間嶋里美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
まじま さとみ
間嶋 里美
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本新潟県糸魚川市
生年月日 (1955-04-22) 1955年4月22日(63歳)
事務所 フリー(最終)
配偶者 古谷徹同業者
活動
活動期間 1977年 - 1985年
デビュー作おれは鉄兵
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

間嶋 里美(まじま さとみ、1955年4月22日[1] - )は、日本の元女性声優

経歴[編集]

新潟県糸魚川市出身。高校時代は演劇部に所属し、県大会で優勝。1973年3月に高田女子高等学校(現・上越高等学校)を卒業[2]。卒業後は上京し、会社勤めをしながら夜間は川路夏子に師事して芝居を学ぶ。2年後に会社を退職して、スナックのアルバイトをしながら、青二プロの準所属となり、1977年放送の『おれは鉄兵』の第4話で声優デビュー[1]。その後、青二プロに正式に所属した[1]

1985年3月に『ストップ!! ひばりくん!』で共演したことがきっかけで声優の古谷徹と結婚[3]。結婚したら声優をやめてもらいたいという古谷の意向を受け入れ、これを機に声優業を引退[3][4][注 1]。古谷との間には1992年4月に一児をもうけた[4]

その後、スーパーロボット大戦シリーズで過去に演じたキャラクターの再演という限定で現役復帰した。

人物[編集]

夫である古谷とは、『機動戦士ガンダム』でミハル・ラトキエ役として出演した際に初めて知り合ったが、当時は、特別親しかったというわけでもなく、仕事仲間という意識だった[4]。酒も飲まずに仕事に一途な古谷に対しての、間嶋の第一印象は「つまんない男」だったと思っていた[4]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

OVA[編集]

1989年

劇場アニメ[編集]

1981年

1982年

1983年

1984年

ゲーム[編集]

2001年

2004年

2006年

2008年

2011年

2012年

  • 第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇(竹尾ワッ太)

2014年

2015年

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 両者と共演した声優の井上瑤は間嶋の引退を惜しみ、「(古谷)徹の方が引退すべきじゃない?」と言ったという[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「'82年に大きくはばたくホープ3 スロースターターの実力派 間嶋里美」『アニメージュ1982年2月号、徳間書店、p.168。
  2. ^ 「VOICE TOPICS 卒業 間嶋里美」『アニメージュ』1982年4月号、p.151
  3. ^ a b 「古谷徹さん 間嶋里美さん ストップ!!独身くん!」『アニメディア』1985年6月号、学習研究社、pp.122-123.
  4. ^ a b c d 古谷徹「第四章 「できないと思っているのは自分だけだ」---"アニキ"との別れ、そして再婚 里美との再婚と待望の第一子の誕生」『ヒーローの声 飛雄馬とアムロと僕の声優人生』角川書店、2009年7月25日、ISBN 978-4-04-715275-5、141-142・145頁。
  5. ^ 映画秘宝』関係者の中にいたガンダム野郎編「第4章 脱出 そして、ディープ・ガンダムの世界へ セイラ・マス役井上瑤INTERVIEW 「いつだって希望は若い命の中にあるから」」『ガンダム・エイジ ガンプラ世代のためのガンダム読本』洋泉社、1999年4月9日、ISBN 4-89691-379-5、202頁。
  6. ^ ゴールドライタン”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  7. ^ 戦国魔神ゴーショーグン”. メディア芸術データベース. 2017年2月5日閲覧。
  8. ^ 愛してナイト”. メディア芸術データベース. 2016年11月4日閲覧。
  9. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。