ジョニー・ブラボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジョニー・ブラボー(Johnny Bravo)とは、アメリカテレビアニメシリーズの主人公、及びタイトルである。カートゥーン ネットワークで放送された。


あらすじ[編集]

主人公のジョニー・ブラボーは、自分を最高にハンサムでたくましく、女にモテると思い込んでいるナルシストな男性だが、実際は間抜けでドジで、マザコンで、全くモテない。この物語は、そんな彼の活躍を描いた、ドタバタコメディーアニメである。

キャラクター[編集]

声優の表記は(原語版/日本語版)とする。

ジョニー・ブラボー(Johnny Bravo)[編集]

声 - ジェフ・ベネット/成田剣
本作の主人公で、マッチョボディと金髪リーゼント、サングラスが特徴的な大男。年齢は20代と思われる。誕生日は2月14日ビーフジャーキー(筋骨隆々とした男性のセミヌード写真を意味する「ビーフケーキ」をもじった設定)とナチョス(単数形は「ナチョ」であり、男性らしい逞しさを意味するマッチョに掛けている)が好物。
ナルシストで、自分はエルビス・プレスリーのような語り、ジェームス・ディーンにうりふたつのルックス、世界中のいい男をかき集めて足して割ったようないい男だ、と思い込んでいる。
無類の女性好き。若い美女を見ると、誰かれ構わずナンパするが、誘い方が明らかにナルシストなため失敗ばかり。むしろ女性に嫌われることに関しては、作中でも右に出る者はいない。
事ある毎に「ハッ!ハッ!」と威勢の良い掛け声と共に空手チョップのポージングをキメており、本人はそれがカッコイイと思っているが、実際は誰も相手にしていない。さらに、突拍子すぎるため、誰かが気にかけたとしてもリアクションに困る。
マザコンであり、「おお、ママ!」が口癖となっている。しかし、本人は全くの無自覚であり、指摘されても全力で否定しママに世話を焼かれることを嫌がる。
その見た目通り日々の筋トレは欠かさず、筋肉質で力が強く、体は見事な逆三角形である。第2期からは空手の道場に通うシーンもある
反面喧嘩はからっきし弱く、そのガタイはほぼ完全に見掛け倒し。喧嘩となっても、まず最初に格好を付けるので大抵相手に先手を取られる。また、女性にすらワンパンで倒されるほど驚異的に打たれ弱い。結果的に勝負にすらならず伸されてしまう。運良く先に仕掛けたとしても、大仰で素人丸出しな動きのため結局誰も彼もに軽くいなされるという始末。
ガサツな性格ではあるが、粗暴ではない。
無職だが働く気はある。ただし動機は大概女性がらみであるため長続きしない。
リーゼントサングラスに強いポリシーを持っており、常にヘアジェルやヘアスプレーとサングラスは欠かせなく、サングラスが外れると目を覆って探す。

ママ (Mom)[編集]

声 - ブレンダ・ヴァッカロ/梅田貴公美
本名:バーニー・ブラボー(第2期から、それまではママ・ブラボーと呼ばれていた)
派手な服装とサングラスが特徴で、ジョニー同様サングラスを外さない。
天然気味な性格でかつジョニーを溺愛しており、いい年の大人であるはずの彼の世話を何かと焼きたがる。ジョニーが突飛な行動を取っても少々のことでは動じず、むしろ好意的に解釈してしまう。
ピーマンアレルギーで炭酸が苦手である。
何人かの男性を気に行ったり、実際に付き合ったりしたが、結局ジョニーの方が大切なため別れてしまっている。
第1期と第2期以降でサングラスなどのデザインがちがう。

リトル・スージー(Little Susie)[編集]

声 - メイ・ホイットマン/本間ゆかり
ブラボー家の隣家に住む、ジョニーの彼女(時には保護者)を自負している8歳の少女。
キュートだが、どこか大人びている。
正義感が強く、冒険好きで、頭が良い。
ガールスカウトに所属していて、奉仕活動などもしている。
ジョニーを遊び相手と見下した所がある。そのため、いつもお人形遊びや冒険にジョニーが巻き込まれる。中には悪魔のような殺人おしゃべり人形(可愛い女の子型)にジョニーが襲われる事もあった(おしゃべりタバサ!(Little Talky Tabitha)) 。
第2期からはデザインが変わった。: 第3期には心理士の資格を持ち「カウンセリング」も出来るようになった。
ジョニーの知的レベルと女性に対する限りない情熱に学術的に興味を抱いているようで、小学校でその研究を発表したこともある。

