機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
機動戦士ガンダムSEED バトルデスティニー
MOBILE SUIT GUNDAM SEED BATTLE DESTINY
ゲーム
ゲームジャンル ガンダムバトルアクション
対応機種 PlayStation Vita
開発元 アートディンク
発売元 バンダイナムコゲームス
メディア PS Vitaカード1枚
ダウンロード
プレイ人数 協力プレイ1 - 2人
対戦プレイ 1 - 4人
発売日 2012年6月7日
売上本数 65,767本[1]
レイティング CEROA(全年齢対象)
通信機能 アドホック通信対応
PlayStation Network対応
デバイス メモリーカード必須
関連作品
テンプレート - ノート

機動戦士ガンダムSEED BATTLE DESTINY』(きどうせんしガンダムシード バトルデスティニー、MOBILE SUIT GUNDAM SEED BATTLE DESTINY)は、2012年6月7日に発売をしたPlayStation Vita用ゲームソフト。『ガンダムバトルシリーズ』作品の1つであり、シリーズ初のコズミック・イラを題材にしている。

パッケージイラストにはフリーダムジャスティスデスティニーデストロイプロヴィデンスの5体のガンダムとキラアスランシンが描かれている。

概要[編集]

テレビ放送から10周年にあたる『機動戦士ガンダムSEED』とその続編『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』および関連作品群を題材にした、3Dアクションシューティング。開発は、『ガンダムバトルシリーズ』や『マクロストライアングルフロンティア』を製作したアートディンクが担当。上記の通りにガンダムシリーズ初のPS Vita用であり、グラフィックが大幅に向上した。2本のアナログスティックやタッチパネルを使用できるようになったことで操作性も向上している。

本作のメインとなるキャンペーンモードには「地球連合軍」、「Z.A.F.T.」、「アークエンジェル隊」(クライン派)の3つのルートがあり、プレイヤーは好きな勢力の兵士としてコズミック・イラの戦乱を戦って行くことになる。

通信機能を使い、2人での協力プレイや4人対戦プレイも可能。また、「指令イベント」という他のプレイヤーとのリンクする要素が追加される。

ゲームシステムとしては従来のバトルシリーズで好評だった、機体のカスタマイズ・チューンナップの要素は継承されつつ、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズを題材にするということでフェイズシフト装甲ミラージュコロイド、マルチロックオン、換装などの要素が追加される。また、機体が撃墜された場合でも、再出撃が可能になる。

登場機体[編集]

地球連合軍
ザフト
アークエンジェル
アナザー

登場キャラクター[編集]

登場作品[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』 エンターブレイン2013年2016年7月3日閲覧。
  2. ^ バンダイナムコとアートディンクの共同開発によるガンダムシリーズのゲームは『ガンダムアサルトサヴァイブ』(2010年)、『ガンダム ザ・スリーディーバトル』(2011年)があるが、開発者インタビューで前作はバトルユニバースと明言されている。

外部リンク[編集]