ドレッドノートガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ドレッドノートガンダム(DREADNOUGHT GUNDAM)は、漫画機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。作中の軍事勢力の1つ「ザフト」が開発した試作機。テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』本編に登場する「フリーダムガンダム」などのザフト製ガンダムの原型機で、高出力の核エンジンを搭載した高性能機という設定。『SEED』劇中に登場する量産機「ゲイツ」をベースとしている。

劇中では解体されて破棄されるはずだったが、紆余曲折を経て主要登場人物の1人「プレア・レヴェリー」の搭乗機となり、敵役である「カナード・パルス」が駆る「ハイペリオンガンダム」と対決する。型式番号であるYMF-X000Aと併せてYMF-X000A ドレッドノートガンダムと表記される。「ドレッドノート」は英語で「勇敢な者」を意味する。

メカニックデザイン大河原邦男

本項では、仕様変更型であるXアストレイ及び、関連作品に登場するドレッドノートイータについても解説する。

機体解説[編集]

諸元
ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)
DREADNOUGHT GUNDAM (X Astray)
型式番号 YMF-X000A[注 1]
全高 18.21m
重量 67.50t(ドラグーン・システム含まず)
装甲材質 フェイズシフト装甲
動力源 ニュートロンジャマーキャンセラー搭載型核エンジン
武装 MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲×4
MA-M22Y ビームライフル
MA-MV04 複合兵装防盾システム
XM1 プリスティス ビームリーマー
ドラグーン・システム(ビーム砲×10)×4
搭乗者 コートニー・ヒエロニムス[注 2]
ラウ・ル・クルーゼ[注 3]
プレア・レヴェリー

ザフト初のニュートロンジャマーキャンセラー(NJC)搭載型核動力MS。地球連合から奪取したG兵器の技術を元に開発され[5]、C.E.71年2月に完成した[注 4]

本機はZGMF-X09A ジャスティス、ZGMF-X10A フリーダムなど、後の核動力機のプロトタイプである。これら核動力機はヴェルヌ等の非MS分野を含む統合設計局により開発されたうえ、ZGMF-600 ゲイツの開発は統合設計局をMMI社がリーダーカンパニーとなって率いる形で設計されたが、ドレッドノートはクラーク・アジモフ・ハインラインの3局のみの共同により開発されている[5]

NJCを搭載した核動力MSの基礎データ収集が目的であるため、開発時間の短縮により頭部以外はほぼゲイツのパーツが流用されている[7]。このことから、本機はゲイツと本機以降の核動力機を結ぶ過渡的な機体と言える[5]。また、後の開発機体と違い唯一NJCを頭部に搭載しているのも特徴である。このNJCはまだ試験段階の代物であり、宙域レベルでNジャマー領域を無効化するため「Nジャマー下でもその一帯の宙域で核エンジンが使用可能となってしまう」という、ザフト側にとってもマイナスとなりうる面が存在する[7]

「プラントの守護を担う勇敢な機体であれ」という願いを込めて、ドレッドノート(勇敢な者)と命名されたとされている。しかし、実態は常に被曝などの危険に晒される核エンジンの搭載によってパイロットの負うリスクが増したことから、「こんな機体に乗る者は勇敢な人物だ」という皮肉を込めて名付けられたという説もある[5]。また、後にドラグーンが追加装備された際にはロウ・ギュールから「Xアストレイ」とも呼ばれている。これは、パイロットであるプレアの「核の力を平和のために使いたい」という意思から「兵器としての王道を外れた者」という意味での「アストレイ」と、バックパックに装備されたドラグーンが「X」の形に見えることによる[8]

核エンジン[編集]

ニュートロンジャマーキャンセラー(NJC)の実用化以後、C.E.においてはこのドレッドノートによって初の核エンジン(原子炉)搭載型MSが導入された[9]。この核エンジン自体には十分なシールドが施されているため危険はない[注 5]

核融合炉の実用化には成功していない世界観故に[11]、搭載される核エンジンは核分裂式の原子炉であり[12]、電力への変換にはMHD発電を用いる[13]。この核エンジンを導入した機体は従来のバッテリー機よりも大電力を必要とする装備群の使用が可能となり[14]、機体稼働時間・兵装の出力は大幅に向上[15]、無尽蔵の電力供給を受ける事が可能となった[16]

一方で、核エンジン搭載型のMSと言えども発電した電力によってモーター等の駆動機器を動作させる点は同じであるため、電力駆動する機動兵器である点はバッテリー機と変わらない[17]。また、酸素や推進剤、弾薬は有限である[16]うえ、長時間の戦闘はパイロットに負担をかけるため、一定の補給や休息は必要となる[17]。加えて、発電した電力を超過したエネルギーの使用が行われれば、一時的にパワーダウンを起こす事もある[18]。核エンジンのもたらす電力の恩恵は機体パワーよりも継戦能力におけるウェイトが大きく、従来型バッテリー機とはディーゼル潜水艦原子力潜水艦のような関係性となっている[11]

