マザーコンプレックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マザーコンプレックスとは、母親に対して子供が強い愛着執着を持つ状態を指す。なお、これは正確な心理学用語ではなく和製英語の俗語である。俗にマザコンとも略され、この場合、母親に強い愛着・執着を持つ子供のことも指すことがある。

用語の成立と変遷[編集]

子供の母親に関する感情の理論はジークムント・フロイトカール・グスタフ・ユングが唱えた。だが、彼らがマザーコンプレックスという用語は使ったことはない。

マザーコンプレックスという用語は日本においてコンプレックス用語が広まった際に、フェティシズム的な意味合いをもって派生した用語であり、意味の変容と混乱を繰り返しながら現在に至った用語である。

エディプスコンプレックスとマザーコンプレックスは混同されがちであるが、マザーコンプレックスにおいては母性が強調されるのに対し、エディプスコンプレックスでは息子の男性性の激しさを強調するという差異がある。

マザーコンプレックスの用語の初出についてははっきりとは分かっていない。だが、昭和40年代には一般的に使われるようになった。現代用語の基礎知識には1973年度に初出しているが「母親錯綜」としか述べられておらず、定義に関しては曖昧なものであった。また、1970年の長谷川町子の四コマ漫画には親孝行がマザコンとして扱われたことを風刺したものもある。

1992年テレビドラマずっとあなたが好きだった』(TBS系)が大ヒットした。このドラマの主人公の夫・冬彦は、世間が忌避する極度にステレオタイプ化されたマザコン男性像として脚色されていたのだが、実際にはマザコンというよりは母親依存症であった。だがマザコンに対する嫌悪感もあって一気に歪んだ認識が広まってしまったと言われる。

また、隠語としてはアダルトビデオにおける母子相姦の分類用語として用いられたり、同様に母親と息子の近親相姦を指す用語として使われることもある。

深層心理学における論[編集]

日本でマザーコンプレックスと呼ばれるものに近い母子関係を、深層心理学の研究者のジークムント・フロイトカール・グスタフ・ユングがその分析を行っている。ただ、これらの論が正しいのかに関しては検証されていない。

フロイトの説明[編集]

フロイトによると広義ではマザーコンプレックスは子供が母親との愛情に対して疑問を感じない心理状態のことを指すとされ、その意味ではほとんどの人間は本来幼児期にマザーコンプレックスになるとされる。

フロイトによると、マザーコンプレックスは実際に母親が与えた心理的な原因にあるのではなく、母親が読んでくれたメルヘンな物語からきているとされる。物語では、優しい母親が現れる一方で、ひどい母親も現れるため、その相反するイメージが強烈でいつまでも残ってしまうため、結果的に母親に執着してしまうのであるという。彼は親を中心とするファンタジーにその原因を求めたのである。

ユングの説明[編集]

ユングの場合には、その原因は人類に共通の無意識である集合的無意識にあるとし、アーキタイプ(元型)であるグレートマザーにその原因を求めた。彼によると全て男性は女性の人格を無意識の中に秘めており、それが自らの精神であり永遠の女性の輝きを放っているという。女性性は初め母親の上に投げかけられており、近親相姦的な母子一体の世界観を作り上げている。それは心的な宇宙における子供の世界であるが、やがて母親も一人の人間であることを子供は知り、母親と対決することにより自らの心的世界に理想の女性とするアニマを作り上げるのである。この過程において、母に対して限りない英知と母なる大自然のイメージ、子としての絶対的信頼の感情があるとされ、これは肯定的なマザーコンプレックスと言われる。だが逆に全てを呑み込む死と冥界の場所、夢魔や荒野の魔女といった悪魔的な印象も同時に持つとされ、これは否定的なマザーコンプレックスと言われる[要出典]

マザーコンプレックスは男性に多いと一般に考えられているが、ユングの研究によると、実際には純粋な肯定的なマザーコンプレックスは女性に多いとされる。男性の場合は、母は一人の異性であるためアニマの元型が混合しており、母であり恋人のような雰囲気を拭い去れないのに対し、女性はアニムス的なものが入らない限り母と娘を繰り返し、母のような目で夫を見るため、多く干渉し支配を行おうとする。さらに一方では夫の伴侶であり、自分自身の個性が全く育たない。そしてこの抑圧された個性が夫を得意にさせ、男性を絶頂に導くとされる[要出典]

さらにこの状況において女性が空虚であることは、男性側に対しそこにあらゆるものが存在するという神秘のイメージを与える。これにより、男性の賛成意見と反対意見の全てを呑み込み、その男性は結果として自分自身を確立することが出来ず、男性として自立して生きることが出来なくなってしまうとされる[要出典]

