便利屋斎藤さん、異世界に行く

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
便利屋斎藤さん、異世界に行く
ジャンル 異世界コメディー
漫画
作者 一智和智
出版社 KADOKAWA
掲載誌 ComicWalker
レーベル MFC
発表期間 2018年10月 -
巻数 既刊8巻(2022年12月現在)
アニメ
原作 一智和智
監督 窪岡俊之
シリーズ構成 猪原健太
脚本 猪原健太
キャラクターデザイン たなべようこ
音楽 大隅知宇
アニメーション制作 C2C
放送局 AT-Xほか
放送期間 2023年1月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

便利屋斎藤さん、異世界に行く』(べんりやさいとうさん、いせかいにいく)は、一智和智による日本漫画作品。『ComicWalker』(KADOKAWA)を中心にニコニコ静画などのweb漫画サイトにて連載中。2022年1月時点でシリーズ累計部数は30万部を超えている[1]

あらすじ[編集]

異世界へ転生した便利屋従業員斎藤とそれを取り巻くラエルザ一行。孤独に旅をする魔術師ドワーフ、エルフと特殊性癖を持つ神官、いまだに強い実力を秘めた国王と倒された魔王、いくつもの異世界のパーティの面々をグランドホテル形式で描くスペクタクル日常物語。

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優

斎藤のパーティ[編集]

斎藤(サイトウ)
声 - 木村良平[2]
本作の主人公。職業は盗賊。現代日本から転移した異世界人。日本では薄給の便利屋従業員として働いていた。
給料面で経営者とトラブルとなり会社を退職した当日、トラックに轢かれる寸前で異世界に召喚され、仲間たちとともに冒険者として旅をしている。なお、モーロックが間違えて召喚したと判明するも、送還するとトラックに轢かれる寸前に戻ってしまうために帰還は諦めている。チート能力はないが、手先が器用で運動や勉強はともにそこそこできるタイプである。戦闘では役立てないが、得意の器用さで鍵開けやワナ解除、武具の簡単な修繕などを行う。また、記憶力が高くモーロックの魔法詠唱の手助けや有効な武具の交換作業など、メンバーをサポートするチームの要となっている。また、人間性もよく顔立ちも良いため、人を惹きつけ男を惚れさせることもある。
ラエルザ
声 - ファイルーズあい[2]
本作品のヒロイン。職業は重戦士。かけ出しの頃に顔面を負傷し、その切り傷を兜鎧で隠している美女。男勝りな性格でサバサバしているが、ツンデレ要素も持ち合わせており、特にサイトウのことになると挙動不審になる。形式上はモーロックの養女。他メンバーが戦闘面で足を引っ張るケースが多いことから、補佐役のサイトウがいないと負担が全てラエルザにかかるため、全滅するケースがある。特異体質の影響で怪力を持っている。
モーロック
声 - チョー[2]
職業は魔術師。高レベルで伝説級の魔術師。引退をしていたが現役復帰し、サイトウたちとパーティを組んでいる。物忘れが激しく、仲間を忘れたり自分が生きていることすら忘れることもあるほどボケているため、魔法詠唱を忘れることが多々ある。カジノ好きで稼いだ分け前のほとんどを使い切ってしまったこともある。また、スケベで人間や魔物を問わず、美しい相手にアプローチを掛けることがある。魔法を暗記したサイトウが、戦闘の際に隣でサポートすることで詠唱することができる。高齢でよく腰を痛めるのでラファンパンの世話になっている。
ラファンパン
声 - 東山奈央[2]
職業は神聖魔術師。月光妖精。主に回復役。金銭面にシビアであり、緊急時以外は治療は有料としている。なお、月光妖精自体が先祖からの呪いの遺伝により満月の日に金貨を捧げないと体が縮んでしまうため、金貨に固執している。施しを嫌うほどプライドも高く、仕事でしか金を受け取らない。

重魔法戦車パーティ[編集]

ギブングル
声 - 相馬康一
 ドワーフの魔術師。孤高に行動しており、一族の中では魔力適性が高いため魔術師になったが、戦闘能力も非常にたかく物理攻撃と魔力攻撃両方の使い手。モーロックに師事していたらしいがモーロック自体が記憶を忘れているため真相が不明。兜の中に子犬を飼っている。斎藤のパーティには最も友好的。

凸凹パーティ[編集]

