機動武闘伝Gガンダム (スーパーファミコン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機動武闘伝Gガンダム
ジャンル 対戦型格闘ゲーム
対応機種 スーパーファミコン
開発元 パンドラボックス
発売元 バンダイ
人数 1~2人
メディア カセット
発売日 1994年12月27日
テンプレートを表示

機動武闘伝Gガンダム』は1994年12月27日バンダイから発売されたスーパーファミコン用の対戦型格闘ゲームソフト

概要[編集]

機動武闘伝Gガンダム』に登場するモビルファイター同士による1対1の格闘ゲーム。劇中の必殺技が各モビルファイターの必殺技、超必殺技として使用可能。キャラクターの音声も収録されている。ジャッジボイスは秋元羊介

VERSUS BATTLEモードではパイロットの乗り換えが可能であり、能力が変わり、特定の組み合わせにより使用する必殺技が変更される。

モビルファイターのデザインの細部が異なり、主に企画段階のデザインが反映されている。デビルガンダムはカトキハジメによるゲームオリジナルのデザインとなっている。

基本操作とシステム[編集]

十字キーで移動。Yボタンが弱パンチ、Xボタンが強パンチ。Bボタンが小キック、Aボタンが強キック、L・Rボタンでホバーによる高速移動で構成されている。十字ーを相手と反対方向に入力するとガード(下段ガードは斜め下)。素早く2回入力するとバックステップ。

相手からダメージを受けて、ダメージゲージが赤く点滅すると超必殺技が使用可能になる。

ある程度ダメージが蓄積しダウンすると、防御装甲が破壊され、防御力が低下する。

ゲーム内容[編集]

STORY BATTLE
シャイニングガンダムガンダムマックスタードラゴンガンダムガンダムローズボルトガンダムから1機選び、ストーリーに沿ってゲームを進めるモード。
シャイニングガンダム選択時のみ、条件を満たすとゴッドガンダムに乗り換えとなる。
VERSUS BATTLE
対戦モード。
CHAMPIONSHIP BATTLE
9機のガンダムから1機選び、他の9機と戦い、勝ち抜いていくモード。
TEAM BATTLE
最高5VS5のチーム対戦を行うモード。
OPTION
ゲームの難易度、制限時間、ボタンの配置の変更。ハンディキャップの設定が可能

登場キャラクター[編集]

シャイニングガンダム
パイロット: ドモン・カッシュ(声優:関智一
超必殺技: シャイニング・フィンガーソード
ゴッドガンダム
パイロット: ドモン・カッシュ(声優:関智一)
超必殺技: ハイパーゴッドフィンガー
ガンダムマックスター
パイロット: チボデー・クロケット (声優:大塚芳忠
超必殺技: バーニングパンチ
ドラゴンガンダム
パイロット: サイ・サイシー(声優:山口勝平
超必殺技: フェイロン・フラッグ
ガンダムローズ
パイロット: ジョルジュ・ド・サンド(声優:山崎たくみ
超必殺技: ローゼス・スクリーマー
ボルトガンダム
パイロット: アルゴ・ガルスキー(声優:宇垣秀成
超必殺技: メガグラビトン
ライジングガンダム
パイロット: レイン・ミカムラ(声優:天野由梨
超必殺技: ライジングスラッシュ
ガンダムシュピーゲル
パイロット: シュバルツ・ブルーダー(声優:堀秀行
超必殺技: 爆焔陣
マスターガンダム
パイロット: 東方不敗マスター・アジア(声優:秋元羊介
超必殺技: 十二王方牌
デビルガンダム
パイロット: キョウジ・カッシュ(声優:なし)
超必殺技: ハイパービーム砲
ストーリーモードのボスキャラクター。隠しコマンドを入力することにより登場。パイロット乗り換えは不可。

ステージ[編集]

  • ネオジャパン(京都)(シャイニングステージ)
  • ネオホンコン(ゴッドステージ)
  • ネオアメリカ(マックスターステージ)
  • ネオチャイナ(ドラゴンステージ)
  • ネオフランス(ローズステージ)
  • ネオロシア(ボルトステージ)
  • ネオカナダ(ライジングステージ)
  • ネオエジプト(シュピーゲルステージ)
  • ネオジャパン(新宿)(マスターステージ)
  • デビル(デビルステージ)

逸話[編集]

本作におけるマスターガンダムの必殺技「デッドリーウェイブ」はGガンダムの総監督今川泰宏の「本編の中でもゲームの技が出て来たら嬉しいんじゃないか。その時の気分でまた遊んでくれるんじゃないか。」と思い、アニメ本編でも「酔舞・再現江湖デッドリーウェイブ」として登場した経緯がある。また監督の使用キャラはいつもマスターガンダムだったと言う[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 機動武闘伝Gガンダム LD第5巻インタビューより