カール・クリソデロリッツ(Carl Chryniszzswics)[編集]

声 - トム・ケニー/荻原秀樹
第2期から登場する。
理系オタクで、ジョニーとは対照的に貧相な体格の優男。ジョニーの友人であり、何故か他人からバカにされがちな彼を慕っている。しかし、当の本人からは鬱陶しがられており、何かと絡んではよく殴り飛ばされたりしている。
発明や通販を趣味としているが、変なモノばかり取り扱っているため、ジョニーがその実験台として被害を被ることも。
聡明だが、その頭脳を生かせない。 突然歌い出すことがある。「アハッハッアハッアハッア」と笑う。
SFスーパーヒーローのファンであり、ファンタジー神話にも興味がある。心霊などの超常現象の調査もしている。 

ポップス(Pops)[編集]

声 - ラリー・ドレイク/山崎たくみ
第2期から登場する。ジョニーとカールが入り浸っているスナックバー「POP's MOON PALACE」のオーナー兼マスター。
二人とはとても仲が良い。
多趣味で様々なギルド、組織に所属している、ほかにも謎の多い、正体不明の人物である。
もしジョニーがこの世にいなかったら、「POP's MOON PALACE」は一流高級レストランになっていたらしい。

ジャングルボーイ[編集]

声 - /浅野まゆみ
第1期しか登場しないキャラクターである。
リトル・スージーと同じくらいの背丈のため、同い年と思われる。しかし、話し方などはとても幼い(学校に行っていないためと思われる。)。
力がものすごく強く、ジョニーを軽々と持ち上げるほどである。
アフリカジャングルヒーローである。そのため、ジャングルを支配しようとするゴリラ王様(キング・レイモンド)と戦っている。
ジョニーとジャングルボーイの出会いは「ジャングルで危機一髪」(Bungled in the Jungle)においてジョニーが飛行機から落下し、ジャングルボーイに当たったことである。
他にジャングルボーイは第1期のオープニングの「モンキーダンス」でジョニーと全員が踊るシーンで一緒に踊ったり、おまけの話(飴玉の甘い所)、「ジョニーはサンタクロース」、「ジャングルボーイは曲芸師?」に登場している(「ジャングルボーイとミスターモンキルマー」はジョニーは登場しないジャングルボーイの主役の話である。)。

ハマ先生[編集]

声 - ブライアン・トチ
ジョニーが師事する空手の先生。
どうやらハマ先生自身はジョニーを弟子だとは思っていない様子で、ほぼ無視されている。

ジギー[編集]

声 - 三ツ矢雄二
「インドだぜ!ジョニー・ブラボー」から登場する

エピソード[編集]

第1期[編集]

  1. ブラボーマンの悲劇 / ジャングルで危機一髪 / ジョニーの冬眠
  2. ナンパの仕方 教えます / お化け屋敷でハプニング
  3. インターネットでブラインドデート / 闘牛士ジョニー / クッキー売りの少女
  4. ピエロのギャグ合戦 / リトル・スージーを落とせ / ジョニーはサンタクロース
  5. ああ勘違い / 地獄のサハラ / ジョニー、ファラー・フォーセットに会う
  6. ジョニ−の毛布 / ヴェンデラ・ショーへようこそ / ヒップホップ大特訓
  7. ビーチキングを勝ち取れ / 地球の静止しかけた日 / ジョニーのトイ・ストーリー
  8. 3色ドラゴン帯への道 / オオカミ女とデート / 楽しい入院生活
  9. ジャンボ・ジョニー / 最高の贈り物 / 007 ジェームズ・ブラボー
  10. バンパイアとデート / お手伝いさんは大スター! / 箱入り娘の初デート
  11. 「ピエロだ!」と叫んだ男 / 子守はやさしく / おしゃべりタバサ
  12. ママを救い出せ! / ジャングル・ボーイは曲芸師 / ダニーの子守奮闘記
  13. ジョニーのゴリラ捕獲大作戦 / ジャングルボーイとミスターモンキー / ジョニーとアマゾンガールズ


