ホモ・サピエンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホモ・サピエンス
Cees de steentijdman2.jpg
近世ヨーロッパのホモ・サピエンス・サピエンスの男性。ホモ・サピエンス・サピエンスは分類学上のホモ・サピエンスに属する唯一の現生人類であり、旧人類と区別する場合には狭義のヒトを指す。
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
地質時代
0.195–0 Ma
更新世中期–現在
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
下綱 : Placentalia
: サル目 Primates
亜目 : 直鼻猿亜目 Haplorrhini
下目 : Simiiformes
上科 : ヒト上科 Hominoidea
: ヒト科 Hominidae
亜科 : ヒト亜科 Homininae
: ヒト族 Hominini
亜族 : ヒト亜族 Hominina
: ヒト属 Homo
: ホモ・サピエンス
H. sapiens
亜種 : 以下の†はすでに絶滅
ホモ・サピエンス・イダルトゥ
ホモ・サピエンス・サピエンス
ホモ・ネアンデルターレンシス?
ホモ・ローデシエンシス?
デニソワ人?
馬鹿洞人?
学名
Homo sapiens リンネ , 1758

ホモ・サピエンス英語: Homo sapiensラテン語で「賢い人間」の意)は、現生人類が属する学名である。ヒト属で現存する唯一の種で、ネアンデルタール人などすでに絶滅した多くの旧人類も含む。

種の下位の亜種の分類では現生人類をホモ・サピエンス・サピエンスとすることで、彼らの祖先だと主張されてきたホモ・サピエンス・イダルトゥと区別している。創意工夫に長けて適応性の高いホモ・サピエンスは、これまで地球上で最も支配的な種として繁栄してきた。国際自然保護連合が作成する絶滅危惧種のレッドリストは、「軽度懸念」としている[1]

分類[編集]

「ホモ・サピエンス」の学名は、1758年カール・フォン・リンネが考案した[2]ラテン語名詞で「homō」は「人間」を意味する。

ホモ・サピエンスの亜種は、ホモ・サピエンス・イダルトゥと唯一現存するホモ・サピエンス・サピエンスを包有する。ネアンデルタール人も一亜種のホモ・サピエンス・ネアンデルターレンシスに分類する情報源があり[3][4]標本が発見されたホモ・ローデシエンシスも、いくつかで一亜種のホモ・サピエンス・ローデシエンシスに分類しているが、後の2つの亜種は科学者にあまり受け入れられていない。

起源[編集]

古人類学では、ホモ・サピエンスの起源でアフリカ単一起源説多地域進化説英語版の2つの仮説が長年激しく対立したが、現在はアフリカ単一起源説が主流である。更新世が始まる250万年前から現在まで、世界中の各地域で人類がそれぞれ独自に進化してきたとする多地域進化説は、ミルフォード・H・ウォルポフ英語版[5]が人類の進化を説明するため、1988年[6]に提唱した。

人類が共通の祖先を持つとする仮説は、1871年チャールズ・ダーウィンが著した『人間の由来英語版』の中で発表された。この説は古い標本に基づいた自然人類学上の証拠と近年のミトコンドリアDNAの研究の進展により、1980年代以降に立証された。遺伝的な証拠や化石の証拠によると、非現生人類のホモ・サピエンスは20万年前から10万年前にかけておもにアフリカで現生人類へ進化したのち、6万年前にアフリカを離れて長い歳月を経て世界各地へ広がり、先住のネアンデルタール人やホモ・エレクトスなどの初期人類集団との交代劇を繰り広げた。

現生人類すべての起源が東アフリカにあるとする説は、科学界でほぼ合意[7][8][9][10][11]されている。ネアンデルタール人のゲノムを解析した研究チームは、サハラ以南のアフリカ以外に起源を持つすべての現生人類は、ゲノムにネアンデルタール人のDNAが1パーセントから4パーセント含まれる、としている。この研究は同時に、ヒトとネアンデルタール人が古代の遺伝系統を共有する別の理由がある[12]可能性を指し示している。ケンブリッジ大学の科学者はこの結論に疑問を呈し、DNAの重複はネアンデルタール人と現生人類の双方の共通の祖先の名残り[13][14]、と仮定する研究結果を2012年8月に発表した。

進化[編集]

ヒト属チンパンジーの共通祖先が分岐したのはおよそ200万-1,000万年前、ホモ・サピエンスとホモ・エレクトスの共通祖先が分岐したのはおよそ20万-180万年前と見られている。

現生人類はホモ・サピエンス種である。そして、そのうち唯一現存する亜種はホモ・サピエンス・サピエンスとして知られる。他の既知の亜種であるホモ・サピエンス・イダルトゥはすでに絶滅している[15]。一時期、ホモ・ネアンデルターレンシスと呼ばれて亜種に分類されていたネアンデルタール人は3万年前に絶滅している。遺伝学研究は現生人類とネアンデルタール人の共通祖先がおよそ50万年前に分岐したことを示唆する[16]

現生人類の最も古い化石は、エチオピアオモ遺跡英語版から発見されたおよそ19万5,000年前のものとされて来たが、2004年にモロッコのJebel Irhoudの地層で発見された、頭蓋骨及びその同年代のもの思われる複数の石器がおよそ30万年前のものであると結論づけられ、2017年6月のNatureに発表された。分子生物学の研究結果からすべての現生人類がおよそ20万年前のアフリカ人祖先集団に由来するとした証拠が示されている[17][18][19][20][21]が、それより10万年ほども古い化石が発見されたことで、今後のさらなる研究が待たれる。アフリカ人の遺伝的多様性に関する広範な研究から、14の「祖先集団クラスター」に由来するサンプリングされた113の様々な集団のうち、サン人の遺伝的多様性が最も高いことが判明している。また、この研究報告は南西アフリカのナミビアアンゴラの沿岸境界近くが現生人類の移動の起点だとしている[22][23]

