桝田省治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桝田 省治(ますだ しょうじ、1960年1月22日 - )は、日本のゲームデザイナー兵庫県姫路市生まれ[1][2]。有限会社マーズの代表取締役。

来歴[編集]

武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業後、広告代理店I&Sに就職。同社にて担当していたクライアントの中にハドソンがあった事が、後のゲームクリエイターへの転身の一因であった。同社所属時代には『桃太郎伝説』を原作としたアニメ『桃太郎伝説 PEACHBOY LEGEND』『PEACH COMMAND 新桃太郎伝説』でプロデューサーを務めている。同社でハドソンの天外魔境 ZIRIAの広告を担当し、開発の遅れから制作側を手伝う事になる。その後、広告代理店を退社する。

続編の天外魔境II 卍MARUではディレクターとシナリオを担当し、本格的にゲーム製作へ参加する。1998年4月に有限会社マーズを設立し、2006年以降になると執筆業にも活動を広げ、『まおゆう魔王勇者』シリーズの書籍化プロジェクトの設立・総監修を務めている。

メタルマックスシリーズ初期ではクレジット上はプロデューサーとしての参加であるが、実際の現場では宮岡寛の補佐としてシナリオやゲームデザインにも深く関わっている。後に『メタルマックス2リローデッド』にもスペシャルサンクスとして名を連ねている。

天外魔境IIの開発の際、声優の高山みなみをセリフの少ない端役に使ってしまったことを後悔しているため、それ以降の作品では必ずといってよいほど高山みなみを起用し、重要なキャラクターに配役している事が公私混同であるとしてしばしば批判される。

著書「鬼切り夜鳥子」に登場する自身のオリジナルキャラ「夜鳥子」に強い思い入れを持ち、『俺の屍を越えてゆけ2』では実質的な主人公に夜鳥子を配置した。自身の公開twitterで「夜鳥子のいない2は僕の頭の中では考えられなかった」とも発言している。結果的に作品全体が夜鳥子を中心として回っている為、これもまた私情を挟み自身のオリジナルキャラを仕事に持ち込んだとして、その公私混同が批判の的となった。

作品[編集]

キャッチコピー[編集]

ゲーム[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Twitterから抜粋、01・21~01・28
  2. ^ 2012年03月31日(土)

外部リンク[編集]