を浮かべて感情をごまかしているが、クトリの危機などには素の表情を見せる。
のちに、既に前世の侵食が完了してしまっていることが明らかになる。現在のアイセアの人格は、その前世となる「何者か」の人格で、本来の彼女の人格は上書きされ、完全に消滅してしまっていた。しかし、侵食完了以前の「アイセア」がこまめに記していた日記から彼女の人物像を読み取り、自らそれを演じることによって、周囲には前世の侵食が完了している事実を隠し、上手く折り合いをつけて生きてきた。しかし、本来の「アイセア」が生きるはずだった人生を奪ってしまったこと、自分が周囲を欺いているということに対してひとり苦悩を抱えてきた。
第2部では、護翼軍の第二位武官として登場し、ティアット達のいる38番浮遊島を訪れる。すでに魔力を熾すことができない体になっており、自力で歩くこともできないため車椅子に乗っている。
ネフレン・ルク・インサニア(Nephren Ruq Insania)
声 - 上原あかり[11]
妖精兵の少女。褪せた灰色の髪、木炭色の眼を持つ黄金妖精。13歳。聖剣インサニアの適合者。発生は14番浮遊島[15]
判で押したような無表情で、滅多に感情を表に出さず口数も少ないが周囲に無関心という訳ではなく、気遣いができる性格。自身のことはあまり口にしないが、他者の心や痛みに敏感で、とくにヴィレムに対しては「放っておくと壊れそうだから」という理由で何かと彼の傍に居ようとする。
ティアットを除く成体妖精兵5人の中では最年少であり最弱でもある。筋力と持久力も少ない。そんなネフレンの最大の武器は飛行能力である。そのため、機動力を生かせない屋内戦はネフレンにとって桁違いに負担の大きい戦いとなっている[16][17]

和田はネフレンのキャラクター性を忠犬や、長年連れ添った「老犬」ぽさも意識して造形した。また枯野はネフレンとヴィレムの関係性について「犬と飼い主の関係に近い」と語り、そばにいることで支え合っている間柄と評している[15]

ラーントルク・イツリ・ヒストリア(Rhantolk Ytri Historia)
声 - 荒浪和沙[18]
明るい藍色の髪、深い藍色の眼を持つ黄金妖精。14歳。聖剣ヒストリアの適合者。
ノフトとは同時期に同じ場所で発生した、姉妹のような関係。ヴィレムが妖精倉庫を訪れる1ヶ月前に、ノフトとともに地上の飛空艇の護衛にあたっていた。最初は人間族であるヴィレムには警戒心を見せていたが、次第にヴィレムの技量と性格を認めるようになる。
考えごとに熱中し、まわりが見えなくなることがよくあり、ノフトやナイグラートに度々指摘されている。人間族の文字をすこしだけ読むことができる。11番島にて、大賢者スウォンから世界の真相を聞かされる。
ノフト・ケー・デスペラティオ (Nopht Keh Desperatio)→ ノフト・カロ・オラシオン
声 - 水瀬いのり[18]
淡い朱色の髪、濃い朱色の眼を持つ黄金妖精。14歳。聖剣デスペラティオの適合者。
ヴィレムが妖精倉庫を訪れる1ヶ月前に、地上の飛空艇の護衛にあたっていた。クトリとは普段からあまり反りが合わなかったようだが、クトリが妖精郷の門を開き、死んだと思い込んでいた時には、彼女を思いやる様子を見せていた。
聖剣デスペラティオが消滅したのちに、聖剣オラシオンの適合者となる。
第2部では、護翼軍三位技官となったグリックの護衛を務めており、気のおけない関係を築いている様子。
ナイグラート(・アスタルトス) (Nygglatho)
声 - 井上喜久子[19]
淡い赤色の髪、若草色の眼を持つ喰人鬼(トロール)の女。オルランドリ総合商会で働いており、妖精倉庫の管理人を務める。
やや少女趣味なところがあり、普段は可愛らしいフリル付きのエプロンを身にまとっている。子供たちの服はすべて彼女の手製。非常に多芸で、家事全般や妖精の検査など様々なことを一人でこなすことができる。
妖精たちを大切に思っており、妖精兵が帰ってこなくなるたびに、哀しみを紛らわせるために山へ暴れに行く癖がある。
ティアット・シバ・イグナレオ(Tiat)
声 - 水間友美[20]
若草色の髪、深緑の眼を持つ黄金妖精。10歳。
はじめて目にする大人の男性に、ほとんどの子供達は警戒して近寄ろうとはしなかったなか、彼に興味を抱き、最初から好意的に接した一人。物語に出てくるような大人の恋愛に憧れを抱いている節があり、尊敬しているクトリの行動を真似て、年少組の妖精たちの面倒を見ている。
第2部では、14歳に成長している。〈十一番目の獣〉から38番島を守るため第五師団に配属され、そこで堕鬼種の青年フェオドールと出会う。〈十一番目の獣〉との戦闘において妖精郷の門を開くことが決められていた。
ラキシュ・ニクス・セニオリス(Lakhesh)
声 - 石見舞菜香[20]
橙色の髪と眼を持つ黄金妖精。10歳。のちに聖剣セニオリスの適合者となる。
はじめて目にする大人の男性に、ほとんどの子供達は警戒して近寄ろうとはしなかったなか、彼に興味を抱き、最初から好意的に接した一人。
やんちゃなコロンたち3人の尻拭いをすることが多い。
第2部では、〈十一番目の獣〉から38番島を守るため第五師団に配属される。
ティアット、コロン、パニバルの三人がかりで挑んでも負けないほどの実力を持つが、前世の侵食に悩まされており、ついに3巻にて人格が変化してしまう。
パニバル・ノク・カテナ(Pannibal)
声 - 久保ユリカ[20]
紫色の髪と眼を持つ黄金妖精。10歳。
初めて68番島を訪れたヴィレムに興味本位で不意打ちを加えようとするも失敗、そのままでは沼地に落ちそうだったところをヴィレムに庇われ助けられる。
はじめて目にする大人の男性にほとんどの子供達は警戒して近寄ろうとはしなかったなか、彼に興味を抱き、最初から好意的に接した一人。
第2部では、〈十一番目の獣〉から38番島を守るため第五師団に配属される。〈十一番目の獣〉との戦闘において妖精郷の門を開くことが決められていた。
コロン・リン・プルガトリオ(Collon)
声 - 木野日菜[20]
桜色の髪と眼を持つ黄金妖精。10歳。
やんちゃな性格で、はじめて目にする大人の男性に、ほとんどの子供達は警戒して近寄ろうとはしなかったなか、彼に興味を抱き、最初から好意的に接した一人。
第2部では、〈十一番目の獣〉から38番島を守るため第五師団に配属される。〈十一番目の獣〉との戦闘において妖精郷の門を開くことが決められていた。
アルミタ(Almita)
声 - 小日向茜[20]
黄金妖精(レプラカーン)。7歳。
まだ幼いため、やや無鉄砲気味なところがある。
第2部では、黄金妖精特有の夢を見たがいまだ調整を受けられておらず、臨時の措置として薬の服用を余儀なくされている。

護翼軍[編集]

