機動戦士ガンダムSEED DESTINY GENERATION of C.E.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

機動戦士ガンダムSEED DESTINY GENERATION of C.E.』(きどうせんしガンダム シードデスティニー ジェネレーション オブ コズミック・イラ)は、2005年8月25日バンダイから発売されたPlayStation 2用ゲームソフト。

概要[編集]

本作は、『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』といったC.E.(コズミック・イラ)世界を舞台とした「ガンダムシリーズ」を題材にしたシミュレーションRPGである。ゲームシステムは同社の『SDガンダム GGENERATION』に類似しているが、SD(スーパーディフォルメ)ではなく、リアル体型の機体が登場するのが特徴である。

中盤まではアニメの途中までのシナリオを再現し、デストロイガンダム戦(西ユーラシア政変(仮称))以降は、アニメの内容をベースにしたオリジナルシナリオが展開される。なお、開発段階でアニメ最終話までのシナリオが作られており、アニメ放映中に発売されたため結果的に最終話のネタバレされることとなった(ネオ・ジェネシスがアニメに先駆けて登場。ギルバート・デュランダルの地球へのネオ・ジェネシス使用、オーブによる地球連合ザフトの調停など)。

特徴[編集]

  •  開発が物語前半であったため、後半で登場したレジェンドガンダムインフィニットジャスティスガンダムドムトルーパーといった機体が登場しない。ただし、前半で既に情報が出ていたデスティニーガンダムストライクフリーダムガンダムは登場している。特に、デスティニーについてはアニメ本編では接近戦でしか使用しなかったパルマフィオキーナが中距離(射撃)攻撃となっており、本来の設定の一片が窺える。
  •  一度全ステージをクリアすると、特典として、入手したキャラクターがどのステージでも使用可能になる(例:シン・アスカを『機動戦士ガンダムSEED』ステージに出撃させる、ラウ・ル・クルーゼを『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』ステージに出撃させるなど)。また、ステージによっては2周目の特典として、隠し機体や隠しキャラが入手できる。
  •  中盤以降のオリジナルシナリオではザフトが勝利するルートも用意されており、原作では辛酸を嘗めさせられたシンがキラやラクスなど主要キャラを倒し、その場合死亡してしまい、そして勝ったザフト側がネオ・ジェネシスを地球に照射するという原作とは正反対の展開も用意された作品となっている。

外部リンク[編集]