第2期[編集]

  1. 星の王様 ジョニー / 百万人目の悲劇 / ジョニーとヘアジェル
  2. ジョニーはバレリーナ / 悪魔のトレーニング / 森の花婿ジョニー
  3. チェーンレターの呪い / 傷だらけのアクションスター / 王子とジョニー
  4. ロブスターの大脱走 / コンパニオンとデート / ジョニーはスーパーモデル
  5. 愛のライフガード / ジョニーの監獄デビュー / ブラボー13
  6. ジョニーとカールの二人暮らし / ビーフジャーキーを救え! / ジョニーのいない世界
  7. ハエになったジョニー / 迷子のジョニー / ポップスのジェントルマン講座
  8. ジョニーの髪の毛の木 / ジョニーのペット / 愛されちゃってゴリラ
  9. ジャーキータウン大パニック / エイリアン コンフィデンシャル / ママの新しい恋人
  10. ジョニーは小学4年生 / 黄金の腹を持つ男 / ケイティーおばさんの農場
  11. ロマンスに流されて / ジョニー合宿へ行く / 少女野球で大暴れ
  12. Brave New Johnny / Witless / Carl Be Not Proud
  13. El Bravo Magnifico / Johnny-O And Juliet / Clan Of The Cave Boob
  14. Galaxy Boy / Damien's Day Out / Noir Johnny
  15. Hail To The Chump / A Fool For Sister Sara / Days Of Blunder
  16. Pop Art Johnny / Dude Ranch Doofus / A Cake Too Far
  17. Look Who's Drooling / Law And Disorder / Tooth Or Consequences
  18. The Unsinkable Johnny Bravo / Rashomoron / Free Pookey
  19. Good Knight Johnny / Balloon Platoon / The Clueless Kid
  20. Yukon Yutz / Prep School Johnny / Send In The Clones
  21. Loch Ness Johnny / Den Mother Johnny / Quo Doofus
  22. As I Lay Hiccupping / Marine Maroon / Thunder God Johnny

第3期[編集]

  1. Luke Perry's Guide To Love / In The Line Of Johnny / Fugitive Johnny
  2. Virtual Johnny / Hold That Schmoe / Hunted!
  3. Candidate Johnny / Air Bravo / Johnny B. Badd
  4. Scoop Bravo / The Incredible Shrinking Johnny / Backdaft
  5. The Johnny Bravo Affair / Biosphere Johnny / Spa Spaz
  6. Fool For A Day / In Your Dreams / Some Like It Stupid
  7. Dental Hijinks / Little Red Riding Johnny / Pouch Potato
  8. Jurassic Dork / Mascot Academy / Full Metal Johnny
  9. Johnny On Ice! / Robo-Mama! / 20.000 Leagues Over My Head
  10. I Dream Of Johnny / One Angry Bravo / Carnival Of The Darned
  11. A Walk On The Stupid Side / Lone Star Bravo / Toy Boy Johnny
  12. The Great Bunny Book Ban / Enter The Chipmunk / FrankenBravo
  13. Lord Of The Links / Bootman / Freudian Dip
  14. Lodge Brother Johnny / Chain Gang Johnny / Lumberjack Johnny
  15. Auteur, Auteur! / Runaway Train / A Reject Runs Through It
  16. The Island Of Mrs. Morceau / The Color Of Mustard / Third Dork From The Sun
  17. The Hansel And Gretel Witch Project / I.Q. Johnny / Get Stinky

アニメスペシャル[編集]

アニメスペシャルは、冒険もので、キャラクターデザインと絵柄が第1期の時の設定だが少し第2期のキャラクターデザインと絵柄も入っている。カートゥーン ネットワークスペシャルで放送されていた。

  1. 「ジョニーのクリスマス」(A Johnny Bravo Christmas) 
  2. 「バレンタインだぜ ジョニー・ブラボー」(It's Valentine's Day, Johnny Bravo)
  3. 「インドだぜ!ジョニー・ブラボー」(Johnny Bravo Goes to Bollywood)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]