石灰岩ノ肌(ライムスキン、Limeskin)
声 - 小杉十郎太[19]
紺色も目を持つ爬虫種(レプトレイス)の大男。護翼軍第二師団に所属する軍人で一位武官。
ヴィレムの直属の上司にあたる。戦士という言葉にこだわりを持ち、小難しい言い回しを好む。クトリたちが妖精郷の門を開かざるえない可能性があることを理解しているため公式な場ではヴィレムたちにも素っ気ない態度で通している。ヴィレムがクトリたちの正体を知ることで悩みを抱えることを懸念し、当初は彼女たちに関するヴィレムからの問いには故意に回答しない方針をとっていた。
クトリたちに対しても決して使い捨ての道具とは考えておらず、ヴィレムとの出会いで迷いを抱いたクトリの相談に対して真剣に応じるなど私的な場面では非常に親身になって接してくれている。
当初はヴィレムのことを取るに足らない者と軽視していたが、ヴィレムがクトリの覚悟を覆してみせたことで次第に彼を認め、期待を抱くようになる。その後もクトリたちが本意でないのであれば、妖精郷の門を開かないことを前提に軍が責任をもって戦い抜くことを約束した。
スウォン・カンデル(Souwong Kandel)
声 - 麦人田村睦心(少年期)
希代の才能を秘めた呪蹟師(ソーマタージスト)。500年前のヴィレムの仲間の一人であり実年齢は539歳(外見は83歳)。
人々からは〈大賢者〉と呼ばれており、護翼軍の相談役を担っている。昔から白いマントにこだわりを持っている。一人称は「儂」だが再会したヴィレムの前では少年時代のように「僕」と名乗る。
地神(ポトー)の一柱、翠釘候(ジェイドネイル)との戦いにおいて瀕死の重傷を負ったが、自身に呪詛を施すことによって不死者となり現在まで生き永らえきた。〈獣〉によって侵略された際、地神の一柱、黒燭公(イーボンキャンドル)と共に浮遊大陸群(レグル・エレ)を作り、生き残った種族を空へと導いた。〈獣〉の正体についてを知っているようだがヴィレムには語ろうとはしなかった。
黄金妖精を発生させている張本人であり、彼女たちをただの兵器としてしか扱っていないが、なんらかの負い目は感じているようで、彼女たちとの接触は避けてきた。
見た目が高齢の爺さんなのは執筆者の枯野が「じじいが書きたかった。どうしても書きたかった。」というのが理由[9]
バロニ・マキシ
声 - 鈴木千尋
兎徴種(ハレサントロポス)。護翼軍の憲兵一位武官。
遺跡兵装の調整ができるヴィレムの存在を知り、11番島にて彼の前に現れ、知恵を借りるべく大賢者の元まで連れて行く。
紫小鬼の一位技官
声 - チョー
紫小鬼(グレミアン)。〈獣〉に撃墜された地上調査隊の飛空挺『サクシフラガ』の生存者を救助する飛空挺『プランタギネスタ』の指揮官を務める。

その他の登場人物[編集]

グリック・グレイクラック (Grick Graycrack)
声 - 千葉繁[19]
琥珀色の眼を持つ緑鬼族(ボーグル)の男。探検家(サルベージャー)。
地上で石化していたヴィレムを救出した探検家の一人。情に厚い人情家で、ヴィレムにとっては大切な友人。世捨て人のような生活を送っていたヴィレムに、妖精倉庫の仕事を紹介する。抜け殻のようになっているヴィレムが生きがいを見つけられるように色々と手を尽くしてくれていた。
飛空艇で共に生活した黄金妖精ともすぐに会話を交わすなど社交性も高い。〈獣〉に対する知識が豊富であり、〈獣〉に強襲された軍が壊滅状態に陥った際には音を経てず刺激しなければ攻撃対象になりにくいことを利用し軍の全滅回避に貢献した。サルベージャーとしての腕は一人前で、豊富な知識も持っている。
フィラコルリビア・ドリオ(Phyracorlybia Dorio)
声 - 井上ほの花[21]
狼徴人(リュカントロポス)の女性。コリナディルーチェ市長の娘。
やや世間知らずな面がある。
ギルアンダルス・ドリオ
11番浮遊島コリナディルーチェの現市長で、フィラコルリビアの父親。
一位武官ライムスキンとは旧い友人。
マゴメダリ・ブロントン
声 - 高橋伸也
11番島にある黄金妖精専門の施療院の単眼鬼(キクロペ)の医者。ナイグラートとは学術院時代からの顔見知り。
幼体妖精から成体妖精へ成長するために欠かせない『調整』を行っている。

人間族(エムネトワイト)[編集]

リーリァ・アスプレイ
声 - 佐藤利奈[21]
二十代正規勇者。聖剣セニオリスの元適合者。
他種族に滅ぼされた小王国の王女。正規勇者になるべくしてなったと言われるほどの業と運命を背負っており、彼女もそれを受け入れていた。
旧ディオネ騎士国名誉騎士にして第十八代正規勇者が師匠であり同じ師を仰ぐヴィレムとは兄妹弟子の関係。最終決戦前夜、真界再想聖歌隊の現指導者が師匠であると見抜き彼の元を訪れていた。星神エルク・ハルステンとの戦いにて命を落とす。
アルマリア・デュフナー (Almaria Duffner)
声 - 佐藤聡美[19]
ヴィレムと同じ帝国領ゴマグ市の養育院にいた少女。自身も元は孤児で、養育院の子供たちの世話をしていた。ヴィレムのことを「おとーさん」と呼び慕い、誰よりも彼の帰りを心待ちにしていた[13]
ヴィレムには好意は持っているが、この好意は恋人に対するような好意ではないと枯野は語る。和田は声を演じる佐藤聡美の演技でアニメ独自のアルマリアが上手く完成したと語っている[13]
ニルス・ディデク・フォーリナー
『異邦人』ニルス。元十八代正規勇者であり、あらゆる武芸や学問に秀でていたと言われていた。また、リーリァとヴィレムの師匠であり、ヴィレムの住んでいた養育院の創設者。しかし孤児たちの世話はすべてヴィレムやアルマリアに任せており、自身は留守にしていることが多かった。
セオドア・ブリックロード
10代半ばの冒険者(アドベンチャラー)の青年でヴィレムの友人。アルマリアに想いを寄せていた。
ヒルグラム・モト
武技使いの冒険者。勇者・リーリァ率いるパーティの一人。素手で地形を変化させてしまうほどの実力。
エミッサ・ホードヴィン
女性の冒険者。20歳。勇者・リーリァ率いるパーティの一人で強力な魔力使い。
カイヤ・カルトラン
女性の冒険者。勇者・リーリァ率いるパーティの一人。
ナヴルテリ・テイゴザック
勇者・リーリァ率いるパーティの一人で、赤毛に無精髭を生やした30歳前後の男。ヴィレムと同じ準勇者で、聖剣ラピデムシビルスの元適合者。行く先々で恋人をつくっていると自負するほどの無類の女好き。
星神討伐後も生存しており、とある目的を果たすためにヴィレムの故郷であるゴマグ市を訪れていた。

星神(ヴィジトルス)[編集]

エルク・ハルクステン
声 - 岡田日花里
緋色の髪で、外見年齢は10歳半ばの少女。
この世界を創造したとされる伝説の存在で、生き残った二柱の星神のうちの一人。遥か昔に故郷を失っており、故郷を求め様々な星々を訪れた果てに、ヴィレムたちの星に辿り着いた。
500年前、リーリァがその身を犠牲にして振るったセニオリスによって『死』の呪詛を刻み込まれたことで、永い眠りにつくが、その際に見たリーリァの、“大切な人を守るために戦い続ける姿”に強い憧れを抱く。クトリに対しては彼女の生き方にかつてのリーリァの姿を重ね、特別な関心を抱いている。
前世に侵食され、昏睡状態に陥ったクトリの前に現れるが、今度は完全に人格が消滅するとわかっていながらも、ヴィレムと交わした約束を果たすために再び戦いに赴こうとする彼女の背中を押して送り出した。
黒燭公(イーボンキャンドル)
声 - 松山鷹志
星神を守護する三柱の地神(ポトー)の1柱。
500年前、ヴィレム一行により討伐されたのち、100年の眠りについた。
後に復活するが、ヴィレムに施された禁呪によって骸骨の頭部のみしか再生することができなかった。スウォンと協力し、彼と共に浮遊大陸群を創りあげた。
ヴィレムに焼き尽くされた体も原理的には回復可能であるはずであるが、スウォンとの計画に集中しているため回復には力を回せない状況が続いている。かつての巨体の際は死霊魔術を駆使してヴィレムと戦ったが、現在ではその死霊魔術を応用して黄金妖精の創造に役立てている。
神性にしては意外と気さくな性格をしており、自身の肉体を失う羽目になったヴィレムとの戦いでさえも現在では懐かしい思い出となっている。スウォンとは協力関係にだけでなく遊び仲間のような関係にもなっており何かと遊戯に興じては勝負をしている様子が伺える。ヴィレムには実力を讃えつつ好意的に接しているが、同時に彼が黄金妖精を巡り困難な道を辿るであろうことも察している。
紅湖伯(カーマインレイク)
三柱の地神(ポトー)の1柱。朱色の魚のような姿をしている。現在は他人の精神に寄生する形でした存在することができない、いわゆる精神体のようなもの。
翠釘候(ジェイドネイル)
三柱の地神(ポトー)の1柱。

