MOON & EARTH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MOON & EARTH
石井竜也スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル Sony Music Records
チャート最高順位
石井竜也 アルバム 年表
CHANDELIER
2009年
MOON & EARTH
2011年
HEARTS VOICES
2012年
『MOON & EARTH』収録のシングル
テンプレートを表示

MOON & EARTH』(ムーン アンド アース)は、石井竜也の16枚目のアルバム2011年3月9日リリース。発売元はSony Music Records

概要[編集]

石井竜也ソロとしては前作『CHANDELIER』から2年ぶりのアルバム。『EARTH SIDE』と『MOON SIDE』の2枚組。名前の由来はある番組で取り上げられていた『月と地球の関係性』[1]から来ている。 初回盤はシングル4曲のビデオクリップとショートムービー『笹sasabune舟』、2010年10月21日横浜アリーナで開催された25周年記念コンサート『NYLON CLUB GOLDEN CARNIVAL』とファンクラブ限定コンサート『HEARTS VOICE ROMANCE』のダイジェスト映像を収めたDVD付き。完全生産限定盤は2パターンあり、2枚組CDと初回盤のDVDに加え、石井デザインのオブジェ『ME』[2]がついているAタイプと『ME』が描かれたTシャツがついているBタイプがあった。

収録曲[編集]

Disc1 (EARTH SIDE)[編集]

  1. OCEAN DRIVE feat.K
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:シライシ紗トリ
    26thシングル。
  2. そういうもんさ
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO
    高須クリニックCMソング[3]
  3. 安らぎを求めて feat.伊藤由奈
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:西山勝
    『DRIVE & LOVE プロジェクト』オフィシャルキャンペーンソング。伊藤由奈とのコラボレーション。
  4. 蒼の思い出
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO)
  5. TEARS TOWN
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:中崎英也
  6. THE WAVE OF LOVE feat.ANRI
    (作詞・作曲:石井竜也、杏里 / 編曲:柿崎洋一郎
    27thシングル。
  7. 未知への道
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:中崎英也)
    26thシングル2曲目。
  8. 今を描こう
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:光田健一
  9. ARIGATO
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO)
    28thシングル2曲目。
  10. WALKING feat.PEABO BRYSON
    (作詞:石井竜也、こころ 作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO、西山勝)
    28thシングル。

Disc2 (MOON SIDE)[編集]

  1. 輪廻
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO)
    2010年9月20日薬師寺で行われた『TATUYA ISHII SPIRITUAL CONCERT 2010 輪廻秋月』[4]からのライヴ音源。冒頭の約3分間で流れているのは『イスタンブール回想』というインストゥルメンタルナンバーである[5]
  2. 夕焼け飛行船
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:中崎英也)
  3. 霧の中
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO)
  4. はなひとひら
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO)
    29thシングル。
  5. 命の球体
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:中崎英也)
  6. 逢いたい
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO)
    石井が敬愛していた伯父に捧げた曲。
  7. 安心の岸辺
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:光田健一)
  8. 二人の恋糸
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO)
    帯匠・山口源兵衛のものづくりに魅せられ、制作した曲[6]
  9. 緑の窓 (Album ver.)
    (作詞・作曲:石井竜也 / 編曲:TATOO、西山勝)
    26thシングルの3曲目のアルバムヴァージョン。
  10. 夕焼け飛行船 〜空虚〜
    (作曲:石井竜也 / 編曲:中崎英也)
    MOON SIDE 2曲目のインストアレンジヴァージョン。

DVD[編集]

MUSIC CLIPS[編集]

  1. OCEAN DRIVE feat.K
  2. THE WAVE OF LOVE feat.ANRI
  3. WALKING feat.PEABO BRYSON
    音源はショートヴァージョンである。
  4. はなひとひら
  5. 「笹sasabune舟」 短編映画作品
    ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2011話題賞受賞
    「はなひとひら」のイメージショートフィルムで石井は監督、演出、脚本を担当した。

TATUYA ISHII Live Digest 2010[編集]

  1. NYLON CLUB GOLDEN CARNIVAL & HEARTS VOICE ROMANCE

脚注[編集]

  1. ^ 石井はソニー・マガジンズ『PATi▽PATi』2011年4月号のインタビューにて「月と地球のような親密な関係ではなく、人は人との距離感をとるのが下手くそになってしまったのではないか。そういう時代になってしまったんじゃないかなと思うんです。」と語っている。
  2. ^ アルバムのコンセプトである『月と地球』をオブジェ化させたもの。これまでリリースした作品に付属していたオブジェにも言えることだが、より造詣が伝わるようにとあえて色を付けないようにしているとのこと。
  3. ^ 名古屋、大阪のみ。
  4. ^ DVD化もされている。
  5. ^ 『輪廻秋月』DVDより。
  6. ^ テレビ東京系『Crossroad』2014年10月4日放送分より

参考文献[編集]