nipops

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
nipops
石井竜也スタジオ・アルバム
リリース
録音 -
ジャンル J-POP
レーベル Sony Music Records
プロデュース -
チャート最高順位
石井竜也 年表
THEATER
2002年
nipops
2003年
super nipops
2003年
『nipops』収録のシングル
テンプレートを表示

nipops』(ニポップス)は、石井竜也の6枚目のアルバム2003年4月23日リリース。発売元はSony Music Records。なお、この項では同年5月21日の発売されたこのアルバムのアップグレード盤『super nipops』(スーパーニポップス)についても解説する。

概要[編集]

  • 「ニッポン人のニッポン人によるニッポン人のためのポップス」をテーマに展開してきた『nipops』シリーズのアルバム。オリジナル曲とカヴァー曲の複合構成。
  • 『nipops』は「日本のポップス」に由来する造語である。石井曰く、「『J-POP』ってなんか繕ってる感じがする」らしい。
  • 曲の再構築[1]にあたり、アレンジに気を使ったとのこと[2]

収録曲[編集]

  1. RIVER
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:渡辺善太郎
    14th、15thシングル。
  2. 異邦人
    (作詞・作曲:久保田早紀 / 編曲:渡辺善太郎)
    オリジナル:久保田早紀
    コンピレーションアルバム『COVER WHITE 男が女を歌うとき』にも収録されている。
  3. FRIENDS
    (作詞・作曲:石井竜也 編曲:渡辺善太郎)
    進路によって引き裂かれる友情関係を歌った曲。
  4. 悲しい色やね 
    (作詞:康珍化 / 作曲:林哲司 / 編曲:今井裕
    オリジナル:上田正樹
  5. 夢の迷い道で
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:光田健一
    13thシングル。
  6. みずいろの雨(album mix)
    (作詞:三浦徳子 / 作曲:八神純子 / 編曲:光田健一)
    オリジナル:八神純子
    14thシングル2曲目のアルバムヴァージョン。
  7. 君をのせて(nipops version)
    (作詞:宮崎駿 / 作曲:久石譲 / 編曲:光田健一)
    オリジナル:井上あずみ
    『super』未収録。12thシングルカップリング曲のアルバムヴァージョン。ヴァイオリンチェロが追加されている。
  8. 花MORE 嵐MORE
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:渡辺善太郎)
    ベストアルバム『石 〜Best of Best〜』にも収録されている。『super』のライナーノーツによると、「自分のコンサートの隠れた名曲としてファンの間でもずっと伝説になっていた幻の曲」とのこと。
  9. 浪漫飛行(nipops version)
    (作詞・作曲:米米CLUB / 編曲:今井裕)
    オリジナル:米米CLUB
    『super』未収録。
  10. シルエット・ロマンス
    (作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:渡辺善太郎)
    オリジナル:大橋純子
    13thシングルの2曲目。
  11. 風の街
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:光田健一)
    季節感のある楽曲を避けてきた[3]石井には珍しい「冬をイメージした」フォークっぽい曲。ちなみに歌詞の内容はノンフィクションとのこと[4]
  12. DOWN TOWN
    (作詞:伊藤銀次 / 作曲:山下達郎 / 編曲:コンダキヨト
    オリジナル:シュガー・ベイブ

super nipops[編集]

super nipops
石井竜也スタジオ・アルバム
リリース
録音 -
ジャンル J-POP
レーベル Sony Music Records
プロデュース -
チャート最高順位
石井竜也 年表
nipops
2003年
super nipops
2003年
(T.I.GRAND PROJECT名義)
2003年
テンプレートを表示

『nipops』シリーズの集大成として発表された2枚組アルバム。オリジナル、カヴァー各10曲を収録している。完全生産限定盤でシリアルナンバー入り3方背BOXにデジパック仕様のCD2枚組と石井本人によるライナーノーツ入りブックレットが付いていた。

収録曲[編集]

『nipops』収録曲についての解説は割愛。

Disc1 (ORIGINAL SONGS SIDE)[編集]