第2部より登場[編集]

フェオドール・ジェスマン
第2部の主人公。堕鬼種(インプ)の『徴無し』の17歳の青年。護翼軍 第五師団四位武官。武技や戦術知識、砲器の扱いに長けているおり、17歳で四位武官に昇進するなど成績は優秀。〈十一番目の獣〉から38番島を守護するために派遣されてきたティアットたちの監督役を任されることになる。
表面上は穏やかで良心的な好人物のように振舞っているが、内心では度々悪態をつく皮肉屋。思考や対人戦闘においても相手の意表を突くといった搦め手を選択することを好むが、重大な局面であるほど無意識的に思考が単調になってしまう傾向があるため、勘の鋭い者や彼をよく知る者には行動の意図を看破されてしまうことが多々ある。前述のように、一見捻くれているようでいてその実、実直な性格が彼の本質であり、心を開いた相手に対しては情の深い一面も持ち合わせている。過去に自分が無力だったことで大切な人間を救えなかったという思いから、そんな無力な自分自身、引いては妖精たちの命を犠牲に守られているこの世界すべてを心底憎んでおり、目的を果たすためなら浮遊島を落とすことも厭わないと考える。
〈獣〉によって滅亡したエルピス集商国の生き残りであり、護翼軍に入隊した目的は、ある計画に必要な対〈獣〉秘密兵器を入手するためだった。
堕鬼種の末裔の特性として謎の瞳力を持っているが、十分に扱えきれているとは言い難く、立て続けにラキシュ、パニバル、そして軍の倉庫に安置されていた〈最初の獣〉に瞳の力を使ってしまったことによって、激しい頭痛と幻覚に悩まされていくことになる。
護翼軍の機密倉庫に運び込まれていた黒い箱の中身を知ってしまったため、軍に捕縛監禁されてしまうがのちに脱走、脱走時に行く手を阻もうとするティアット相手に、習得した覚えのない人間族の格闘術を駆使しほぼ互角に渡り合う。直後に駆けつけたラキシュの介入によってその場を切り抜けたフェオドールは、以降は人格の変わってしまったラキシュと共に行動していくことに決める。
マシュマロ、リンゴ
38番浮遊島にて保護された青髪と赤髪の黄金妖精。二人とも正式な名前を得るまでの仮名としてティアットたちに命名された。フェオドールによく懐いており、彼自身も任務だと言いながらも甲斐甲斐しく世話を焼いていた。
フェオドール、ラキシュとともに四人で出かけた時、38番島に持ち込まれていた〈十一番目の獣〉と遭遇する。三人を守るために、妖精郷の門を開いたリンゴは命を失う。
その後、マシュマロはラーントルクによりリィエルと名付けられる。
マルゴ(マルグリット)・メディシス
フェオドールの元・許嫁。『徴無し』の家系の生まれだが、先祖に混じっていたわずかな獣人の血が色濃く出てしまい、黒猫の獣人のような外見をしているため、一族に疎まれてきた。7歳の時にフェオドールと出会う。
オデット・グンダカール(ジェスマン)
フェオドールの実姉。ある目的のため暗躍している。ナイグラート、マゴメダリとは学術院時代の知り合い。
ナックス・セルゼル
鷹翼種(フォーコン)護翼軍上等兵。フェオドールの友人。情報屋の仕事を請け負っており、フェオドールの依頼で軍の秘密兵器について調べる。
ユーディア
10歳前後の黄金妖精(レプラカーン)。既に特別な夢を見ているが、護翼軍から許可が出ていないため、専門の施設での調整ができずにいる。

聖剣(遺跡兵装)[編集]

聖剣とは、水晶片を核に23個以上の雑多な護符(タリスマン)を呪力線で束ねて作られた剣である。相手の魔力を利用することで、圧倒的な戦力差を覆すことができる。現在の浮遊大陸群では製法が失われたため、地上から発掘される超兵器として扱われ、遺跡兵装(ダグウェポン)と呼ばれている。

剣を構成する個々の護符は戦闘とは無関係な効果を持つものも多く、単体では大したことがない効果のものも含まれる。それらを組み合わせて作るという製法から、500年前の地上時代はカリヨン(組み鐘)とも呼ばれていた。低位のものは量産することも可能であった一方で、高位の聖剣の中には独自の特筆能力(タレント)を持つものもある。

セニオリス
人類史上最強の古聖剣。41個の護符(タリスマン)から出来ている。ごく初期に偶然の果てに組み上げられた極位聖剣で、多くの異名を持つ。
扱う資格を得ることができる者は極めて限られており、あらゆるものに『死』の呪詛を刻むことができるという特筆能力を持つ。かつて正規勇者リーリァが扱っていた剣。現在はクトリが適合者である。
のちにラキシュの適合した剣となる。
ヴァルガリス
アイセアの適合した聖剣。慣性を制御し予測不能の剣技を繰り出す。
インサニア
ネフレンが適合した聖剣。「使い手の恐怖心を後回しにする」という特筆能力がある。聖剣としての格はそれほど高くない[15]
のちに消滅する。
ヒストリア
ラーントルクが適合した聖剣。
デスペラティオ
同族殺し(キンスレイヤー)。人間が扱えは人間を斬ることにしか扱えない。ノフトが適合した聖剣。のちに消滅する。
ラピデムシビルス
特筆性能は心身のコンディションを最良のものに保つというもの。
ヴィレムが属した勇者パーティーの一員、準勇者ナヴルテリ・テイゴザックの愛剣。のちにヴィレムが壊した剣の一つ。
ロクス・ソルス
特筆性能は「筋力賦活」。治癒機能が損壊している。
かつて巨漢の準勇者が愛用していた。
ムルスムアウレア
特筆性能は「限定的な不死」。
30年ほど前の妖精兵、エルバが適合していた聖剣。
パーチェム
30年ほど前の妖精兵、ナサニアが適合していた聖剣。
イグナレオ
特筆性能は「目立たなくなること」。格はそれほど高くない。
ティアットの適合した聖剣。
プルガトリオ
コロンが適合した聖剣。
カテナ
パニバルが適合した聖剣。
オラシオン
デスペラティオが戦いの中で失われ、その後ノフトが改めて適合した聖剣。
モウルネン 
100年ほど前に地上で発掘されたが、妖精倉庫に送られずに護翼軍の倉庫に保管されていた。特筆能力は「絆を強く結ぶこと」で、使用者とその仲間の間に非常に強力な共感能力を強制的に発動することができるといわれている。
パーシヴァルシリーズ
量産型聖剣。かつてヴィレムが愛用していた。
特筆能力は付与されていないが、扱いやすい聖剣。
ディンドランシリーズ
量産型聖剣。パーシヴァルシリーズの発展型。

用語解説[編集]