直近1万5000年のゲノムを解析した結果、ヒト個体群の自然淘汰が現在も作用を続けていることが判明している[24]

出典[編集]

  1. ^ a b Global Mammal Assessment Team (2008年). Homo sapiens. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2015年10月22日閲覧。
  2. ^ Linné, Carl von (1758). Systema naturæ. Regnum animale. (10 ed.). pp. 18, 20. http://www.biodiversitylibrary.org/item/80764#page/28/mode/1up 2015年10月22日閲覧。. 
  3. ^ Hublin, J. J. (2009). “The origin of Neandertals”. Proceedings of the National Academy of Sciences 106 (38): 16022–7. Bibcode 2009PNAS..10616022H. doi:10.1073/pnas.0904119106. JSTOR 40485013. PMC 2752594. PMID 19805257. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2752594. 
  4. ^ Harvati, K.; Frost, S.R.; McNulty, K.P. (2004). Neanderthal taxonomy reconsidered: implications of 3D primate models of intra- and interspecific differences. PMID 14745010. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/14745010/ 2015年10月22日閲覧。. 
  5. ^ Wolpoff, MH; Hawks, J; Caspari, R (2000). “Multiregional, not multiple origins”. Am J Phys Anthropol 112 (1): 129–36. doi:10.1002/(SICI)1096-8644(200005)112:1<129::AID-AJPA11>3.0.CO;2-K. PMID 10766948. http://www3.interscience.wiley.com/journal/71008905/abstract. 
  6. ^ Wolpoff, MH; JN Spuhler; FH Smith; J Radovcic; G Pope; DW Frayer; R Eckhardt; G Clark (1988). “Modern human origins”. Science 241 (4867): 772–4. doi:10.1126/science.3136545. PMID 3136545. http://www.sciencemag.org/cgi/pdf_extract/241/4867/772. 
  7. ^ Hua Liu, et al. A Geographically Explicit Genetic Model of Worldwide Human-Settlement History. The American Journal of Human Genetics, volume 79 (2006), pages 230–237, quote: Currently available genetic and archaeological evidence is generally interpreted as supportive of a recent single origin of modern humans in East Africa. However, this is where the near consensus on human settlement history ends, and considerable uncertainty clouds any more detailed aspect of human colonization history.
  8. ^ Out of Africa Revisited - 308 (5724): 921g - Science”. Sciencemag.org (2005年5月13日). doi:10.1126/science.308.5724.921g. 2015年10月22日閲覧。
  9. ^ Nature. “Access : Human evolution: Out of Ethiopia”. Nature. 2015年10月22日閲覧。
  10. ^ Origins of Modern Humans: Multiregional or Out of Africa?”. ActionBioscience. 2015年10月22日閲覧。
  11. ^ Modern Humans - Single Origin (Out of Africa) vs Multiregional”. Asa3.org. 2015年10月22日閲覧。
  12. ^ Green et al., RE; Krause, J; Briggs, AW; Maricic, T; Stenzel, U; Kircher, M; Patterson, N; Li, H et al. (2010). “A Draft Sequence of the Neandertal Genome”. Science (Science) 328 (5979): 710–22. doi:10.1126/science.1188021. PMID 20448178. http://www.sciencemag.org/cgi/content/full/328/5979/710. 
  13. ^ Study casts doubt on human-Neanderthal interbreeding theory, The Guardian, 2012年8月14日
  14. ^ Anders Eriksson and Andrea Manica Effect of ancient population structure on the degree of polymorphism shared between modern human populations and ancient hominins PNAS 2012 : 1200567109v1-201200567. 2015年10月22日閲覧
  15. ^ Human evolution: the fossil evidence in 3D, by Philip L. Walker and Edward H. Hagen, Dept. of Anthropology, University of California, Santa Barbara. 2005年4月5日
  16. ^ Green, R. E., Krause, J, Ptak, S. E., Briggs, A. W., Ronan, M. T., Simons, J. F. (2006). Analysis of one million base pairs of Neanderthal DNA. Nature. pp. 16, 330–336. http://www.nature.com/nature/journal/v444/n7117/abs/nature05336.html. 
  17. ^ nsf.gov - National Science Foundation (NSF) News - New Clues Add 40,000 Years to Age of Human Species - US National Science Foundation (NSF)
  18. ^ “Age of ancient humans reassessed”. BBC News. (2005年1月16日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/4269299.stm 2015年10月22日閲覧。 
  19. ^ The Oldest Homo Sapiens: – 2009年5月15日閲覧
  20. ^ Alemseged, Z., Coppens, Y., Geraads, D. (2002). “Hominid cranium from Homo: Description and taxonomy of Homo-323-1976-896”. Am J Phys Anthropol 117 (2): 103–12. doi:10.1002/ajpa.10032. PMID 11815945. 
  21. ^ Stoneking, Mark; Soodyall, Himla (1996). “Human evolution and the mitochondrial genome”. Current Opinion in Genetics & Development 6 (6): 731–6. doi:10.1016/S0959-437X(96)80028-1. 
  22. ^ Henn, Brenna; Gignoux, Christopher R.; Jobin, Matthew (2011). “Hunter-gatherer genomic diversity suggests a southern African origin for modern humans”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (National Academy of Sciences) 108 (13): 5154–62. doi:10.1073/pnas.1017511108. 
  23. ^ Gill, Victoria (2009年5月1日). “Africa's genetic secrets unlocked”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8027269.stm ; the results were published in the online edition of the journal Science.
  24. ^ Wade, N (2006年3月7日). “Still Evolving, Human Genes Tell New Story”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2006/03/07/science/07evolve.html 2015年10月22日閲覧。