YELL FROM NIPPON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

YELL FROM NIPPON(エール フロム ニッポン)は、2006FIFAワールドカップの開催をきっかけに「サッカーボールをアフリカエリトリア国をはじめとした世界中の子供たちに届けよう」というテーマで、ジャンルを超えた様々な人たちが1曲を歌い継ぐというプロジェクト。浜崎貴司を中心に2006年5月にリリースされたシングル「友情のエール」の売り上げ金は、サッカーボール購入費、運搬資金などに使われた。同年8月、YELL FROM NIPPON代表として浜崎貴司が購入したサッカーボールを届けにアフリカ・エリトリアに渡った。

作品[編集]

シングル「友情のエール」2006年5月31日Victor Sweetsterレーベル)

作詞:浜崎貴司
作曲:浜崎貴司、本間昭光
編曲:本間昭光
音楽プロデュース:浜崎貴司、本間昭光
ジャケットデザイン:日比野克彦

参加アーティスト[編集]

楽器などの担当[編集]

  • Drums:崎山龍男(スピッツ)
  • Bass:前田啓介(レミオロメン)
  • Electric Guitar:佐藤タイジ(THEATRE BROOK)
  • Acostic Guitar:佐野史郎・浜崎貴司
  • All other Instrumental:本間昭光(ポルノグラフィティのプロデューサー)
  • Synthsist:飯田高広
  • Violin:NAOTO
  • Other Words & Music:MCU、Diggy-MO'、MOOMIN、BOSE

関連サイト[編集]