浮遊大陸群(レグル・エレ)
100を超える浮遊島の集合体。ほぼ中央に第1番島が位置し、そこから渦を巻くような順で番号が割り振られている。中央に近いほど番号が若く、外側ほど大きい。40番ほどまでの若い番号の島はお互いに近い位置に浮かんでいるが、70番以降の島は島の大きさ自体がそれほど大きくなく、お互いに離れた距離で浮かんでいる。島の交流の頻度は島の栄え具合を直結するため、番号の大きい島ほど辺境の地となりやすい[13]
かつて星神の眷属であったと言われる、角や牙、鱗を持つものといった様々な姿をした種族が暮らす。その中で、それらのような外見的に特徴を持たない種族、いわゆる『徴(しるし)無し』は、かつて地上を滅ぼす原因を作った人間族と姿形が同じだという理由から疎まれている。
2番島
『世界樹の髄』浮遊大陸のほぼ中央に位置する。浮遊大陸群の聖域とされており、立ち入りを禁じられている。島を覆う結界内で四季を完結させているため、季節感を無視した動植物が存在する。
黒燭公が結界の維持のため、ここで暮らしている。
11番島
コリナディルーチェ。400年以上の歴史を持つ、浮遊大陸の中で最も古い都市。様々な創作物語の舞台となっている。
黄金妖精専門の施療院があり、特別な夢を見た幼体妖精はここへ連れてこられる。 商人から成り上がった現市長に不満を抱いた派閥が、滅殺奉史騎士団を用いて市長の排斥を画策していたが、ライムスキンに命令されたヴィレムが騎士団が雇用主に抱えていた不満を看破し、彼らを買収したことによって事態は解決する。
13番島
エルピス集商国。護翼軍が黄金妖精という強力な兵器を独占していることを快く思っていない。
〈獣〉を捕獲する方法と、対〈獣〉の兵器を独自に研究しており、それらを用いて〈二番目の獣〉に1番浮遊島を襲わせることによって大混乱を引き起こす。第2部にて、それらがフェオドールの義兄の計画によるものであり、本来の目的は、〈獣〉の脅威を浮遊大陸群の人々に思い出させるためだったこと、しかし一部の過激派によって計画の主旨が大きく変わってしまったことが判明する。
第2部では〈五番目の獣〉によって滅亡している。
15番島 
〈六番目の獣〉の襲撃が予知されており、クトリはそこで妖精郷の門を開くことが定められていた。
28番島 
浮遊大陸群の流通の要の島[13]。ヴィレムがかつて生活していた浮遊島で、ヴィレムとクトリが初めて出会った島でもある。
前市長だった徴無しの堕鬼種が汚職に塗れた悪徳政治家だったため、市民の徴無しに対する風当たりが強い。
枯野がアニメのデザイナーに渡した島のイメージは「香港九龍城軍艦島が微妙に入った感じ」。アニメで一番最初に映る島であったため、見ている人に空に浮かんでいる島だと気づかせないために空のあまり開けていない、建物どうしが近くて影になっている街のデザインとなっている[13]
68番島 
オルランドリ第四倉庫、「妖精倉庫」のある浮遊島。比較的規模の大きい島だが交通の便がいいとは言い難く、いくつかの飛空挺を乗り継がなければならない。住人は『徴無し』に対して比較的友好的に接している。黄金妖精は基本的に自由な遠出は許されていないが、この68番島周辺ならば、ある程度の行動の自由は許可されている。
島のイメージはドイツとフランスの文化の入り混じったような感じ。ヨーロッパの片田舎のイメージ[13]
護翼軍
〈十七種の獣〉の脅威に対し、戦力をもって抵抗する公的組織。いくつかの師団が存在するが、実際に妖精兵器を擁しているのは第二師団のみであり、それ以外の師団には彼女たちの存在は極秘情報として伏せられている。
オルランドリ総合商会
妖精倉庫の管理、維持、運用を行なっている護翼軍のスポンサー。サルベージャーが発掘した遺跡兵装はこのオルランドリ商会が買い取っている。
黄金妖精(レプラカーン)
68番島、オルランドリ商会第四倉庫、通称『妖精倉庫』で暮らす兵器。厳密には生きていない、いわゆる死霊の一種で、自分の死を認識できないほどの幼さで死んでしまった魂。そのため、幼いうちは生きることに対して無頓着で、たとえ命に関わるほどの傷を負っても死を恐れない。
また、その由来により「前世の侵食」という種族的な業を抱えている。これは前世となる幼子の記憶が徐々に蘇る一方、現在の人格の記憶が徐々に失われていく現象で、上述の魔力を酷使するとより早く進行し、最終的には現在の人格を上書きして消滅させてしまう。幼体妖精は前世の記憶を「夢」として見た時期を目安に成体妖精兵となるべく検査・調整を受けていくこととなる。
人間にしか扱うことのできなかった聖剣を振るうことができ、獣の脅威に対抗しうる唯一の兵器。しかし、致命傷や上記「前世の侵食」などにより通常の戦闘手段では獣を倒すことができないと判断された際には、意図的に魔力を暴走させ獣もろとも自爆することが戦術として定められており、これは「妖精郷の門を開く」と形容されている。
人間族(エムネトワイト)
500年前、浮遊大陸群が出来る前、地上のほとんどを支配していた種族。魔力や繁殖力に秀でた種族では無く、肉体も強靭とは言えないが、同じ地上で猛威を振るっていたほかの種族や、星神までを打ち滅ぼした種族である[13]
しかし、500年前に十七種の獣によって滅ぼされた。ヴィレムは滅んだ人間族最後の生き残りである。
物語の世界で「私は人間だ」と名乗ることは、こちらの世界で「私は悪魔の転生だ」と名乗ることに等しい[22]
魔力(ヴェネノム)
心臓の内側に魔という火を呼び入れ、燃え上がらせることで得ることができる力。大きな魔力を熾すには手間と時間がかかる。術者の生命力の強さに反比例して魔力の強さも決まる。つまり、生きることに執着していなければいないほど、強大な魔力を振るうことができる。過剰な行使は体に負担がかかり、稀に魔力中毒を引き起こすこともある。また、魔力を制御できなければその力は暴走し、最終的には大爆発を引き起こす[13]。黄金妖精の自爆はこの暴走による大爆発を意図的に引き起こすことである。
〈十七種の獣〉
500年前、突如現れ、たった1年足らずで世界を滅ぼしたと言われる正体不明の生物。500年前の地上に存在した武装宗教組織・真界再想聖歌隊(トゥルー・ワールド)が生み出した生物兵器研究の成果[13]
通常の兵器では歯が立たず、唯一対抗手段は聖剣を振るうことができる妖精兵器のみ。基本的に空を飛ぶことができないが、〈六番目の獣〉だけは、自身の体を細かく分裂させて風に乗せて飛ばす形で、浮遊大陸を襲うことができる。
〈月に嘆く最初の獣(シャントル)〉
近づいたものすべてが砂になってしまうため、その名前以外のほとんどが知られていない正体不明の獣。〈六番目の獣〉の大群の襲撃ののち、地上に残されたヴィレムとネフレンを500年前の地上を模した精神世界に引き込む。
〈穿ち貫く二番目の獣(アウローラ)〉
一見大蛇のように見えるが、体表には鱗の代わりに無数の針が生えており、頭や尾はない。
〈捩じれ吞み込む四番目の獣(レジティミターテ)〉 
屋敷ほどの巨体、赤黒い甲殻、無数の目を持つ。地上で遭遇する獣の中で比較的遭遇率が高いが、その代わり、音と動きに反応するという特性を持つため、息を潜めていれば見逃される可能性が高く、そのため危険度は低いと言われている。
〈広く包み込む五番目の獣(アテルノ)〉
〈深く潜む六番目の獣(ティメレ)〉
自身の体を分裂させ風に乗せて飛ばし、流れ着いた浮遊島で成長することで浮遊大陸を襲撃することができる。
殺すたびに、その死体を盾にして、まだ死にきっていない内側に新しい自分の分身を作り出す。また、その都度少しずつ強くなっていく。分裂限界は個体の大きさによって左右され、小さい個体なら10回ほどだが、大きな個体になると200回程度殺さなければならない。普段は地下の空洞にに巣を作り、壁や天井に張り付いている。
〈重く留まる十一番目の獣(クロワイヤンス)〉
〈輝き綴る十四番目の獣(ヴィンクラ)〉
帝国領ゴマグ市
かつてはヴィレムの暮らす養育院があった場所で、ヴィレムの生まれ故郷。現在は灰色の砂によって覆われた廃墟のようになっており、飛空挺「サクシフラガ」の地上調査隊によって発掘作業が進められていた。地下にはヴィレムでさえ知らなかった地下迷宮が存在している。
真界再想聖歌隊(トゥルーワールド)
帝国の統治に逆らう武装宗教組織。王家の要請を受け、勇者リーリァ一行が潰した。獣の正体はこの組織が研究していた生物兵器と言われていた。
『この世界は本来あるべき姿にない』ということを組織の共通理念としており、そこから大きく二分して、あるべき姿にない世界を元に戻すこととそれを阻止する派閥が存在していた。