原子炉の暴走等のトラブルによるリスクも新たに発生する事となったが、ニュートロンジャマーが既に拡散した世界観である故に、その効果を抑止するNJCを破壊または停止させれば、原子炉の停止は可能である[19]

武装[編集]

MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲
ゲイツやフリーダム、プロヴィデンス等に搭載されたものと同一の装備。頭部に計4門設置される。
MA-M22Y ビームライフル
ゲイツが装備する「MA-M21G ビームライフル」の流れを汲む、フォアグリップのついたライフル。後にプロヴィデンスの「MA-M221 ユーディキウムビームライフル」の原型となった[5]
MA-MV04 複合兵装防盾システム
ゲイツに装備された「MA-MV03 2連装ビームクロー」の改良型であるシールド。PS装甲とドラグーンを搭載したドレッドノートでは複合兵装防盾の必要性が低下したため、スペックは簡略化されている。後に改良型の「MA-MV05A 複合兵装防盾システム」がプロヴィデンスに採用された[5]
XM1 プリスティス ビームリーマー
本体両腰に装備される。核エンジンの恩恵によって装備可能となったドラグーンの一種[5]
システムの制御に使われる量子通信は、Nジャマー下での無線誘導を可能としているが、消費電力の膨大さから大電力をほぼ恒常的に発生する核エンジンによるバックアップは不可欠だった。プリスティスはゲイツが持つビームロケットアンカー「EEQ7R エクステンショナル・アレスター」の発展型であり、ビーム砲内蔵の端末部は本体とケーブルで繋がれている[5]。ただしこれはこの装備がまだ実験段階にあるため、端末のロストを防ぐ目的で備えられたものであり、ケーブルが断線したとしても運用に支障は無い[5]。また、射撃のみならず格闘用のビームスパイクとしての運用も可能である。
Pristisとはラテン語で「ノコギリエイ」を意味する。
ドラグーン・システム
バルドフェルドからもたらされた設計図を元に製造された追加装備[20]。プロヴィデンスに搭載されたものと異なり有線式であるが、これはドラグーン自体もフェイズシフト装甲で構成されているための通電用であり、ガンバレルのような操作用ではない。
X ASTRAY』作中ではこのドラグーンを立体的に展開し、MS1機を覆うフィールドを展開してみせた。
その形状からχ(カイ)ユニットとも呼ばれる[21]。この他にもドレッドノートには追加装備があったと推測されるが、真相は定かではない[21]

劇中での活躍[編集]

元々テスト機だったドレッドノートは、テスト終了後には個々のパーツに分解され、核エンジンや機密パーツ以外は廃棄処分されるはずだったが、地球の深刻なエネルギー不足を解決するため、シーゲル・クラインによって全パーツがジャンク屋を通じてマルキオ導師に渡るよう、手配された。

しかし地球へ輸送中、NJC搭載の頭部ユニットをサーペントテールに奪われたため、後に返却されるまではゲイツの頭部で代用し予備電源で駆動していた[注 6]

後にサーペントテールが頭部を返却した際、リ・ホームで改修される。その後、アンドリュー・バルトフェルドから本機のテストで得られたデータから生み出されたドラグーンの設計図がもたらされ、ロウ・ギュールによってアメノミハシラにて新たに装備された。

ハイペリオンとの最終決戦後には、プレア・レヴェリーからカナード・パルスに託された。

ドレッドノートイータ[編集]

諸元
ドレッドノートイータ
Dreadnought Η
型式番号 YMF-X000A/Η
装甲材質 フェイズシフト装甲
武装 MMI-GAU2 ピクウス76mm近接防御機関砲×4
RFW-99 ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」
ビームナイフ「ロムテクニカRBWタイプ7001」
MA-M22Y ビームライフル
長距離ビーム砲 / ビームソード×2
40mm対空機関砲 イーゲルシュテルンII
グレネードランチャー
アルミューレ・リュミエール・ハンディ×2
搭乗者 カナード・パルス

傭兵の道に入ったカナードがロウ・ギュールに依頼して、プレアの遺品であるドレッドノートを改装した機体。

カナード本人の空間認識能力はドラグーンシステムの操作には不十分であったためこれらを全て外し、新たにイータユニットと呼ばれる武装モジュールに換装(一部改修)されている[20]