リリーザ
声 - 花守ゆみり[2]
少女のような小さな体で大きな斧を振り回す魔獣狩りの女性。ラエルザと同じく特異体質で筋力が強い。「魔獣狩り」の異名を持ち、大きな魔獣も難なく倒す。
ギーブル
声 - 田所陽向[2]
リリーザとパーティを組んでいる筋肉質なガタイのいい男性。一見、戦士のように見えるがレンジャーである。盗賊の技と魔術師の魔法が使える。バイセクシャルでサイトウに惚れる。

エルフと神官パーティ[編集]

フランリル・リル・アーリル
声 - 青木瑠璃子[2]
エルフ。魔法が使えないため、格闘家としてダンジョンに挑む女戦士。素早く動き相手を翻弄し、急所を的確に突くような戦闘を得意とする。ラエルザと互角に戦う。
ニニア
声 - 田所あずさ[2]
フランリルとパーティを組んでいる神官職の女性。戦いでは主に防御力アップや素早さアップなど、魔法でフランリルをサポートしている。「魔力消費を抑えるため」と嘘をついて傷口を舐めながら回復魔法を使うなどの特殊な性癖がある。

元魔王・宮廷魔術師組[編集]

声 - 森功至
王国の国王。元勇者。一見年老いて、よろよろ歩き王冠を落としても気づかないが、戦闘となると未だに計り知れない実力を誇る。国に攻めてきた魔王ドルグを倒せずにいた国軍にしびれを切らし、散歩をするような感覚で自ら単独で出陣。易々と魔王の首を持ち帰った。魔王とは話が合うと言って処刑しようとしない。大臣と魔王がことごとくダンジョンに失敗したため自らが出向こうとしたが「外交問題」になるため不参加。
大臣
声 - 中西怜郎
国王の側近で世話係も兼ねてる大臣。物静かに澄ましているが、王が不在の際に起きた軍団長による反乱を、易々と石化魔法で撃退するほどの実力者。実力はあるものの、暗殺者の不意打ちに気づかずに後ろから刺された際は「言い訳はいいから、情けない」と国王にダメ出しをされてしまう。魔王ドルグと仲が良いが互いに素直になれない。
魔王ドルグ
声 - 千葉繁
魔王級悪魔。魔界に住んでいたが地上に侵出し、人間の国を支配した。しかし、王に敗れ頭部を持ち帰られてしまう。頭部だけの状態であるが生きており、チェスをしたり話し相手になってしまった。そのまま気に入られてしまい反乱を起こした軍団長の後任に任命され、王から支給された端正な顔立ちの美青年の鎧姿で行動する。大臣とは仲が良く、二人でダンジョンに挑み周囲からも注目されていたが、大臣とともに暗殺者に細切れにされる。その後、大臣の緊急脱出魔法で離脱する。

パワーウィザードパーティ[編集]

パワーウィザード
声 - 森田了介
 世界樹の魔法の杖を使う老齢の魔術師、巨大な杖を使うがあまりの強さに敵も歯が立たない。杖を武器として使い、魔法をあまり使わない。

忍者パーティ[編集]

キスルギ
声 - 笠間淳
魔力を持つ忍者。影を踏まれた相手を容赦なく暗殺するスピードの速い暗殺者。魔女によって魔界に沈められた際に魔族を仲間につけて腕利きのパーティ暗殺を試みる。
プリマス
声 - 井澤詩織
キスルギが魔界から連れてきた光の妖精。

国家公認勇者パーティ[編集]

カインズ(カインズ・ラックイン)
声 - 松岡禎丞[2]
職業は魔法戦士。国家公認勇者。魔法も剣も使える上に端正な顔立ちという理由で選ばれる。しかし、全てにおいて平均より少し良いほどなため、魔王を倒せる実力はない。勇者としての誇りと仲間思いな心は持ち合わせていることから人気はある。
モンプイ(モンティール・プーイット)
声 - 本多力[2]
職業は僧侶。能力は並以下で安全圏で手柄を立てたがる上に卑怯な一面も持っている。勇者選定の決定権を持つメンバーの中で最も地位のある人間の甥であり、コネで選ばれた。形式上はカインズとライチの教育係という地位も持っている。
ライチ
声 - 芹澤優[2]
職業は魔術師。アイドル魔術師。見た目が可愛いという理由でメンバー入りした。中級レベルの適性は全体的にあるものの、努力が嫌いな上にすぐ飽きる性格のため、中途半端に魔法が使える。また、氷魔法は一つも習得していない。イケメン好きのビッチのため、勇者と体の関係を持ち、モンプイを嫌悪している。

