WHITE MOON IN THE BLUE SKY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WHITE MOON IN THE BLUE SKY
石井竜也シングル
初出アルバム『H
B面 壮絶夜舞酒家 (souzetsu night club)
リリース
規格 8cm CD
ジャンル J-POP
レーベル ソニー・ミュージックレコーズ
チャート最高順位
石井竜也 シングル 年表
WHITE MOON IN THE BLUE SKY
1997年
リズム/帰ろう 〜you are my place〜(石井竜也 featuring NORA名義)
1998年
テンプレートを表示

WHITE MOON IN THE BLUE SKY」(ホワイトムーンインザブルースカイ)は、石井竜也の1stシングル1997年9月25日発売。発売元はSony Records(現ソニー・ミュージックレコーズ)。

解説[編集]

同年3月の米米CLUB解散後初となる石井竜也のシングル。石井にとってはソロデビューシングルとなる。

収録曲[編集]

  1. WHITE MOON IN THE BLUE SKY
    作詞・作曲:石井竜也 編曲:中崎英也
    JALリゾッチャCMソング
    「米米とは違うアプローチにしてより映像的な曲にした」という「石井の王道」[1]であり、バンド解散後の逃れようのない現実に悩まされながらもその現実と向き合い、理想を追って生き抜いていた時期の心境を反映させた「現実感を漂わせた」楽曲[2]
    ビデオクリップは閉ざされた空間で天使の研究をしている年老いた研究者を中心とした物語となっており、石井は1人3役[3]を演じている。
    また、ビデオ内にはCG、ワイヤーを使用した場面もあり、石井曰く「相当お金がかかった」[4]とのこと。
    アルバム『H』に収録されているものは金子隆博がアレンジした別バージョンで、アレンジがかなり異なっている。
  2. 壮絶夜舞酒家 (souzetsu night club)
    作詞・作曲:石井竜也 編曲:伊藤隆博
    ソロライブの定番曲で、米米CLUB時代で言う「Shake Hip!」のようなショーの起爆剤にあたる曲。
    クラブでの男女のケンカをハチャメチャに描いている。ちなみにこの曲の内容は実話とのこと[5]
  3. WHITE MOON IN THE BLUE SKY (MC ISHII BEAUTY KARAOKE LESSON TRACK)
    作詞・作曲:石井竜也 編曲:中崎英也
    表題曲のカラオケトラックだが、石井がボイストレーナーとしてカラオケレッスンをするという形式をとっている。

収録アルバム、PV集[編集]

曲名 収録アルバム/PV集 発売日 備考
WHITE MOON IN THE BLUE SKY H 1998年3月21日 1stオリジナルアルバム (金子隆博による別アレンジヴァージョン)
避暑地のラブ・ストーリー〜’98summer 1998年5月21日 コンピレーションアルバム
TATUYA ISHII CLIPS Vol.1 TROUBLEMAKER 1999年4月1日 ビデオクリップ集
DVD MAX JAPAN SMR II 2001年12月5日 コンピレーション・ビデオクリップ集
石 〜Best of Best〜 2005年10月12日 1stベストアルバム
LOVE 2012年9月5日 18thオリジナルアルバム 初回限定盤の付属DVDにPVとして収録
石弐 〜Best of Best〜 2015年3月25日 2ndベストアルバム
壮絶夜舞酒家 (souzetsu night club) 石 〜Best of Best〜 2005年10月12日 1stベストアルバム
石弐 〜Best of Best〜 2015年3月25日 2ndベストアルバム

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リクルート『ザッピィ』1997年10月号より。石井は同誌のインタビューにて「インパクトとか考えて目立つことやっても似合わないんだよね。挙句、米米のほうが良かったなんて思われたら最悪でしょ?じゃぁ米米の線でいったら何で解散したの?って言われるだろうし。」とも語っている。
  2. ^ 『詞解文書』【WHITE MOON IN THE BLUE SKY SATURDAY】より
  3. ^ 年老いた研究者、最終的に研究室から飛び立っていく天使の立像も石井が演じている。ちなみにこの研究者の特殊メイクを施すのに7時間、落とすのに7時間かかっているとのこと。
  4. ^ 特設サイトUNDER THE WHITE MOON(2012年8月3日閲覧)に掲載されている石井からのビデオメッセージより。
  5. ^ ソニー・マガジンズ『What's in?』1997年10月号に掲載されている石井のインタビュー記事によると、「23、4歳の頃、当時付き合っていた女の子とは別のコとディスコへ行ったら、偶然付き合っていた女と会ってしまい、いきなりカカトを蹴っ飛ばされた。振り返ってみたら、その彼女が息荒れまくりの状態で立っており、石井は蛇に睨まれたカエル状態」だったらしい。

参考文献[編集]

  • リクルート『ザッピィ』1997年10月号
  • ソニー・マガジンズ『What's in?』1997年10月号
  • 石井竜也『詞解文書』(廣済堂出版