コーディネイターとナチュラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コーディネイター(Coordinator)とナチュラル(Natural)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』および『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人種概念。

それぞれの名前の由来[編集]

「コーディネイター」とは「遺伝子を調整された」ということに由来する。それに対して遺伝子調整されていない通常の人類は「ナチュラル」と呼ばれるようになった。『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおける「コーディネイター」とは、「遺伝子調整によってあらかじめ強靱な肉体と優秀な頭脳を持った新人類[1]と定義される。

ただ、本来の「コーディネイター」とは「新たに生まれるであろう新人類と人類の架け橋となる調整者となるように」と、最初のコーディネイターのジョージ・グレンによって命名されたものであった[2]。その後のコーディネイター作出が高額な費用さえも躊躇せず、社会的な勝利を目的としたものであった[注 1]ため、能力格差や人種間の対立に発展していき、両者の間で確執が生じてゆく。

歴史[編集]

C.E.以前。度重なる宗教・民族的テロリズムはB・C兵器や放射性物質テロにまで踏み切り、その終息後は遺伝子汚染という爪痕を残した。特に健康な次世代を残せない人々は総人口の20%にも達し、彼らへの救済措置の為、本格的な遺伝子治療技術が解禁される[3]。これは両親となる男女の遺伝子をパッチワークのように無傷な部分で繋ぎ合わせ、受精卵に移植するこの技術は当初、遺伝子損傷を次世代に引き継がせない目的で行われていたものであり[3]、CEにおける遺伝子疾患は根絶された[1]。同時に人類が種として行き詰っていた事と、将来的な後の宇宙進出を踏まえた場合、遺伝子の最適化措置はそれらを技術によって乗り越える手段として認識されるようになっていく[4]

こうした能力の強化を目的とした遺伝子操作技術にはその高額な費用から支配者階級が先ず飛びつき、自らの子孫をコーディネイターとして誕生させていく[5]。しかし、C.E.15年、人類初のコーディネイター、ジョージ・グレンが遺伝子操作による自らの出生を告白すると共に、全世界へネットワークを通じてコーディネイター技術を伝えた[5]。「彼らは自然に生まれた者達より、多くの力を持てる肉体と、多くの知識を得られる頭脳を持っている。そしてその創造者の意図は、我々人には、まだまだ可能性がある。それを最大限に引き出すことができれば、我等の行く道は、果てしなく広がるだろう」というものであった。しかし、遺伝子操作によって超人を造る技術であるコーディネイター技術は、世論から多くの反発を受けた[6]

C.E.16年、国連遺伝子資源開発会議にて、出生前の人間に対する遺伝子操作の一切を禁ずる「人類の遺伝子改変に関する議定書」が可決された。これにより、合法的にコーディネイターを誕生させることは不可能になったが、一部富裕層をはじめとする人々の欲望を制御しきることはできず、その後も多くのコーディネイターが違法に誕生し続けることになる[6]

C.E.30年のパレスチナ公会議の失敗により伝統宗教の権威が著しく失墜すると、「コーディネイター寛容論」や「遺伝子操作アレルギー論」が広まり、誕生するコーディネイターの数が増加していく[6]。当初、コーディネイター技術はその莫大な費用から富裕層を中心に恩恵を受けていたが、需要が増大するにつれコストダウンが起こり[5]、先進国の一般的な家庭であれば十分可能なレベルまでその敷居は引き下げられる[7] 。コーディネイターを誕生させることを目的とする企業まで現れ、C.E.45年にはその人口が1000万人を突破したとみられる。しかし、この頃より学術・スポーツ・芸術等の各方面でコーディネイターの成果により「ヒトとしての能力」に歴然の差がある事が大きく世界に示されてしまい、更にコーディネイター同士の子供にも能力が引き継がれる事も明らかになったため、ナチュラルのコーディネイターへの感情は徐々に悪化を始める。結果、各地で反コーディネイター感情が再発し、C.E.53年にはジョージ・グレン暗殺、翌年のS2インフルエンザの大流行がコーディネイターのジョージ・グレン暗殺報復とナチュラル殲滅作戦との噂が流れるとナチュラルの反コーディネイター感情は決定的なものとなった。この事態を受け、C.E.55年には再度コーディネイター出生の禁止を定めた「トリノ議定書」が採択された[6][注 2]

備考
元々遺伝子治療技術をルーツにしている[3]故にコズミック・イラにおいて同技術は一般化されたものであるが、ナチュラル社会においても治療目的の遺伝子操作は認められており、そういった治療を受けた人々はコーディネイターとはみなされていない[7]

能力差[編集]