その他の人物[編集]

ドンバイン
声 - 清水健佑
ドワーフでモーロックとは旧知の仲。自由自在に鉄を加工でき、鎧から剣まで様々なものが作る技術を持っている。仕事ができすぎるため、客からぼったくりと言われて以降、人間不信になり引退していた。サイトウが愛用しているワイヤーカッターが壊れたことから彼の職場である工房へ赴き、その際に「百〇八の鍵束」で閉められていた工房をサイトウが解除したため、その実力を買われサイトウたちとも親しくなった。
メヴェナ
声 - 大橋彩香[2]
道具屋の娘。黒髪の美少女。サイトウとは職業柄で気が合う関係。武具を売りに来た男に騙された振りをしつつ利益を上げるなどのしたたかさを持つ。サイトウには多少なりとも好意を持っており、ラエルザとは恋敵となっている。

用語[編集]

マデラカ
異世界での寸法の単位。1マデラカは約30 cmに当たる。国を建てたマデラカ1世が男性器が長く300人の子を作ったとされ、彼に敬意を表して単位が設定された。

書誌情報[編集]

  • 一智和智『便利屋斎藤さん、異世界に行く』KADOKAWAMFC〉、既刊8巻(2022年12月23日現在)
    1. 2019年7月22日発行(同日発売[3][4])、ISBN 978-4-04-065896-4
    2. 2019年12月23日発行(同日発売[5])、ISBN 978-4-04-064332-8
    3. 2020年8月21日発行(同日発売[6])、ISBN 978-4-04-064932-0
    4. 2021年1月22日発行(同日発売[7])、ISBN 978-4-04-680144-9
    5. 2021年6月23日発行(同日発売[8])、ISBN 978-4-04-680525-6
    6. 2022年1月21日発行(同日発売[9])、ISBN 978-4-04-680927-8
    7. 2022年7月23日発行(同日発売[10])、ISBN 978-4-04-681642-9
    8. 2022年12月23日発売[11]ISBN 978-4-04-682043-3

テレビアニメ[編集]

2023年1月よりAT-XTOKYO MXほかにて放送中[12]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 一智和智[2]
  • 監修 - 桝田省治[2]
  • 監督 - 窪岡俊之[2]
  • シリーズ構成・脚本 - 猪原健太[2]
  • 副監督 - 池下博紀
  • キャラクターデザイン - たなべようこ[2]
  • モンスターデザイン - 長森佳容
  • アクション監修 - 和田伸一
  • プロップデザイン - 永富浩司
  • プロップ監修・文字デザイン - 横山友紀
  • 美術設定 - 柴田千佳子
  • 美術監督 - 柏村明香
  • 美術監修 - 佐藤勝
  • 色彩設計 - 高木雅人
  • 特殊効果 - 村上宜隆、楊怡、久保田淳
  • 撮影監督 - 村上展之
  • 編集 - 柳圭介
  • 音響監督 - 今泉雄一[2]
  • 音響効果 - 斎藤みち代、小山恭正
  • 音楽 - 大隅知宇[2]
  • 音楽制作 - KADOKAWA
  • 音楽プロデューサー - 水鳥智栄子
  • プロデューサー - 菊島憲文、西ヶ谷英武、飯塚彩、丸山創
  • アニメーションプロデューサー - 早坂一将
  • アニメーション制作 - C2C[2]
  • 製作 - 「便利屋斎藤さん、異世界に行く」製作委員会

主題歌[編集]

「kaleidoscope」[13]
Teary Planetによるオープニングテーマ。作詞・作曲・編曲はNanao。
「ひだまりの彩度」[13]
konocoによるエンディングテーマ。作詞・作曲・編曲はMIMI

各話リスト[編集]

