山崎たくみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やまざき たくみ
山崎 たくみ
プロフィール
本名 山崎 功
(やまざき いさお)[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 1964年4月14日(51歳)
血液型 A型
所属 T・S・P
活動
活動期間 1985年 -
デビュー作 ドリームハンター麗夢[2]
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

山崎 たくみ(やまざき たくみ、1964年4月14日[3] - )は、日本の男性声優音響監督東京都出身。バオバブ学園(現:ビジュアル・スペース俳優養成所)4期生[4]ぷろだくしょんバオバブを経て、現在はT.S.P代表。

人物[編集]

幼いころ「鳥になりたい」という夢を持ち、その次は鳥は無理だから、宇宙飛行士になりたいという夢を持っていた。軍のパイロットが宇宙飛行士になるケースが多いことを知り、「戦闘機のパイロットになろう」と憧れていたが、中学時代、本の読み過ぎで近視になり断念する。高校時代に演劇部の部長の友達に廃部寸前の演劇部に名前を貸す形で入部したが、「せっかくだから一回くらい出ない?」とといわれ、脚本と舞台を担当する。その後、舞台をしばらくやって声優としてデビューする[2]

特色[編集]

二枚目から三枚目、シリアスからコミカルまで多彩なキャラクターの声を担当している。1つの作品で複数の役を演じることも多い。

塩沢兼人の死去後、持ち役を多く引き継いでいる。塩沢との親交は深く、ゲーム『スーパーロボット大戦α外伝』にて『銀河旋風ブライガー』の木戸丈太郎/ブラスター・キッドの声を代演した際、「もちろん塩沢さんと同じ声にならないのはわかってますけど、塩沢さんへの思いを込めてやります」という意気込みで臨んだという[5]。以後「スーパーロボット大戦シリーズ」では塩沢が演じたキャラクターの声を数多く代演している。『クレヨンしんちゃん』のキャラクターぶりぶりざえもんの代役の話もあったが、制作スタッフの意向によって実現しなかった(ぶりぶりざえもん#塩沢の没後)。

井上喜久子のファンクラブ関係のイベントの司会を務めることが多い。また、日本工学院専門学校の講師を務めており、その日本工学院が制作協力に参加しているテレビアニメたちゅまる劇場』では音響監督を担当している。

2014年から、声優スクール「スタジオにょっき」の本部長を務めている。

エピソード[編集]

  • マクロスプラス』にて主人公イサム・ダイソンを演じた際、「思わぬ形で夢が叶った」「気分は存分に味わえた」と評している[2]
  • 長年演じている『しましまとらのしまじろう』の空野とりっぴいに関しては「僕の3枚目の部分」と公言している[2]
  • 高橋美紀のことは「心の恋人」だったという[2]

出演作品[編集]

太字は、主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

出演時期不明

1989年

1990年

  • RPG伝説ヘポイ(ドラゴンキャッスル、ハイパードラゴンキャッスル)

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

  • エル・カザド(オルテガ)
  • 銀魂(河上万斉/つんぽ)
  • ひまわりっ!!(武智吾郎、マンサク)

2008年

2009年

  • 忍たま乱太郎(ドクタケ忍者)

2010年

2011年

2012年

  • しまじろうのわお!(空野とりっぴい、空野とと、空野ぴぴ)
  • 氷菓(尾道先生)
  • Fate/Zero 2ndシーズン(ケイネス・エルメロイ・アーチボルト
  • 忍たま乱太郎(友人)

2013年

  • しまじろうのわお!(ライオンポリス)
  • たまこまーけっとデラ・モチマッヅィ[6]
  • 忍たま乱太郎(商人、雑兵)

2014年

2015年

OVA[編集]

出演年不明

1987年

1989年

1990年

1991年

1992年

1993年

1994年

1996年

1997年

1998年

2000年

2002年

2004年

2005年

2008年

2012年

2013年

  • 史上最強の弟子ケンイチ(新島春男)※単行本第54巻OVA付き特装版

2014年

  • 史上最強の弟子ケンイチ(新島春男)※単行本第55巻OVA付き特装版

劇場アニメ[編集]

1991年

1992年

1993年

1994年

1995年

1996年

1997年

2001年

2002年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

Webアニメ[編集]

2015年

ゲーム[編集]

1992年

  • YAWARA!(強盗、チンピラ、記者ほか)

1994年

1996年

1997年

1998年

1999年

2000年

2001年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

2015年

吹き替え[編集]

吹き替え(アニメ)[編集]

特撮[編集]

2015年

CD[編集]

その他[編集]

音響監督[編集]

2010年

脚注[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』、675頁、成美堂出版、1999年、ISBN 978-4415008783
  2. ^ a b c d e 三木浩也編「今さら友だちのWA!!(山崎たくみ→?)」『アニメV 1997年1月号』学習研究社、1997年1月1日、雑誌01591-01、61頁。
  3. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、113頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  4. ^ 業務案内”. ビジュアル・スペース俳優養成所. 2005年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月2日閲覧。
  5. ^ 宮崎秀規編「総監督・寺田貴信が語るスパロボの未来」『スーパーロボット大戦α外伝攻略本 魂!!』デジキューブ、2001年4月28日、ISBN 4-925075-97-7、458頁。
  6. ^ スタッフ&キャスト”. TVアニメ『たまこまーけっと』公式サイト. 2012年12月13日閲覧。
  7. ^ “作品情報(Fate ゼロカフェ ~Fate/Zero Cafeに集う英霊達~)”. メディア芸術データベース (東京都千代田区霞が関3丁目2番2号: 文化庁). http://mediaarts-db.jp/an/anime_series/18038 
  8. ^ STAFF&CAST”. 『たまこラブストーリー』公式サイト. 2014年2月8日閲覧。
  9. ^ 『ぷよぷよ!! クエスト』に待望のキャラクターボイスが追加! 期間限定スペシャルクエストも出現”. 電撃オンライン. 2013年10月16日閲覧。
  10. ^ 週刊ファミ通』2012年12月6日号より。
  11. ^ 『ブレイブリーセカンド』新ジョブ・エクソシストのアスタリスク所持者のガイスト(声:山崎たくみ)が初公開”. 電撃オンライン. 2015年1月10日閲覧。
  12. ^ 数年ぶりに戦隊モノの怪人を演らせていただきました…”. 2015年4月25日閲覧。
  13. ^ 「スピカ」が東山奈央さん、そして「サダルスウド」に山崎たくみさんが決定!”. ドラマCD「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」公式ブログ. 2015年7月14日閲覧。

外部リンク[編集]