イータユニットはあらゆる戦闘に対応すべく開発された多目的武装で、ビーム砲・機関砲・グレネードランチャーを内蔵した背部の1対のデバイスを前方に展開した砲撃戦形態「バスターモード」、両腕にマウントし巨大なビームサーベルとした格闘戦形態「ソードモード」の2形態に変化する。本体の武装は先の戦いで四散したハイペリオンの残骸から回収された武装を一部改良して使用している[20]。ビームサブマシンガン「ザスタバ・スティグマト」は、本体核エンジンに直結されたパワーケーブルを接続する事でマガジン交換の手間や弾数制限の制約を改善している[注 7]。もっともこれが専用装備というわけでは無く、任務によっては従来のMA-M22Y ビームライフルを携行することもある。

両腰にはプリスティス端末に「アルミューレ・リュミエール」の発生器を組み合わせた「アルミューレ・リュミエール・ハンディ」を装備。使用時は前腕部に発生器をマウントする。スティグマト同様有線で電力供給が行われ、連続使用時間が大幅に延長されている。またハイペリオン同様、発振方向を収束することで格闘用のビームランスとしても使用される[20]

「イータ」とはこの装備のシルエットが「H」に見えることから、ギリシャ語の「Η」(イータ)にちなんで名付けられた。なお、本機は純粋に兵器として使用されているためアストレイの名を冠していない[20]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ドレッドノートは新型OS、核エンジン、ドラグーンシステムの新技術を投入した機体となる[1]。型式番号の000は3つの新技術を導入されたことに起因している[2]
  2. ^ テストパイロット。叢雲劾 との模擬戦の折に搭乗した[3]
  3. ^ 運用テストで搭乗[4]
  4. ^ 書籍資料によっては、この機体のロールアウトはバルドフェルド隊との交戦中と同時期としている[6]
  5. ^ 劇中でのリーアム・ガーフィールドの発言より[10]
  6. ^ 一部のゲーム作品では「ドレッドノートガンダム(ゲイツヘッド)」の名称でこの形態が登場している。
  7. ^ これは核エンジン搭載後のハイペリオン(スーパーハイペリオン)と同様である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B』メディアワークス、2005年8月、18頁。(ISBN 978-4840231992)
  2. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』第1巻、角川書店、2004年5月、183頁。(ISBN 978-4047136250)
  3. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY B』メディアワークス、2005年8月、74-79頁。(ISBN 978-4840231992)
  4. ^ 電撃ホビーマガジン』2004年7月号、メディアワークス、35頁。
  5. ^ a b c d e f g h i 『1/144HGドレッドノートガンダム』バンダイ、2004年10月発売、付属解説書。
  6. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED外伝』メディアワークス、2007年7月発売、78頁。(ISBN 978-4-8402-3907-3)
  7. ^ a b 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社、2012年11月28日初版発行、116-117頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  8. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY Re MasterEdition』第6巻、角川書店、2013年7月、107-108頁。(ISBN 978-4041207925)
  9. ^ 『PERFECT ARCHIVE SERIES 5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房、2006年5月、162-167頁。(ISBN 4-8124-2687-1)
  10. ^ ときた洸一『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY Re MasterEdition』第4巻、角川書店、2013年5月、137頁。(ISBN 978-4041207031)
  11. ^ a b モデルグラフィックス』2003年8月号、大日本絵画、森田繁インタビュー。
  12. ^ 『データコレクション18 機動戦士ガンダムSEED 下巻』メディアワークス、2004年11月15日初版発行、68-69頁。(ISBN 9784840228671)
  13. ^ 『機動戦士ガンダムSEED OFFICIAL FILE メカ編vol.3』講談社、2003年9月9日第一版発行、29頁。(ISBN 4063347702)
  14. ^ 『1/100 マスターグレード フリーダムガンダム』バンダイ、2004年7月発売、取扱説明書。
  15. ^ 『1/60SCALE ガンダムSEED フリーダムガンダム』 バンダイ、2003年8月、取扱説明書。
  16. ^ a b 『データコレクション18 機動戦士ガンダムSEED 下巻』メディアワークス、2004年11月15日初版発行、72-73頁。(ISBN 9784840228671)
  17. ^ a b 『PERFECT ARCHIVE SERIES 5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 竹書房、2006年、168-170頁。(ISBN 4-8124-2687-1)
  18. ^ 『HG 1/144 ミーティアユニット+フリーダムガンダム』バンダイ、2004年5月、組立説明書。
  19. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 1』角川スニーカー文庫、2005年6月、60-61頁。(ISBN 4-04-471701-X)
  20. ^ a b c d e 『ガンダムSEED ASTRAY MASTERS』メディアワークス、2006年4月発売、86-87頁。(ISBN 4-8402-3461-2)
  21. ^ a b 『電撃ホビーマガジン』2004年12月・2005年1月合併号、メディアワークス、48-49頁。

関連項目[編集]