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督総作画監督初放送日
#01便利屋、斎藤さん[ep 1] 窪岡俊之永富浩司滝澤陸たなべようこ2023年
1月8日
#02斎藤さんが出来ること[ep 2] 池下博紀矢吹勉
  • 鈴木ひろみ
  • 藤川良子
  • ブラガリ・ポッター
1月15日
#03大迷宮の冒険者たち[ep 3]
  • 窪岡俊之
  • 池下博紀
  • 永富浩司
嵯峨敏
  • 周昊
  • 藤川良子
  • 諸葛子敬
  • 大木比呂
  • 福永純一
  • 久保奈都美
  • 志賀亮
  • 永野孝明
1月22日
#04新しい時代の幕開け[ep 4] 古川順康松林唯人
  • 河野絵美
  • 青木真理子
1月29日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[14]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [15] 備考
2023年1月8日 - 日曜 22:30 - 23:00 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / 字幕放送[16] / リピート放送あり
2023年1月9日 - 月曜 0:30 - 1:00(日曜深夜) TOKYO MX 東京都
サンテレビ 兵庫県
月曜 0:45 - 1:15(日曜深夜) KBS京都 京都府
2023年1月10日 - 火曜 23:30 - 水曜0:00 BS日テレ 日本全域 製作参加 / BS/BS4K放送 / 『アニメにむちゅ〜』枠
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[14]
配信開始日 配信時間 配信サイト
2023年1月9日 月曜 0:00(日曜深夜) 更新
2023年1月16日 月曜 0:00(日曜深夜) 以降順次更新

BD / DVD[編集]

発売日[17] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2023年3月24日予定 第1話 - 第4話 ZMXZ-16401 ZMBZ-16411
2 2023年4月26日予定 第5話 - 第8話 ZMXZ-16402 ZMBZ-16412
3 2023年5月24日予定 第9話 - 第12話 ZMXZ-16403 ZMBZ-16413

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “「便利屋斎藤さん、異世界に行く」TVアニメ化決定!一智和智のお祝いイラスト到着”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年1月19日). https://natalie.mu/comic/news/462215 2022年1月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t STAFF & CAST”. TVアニメ『便利屋斎藤さん、異世界に行く』公式サイト. 2022年11月2日閲覧。
  3. ^ “器用だけど平凡なやつが、異世界で大活躍「便利屋斎藤さん、異世界に行く」1巻”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年7月22日). https://natalie.mu/comic/news/340633 2021年2月5日閲覧。 
  4. ^ 便利屋斎藤さん、異世界に行く 1”. KADOKAWA. 2021年2月5日閲覧。
  5. ^ 便利屋斎藤さん、異世界に行く 2”. KADOKAWA. 2021年2月5日閲覧。
  6. ^ 便利屋斎藤さん、異世界に行く 3”. KADOKAWA. 2021年2月5日閲覧。
  7. ^ 便利屋斎藤さん、異世界に行く 4”. KADOKAWA. 2021年2月5日閲覧。
  8. ^ 便利屋斎藤さん、異世界に行く 5”. KADOKAWA. 2021年6月23日閲覧。
  9. ^ 便利屋斎藤さん、異世界に行く 6”. KADOKAWA. 2022年1月21日閲覧。
  10. ^ 便利屋斎藤さん、異世界に行く 7”. KADOKAWA. 2022年7月23日閲覧。
  11. ^ 便利屋斎藤さん、異世界に行く 8”. KADOKAWA. 2022年12月23日閲覧。
  12. ^ TVアニメ「便利屋斎藤さん、異世界に行く」2023年1月放送決定!ティザービジュアル&ティザーPV公開!”. TVアニメ『便利屋斎藤さん、異世界に行く』公式サイト (2022年7月22日). 2022年7月22日閲覧。
  13. ^ a b MUSIC”. TVアニメ『便利屋斎藤さん、異世界に行く』公式サイト. 2022年11月14日閲覧。
  14. ^ a b ON AIR”. TVアニメ『便利屋斎藤さん、異世界に行く』公式サイト. 2023年1月9日閲覧。
  15. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  16. ^ 週間番組表 (2023/01/02〜2023/01/08)”. AT-X. エー・ティー・エックス. 2023年1月9日閲覧。
  17. ^ Blu-ray/DVD”. TVアニメ『便利屋斎藤さん、異世界に行く』公式サイト. 2023年1月9日閲覧。

テレビアニメ参照話数[編集]

  1. ^ #01.便利屋、斎藤さん”. TVアニメ「便利屋斎藤さん、異世界に行く」公式サイト. 2023年1月8日閲覧。
  2. ^ #02.斎藤さんが出来ること”. TVアニメ「便利屋斎藤さん、異世界に行く」公式サイト. 2023年1月15日閲覧。
  3. ^ #03.大迷宮の冒険者たち”. TVアニメ「便利屋斎藤さん、異世界に行く」公式サイト. 2023年1月22日閲覧。
  4. ^ #04.新しい時代の幕開け”. TVアニメ「便利屋斎藤さん、異世界に行く」公式サイト. 2023年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]