コーディネイターは、肉体的に頑強かつ病気への耐性が高く、幼少期からナチュラルと比較し様々な物事を短期間で熟達する[7][注 3]。とはいえ、根本的にはナチュラルと同じ人間である。そのためナチュラルとの混血も可能[10]老衰、あるいは著しい損傷を身体に被った場合はもちろん死に至るが、その能力差は総じてナチュラルより高く、身体能力や学力が成人年齢に達するのもナチュラルのそれより約5年ほど早いとされる。年端の往かない彼らが陸海空軍海兵隊の役割を総合したザフト軍の厳しい訓練や任務に耐えられるのも、コーディネイターの優秀な能力ゆえとされている[11]。また、D.S.S.Dの一級管制官の資格試験には、コーディネイターはナチュラルのおよそ1/3の平均学習時間で合格できる[注 4]。こういったコーディネイターの知的能力、身体能力の優越性は、学業、労働、芸術、スポーツといった社会競争の場面で全体的傾向として彼らを勝利させるため、ナチュラルにとっては生活を脅かす脅威となっていった[11][注 5]

だが一方、コーディネイターでも技能的な側面では、適切な訓練や学習を行わなければ、その才能を完全に発揮することはできない[13]。また、能力や性格は育った環境に左右され[7]、母胎の不均一性などの原因から、すべてのコーディネイターの全能力が、出生前の遺伝子操作時に意図した通りに100%生まれてくる訳ではない[3]。そのため、個体差も存在する。他にも例外的な障害としてだが、出生後の生活環境や本人の生活習慣などの後天的理由で、視力などが低下する可能性もあれば、運動を怠れば肥満にもなる[5]。また、コーディネーター特有の身体能力の強化を受けなかった者も存在する[14]

複雑な操作が必要なモビルスーツ(以下MS)の操縦もナチュラルと比べれば短期間で習得することが可能で、一方ナチュラルは、その大多数が「ナチュラル用OS」が開発されるまでは満足に操縦を行えなかった。そのため、ザフト以外の勢力では戦闘用MSの実戦配備は遅れた。しかし、「ナチュラル用OS」完成後は一転してナチュラル陣営においてもMSが普及している。

備考
コズミック・イラにおいては例外的にコーディネイターに肉薄または圧倒するナチュラルの個体も存在し、『機動戦士ガンダムSEED』のラウ・ル・クルーゼや『SEED MSV』のモーガン・シュバリエは超人的な空間認識能力を保有している。また、アニメーション『機動戦士ガンダムSEED』第1話や『機動戦士ガンダムSEED Destiny』13話ではアークエンジェル艦長マリュー・ラミアスが、ザフトの部隊と交戦し勝利するシーンが存在した。
『機動戦士ガンダムSEED』第27話、エリカ・シモンズのセリフ「基本的に、コーディネイターの能力がナチュラルのそれを上回るのは、避けがたい事実であり、インターフェイスの性能が同じならば、彼らのほうが機体のポテンシャルをより有効に引き出すことができるのは、明々白々なことである」と述べていたが、公式外伝である『ASTRAY』シリーズなどでは、ナチュラルも戦闘目的以外の複雑な動きでなければ「コーディネイター用OS」搭載MSを扱えるだけでなく、技量の高いナチュラルならば戦闘も行えることが描写されている。

遺伝子調整の結果としての諸問題[編集]

遺伝子操作を受けたナチュラルの受精卵から誕生した者を第一世代コーディネイター、第一世代の親から産まれたコーディネイターを第二世代と呼び、以降はそれに続く。第一世代同士の両親から生まれた第二世代にも同様の措置が取られコーディネイターの能力が継承されている[15]のだが、遺伝子配列が個別に複雑化した結果、受精が成立しない組み合わせの存在が発覚する。遺伝子の型が組み合わない者同士での出産は不可能となり、世代が進むにつれて型が複雑化し、第三世代の出生率の低下は現行の深刻な問題になっている。そのため、プラントでは誕生時の遺伝子から適合性を見出しての婚姻統制を取り[16]、技術開発によってこの問題を解決する研究を行っている[17]

また、遺伝子の病(コーディネイターの病)は遺伝子の原因が判らないと治療ができない問題点も存在する[注 6]

遺伝子調整によって、知能や身体能力だけでなく、髪の色肌の色目の色身長等、外見のデザインも可能となった[19]ものの、母体の影響か遺伝子の組み合わせによるものなのかは不明だが[19]、デザイン通りに生まれてこない例が少なくない。そのため希望通りの外見に生まれてこなかったからと言う理由で親権を放棄してしまうケースが多々ある[注 7]。時には盲目[注 8]など、身体的不具合を持って誕生する者もいる。