  1. この世のHEAVEN
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:光田健一)
    ベストアルバム『石 〜Best of Best〜』、『石弐 〜Best of Best〜』にも収録されている。ライナーノーツによると、この曲を作ったのは米米CLUBを解散して自分の活動を模索していた1998年頃であり、「自分の中では忘れられない」曲。
  2. 夢の迷い道で
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:光田健一)
  3. RIVER
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:渡辺善太郎)
  4. 誘惑の女
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:今井裕)
    ライナーノーツによると、「この曲ほど歌謡曲を意識した曲はなく、今回のような企画が無かったら一生お蔵入りになっていた曲かもしれない」とのこと。
  5. 風の街
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:光田健一)
  6. ハランバンジョウ
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:今井裕)
    この企画のために書き下ろした曲[5]
  7. 雨に流そう
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:コンダキヨト)
    雨にも降られ、「彼女にもフラれた」というフラれフラれな男の心情を描いた曲。
  8. 花MORE 嵐MORE
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:渡辺善太郎)
  9. FRIENDS
    (作詞・作曲:石井竜也 編曲:渡辺善太郎)
  10. 星空
    (作詞・作曲:石井竜也 編曲:渡辺善太郎)
    石井はライナーノーツにて、「完璧フェミニズムに彩られたスケコマシの歌で、この世界を歌わせたらちょっと自信がある」と綴っている。

Disc2 (COVER SONGS SIDE)[編集]

  1. 異邦人
    (作詞・作曲:久保田早紀 / 編曲:渡辺善太郎)
  2. 恋人も濡れる街角
    (作詞・作曲:桑田佳祐 / 編曲:渡辺善太郎)
    オリジナル:中村雅俊
  3. DOWN TOWN
    (作詞:伊藤銀次 / 作曲:山下達郎 / 編曲:コンダキヨト)
  4. シルエット・ロマンス
    (作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:渡辺善太郎)
  5. 京都慕情
    (作詞・作曲:The Ventures / 日本語詞:林春生 / 編曲:今井裕)
    オリジナル:渚ゆう子
  6. ハチのムサシは死んだのさ
    (作詞:内田良平 / 補作詞:むろふしチコ / 作曲:平田隆夫 / 編曲:コンダキヨト)
    オリジナル:平田隆夫とセルスターズ
    石井はライナーノーツにて「反体制的な曲に聞こえてくる」とこの曲を評している。
    曲の途中で出てくるラップはUMEによるもの。
  7. 人形の家
    (作詞:なかにし礼 / 作曲:川口真 / 編曲:渡辺善太郎)
    オリジナル:弘田三枝子
  8. 悲しい色やね
    (作詞:康珍化 / 作曲:林哲司 / 編曲:今井裕)
  9. みずいろの雨(album mix)
    (作詞:三浦徳子 / 作曲:八神純子 / 編曲:光田健一)
  10. 愛してる(nipops version)
    (作詞・作曲:米米CLUB / 編曲:光田健一)
    オリジナル:米米CLUB

脚注[編集]

  1. ^ 石井は主婦と生活社『SUPER popbeat』1号のインタビューにて、「改めて昔の曲を聞き返したり、思い浮かべてみると日本人って繊細でいいメロディをいっぱい作ってるんですよ。そういうものの再発見だったし、アルバムでやったことはその再構築ですね」と語っている。
  2. ^ 「歌謡曲感のある曲をあえて選んだから、そういった曲にそのままハマるポップなアレンジをしてしまうともろに歌謡曲みたいになってしまうから」とのこと。そのため、「今回はあえて歌謡曲のアレンジが上手い人はやめた」と『SUPER popbeat』にて語っている。
  3. ^ 「アーティスト側が聴き手側にイメージを植え付けるのがイヤ」とのこと。
  4. ^ 石井竜也『詞解文書』(廣済堂出版)【風の街】より。
  5. ^ ライナーノーツより。

参考文献[編集]

  • 主婦と生活社『SUPER popbeat』1号
  • 石井竜也『詞解文書』(廣済堂出版)