トゥルカナ・ボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トゥルカナ・ボーイ
(ナリオコトメ・ボーイ)
Turkana Boy.jpg
標本番号 KNM-WT 15000
通称 トゥルカナ・ボーイ
(ナリオコトメ・ボーイ)
ホモ・エルガステルHomo ergaster)、あるいはホモ・エレクトスHomo erectus
年代 150万-160万年前
発見場所  ケニア トゥルカナ湖畔 ナリオコトメ川
発見日 1984年
発見者 カモヤ・キメウ英語版リチャード・リーキー
上記写真はアメリカ自然史博物館所蔵の複製。
テンプレートを表示

トゥルカナ・ボーイ(Turkana Boy)は、新生代第四紀更新世の時代に生息していたホモ・エルガステルホモ・エレクトス)の化石人骨ナリオコトメ・ボーイ(Nariokotome Boy)とも呼ばれる[1]。化石人骨としては稀少な、全身の骨格がほぼ揃った状態で発掘された例である。

発見[編集]

トゥルカナ・ボーイの実物。

1984年ケニアトゥルカナ湖西岸にあるナリオコトメ川の土手から、化石蒐集家のカモヤ・キメウと古人類学者のリチャード・リーキーによって発見された。生きていたのは150万-160万年前と推定されている[2]。両手や右上腕などを除くほぼ全身の骨が発掘され、身長は約160cmで、加えて骨の成熟具合から7-11歳の少年であったと見られている。の容積は1,000ccに満たなかったと推定されるが、体型的には現代人と遜色がないレベルに達している。

数多くのレプリカが製作されており、その一つは日本の国立科学博物館でも見ることができる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 河合 2010, p. 77.
  2. ^ KNM-WT 15000”. Smithsonian Institution. 2016年7月18日閲覧。

参考文献[編集]

  • 河合信和 『ヒトの進化七〇〇万年史』筑摩書房〈ちくま新書〉、2010年。ISBN 9784480065841 

関連項目[編集]