既刊一覧[編集]

  1. 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? (2014年11月刊) ISBN 978-4-04-102269-6
  2. 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #02 (2015年1月刊) ISBN 978-4-04-102270-2
  3. 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #03 (2015年7月刊) ISBN 978-4-04-103288-6
  4. 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #04 (2016年1月刊) ISBN 978-4-04-103835-2
  5. 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #05 (2016年4月刊) ISBN 978-4-04-104039-3
  6. 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #EX (2017年2月刊) ISBN 978-4-04-105179-5
  7. 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #01 (2016年4月刊) ISBN 978-4-04-104040-9
  8. 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #02 (2016年7月刊) ISBN 978-4-04-104655-5
  9. 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #03 (2016年12月刊) ISBN 978-4-04-104656-2
  10. 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #04 (2017年4月刊) ISBN 978-4-04-104657-9
  11. 終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか? #05 (2017年10月刊) ISBN 978-4-04-104658-6

テレビアニメ[編集]

2017年4月より6月まで、TOKYO MXAT-Xほかにて放送された。原作第1部3巻部分までに相当。それに際し、子役声優オーディションでの審査において小学1年生から4年生までの女子小学生を対象とし合格者はエルクの声優担当となる[23]。合格したのは岡田日花里[24]

作品のキャッチコピーは「この物語は、15年間という短い月日を、精いっぱい生きた妖精兵の女の子の物語である。」。そしてキャッチコピーからわかるように「クトリの物語」が描かれた作品である[25]。テレビアニメの公式略称は「すかすか」[26]

プロモーションビデオ[編集]

映像外部リンク
「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」PV(海外版) - YouTube
TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」PV - YouTube

テレビアニメのプロモーションビデオは日本国外向けと日本国内向けの2種類作成された。

日本国外向けのプロモーションビデオの公開は2017年3月24日。映像は実写であった。出演しているのは女優でコスプレーヤーの舟山夏妃[27]。撮影は2017年2月末に香川県の豊稔池ダムで2日間かけて行われた[27]。ビデオ中の字幕はすべて英語で書かれている。使用されている楽曲は山田タマルの歌う「Scarborough Fair」。ビデオは2017年6月28日に発売されたBlu-ray/DVD第1巻に収録され、同年7月26日に発売されたBlu-ray/DVD第2巻には撮影の裏側を記録したメイキング映像が収録されている[28]

日本国内向けのプロモーションビデオの公開は2017年3月27日。海外向けとは異なり映像はアニメ本編からシーンが切り抜かれており、字幕も日本語で書かれている。

スタッフ[編集]

  • 原作・シリーズ構成 - 枯野瑛[2]
  • 監督 - 和田純一[2]
  • キャラクターデザイン - 今西亨[2]
  • コンセプトデザイン - ブリュネ・スタニスラス(ワールド)、ホッチカズヒロ、浅沼信也、田中俊成
  • アクションディレクター - 酒井智史
  • デザインワークス - 大河広行[2]
  • プロップデザイン - 福永純一、水村良男
  • 美術設定 - 一色美緒、佐藤正浩、塚本千晶、浅沼信也[2]
  • 美術監督 - 一色美緒[2]
  • 色彩設計 - 高木雅人[2]
  • 3DCGディレクター・3DCG - 向純平[2]
  • 撮影監督 - 久保田淳[2]
  • 編集 - 定松剛[2]
  • 音響監督 - 本山哲[2]
  • 音楽 - 加藤達也[2]
  • 音楽プロデューサー - 斎藤滋[2]
  • 音楽制作 - ランティス[2]
  • 統括プロデューサー - 伊藤敦[2]
  • アニメーションプロデューサー - 金子文雄、山田良輔[2]
  • 制作 - サテライトC2C[2]
  • 製作 - 68番島・妖精倉庫[2]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「DEAREST DROP[14](第2話 - 第12話)
作詞・作曲 - Q-MHz / 編曲 - 増田武史 / 歌 - 田所あずさ
エンディングテーマ
「フロム」(第1話 - 第5話、第7話 - 第11話)
作詞 - 唐沢美帆 / 作曲・編曲 - 南田健吾 / 歌 - TRUE
エンディングアニメーションでは歌詞が表示されている。
「キネマ」(第6話)[29]
作詞 - 唐沢美帆 / 作曲・編曲 - h-wonder / 歌 - TRUE
「フロム」とは異なり、歌詞は表示されない。
「Ever be my love」(第12話)
作詞・作曲・歌 - 山田タマル / 編曲 - 増田武史
挿入歌
Scarborough Fair」(第1話、第12話)
作詞・作曲 - イングランド民謡 / 編曲 - 加藤達也 / 歌 - 山田タマル
「Always in my heart」(第1話、第12話)
作詞・歌 - 山田タマル / 作曲・編曲 - 加藤達也
「I call you」(第9話)
作詞・作曲・歌 - 山田タマル / 編曲 - 山下洋介

