アビスガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アビスガンダム(ABYSS GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。スペースコロニー国家「プラント」の軍事組織「ザフト」が開発した試作機群「セカンドステージシリーズ」に属する機体。多彩な火器に加え、両肩のシールドで上半身を覆った水中航行形態に変形する可変MS。劇中冒頭で地球連合軍第81機動群「ファントムペイン」に強奪され、強化人間「エクステンデッド(生体CPU)」の一人「アウル・ニーダ」の搭乗機となる。「アビス」は英語で「深淵」を意味する。

メカニックデザイン大河原邦男

機体解説[編集]

諸元
アビス
Abyss
型式番号 ZGMF-X31S
RGX-02(連合側ナンバー)
分類 マシンタイプ:ガンダム[要出典]
全高 17.84m
重量 92.39t
装甲材質 ヴァリアブルフェイズシフト装甲
動力源 バッテリー(パワーエクステンダー搭載[1])
武装 MMI-GAU1717 12.5mmCIWS
MMI-GAU25A 20mmCIWS×2
MGX-2235 カリドゥス複相ビーム砲
MA-X223E 3連装ビーム砲×2
MMI-TT101Mk9 高速誘導魚雷×4
M68 連装砲×2
M107 バラエーナ改2連装ビーム砲
MX-RQB516 ビームランス
搭乗者 アウル・ニーダ
マーレ・ストロード

フォビドゥンブルーなど地球連合軍の水中戦用MSの対抗兵器として開発された、セカンドステージシリーズに属する機体。潜水艇型のモビルアーマー (MA) への変形機構を持つ可変MS[2]。型式番号の「3」は水中戦タイプを意味する[3]

それ以前のザフト製水陸両用MSにはグーンゾノが存在するが、アビスは宇宙戦闘に対応し、さらなる汎用性を獲得[4]。MS形態では各種火器の採用により、高水準の砲撃戦機体として機能する[4]。また、他のセカンドステージ機体同様に、フリーダムやジャスティスらファーストステージの基本性能を踏襲[5]。本体の構造もあり、水陸両用機故の陸戦能力の低下は克服された[4]。MA形態に変形した際は水の抵抗を抑えるフォルムによって水中での高速移動が可能となり、対艦戦闘において効果を発揮する[4]。また、本体出力はセカンドステージシリーズ5体中で最大を誇り、重武装の機体を支える高いパワーを持つ[6]。バッテリー部にはパワーエクステンダーを導入[1]デュートリオンビーム送電システムも採用されており、戦闘時間の延長が可能となっている[7]。水中戦を主体とする機体であるため、VPS装甲は対水圧に適した設定値となっている[8]

武装[編集]