備考
これらの問題点からシーゲル・クラインは「コーディネイターは決して完全無欠ではない」とコーディネイター優生論を戒めていたが、パトリック・ザラは「科学技術の進歩でこの問題も何時か必ず解決する」と主張していた。

ハーフコーディネイター[編集]

生物学上では両者は共にホモ・サピエンスとして分類される。よって双方による次世代の誕生(混血)は可能。現時点での総数は双方より少ない彼らは「ハーフコーディネイター」と呼ばれることが多い。ただし、ナチュラルと混血を繰り返す度にコーディネイターとしての能力は薄まるため、自身がコーディネイターである事にアイデンティティを持つ者や、プラント国内ではタブー視されている[10][注 9]

穏健派のプラント最高評議会議長シーゲル・クラインは「自立して存続しうる新たな種ではない」と、先細る運命にあるコーディネイターの未来を危惧し、上記の出生率の問題に対する解決策として両種を結ばせ、ナチュラルへ回帰(ナチュラル回帰論)させることを考えていた。秘密裏にコーディネイターの一部を南米へ移住させ、「ナチュラル帰り」を実施している[10]

スーパーコーディネイター[編集]

コロニーメンデルにおいて、ユーレン・ヒビキが「人工子宮」を用いて胎児を発育させた「最高のコーディネイター」を、「スーパーコーディネイター」と呼ぶ。

事の発端は、コーディネイター作出のための受精卵へのジェネティックエンハンスメントにおいて、クライアント(親)のオーダーに基づき技術者のデザインした塩基配列(遺伝子型)どおりの形質(表現型)がの生育過程で発現しない例が少なからずあったことによる[3]。例えば、青い瞳になるよう塩基配列をデザインしたのに青い瞳の胎児として発生発達せず、金髪になるようデザインしたのに金髪の胎児に育たない、などである。ヒビキ博士は、これらの現象を、生物である「母胎」という“装置”が不均質であり、それが様々な変数となって胚の生育に影響を及ぼすからだと考えた。そこで彼は、胚が母胎からの余計な影響を受けない「人工子宮」を開発し、それを用いて受精卵を発育させ、完全にクライアントのオーダー通りの形質発現を達成したコーディネイターを誕生させられるように研究をしていた[3]

しかし、いつしかユーレンは自身の子供を身体、頭脳共に極限まで高めた生命体[20]「スーパーコーディネイター」を生み出そうとしていた。人工子宮という装置の機器としての完成度や諸々の問題は依然としてあり、満足のいく個体を誕生させる歩留まりは非常に低かった。ユーレンは研究者としての執念から、妻であるヴィアの反対を押し切り、幾多の失敗例の山を築いたうえで、唯一の成功例として妻が受胎した二卵性双子の子供の内、息子(キラ・ヒビキ、後に妹夫妻に引き取られてヤマト姓となったキラ・ヤマト)をスーパーコーディネイターとして誕生させた。

遺伝子研究の権威でもあるプラント最高評議会議長ギルバート・デュランダルは「当代誰も敵わないキラのやるべき道はモビルスーツパイロット」だと評価し、失敗作の烙印を押されたがカナード・パルスもユーラシア連邦にスーパーコーディネイターとして能力を買われている[注 10]

戦闘用コーディネイター[編集]

プラント理事国の軍部(後の地球連合軍)が兵器として開発した戦闘に特化した遺伝子調整がなされたコーディネイターである。

その一つがブルーコスモス台頭以前に作られたソキウスシリーズシリーズであり、服従遺伝子によって心理コントロールが施されているため、「ナチュラルのためになること」を最優先とされている。そのため、ソキウス個人の意思にかかわらずナチュラルに対する行動が抑制されており、一般のナチュラルは無論、ナチュラルに危害を加えたり利益にならない相手でもナチュラルであれば、攻撃や妨害などの行動はできない[22][注 11]。ザフト設立以前から存在していたが、地球連合設立において台頭したブルーコスモスにより、戦闘用コーディネーターの開発、運用は中止され、戦闘用コーディネーターと同レベルに強化したナチュラルであるブーステッドマンやエクステンデットにとって替わられることになる[22]。結果、ごく一部を除き、地球連合が保有していた戦闘用コーディネーターの大半は処分された。

各国の状況[編集]

集計時期は定かでは無いが、コーディネイターの総人口は地球・宇宙圏を含めて5億人とされる。うち6000万人はプラント在住者で、それ以外の詳細な分布は明らかにされていない[3]。CE55年には既に多くのコーディネイターは宇宙とプラントに生活の場を移しているとされる[3]