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督
#1 太陽の傾いたこの世界で
-broken chronograph-
枯野瑛 和田純一 池下博紀
  • 下條祐未
  • 山田英子
今西亨
場所は浮遊大陸群28番浮遊島。クトリは猫を追いかけていた。クトリの大事なブローチを加えて逃げる猫を追いかけていた。やっと追い詰めたと思った時、不幸にも足を踏み外してしまった。しかし幸いにもその時たまたま通りすがったヴィレムがクトリをなんとか受け止める。同じ徴無しのよしみでヴィレムはクトリを町で最も高い建物に案内するとこに。
建物の屋上にたどり着いたとき、クトリはヴィレムに「夢も叶ったし、いい思い出もできたし、思い残すことはもうないかな。最後にもうひとつだけお願いがあるんだけど、わたしのことは忘れてくれると嬉しいかな」とはなし、その場を去った。
夜、ヴィレムは友人のグリックに軍の倉庫の管理者の仕事を紹介される。仕事を引き受けたヴィレムは68番浮遊島に向かった。68番浮遊島につくと昼に別れたクトリと再会した。
倉庫と呼ばれる建物は倉庫とは思えない人の住める建物で、そこには多くの少女と古い友人のナイグラートが生活していた。兵器について何も聞かされていなかったヴィレムは不信に思いながらも管理者の仕事を始めるのだった。
#2 空の上の森の中の
-late autumn night's dream-
望月真里子 安田賢司 いわもとやすお
  • 齋藤温子
  • 山田真也
今西亨
クトリから「わたしたちが特殊な兵器」と聞かされたヴィレムはただの子供にしか見えない倉庫に暮らす少女たちに少し戸惑っていた。戸惑っていたのは子供達も同じで、クトリやアイセアネフレンといった少し大きい少女たち以外は初めて接する大人の男性を警戒していた。子供達との心の壁を早く取っ払いたいヴィレムはプリンを作り子供たちに振る舞う作戦に出た。作戦は大成功し、ヴィレムは子供達になつかれる存在となったのだった。
後日、子供たちが遊んでいる時、崖下に落ちたボールを追いかけた6歳のアルミタが崖から転落してしまった。血だらけの大けがを負ったアルミタだったが、アルミタや少女たちは大けがに関心が無いようであった。子供たちが命に頓着していないことに気が付いたヴィレムはナイグラートに彼女たちについて問い詰める。ナイグラートは「妖精倉庫」と呼ばれているこの倉庫の真実―彼女たちが黄金妖精と呼ばれる人間に近い作られた存在であること、妖精は遺跡兵装を使って〈獣〉と戦う使い捨ての妖精兵と呼ばれる兵器であるということ―を伝えるのだった。
さらに数日後、ヴィレムは〈獣〉との戦いから帰還したクトリとアイセアを港まで迎えに行った。夜、クトリはヴィレムに5日後の戦いで「わたしは敵を倒すために自爆するのだ」と告白。そして最後のわがままとしてキスを要求するのだった。軽く受け流したヴィレムであったが、クトリのおでこに軽くキスをし、そのままクトリに対し魔力中毒解消のための応急的な施術を施した。
#3 この戦いが終わったら
-starry road to tomorrow-
永井真吾 和田純一 西野武志
  • 河野絵美
  • 大沢美奈
  • 下條祐未
  • 山田英子
今西亨
その日の深夜、ヴィレムは倉庫の資料室で妖精兵と〈獣〉との戦いの記録をネフレンと調べ始めた。翌朝、ヴィレムとネフレンのもとに目覚めたクトリがやってきた。そんなクトリに対しヴィレムはクトリに遺跡兵装を用いての戦闘訓練を提案。大昔、遺跡兵装を本来の使い方で戦ってきていた遺跡兵装真の使い手である人間族のヴィレムはクトリに遺跡兵装本来の戦い方でクトリに勝利。しかし、ヴィレムは軽い戦闘であったが死にそうになっていた。そんな彼についてナイグラートは子供たちに彼が人間族最後の生き残りであるということを伝えた。それを知ったクトリはヴィレムとの戦闘もあいまって決めたはずの覚悟に迷いが生じていた。翼で大胆な家出をしたクトリは次の戦闘作戦の指揮を行うライムスキン一位武官の船に遭遇。自身の想いを話したクトリに対しライムスキンは「クトリが自爆しない道を選ぶのならそれでも良い」と伝えた。
一方ヴィレムはクトリの遺跡兵装・セニオリスのメンテナンスをしていた。ヴィレムのもとに帰ったクトリはライムスキンの言葉を伝え、「強くなんてなりたくなーい」と自身の素直な気持ちを伝えるのだった。そしてクトリはヴィレムに生きて帰ってきたらバターケーキを食べさせてほしいと約束し、15番浮遊島での戦いに向かうのだった。
#4 帰らぬ者と、待ち続けた者たち
-dice in pot-
根元歳三 安齋剛文 安田賢司 杉本功 -
クトリたちが戦いに出かけてから半月が経った頃、ナイグラートはヴィレムにティアットを検査のために11番浮遊島の総合療院に連れて行く仕事を任せた。 施療院についたヴィレムはティアットを看護師に預け、外で休んでいた。すると医師に「検査とは幼い妖精が妖精兵として遺跡兵装を扱えるように調整することなんだ」と伝えられた。
翌日、ヴィレムが軍本部の建物を歩いていると、他の兵士が15番浮遊島での戦闘に関し慌ただしくし始めた。ヴィレムは兵士に対し自身の仮の官位を提示し、自身が持っていない権限を持っているとはったりをかまし[30]、15番浮遊島の守護に失敗したという結果を入手し、クトリたちを失ったと思い、また守れなかった、と放心状態になってしまった。
そんなヴィレムの近くに戦闘から生き延びたクトリ達が歩いてきた。それに気が付いたヴィレムは鷲賛崩疾を使ってクトリを全力抱きしめた。落ち着きを取り戻し、クトリを開放したヴィレムに対し、クトリは恥ずかしさからビンタをお見舞いしたのだった。
#5 誰も彼もが、正義の名のもとに
-from dawn till dusk-
望月真里子 矢吹勉
  • 矢吹勉
  • 山本貴之
  • 齋藤温子
  • 松尾信之
  • 芳賀亮
  • 大沢美奈
  • 飯飼一幸
  • 永野孝明
  • 横山友紀
  • 平野絵美
  • 壽恵理子
  • 大木比呂
  • 吉田巧介
  • 谷口繁則
今西亨
—時は遡り、15番浮遊島での戦闘はぎりぎりのものだった。戦闘作戦は敵は〈2番目の獣〉のみとして実行されたものであったが、突如として〈2番目の獣〉の中から新たな〈獣〉が出現。全員に撤退命令が下り、15番浮遊島は放棄、地上に墜落させることになったのだった。
そして今、ライムスキンとヴィレム達が談笑している場にフィラコルリビアがやってきた。フィラコルリビアはライムスキンに市長である父の暗殺を企てをしている滅殺奉史騎士団を止めてほしいとお願いしてきた。しかし、護翼軍は都市の事情に干渉してはいけないため断られてしまう。それでもとティアットを迎えに行くヴィレム達についていったフィラコルリビアだが、ひょんなことから11番浮遊島を案内することに。滅殺奉史騎士団がフィラコルリビアを尾行していることに気が付いたヴィレムは個人的にフィラコルリビア側につき、滅殺奉史騎士団を倒してしまった。
68番浮遊島へ帰る飛空艇に乗る直前、ヴィレムは大賢者・スウォンのもとについて来るようにと呼び止められる。クトリが「いかないで」と必死に懇願するが、ヴィレムはクトリを宥め、スウォンのもとに向かうのだった。
#6 消えない過去、消えていく未来
-no news was good news-
望月真里子
  • 和田純一
  • 池下博紀
池下博紀
  • 山田英子
  • 山田真也
  • 太田彬彦
下條祐未
ヴィレムはスウォンと500年ぶりに再会した。そんなスウォンはヴィレムをかつてヴィレムが相打ちで倒した黒燭公のいる2番浮遊島に連れて行った。
黒燭公の城でスウォンはヴィレムに〈獣〉についての事実の一部を語った。その上で「地上を取り戻してみないか」と提案。ヴィレムは浮遊大陸群で唯一遺跡兵装の調整が出来る男であり、「ヴィレムがいればこれまで使用不可能だった遺跡兵装が使えるようになる。妖精はいくらでも調達できる。そうすれば地上を取り戻せるかもしれない」と話した。そここでヴィレムはスウォン達が妖精を発生させている張本人だと理解し、怒りをあらわにした。