MMI-GAU1717 12.5mmCIWS
頭部ブレードアンテナ上部に装備された近接防御火器[2]
用いられている12.5mm弾丸はザフトではポピュラーなものとなる[2]
MMI-GAU25A 20mmCIWS
セカンドシリーズ共通の近接防御火器。肩部に2門を内蔵する。
MGX-2235 カリドゥス複相ビーム砲
胸部内蔵の大出力ビーム砲。本機最強の装備であり、地上・宇宙を問わず使用可能[4]
GAT-X103イージスやX131カラミティに搭載された「580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」」に類似する兵装[6]
M107 バラエーナ改2連装ビーム砲
背部の可動式2連装ビーム砲塔。フリーダムに採用された「M100」のデュートリオンシステム対応仕様[2]だが、威力はより強化されている[6]。ビーム兵器であるため減衰により水中戦では使用出来ないが、水上戦や浅水域からの対空攻撃に威力を発揮する[4]。MA形態時は砲身が転回し、砲門が前方を向く形をとる。射角に難があるものの、MS形態においても使用可能[2]
MX-RQB516 ビームランス
ビーム刃と実体刃を複合装備させた槍状装備。柄部分でビームサーベル等を受け止める事が可能となっている[注 1]。水中で使用可能な格闘兵装として実体剣部を先端に備え[4]、水中であっても地上と同様に槍としての使用を可能とする。槍の反対側にある突起は打突用のもの[2]。MA形態時は実体剣部分が機体最前部に来る形で機体下部にマウントされるため、衝角として機能する[4]。また、右突きにも鋭利な打突用のスピアを備えている[2]。アビスに搭乗したアウル・ニーダはこの装備を愛好していた[2]
MMI-TT101Mk9 高速誘導魚雷
MA時の主兵装で両肩のシールドに内蔵されている。発射口は左右合わせて4門あり、水中戦においては主兵装となる[2]
魚雷は回転射出式で安定性が高く、自動追尾機能を有する[4]
MA-X223E 3連装ビーム砲
両肩シールド裏面に内蔵されたビーム砲。攻撃範囲が広く、拠点攻撃に使用できる[4]
M68 連装砲
両肩シールドに装備される武装で砲門数は計4。実弾兵器として炸裂式の砲弾を装填しており威力は高い[2]。水中でも使用可能となっている。MA形態時には変形機構上、砲門が進行方向と逆の真後ろに来る。アニメ第16話では後方の敵機に対して発射するという用い方もなされた。
両肩部シールド
MA-X223E 3連装ビーム砲、M68 連装砲と共に、外装にヴァリアブルフェイズシフト装甲と対ビームコーティングを施した[9]攻防一体の盾。MA形態時は、頭部を覆う形でユニットを密着させる事で水流抵抗減免のためのフェアリングとして機能する[3]
尚、あくまでもアビスのパーツの一部という位置付けで、装備としての固有の名称はない。

劇中での活躍[編集]

アーモリーワンにおいて、地球連合軍ファントムペインカオスガイアと共に強奪され、以降は奪取時のパイロットであったアウル・ニーダの搭乗機となり、強奪した2機と共にミネルバを追撃した。

地球上では、水中戦において無類の強さを発揮し、インド洋での戦闘では、ミネルバに随伴していた潜水母艦ニーラゴンゴを撃沈した。ダーダネルス海峡の戦闘では、損傷したミネルバに水中から迫ったが、戦闘に介入したフリーダムによりレールガンで推進器を破壊され、戦線を離脱した。クレタ島沖の戦闘ではシン・アスカ駆るブラストインパルスと交戦し、水中から飛び出した際に放った3連装ビーム砲によってブラストシルエットを大破させたが、ビームが命中した瞬間、ブラストシルエットを分離した事で直撃を免れていたため、その直後にインパルスが手にしていたビームジャベリンの投擲による反撃を受けアビスはコクピットを貫かれ撃墜し、海中で爆散。パイロットのアウルも戦死した。

デュートリオンビーム送電システムは一度も使うことなく終わった。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』において、アーモリーワンでの運用テスト期のエピソードが描かれ、そこではマーレ・ストロードがテストパイロットを務め、正式パイロットに選ばれていた。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ アニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第2話作中においてザクファントムのビームトマホークを防御した。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『マスターグレード 1/100 ストライクルージュ オオトリ装備 Ver.RM』バンダイ、2013年9月発売、組立説明書。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『1/144 ハイグレード アビスガンダム』バンダイ、2005年4月発売、組立説明書。
  3. ^ a b 『モビルスーツインアクション アビスガンダム』バンダイ、2004年12月発売、付属データカード。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、28-31頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  5. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、21頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  6. ^ a b c 『機動戦士ガンダムSEED&SEED DESTINY MOBILE SUIT FILE』講談社、2005年4月、50-51頁。(ISBN 978-4061791527)
  7. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社、2008年11月15日初版発行、36頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  8. ^ 『ガンダムパーフェクトファイル 第1号』ディアゴスティーニ・ジャパン、2011年10月11日、28頁。
  9. ^ 『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻』メディアワークス、2007年10月20日初版発行、30-31頁。(ISBN 978-4-8402-4058-1)

関連項目[編集]