クイズ機動戦士ガンダム 問・戦士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

クイズ機動戦士ガンダム 問・戦士』(クイズきどうせんしガンダム とい・せんし)は2006年5月バンプレストより発売されたアーケードゲーム。ガンダムシリーズ全般に関する問題を扱ったクイズゲームである。タイトルはアニメ映画『機動戦士ガンダムII 哀・戦士編』のもじり。

2006年7月13日にはバンダイナムコゲームス(バンダイレーベル)よりPlayStation Portable(PSP)用ソフトとしてカスタマイズ移植され、PSP版で追加された名場面クイズと、同じくPSP版オリジナルクイズである名ゼリフクイズモードやその他新要素を追加した『クイズ機動戦士ガンダム 問戦士DX』が発売された。

解説[編集]

機動戦士ガンダム』(1st・ファーストガンダム)・『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』・『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』・『機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles』・『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』・『機動戦士Ζガンダム』からモビルスーツモビルアーマー)やキャラクターが登場。クイズの出題範囲作品は『機動戦士ガンダム』から『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』までのテレビシリーズとOVA作品、小説作品やゲーム作品までを網羅している。そのうち大半が『機動戦士ガンダム』関連の問題である。

なお、アーケード版のポスターイラストとPSP版のパッケージイラストは漫画家のトニーたけざきが手がけている。

登場キャラクター[編集]

プレイヤーキャラ[編集]

プレイヤーキャラは初期搭乗機体および、機体ランクがそれぞれ違うため、初期HPと攻撃力が違う。
なお、宇宙、または地上では使えない機体も存在するので、その場合は同性能のMSに乗り換えて出撃する。二種類の初期搭乗機体があるキャラは最初が地上用、後ろが宇宙用となる。

  • アムロ 初期搭乗機体:ガンダム
    能力 - ニュータイプ覚醒(2択問題)
  • カイ 初期搭乗機体:ガンキャノン
    能力 - 乱れ撃ち(他の5人のうち誰かの能力をランダムで発動)
  • シロー 初期搭乗機体:ガンダムEZ-8/ジムカスタム
    能力 - 気合(攻撃&防御力アップ)
  • クリス 初期搭乗機体:ガンダムNT-1アレックス
    能力 - ひらめき(3択問題)
  • コウ 初期搭乗機体:ガンダム試作1号機(GP-01)/ガンダム試作1号機フルバーニアン(GP-01)
    能力 - 逆上(攻撃力2倍)
  • カミーユ[1] 初期搭乗機体:Ζガンダム(最高MSランク)
    能力 - ニュータイプ覚醒(スコア2倍)

サポートキャラクター[編集]

  • ステージ開始時にランダムでプレイヤーを支援してくれる。効果はそのステージ中ずっと有効(フラウ、ファはステージ開始時に1度だけ発動)。
  • 艦内にてクイズによる会話が可能で、正解率が良ければ支援してくれる確率が増える。
  • 旧バージョンでは、アイナは条件を満たさないと現れない。
  • また、ファは旧バージョンのみの登場で、PSP版では登場しない。
  • フラウ
    能力 - 声援(HPを100回復)
  • ミライ
    能力 - 全速前進(タイマー(解答経過時間)の減る速度が低下)
  • ノエル
    能力 - 索敵(ジャンルセレクト〈ジャンルを選択しないでそのまま問題に突入することも可能〉)
  • カツレツキッカ
  • ニナ
    能力 - 攻撃力増加
  • アイナ
    能力 - 懐中時計(不正解時のダメージを1回のみ無効化)
  • ミハル
    能力 - スパイ(3択問題)
  • ファ
    能力 - (HPを100回復) 計7人と1組

主な敵キャラクター[編集]

その他[編集]

  • ブライトギレン
    いずれもシナリオパートもしくは名場面クイズでの登場に留まっている(ブライトの場合はシナリオ選択時でも登場する)。

クイズの難易度[編集]