—時は遡りクトリが〈獣〉との戦っている15番浮遊島、クトリは戦闘による魔力の熾しすぎで前世による浸食が始まっていた。そして戦闘が終わり、68番浮遊島に帰ってきた今、クトリは前世の浸食による人格破壊が本格的に始まり、意識を失ってしまった。
クトリの人格破壊が始まったという知らせを受け取ったヴィレムは急いで妖精倉庫に戻ったが、時すでに遅し。ヴィレムは間に合わなかった。
青空色の髪の少女は気が付くと夢の中に立っていた。そして目の前に立つ赤い髪の少女、エルクと出会った。自分の名前すら思い出せない青空色の髪の少女はただ一つ「帰らなくちゃ」ということだけを思い出し、エルクに伝えた。エルクは寂しそうにすると「またね、クトリ」と残して青空色の髪の少女を帰したのだった。
前世の浸食による人格崩壊からギリギリのところで意識を取り戻したクトリはヴィレムに自分の好きの想いをきちんと伝え、ヴィレムはようやくクトリに「おかえり」と伝えることが出来たのだった。
#7 ただいま帰りました
-home, sweet home-
永井真吾 いわもとやすお 筑紫大介
  • 長坂寛治
  • 半田大貴
  • 宮西多麻子
吉田巧介
人格の崩壊から奇跡的に回復したクトリであったが、髪の毛が一部緋く(あかく)なるなど体に異常が起こり始めていた。ナイグラートによる簡易診断の結果、クトリの体は黄金妖精ではない別の何かになってしまっていた。原因がわからないこともあり、クトリは魔力を熾すことを禁じ、遺跡兵装へも接触しないことになった。
ヴィレムはクトリのためにバターケーキを焼き、約束を果たすことが出来た。ようやくクトリの戦いが終わったのだった。
ヴィレム、ナイグラート、ライムスキンは町の喫茶店でクトリの今後について話し合う。その中でヴィレムは地上に調査隊の護衛として派遣されている2人の妖精兵、ノフトとラーントルクの存在を伝えられたのだった。
#8 いずれその陽は落ちるとしても
-slight light, slight hope-
根元歳三
西野武志
  • 松尾信之
  • 芳賀亮
  • 下條祐未
吉田巧介
ノフトとラーントルクが付き添った地上へ送られた調査隊の乗る飛空艇は〈四番目の獣〉に襲われ撃墜されていた。地上に取り残された調査隊と出土品の回収のため、浮遊大陸群から救出部隊を派遣することが決定し、ヴィレムは上官から妖精兵を1人派遣するよう命令された。資料を見ていると調査対象の場所が500年前、ヴィレムが生まれ育った故郷であること、出土品の中にクトリの状態を保つことが出来る可能性のある剣があることを知り、ヴィレムも地上に同行することに。そしてヴィレムも地上に行くことを知ったクトリも地上に行くことにしたのだった。
クトリは屋上から落ちそうになったアルミタを助けるために無理に魔力を熾したてしまった。その影響で落ち着いていた前世の浸食が再開してしまい、クトリの髪はより緋色に染まってしまうのだった。
#9 たとえ未来が見えなくても
-moonlit sorcery-
永井真吾
  • 佐藤英一
  • 三浦和也
佐藤英一
  • 大久保義之
  • 坂本俊太
  • 式地幸喜
  • 陣内美帆
  • 出野喜則
吉田巧介
浸食が再開してしまった夜、クトリはアイセアから自身も前世の浸食を受けた身であること、私は「アイセア」の容姿をした別人格であるという話を聞かされ、人格を保つためのアドバイスを受けるのだった。妖精兵として戦えなくなったクトリは残された自分にできることを精一杯やろうと料理に掃除、そして恋に精一杯取り組むのだった。
そして時は過ぎ妖精倉庫ではクトリ達の送別会を兼ねた降雪祭が催されていた。翌日クトリ達は大型の飛空艇で地上へと降り立ち、ノフトとラーントルクと合流したのだった。
#10 いまこの時の輝きを
-my happiness-
根元歳三 安齋剛文
  • 河野絵美
  • 齋藤温子
  • 山田真也
今西亨
地上に降り立ったヴィレムはノフトとラーントルクに魔力中毒の対処治療を施した。しかし初対面のラーントルクはヴィレムを警戒し距離を置くのだった。
クトリは飛行艇でも自分のできることを探し、精一杯頑張るのだった。クトリは艇の雰囲気を明るくしていた。ノフトとラーントルクもクトリからヴィレムのことを聞き、彼に対する警戒心を解くのだった。
ヴィレムがノフトの剣を調整していた時、彼は剣が人間族を殺すことにしか使えない状態になっていることに気が付き、そこから〈獣〉の正体は人間族であるということを知ってしまったのだった。ヴィレムは衝撃の事実に動揺してしまった。そんなヴィレムを安心させようとしたクトリに対し彼は彼女に「結婚してくれ。おまえを幸せにしてやる。」と伝えるのだった。
#11 どうか、忘れないで
-evidence of existance-
枯野瑛 池下博紀
  • 山田英子
  • 松尾信之
  • 長坂寛治
  • 太田彬彦
  • 永野孝明
  • 吉田巧介
下條祐未
クトリとヴィレムはグリックに連れられ遺跡の地下に向かうことに。しかし地下に向かう直前目を覚ました〈二番目の獣〉によって地面が崩落。クトリ達も崩落に巻き込まれてしまった。地下に落ちてしまったクトリは謎の声に呼ばれ、地下深くに氷漬けにされていた「死」の呪いの掛けられたエルクのもとに呼び寄せられ、浸食が急激に進んでしまう。
地上に停泊していた飛行艇も〈獣〉による損傷を受け飛び立てないでいた。
浸食が進行してしまったクトリは「クトリ」という人格が消えてなくなる寸前のところでエルクのもとにかえってくることが出来た。エルクはクトリにこの世界の成り立ち、自身が死んでしまった星神であること、そして黄金妖精の魂の源は私であり、妖精とは死んだ子供、つまりエルクの夢を見ているにすぎないこと、つまり前世の浸食とは「夢が醒める」ということであり夢が醒めるときが来るということはクトリがエルクに置き換わるということなんだということを伝えたのだった。
#12 世界で一番幸せな女の子
-CHTHOLLY-
枯野瑛 和田純一
  • 下條祐未
  • 山田真也
  • 齋藤温子
  • 山田英子
  • 松尾信之
  • 吉田巧介
  • 桑原良介
  • 河野絵美
  • 長坂寛治
今西亨
飛行艇は一位技官の奮闘で何とか飛び立つことが出来たが、船に侵入した〈獣〉の影響で船員が全滅する危険があった。ネフレン、ノフト、ラーントルクの3人が奮闘するもあまりにも多すぎる〈獣〉との連続戦闘で怪我や魔力の熾しすぎで戦況は危機的な状況にあった。3人はひどく消耗し、中でもネフレンは暴走寸前となっていた。ヴィレムもまた500年前に身につけた技と力で素手で〈獣〉と戦っていた。
クトリはエルクに「お願い。もう一度だけ、わたしを、あそこへ帰して」と伝えた。エルクは「こんどこそ、くとり、なくなっちゃうよ?」と思いとどまらせようとしたが、最後は「くとり、がんばれ」とクトリをもう一度、帰してあげたのだった。
ネフレンは自分が魔力の暴走で自爆することを悟り、自ら船から飛び降りた。それを見たヴィレムも飛び降り、ネフレンを殺そうと寄ってくる〈獣〉を倒しながらネフレンを抱きかかえながら地上へ落下していった。
もう一度帰ってきたクトリは記憶のほぼすべてを失っていた。ノフトの遺跡兵装を拾い、必死に「いくな」と訴えるノフトに「だって、気づいちゃったから。わたし、もう、とっくに幸せなんだって」と伝え、クトリはヴィレム達を追いかけ地上へ落下していくのだった。魔力の羽で加速したクトリはヴィレム達を受けとめ、ネフレンの魔力を鎮めた後、クトリの全てで地上に残っていた715匹の〈二番目の獣〉と戦い、殲滅。クトリは最後に残った最後の願いを全身全霊の力で微笑みを浮かべて伝えたのだった。