プラント
第一世代の親および大西洋連邦のオーブ侵攻後のオーブからの亡命者とその家族を除き、ナチュラルはほとんどいない。国民、コーディネイターは15歳が成人年齢であり、17歳から18歳で官僚や閣僚の役職をこなす者も珍しくない。兵役に出るのも10代が通常である。また、オーブからの亡命者もスカンジナビア王国に移住した人も大勢いる。
地球連合
地球L1及びL3宙域のコロニーに居住している人類の大半がナチュラルであるが、プラントが実効支配しているL5宙域ではナチュラルとコーディネイターが居住しているコロニーが混在している。
コーディネイターを嫌悪するブルーコスモスおよびその後援組織であるロゴスは戦況における能力差を埋めるため、ブーステッドマンやエクステンデッドと呼ばれる精神操作や薬物などの非人道的な方法によって精神と肉体を強化した強化人間を作り出している。ブルーコスモス台頭以前は「ソキウス」と呼ばれる戦闘能力に突出したコーディネイターを開発、実戦投入していた。また、地球連合軍に所属しているのはすべてがナチュラルというわけではなく、ごく少数だがコーディネイターも所属している。
オーブ連合首長国
数少ない中立国であり大半の国民はナチュラルであるがコーディネイターも受け入れている。中には正体を隠遁している「潜在コーディネイター」が存在する。エリカ・シモンズは、夫にはコーディネイターであることを告白しているが、幼少期の差別から息子や職場の人間に隠して生活している。大西洋連邦に侵攻された際はシンを始め多くのコーディネイターおよびその家族や親戚のナチュラルがプラントやスカンジナビア王国へ避難や移住した。
ジャンク屋組合他
数少ない中立国・中立組織である。『ASTRAY』劇中において、ブルーコスモス(‘聖なる大地‘を含む)などの一部狂信的グループを除き、コーディネイターとナチュラルの間に特に対立構図は見られない。
L4コロニー
詳細は不明だが、この地点にはコーディネイター、ナチュラル双方の中立コロニーが点在するとされている[23]
火星圏
火星に入植する為、職業や役割に合わせて調整されたコーディネイターが数多く居住している。

カーボンヒューマン[編集]

機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY』に登場する改造人間。「ライブラリアン」が構成員として製造している。人間の新陳代謝を利用し、特定の人間に再現したい人物の遺伝子情報を取り入れたレトロウイルスを投与して遺伝子を書き換え、同時に記憶をコピー(場合によっては脳内物質の投与も行う)して任意の人間を再現する[24]。製造完了までには半年ほどの時間がかかり、再現度を高めるためにはコピー元に近い素養や年齢を持った人間をベースに改造する必要がある[24]。ただし、人間の生理学的な差異から完全な再現に至らず、性格が変化してしまう事もある[24]

カーボンヒューマンのほとんどが死んだ人物を再現したものであるが、ND-HE(エヌディ・ヒィ)のように生存する人物の成長期をそのまま再現したケースもある。

劇中に登場したカーボンヒューマンは次の通り。

製作エピソード[編集]

設定を担当した森田繁によれば、コーディネイターの設定を発案したのは『機動戦士ガンダムSEED』放送当時にMBSでプロデューサーを務めていた竹田青滋だという。森田はインタビューにおいて、プラントと地球との対立構図だけではなく、人間の差別意識や階級意識を扱う舞台装置としてコーディネイターの設定画作られていったと語っている[8]。また、初期の案ではコーディネイターが地球外生命体とファーストコンタクトを行うというものもあったと語っている[8]。尚、森田はコーディネイターのイメージソースとして、ラリー・ニーヴンのSF小説『神の目の小さな塵英語版』に存在するミディエーターをオマージュしたものだと語っている[8]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』第43話におけるラウ・ル・クルーゼの説明による。
  2. ^ こういった経緯が元で両者の対立は根深いものがあり、一般人感覚ですら互いの絶滅を望む思想が蔓延しつつある。尤もそういった思想を持たない人物も多く存在し、彼らは能力差などに関しては達観したものがあり、特に気にせず対等に接する。
  3. ^ 病への耐性に関する見解は揺れがあり、特殊設定を担当した森田繁は将来的にコーディネイターが地球外生命体とコンタクトした場合を踏まえ、「宇宙への環境に適応するため、未知の病原菌に対する耐性が必要」という見解を示している[8]。一方で、プロデューサーを務めた竹田青滋は貧血を誘引する要素とマラリアへの耐性という正負の側面を持つ鎌状赤血球を例に出しつつ、「遺伝子操作を続ければ多様性を失い、薬物耐性を持った突然変異のウィルスによって全滅する危険性がある」という見解を示している[9]
  4. ^ 『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』、エドモンド・デュクロのセリフによる。
  5. ^ コズミックイラの優生学であるともいわれるデスティニープランについても、プラントのコーディネイターたちからは自分たちに有利な制度であるがゆえに反対意見が少なかったという[12]
  6. ^ そのため、プラントの政治家には適合する遺伝子を持つ人間を被験体として確保し、その臓器を遺伝子病の患者に移植する者も現れている[18]
  7. ^ コーディネイターを作ろうとすると莫大なコストがかかるが、デザイン通りに生まれなかったという理由で引き取られなかった子供は、無料同然で兵士養成機関「サーカス」に引き取られている
  8. ^ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』に登場するリーカ・シェダー
  9. ^ シリーズで登場したハーフコーディネイターはジスト・エルウェス等。
  10. ^ 『SEED ASTRAY』の著者である千葉智宏は、森田繁の「叢雲劾はどのようなキャラか」との質問に「SEED世界で一番強いキャラ」と回答したが、それに対して森田繁は「キラより強いのはありえない」と述べている[21]
  11. ^ ただし、「機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY」に登場するフィーニス・ソキウスは例外として服従遺伝子を組み込まれていない。

