乳揺れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

乳揺れ(ちちゆれ)は、乳房が揺れること。主に女性のそれを指す。

思春期乳房の成長期(途中で初経を挟む前後約4年間)では、ステップ2(初経前後)でノーブラの場合は乳揺れが少し生じ始め、ステップ3(初経の1年以上後)でノーブラの場合は完全に乳揺れが生じるようになる。この時期の乳揺れは疼痛を伴ったり乳房の内部組織が伸びてしまう場合がある[1][2]

特にアニメビデオゲーム(以降、「ゲーム」)において、セクシーな女性キャラクターは巨乳に描かれることが多く、何らかの刺激に応じて物理法則を無視したような乳房の動きが描写される。刺激とは、立つ、座る、ジャンプするといった運動はもちろん、風に吹かれたり、銃を撃った衝撃なども含まれる。乳揺れはアニメのファンサービスとして広く見られるが、特にガイナックスによる多用が英語圏のアニメファンに強い印象を与えており、乳揺れを指す "Gainaxing" あるいは "Gainax Bounce" という言葉については、少なくとも1993年までさかのぼることができる[3][4][5]。また、英語圏のアニメファンの間ではガイナックスのOVAおたくのビデオ』の劇中アニメに登場するヒロイン「ミスティ・メイ」を乳揺れの単位として用いている。例えば、"One Misty May" で乳揺れ1回である[6]

ゲーム(特に3Dレンダリング)における乳揺れは、英語では "jiggle physics", "breast physics", あるいは "boob physics" と呼称される。初期の例としては、SNKの2D対戦型格闘ゲーム餓狼伝説』に登場する不知火舞が有名で、テクモの3D対戦型格闘ゲーム『デッド オア アライブ』が登場する女性キャラクターたちの乳揺れの多用で知られる。このように乳揺れは日本発祥の文化と言えるが、2010年代以降はCrytekアクションアドベンチャーゲームライズ:サン・オブ・ローマ』のような海外作品でも広く採用されるようになっている。しかし、それと同時にフェミニストの攻撃の対象となる機会も増えている[7][8]

なお、2016年現在では実在する女性タレントのニュース[9]や実写アダルトビデオのタイトル[10]などでも、形容の1つとして用いられている。

出典[編集]