「ヴィレム、ありがとう」

こうして15年間という短い年月を、精いっぱい生きた妖精兵の女の子の物語は幕を閉じたのである。

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[31]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [32] 備考
2017年4月11日 - 6月27日 火曜 23:30 - 水曜 0:00 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / リピート放送あり
2017年4月13日 - 6月29日 木曜 1:05 - 1:35(水曜深夜) TOKYO MX 東京都
KBS京都 京都府
木曜 1:30 - 2:00(水曜深夜) サンテレビ 兵庫県
木曜 2:35 - 3:05(水曜深夜) テレビ愛知 愛知県
TVQ九州放送 福岡県
2017年4月15日 - 7月1日 土曜 3:00 - 3:30 (金曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[31]
配信期間 配信時間 配信サイト
2017年4月13日 - 6月29日 木曜 12:00 更新 dアニメストア
2017年4月20日 - 7月6日 木曜 0:00 - 0:30(水曜深夜) ニコニコ生放送
木曜 0:00(水曜深夜) 更新
木曜 0:05 - 0:30(水曜深夜) AbemaTV新作TVアニメch
木曜 0:30(水曜深夜) 更新 ニコニコチャンネル
木曜 10:00 更新 DMM.com
木曜 12:00 更新

BD / DVD[編集]

発売日[34] 収録話 規格品番 オーディオコメンタリー
BD限定版 DVD限定版
1 2017年6月28日 第1話 - 第2話 KAXA-7501 KABA-10528 新井良平、田所あずさ
2 2017年7月26日 第3話 - 第4話 KAXA-7502 KABA-10529 新井良平、水間友美
3 2017年8月23日 第5話 - 第6話 KAXA-7503 KABA-10530 新井良平、上原あかり
4 2017年9月27日 第7話 - 第8話 KAXA-7504 KABA-10531 新井良平、Machico
5 2017年10月25日 第9話 - 第10話 KAXA-7505 KABA-10532 新井良平、荒浪和沙、水瀬いのり
6 2017年11月29日予定 第11話 - 第12話 KAXA-7506 KABA-10533
書き下ろしスペシャルオーディオドラマ
巻数 トラック サブタイトル
第1巻 01 タイトルコール
02 6年8組 ヴィレム先生 出欠編
03 ナイグラートのトロトロクッキング 1
04 GOGO ティアット刑事 事件編
05 6年8組 ヴィレム先生 自習編
06 レディース総長物語
07 ナイグラートのトロトロクッキング 2
08 シックスティーエイトラジオ
09 ティアット刑事 推理編
10 6年8組 ヴィレム先生 女子更衣室編
11 続.レディース総長物語
12 GOGO ティアット刑事 解決編
13 ナイグラートのトロトロクッキング 3
14 6年8組 ヴィレム先生 放課後編
第2巻 名監督ティアット
第3巻 山狩りダイアリー
第4巻 妖精倉庫怪談物語
第5巻 アイセア

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2017年4月25日 DEAREST DROP LACM-14588(アーティストジャケット盤)
LACM-14589(アニメジャケット盤)
2017年5月24日 フロム LACM-14607
2017年7月12日 オリジナルサウンドトラック 青い記憶 LACA-9522~LACA-9523

コラボレーション[編集]

飲食[編集]

SHIROBACO
2017年6月22日から7月5日にかけて「終末なにしてますか?忙しいですか? お茶などいかがですか?」カフェを実施し、作品をイメージしたメニューや特典が配布された[35]
カラオケパセラ
2017年7月24日から2017年8月20日にかけて秋葉原パセラ昭和通り館にて、作品をイメージしたメニューや特典が配布されたり、店内をコラボルームにした[36]

ゲーム[編集]

ゴシックは魔法乙女〜さっさと契約しなさい!〜
2017年6月21日から6月30日にかけて、「コラボ記念イベント〜妖精と魔法乙女〜」や限定ガチャ、ログインボーナスが行われた[37]
ビーナスイレブンびびっど!
2017年7月9日から7月15日にかけて、コラボイベント「帰してもらっていいですか?」としてシナリオとドロップ報酬などが行われた[38]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊コミックアライブ 2016年8月号”. 2017年3月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Staff/Cast”. TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」公式サイト. 2017年3月27日閲覧。
  3. ^ 枯野瑛 (201704-25). “「すかすか」は愛称、「終末な(略)」は略称、というイメージです。...”. Twitter. 2017年8月2日閲覧。
  4. ^ a b c d e 終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 公式サイト”. スニーカー文庫. 2017年8月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月1日閲覧。
  5. ^ アライブで「アイリス・ゼロ」再開&「終末なにしてますか?」など新連載も”. ナタリー (2016年7月27日). 2017年3月7日閲覧。
  6. ^ 第1部 5巻 369項
  7. ^ a b c d そこあに増刊号「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」5巻発売記念特集 vol.31”. そこあに. 2017年8月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e f そこあに増刊号「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」特集 vol.21”. そこあに. 2017年8月1日閲覧。
  9. ^ a b c d そこあに増刊号「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」3巻発売記念特集 vol.24”. そこあに. 2017年8月4日閲覧。
  10. ^ そこあに増刊号「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」4巻発売記念特集 vol.29”. そこあに. 2017年8月4日閲覧。
  11. ^ a b c d sukasuka_animeのツイート (832617971335913472)
  12. ^ 枯野瑛 (2017年6月29日). “ヴィレムは戦闘したら死ぬ体です。...”. Twitter. 2017年8月2日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j k l 「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? ① 【限定盤】 軍事報告書1」
  14. ^ a b 声優・田所あずさ、6thシングル「DEAREST DROP」を4/26にリリース決定”. マイナビニュース (2017年2月5日). 2017年2月5日閲覧。
  15. ^ a b c 「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? ② 【限定盤】 軍事報告書2」
  16. ^ 枯野瑛 (2017年6月29日). “ネフレンは五人の妖精兵(ティアットを除く)の中では最年少であり最弱...”. Twitter. 2017年8月2日閲覧。
  17. ^ 枯野瑛 (2017年6月22日). “対〈獣〉戦でのネフレンの最大の武器は飛行能力です。”. Twitter. 2017年8月2日閲覧。
  18. ^ a b sukasuka_animeのツイート (832620197852827651)
  19. ^ a b c d sukasuka_animeのツイート (832621843320156162)
  20. ^ a b c d e sukasuka_animeのツイート (832620789966925825)
  21. ^ a b sukasuka_animeのツイート (832622780050923521)
  22. ^ 枯野瑛 (2017年6月15日). “「人間だ」 ←浮遊大陸群では一般的に、ちょっと思春期こじらせ過ぎた感じの言葉として知られます。...”. Twitter. 2017年8月2日閲覧。
  23. ^ 高橋克則 (2017年1月27日). “TVアニメ「終末なにしてますか?」声優オーディションを開催 “女子小学生”が対象”. アニメ!アニメ!. イード. 2017年1月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月11日閲覧。
  24. ^ 『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』エルク・ハルクステン役 岡田 日花里いよいよ出演!!” (2017年5月9日). 2017年8月4日閲覧。
  25. ^ 枯野瑛 (2017年5月20日). “原作2巻エピソードまでが語られ終わったこのへんのタイミングで、あらためて言及しておきたいことがひとつありまして。...”. Twitter. 2017年8月4日閲覧。
  26. ^ 枯野瑛 (201704-25). “(続)それはそれとして、アニメのタイトルは公式略称として「すかすか」を設定しているので、原作ではなくアニメの話をする時にはそちらの呼び方が増えています...”. Twitter. 2017年8月2日閲覧。
  27. ^ a b Blu-ray/DVD 第2巻 特典映像
  28. ^ Blu-ray & DVD -TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」公式サイト”. 2017年8月4日閲覧。
  29. ^ TRUE (2017年5月17日). “6話特殊ED「キネマ」...”. Twitter. 2017年5月19日閲覧。
  30. ^ 枯野瑛 (2017年5月4日). “実はそんな権限はないですが、勢いでハッタリかましてます。”. Twitter. 2017年8月3日閲覧。
  31. ^ a b OnAir”. TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」公式サイト. 2017年3月27日閲覧。
  32. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  33. ^ U-NEXT
  34. ^ Blu-ray & DVD”. TVアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」公式サイト. 2017年3月27日閲覧。
  35. ^ 【更新】【6/22(木)~】「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」×SHIROBACO コラボカフェ 実施決定!【メニュー・特典情報】”. SHIROBACO公式サイト (2017年6月21日). 2017年8月13日閲覧。
  36. ^ 「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」コラボメニューがカラオケパセラに期間限定で登場!”. パセラボ公式サイト. 2017年8月13日閲覧。
  37. ^ 『終末なにしてますか?忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』 × 『ゴシックは魔法乙女』 コラボ本日から!”. ケイブ公式サイト (2017年6月21日). 2017年8月13日閲覧。
  38. ^ 『ビーナスイレブンびびっど!』アニメ「 終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?」とのコラボイベント開催”. Gpara.com (2017年6月29日). 2017年8月13日閲覧。

外部リンク[編集]