出典[編集]

  1. ^ a b 「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 上巻」メディアワークス 2004年10月15日初版発行 2-3頁、70頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  2. ^ ときた洸一機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』第3巻 角川書店 2004年2月 76頁。(ISBN 978-4047136021)
  3. ^ a b c d e f g h 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社 2012年11月28日初版発行 230-233頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  4. ^ モデルグラフィックス」2003年8月号 大日本絵画 森田繁インタビュー
  5. ^ a b c d 千葉智宏「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 1」角川スニーカー文庫 2003年9月1日初版発行 142-145頁。(ISBN 4-04-429701-0)
  6. ^ a b c d 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社 2012年11月28日初版発行 214-221頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  7. ^ a b c d 「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.1」講談社 2003年2月17日初版発行 28-29頁。(ISBN 4-06-334678-1)
  8. ^ a b c d 『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』双葉社 2012年11月28日初版発行 276-280頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  9. ^ 後藤リウ「機動戦士ガンダムSEED 2 砂漠の虎」角川スニーカー文庫 280-281頁。(ISBN 4-04-429102-0)
  10. ^ a b c 千葉智宏「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 1」角川スニーカー文庫 2003年9月1日初版発行 148-150頁。(ISBN 4-04-429701-0)
  11. ^ a b 「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻」メディアワークス 2007年10月20日初版発行 66-72頁。(ISBN 978-4-8402-4058-1)
  12. ^ 「電撃データコレクション機動戦士ガンダムSEED DESTINY 下巻」メディアワークス 2007年11月15日初版発行 71頁。(ISBN 978-4840240871)
  13. ^ 千葉智宏「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 2」角川スニーカー文庫 2004年7月1日初版発行 60-61頁。(ISBN 4-04-429703-7)
  14. ^ 千葉智宏「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 1」角川スニーカー文庫 2003年9月1日初版発行 43頁。(ISBN 4-04-429701-0)
  15. ^ 機動戦士ガンダムSEED FESTIVAL 公式パンフレット
  16. ^ 『アニメコミックス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 9』講談社、2005年9月、193頁。(ISBN 978-4063102116)
  17. ^ 『アニメディア』2005年11月号、学研プラス、9頁。設定担当・森田繁が語る所による。
  18. ^ 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上巻 真実を求める者』メディアワークス、2006年7月15日初版発行、192-193頁。(ISBN 4-8402-3473-6)
  19. ^ a b 千葉智宏『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 1』角川スニーカー文庫、2005年7月1日初版発行、131-135頁。(ISBN 4-04-471701-X)
  20. ^ 『機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア』一迅社 2008年7月1日初版発行 126頁。(ISBN 978-4-7580-1108-2)
  21. ^ ASTRAYなブログ 2006年3月より。
  22. ^ a b 千葉智宏「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 1」角川スニーカー文庫 2003年9月1日初版発行 192-200頁。(ISBN 4-04-429701-0)
  23. ^ 後藤リウ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 怒れる瞳」角川スニーカー文庫 2005年3月1日初版発行 27頁。(ISBN 4-04-429108-X)
  24. ^ a b c 『機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY Vol.2』メディアワークス、2011年11月、49頁。(ISBN 978-4048702966)

関連項目[編集]