原作さえ知っていればわかる簡単な問題から、小説、設定資料集や作品の公式サイト、ゲームの攻略本、ホビー雑誌にしか載っていないようなマニアック問題まで様々。

問題のジャンルは3種類あり、4択問題、○×問題、ストーリーの名場面クイズ、アニメのシーンの画像を見てどんなシーンか、画像に写っている人物が誰なのか、ガンプラなどのガンダムシリーズの関連グッズのパッケージやガンプラの完成品の画像を見て商品名や商品スケール、キャラクターのシルエットでどのキャラクターなのかを当てるビジュアル問題がある。ストーリーの会話を続けさせる名場面クイズのみノルマが存在しないため、仮に全問間違ってもクリアする事ができる。

アーケード版のシステム[編集]

最初にキャラクターを選択し(MSは原作で搭乗したMSで出撃)、名前を入力[2]、その後『機動戦士ガンダム』におけるサイド7襲撃から物語は始まる。

自機MSの攻撃は解答経過時間によって異なり、一番早い場合はビームサーベルなどの近距離攻撃、半分の場合はビームライフルなどの遠距離攻撃、一番遅い場合はバルカン砲などの威嚇攻撃となり、それぞれダメージも異なる。逆に不正解だったり時間切れとなった場合は敵の攻撃としてダメージを受けてしまい、自機MSのHPが0になるとゲームオーバーとなる。

様々なボスステージをクリアした後、階級章が与えられ階級が昇進(その際通り名も与えられる)、ジャブローから支給された新しいMSに乗り換えられる(乗換えをしない場合はHPが200回復し、ボーナスポイントが10000貰える)。ただし、何度かコンティニューをしたり、コンティニューをしていなくても連続でダメージを受けてしまったりすると、階級章を与えられない上に(プレイ状況によっては階級章が与えられることもある)ペナルティーとしてMSのランクがダウンし下級のMSに乗り換えを命じることになる。また、本作の最高MSがΖガンダムとガンダム試作3号機なので、この2機にまで到達したら、ボーナスによる乗り換えはHP200回復とポーナスポイント10000固定となる。

ステージの合間でガンダムヒロインによるクイズが恋愛シミュレーションゲーム風に出題され、正解するとサポートできる確率が高くなる。

サポートできるキャラクターとその効果は先述のサポートキャラクターの項目を参照のこと

また、プレイヤーは正解や不正解を出すと、特殊能力が発動するインジゲータを表すオーラが現れ(最初は青、半分は黄色、最大は赤)、最大限に達するとパイロットの特殊能力が発動し(パイロットによって効果は異なる)、それぞれの効果が発揮される(○×クイズやビジュアルクイズでは発揮されないが、インジゲータ自体は蓄積される)。

エンディングは『機動戦士ガンダム』における一年戦争の終結や『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』におけるコロニー落下事件の2種類が存在する(ゲーム終盤のルート選択で決まる)。

PSP版の追加システム[編集]

  • ゲームに登場した問題のライブラリが見られる。
  • アーケード版でのステージデモやオープニングムービー、そしてエンディングムービーが自由に見られる。
  • アドホックモードによる通信対戦が可能。
  • 問戦士モードと呼ばれる、シリーズ別と問題のジャンル別(四択問題など)に分けてクイズを出題するモードが遊べる
  • PSP版で追加された名場面クイズが登場(アーケード版での名場面クイズはファーストガンダムのみ)
    追加された名場面クイズは、ファーストガンダムの最終話、ガンダム0083の2話と10話と13話、第08MS小隊の10話、逆襲のシャアのオープニングシーンとエンディングシーン。
  • エンドレスモードと呼ばれる、全ての問題から出題されるクイズモードがある。お手つき回数は10回まで。
  • PSP版オリジナルの名ゼリフクイズが登場(問題の部分〈『○○』の部分〉〉はビームライフルやマシンガンの発射音のSEで伏せている)。

その他[編集]

  • オープニングナレーションとエンディングナレーション、サブタイトルコールはブライト・ノア役の鈴置洋孝が、ステージデモのナレーションはアナベル・ガトー役の大塚明夫が担当している。
  • PSP版での名ゼリフクイズにおいてブライトの『機動戦士ガンダムΖΖ』での最終話のあるセリフが問題として出題されているが、ファーストガンダムのセリフとしてカウントされている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 後期バージョンでしか登場しない。
  2. ^ 差別用語を入力すると消去される。

外部リンク[編集]