RIVER (石井竜也の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

RIVER」(リバー)は、石井竜也の曲。2003年にこれをタイトル曲とする2枚のシングルが相次いで発売された。

解説[編集]

RIVER/みずいろの雨
石井竜也シングル
初出アルバム『nipops
A面 RIVER
みずいろの雨
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル Sony Records
チャート最高順位
石井竜也 シングル 年表
夢の迷い道で/シルエット・ロマンス
(2003年)
RIVER/みずいろの雨
2003年
RIVER 〜GUNDAM SEED EDITION〜
(2003年)
テンプレートを表示
RIVER 〜GUNDAM SEED EDITION〜
石井竜也シングル
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル Sony Records
チャート最高順位
石井竜也 シングル 年表
RIVER/みずいろの雨
(2003年)
RIVER 〜GUNDAM SEED EDITION〜
2003年
GROUND ANGEL
(T.I GRAND PROJECT名義)
(2003年)
テンプレートを表示

苦しさを抱えた人間のもがき苦しむ心情をありのままに描いた「現状の自分自身の気持ちが真っすぐに出ている」[1]曲。石井の曲の中でもめずらしく「厳しさ」を全面に打ちだしており、「つらいとき、自分にしか救いを求められない」というひとつの真理を表現した[2]。また、「大見えを切らなくてもコツコツと自分なりに生きていく尊さ」をメロディで表現している[3]。当初は「夢が叶うまで」だったが、試行錯誤[4]のうちに現在のタイトルに辿り着いた。

ビデオクリップは2003年に行われたコンサートツアー『ISHYST』の映像を使用している[5]。また、コンサートやテレビでこの曲を披露する際は必ず最後のメロが強調される。

この曲は最初、2003年3月26日に両A面シングル「RIVER/みずいろの雨」として「みずいろの雨」とのカップリングでリリースされた。前作「夢の迷い道で/シルエット・ロマンス」と共に、同年4月23日リリースのアルバム『nipops』の先行シングルである。

「RIVER」がテレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』エンディングテーマとして採用されたのを受けて、同曲の別ヴァージョンを「みずいろの雨」に代えて収録した新たなシングル「RIVER 〜GUNDAM SEED EDITION〜」が同年5月21日にリリースされた。

RIVER/みずいろの雨[編集]

RIVER/みずいろの雨」(リバー/みずいろのあめ)は、石井竜也の14枚目のシングルとして2003年3月26日に発売された。発売元はSony Recordsである。

みずいろの雨」は八神純子の曲をカヴァーしたものである。アルバム『nipops』、『super nipops』に「album mix」ヴァージョンが収録されている。

「RIVER/みずいろの雨」収録曲[編集]

  1. RIVER
    作詞・作曲:石井竜也、編曲:渡辺善太郎
  2. みずいろの雨
    作詞:三浦徳子、作曲:八神純子、編曲:光田健一

GUNDAM SEED EDITION[編集]

RIVER 〜GUNDAM SEED EDITION〜」(リバー ガンダムシード・エディション)は、石井竜也の15枚目のシングルとして2003年5月21日に発売された。発売元は同じくSony Recordsである。

1曲目は「RIVER/みずいろの雨」と同じであるが、2曲目以降はすべて「RIVER」の別ヴァージョンである。初回生産盤にはガンダムSEED スペシャルワイド ステッカー石井竜也×ガンダムSEED オリジナルカレンダーが付属していた。

「GUNDAM SEED EDITION」収録曲[編集]

  1. RIVER
    作詞・作曲:石井竜也、編曲:渡辺善太郎
  2. RIVER 〜remix〜
    作詞・作曲:石井竜也、編曲:渡辺善太郎/bice
    biceを迎えて再編曲されたヴァージョン。
  3. RIVER 〜Piano Instrumental〜
    作曲:石井竜也、編曲・演奏:光田健一
  4. RIVER 〜backtracks〜
    作詞・作曲:石井竜也、編曲:渡辺善太郎

収録アルバム[編集]

曲名 収録アルバム 発売日 備考
RIVER nipops 2003年4月23日 6thオリジナルアルバム
super nipops 2003年5月21日 7thオリジナルアルバム
機動戦士ガンダムSEED COMPLETE BEST 2004年1月15日 『機動戦士ガンダムSEED』コンピレーションアルバム
機動戦士ガンダムSEED ORIGINAL SOUNDTRACK IV 2004年12月16日 『機動戦士ガンダムSEED』サウンドトラック(『GUNDAM SEED Version』として収録)
石 〜Best of Best〜 2005年10月12日 1stベストアルバム
39 Anime×Music Collaboration '02-'07 2008年3月26日 コンピレーションアルバム
石弐 〜Best of Best〜 2015年3月25日 2ndベストアルバム
みずいろの雨 nipops 2003年4月23日 6thオリジナルアルバム (album mix)
super nipops 2003年5月21日 7thオリジナルアルバム (album mix)
COVER WHITE 男が女を歌うとき 2-WISH- 2012年10月10日 コンピレーションアルバム

脚注[編集]

  1. ^ 『super nipops』ライナーノーツより。
  2. ^ 石井竜也『詞解文書』(廣済堂出版)【RIVER SATURDAY】より。
  3. ^ 石井曰く、「大サビがないのはそのため」。
  4. ^ この曲を制作していた当時は石井自身も「精神的に苦しい状況」であり、「自分が抱え込んでいた現実の行き場のない苦しさを思えば思うほど、すんなりと体の中にタイトルが入ってこない。何か違う、そうじゃない、と心の中でもうひとりの自分が叫び、あれこれと言葉を探しているうちに「RIVER」にたどり着いた」と『詞解文書』【RIVER SUNDAY】にて綴っている。
  5. ^ ただし、所属レコード会社であるSony Recordsの公式サイトで試聴用として公開しているこの曲のビデオクリップは別ヴァージョンであり、石井が暗い世相の中に放置されたブラウン管のテレビの中で歌い続ける映像である。

参考文献[編集]