マリュー・ラミアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マリュー・ラミアス (Murrue Ramius) は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』(以降、『SEED』)及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(以降、『SEED DESTINY』)に登場する架空の人物(三石琴乃)。

人物[編集]

物語開始当初は地球連合軍の女性士官で、階級は大尉。大西洋連邦のヘブンアイランド技術研究所では、技術士官としてPS装甲の開発に携わっていた。強襲機動特装艦アークエンジェルの副長[1]として、G兵器拝領のためにスペースコロニーヘリオポリスへの入港中にザフト軍の襲撃に遭遇し、なしくずし的に同艦の事実上の艦長[1]を務めることになる。基本的には情に厚く[1]、軍人として冷徹さが要求される状況においても情を優先する傾向があるため、軍務の遂行を最優先とする副長兼兵器管制担当のナタル・バジルールとは対立が絶えなかった。しかし、アークエンジェルに乗り合わせた地球連合軍エースパイロットのムウ・ラ・フラガとは、恋人同士となる[5]

作中には、『SEED』のオープニングアニメーションで描かれる裸体[注 2]をはじめマリューが巨乳であることを示唆する描写が数多く盛り込まれている[注 3]ため、ガンダムシリーズの生みの親である富野由悠季にも「あんなおっぱい大きな美人なネーちゃんが艦長なんてありえない」と苦言を呈されている。ただし、身体能力についてはナチュラルの割にかなり高く、ザフトの一般兵を撃退した経験を数多く持つうえ、『SEED DESTINY』ではラクス・クラインを狙って来襲したザフト軍とうかがえる暗殺部隊とも対等以上に戦っている。

経歴[編集]

機動戦士ガンダムSEED[編集]

ザフト軍のヘリオポリス襲撃の際にはアークエンジェルの副長を務めていたが、輸送中だったG兵器は自身の手で起動させたストライク以外の全機が奪取される。この戦闘により、アークエンジェルは艦長以下のブリッジ要員のほとんどを失ったため、マリューは多数の避難民を抱えた同艦の事実上の艦長を務めることになる。当初は軍事機密であるG兵器に触れたキラ・ヤマトたちを拘束するなど軍人としての行動をとるが、情の厚さから次第に理解を示し、彼らと共闘するようになる。その一方、ムウとは男女として惹かれ合っていく。

軍人としての本分よりも情に流される面からナタルと対立することも多かったが、彼女と補完し合うことで局面における的確な判断を下し、ザフト軍の執拗な追撃を凌ぎながらアークエンジェルをアラスカ基地まで辿り着かせる。ザフト軍によるアラスカ基地攻略戦の際には、自艦を含む多くの友軍を捨て駒にした連合軍に憤慨して艦ごと脱走し[5]オーブへ身を寄せる。

オーブ壊滅後は、オーブ残存勢力の戦艦クサナギやラクスらがザフト軍から奪取した戦艦エターナルと共闘し、連合軍とザフト軍のいずれにも属さない第3勢力「三隻同盟」の一翼をなした。

最終決戦の第二次ヤキン・ドゥーエ攻防戦では、ナタルが艦長を務めるドミニオンから発射されたローエングリンをムウが損傷したストライクでアークエンジェルの盾となって防いでくれたため、撃沈の危機を脱している。爆砕するストライクの姿を目の当たりにした悲しみから逆上してアークエンジェルのローエングリンを発射させ、ドミニオンを撃沈した[注 4]。その後はムウを失った悲しみに耐えながら最終決戦を戦い抜き、生還している。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY[編集]

先の戦争終結後はアンドリュー・バルトフェルドコジロー・マードックらと共にオーブへ亡命し、アスハ家の別宅にバルトフェルドやキラ、ラクスらと同居しながら、「マリア・ベルネス」の偽名でモルゲンレーテ社の造船課にエンジニアとして勤めていた[6]

とある深夜にラクスを狙ってきたザフト軍とうかがえる暗殺部隊の襲撃を受けるが、バルトフェルドやキラと共にこれを防ぐ。この事件をきっかけに、フリーダムカガリ・ユラ・アスハを連れ去ることに決めたキラと共に出航したアークエンジェルの艦長席に再び座り[7]、オーブを後にする。終わりの見えない戦局に苦悩する一方、再びアスラン・ザラと敵対することとなって悩むキラに対しては、母性的な優しさで幾度か励ました。

ベルリンでは、連合軍の士官ネオ・ロアノークとして生きていたムウを、アークエンジェルの捕虜とする。ネオとしての記憶しか持っていないムウの姿に悲しむ一方、アークエンジェルに残されていた彼のデータから、ムウ本人であることを確信する。その後、オーブでネオにスカイグラスパーを譲渡して解放するが、記憶に残るかすかな思い出のために戻って来た彼を受け入れ、行動を共にする。

タリア・グラディスが艦長を務めるミネルバとは、複数回交戦した。また、対面しての会話も行っている。

最終決戦のメサイア攻防戦では、かつてのストライクと同様にアカツキでアークエンジェルの盾となったことによってムウとしての記憶を取り戻したネオの姿に、喜びの涙を流す。激戦の末にミネルバを撃破して月面へ不時着していく同艦に敬礼し、戦場に戦闘停止の提案が出された後、ムウとして帰艦したネオとモニター越しに笑顔を向け合っている。『スペシャルエディション 完結編「自由の代償」』では、終戦後にムウやバルトフェルドと共に地球で暮らす姿が描かれた。

他作品での出演[編集]

詳細は省略するが、ほとんどの作品でマリューを演じる三石琴乃が演じてきた他作品の登場人物にちなんだネタ台詞が用意されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 後者は、ボディマス指数に定められた指標でも痩せすぎに相当するが、作中でそれが描写されたり言及されることはない。
  2. ^ 『SEED』のHDリマスター版では1クール目の該当部分がフレイ・アルスターの裸体へ差し替えられており、マリューの裸体が登場するのは2クール目以降となっている。なお、マリューの裸体は『SEED DESTINY』のHDリマスター版でも4クール目のオープニングアニメーションに用いられている。
  3. ^ 特にアークエンジェルでの指揮中には、艦体への被弾によってマリューの身体が揺さぶられた際に乳揺れが散見される。
  4. ^ なお、ストライクを爆砕させたローエングリンを発射したのはナタルではなくムルタ・アズラエルであったが、そのことを知るドミニオンの他クルーはアズラエルに反旗を翻したナタルの命令を受けて脱出艇で全員退艦するもプロヴィデンスによって艇ごと殺害されたため、マリューが真実を知ることはなかった。
  5. ^ 同番組には三石琴乃がイオリ・リン子役でレギュラー出演しているため、再現シーンのマリューも三石が演じている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d キャラクター(第1クール) - 機動戦士ガンダムSEED
  2. ^ キャラクター(第2クール) - 機動戦士ガンダムSEED
  3. ^ キャラクター(第3クール) - 機動戦士ガンダムSEED
  4. ^ 設定書「オーブ軍階級章」の「マリュー」の項による。
  5. ^ a b キャラクター(第4クール) - 機動戦士ガンダムSEED
  6. ^ キャラクター(第1クール) - 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  7. ^ キャラクター(第2クール) - 機動戦士ガンダムSEED DESTINY
  8. ^ 珍庵師匠 - ガンダムビルドファイターズ

関連項目[編集]