これに対し、否定的なマザーコンプレックスは男性にとっては自己去勢を伴い性的不能を招く可能性が高いとされる。だが、この場合も純粋なマザーコンプレックスは女性に多く見られるという。この場合女性は男性にとっては要求が多く、合理的であり、自然的なものを拒否する。本能的な力の全てを支配的な母に対する防御に用いているため、自分自身の生活をまともに築くことができず、ただ母から逃げたいために結婚したり、無意識的になぜか母親と似た男性と結婚したりの結果、ストレスから激しい健康被害や困難が起こることもあるという[要出典]

だが、こうしたものがある一方で、実母の権力を打ち破るために知性を養った場合は、優れた判断力を持ち性愛を超え男性を理解出来る女性もごくまれに生まれるという。こうした場合は結果的にはすばらしい人間になり結婚生活も良好に進むことが多いという。

実情[編集]

マザーコンプレックスという言葉は前述の通り非常に通俗的であり、一定の意味を表しているものではない。それゆえに以下で扱われるマザコンもはっきりとした定義がなく科学的根拠も存在しない。巷間いわれるマザコンの話を取り上げていることを注記しておく。

日本[編集]

息子と母親の間の強い依存コンプレックスを「甘え」amae と表現することは、欧米人にも知られている[1]。 日本では、「母親離れしていない」「自己決断力に欠ける」息子、と言う図式で捉えられマイナスイメージを伴い、侮蔑用語の一つとして用いられることが多く、社会的評価が一方的に損なわれやすいレッテルの一つとなっている。日本でこういった捕らえ方をされる理由には、いくつかの考察がある。一つにはかねてより実母に偏重した優先順位を置く夫は、嫁姑関係でその家庭生活自体を脅かしかねないと女性(妻)側から危惧されることがある。だが、一方で母親が息子離れができずマザコン息子を生み出す要因の一つとなるという説も少なからず流布されている。父親が仕事ばかりで子育てに関与していないのが理由ではないかと言われているが、父親の不在は子供の自立にとってはマイナスというわけではなく[2]、俗説の域を出ない。

単に母親と二人で行動することがあったり、実家との連絡が密である(母親の携帯番号を登録している、履歴に母親との通信記録が残っている、など)だけであっても夫や恋人をマザコンと決め付け、孤独と不安に悩む女性の相談などが、新聞等の悩み相談などで見かけられる。ファッション雑誌などで、マザコン男性を見抜く「テクニック」としてそのような事例(実家との連絡をチェック、好きな芸能人のタイプから見極める、など)を挙げていることも、これに拍車をかけているとみられる。日本では、これらマザコン男性に対する嫌悪感は、1992年に極端にステレオタイプ化したマザコン男性像を演出したテレビドラマずっとあなたが好きだった』が大ヒットし視聴率が高かったことで、それ以降から顕著になったと言われる[要出典]。そのためマザーコンプレックスの男性はまともな恋愛が不可能であり、極端な場合は男性と認めないといった偏見が広く蔓延している。しかし『マザー&ラヴァー』のようなマザーコンプレックス男性を好意的に扱ったドラマなども放送され、かつてよりは偏見は軽減されている、という傾向もある。その一方で、「マザコンはオタクである」「理系の男性はマザコンである」といったような、新たな偏見も女性誌などで生み出されており、偏見が軽減されたのでなく、多様化したに過ぎないとも考えられる。

現代では好ましいイメージをあまり持たれないマザーコンプレックスではあるが、日本でも昔からそう思われていたわけではない。社会学的・人類学的に考察した場合に、古くのマザーコンプレックス男性は、故郷の母親などに自分自身の立身出世や成長を見せようと努力する傾向があるとされ、社会的に成功した者の多くが少なからず(心理的に)マザーコンプレックスであったとされる。豊臣秀吉など、出世したといわれる男性は、マザーコンプレックスの傾向が知られていても、親孝行な息子として周囲から尊敬される場合もあった。

マザコンには母親に甘やかされ過ぎて愛情たっぷりに育てられたため依存心を残したままダメになった甘えん坊の息子というステレオタイプがあるが、必ずしも甘やかされて育てられた結果マザコン化するわけではなく、心理的には親からの愛情不足でマザコン化することもある。母親に対する執着心であることは共通しているが、幼少の頃親から十分な愛情を受けられずに育てられたため、愛情飢餓感を抱えたまま大人になり、親から離れることに分離不安を感じて、いつまでも母親にその代償を求める形もマザコンのひとつである。人間には元々甘えの欲求があり、成長過程に必要な欲求を母親から満たすことができた子供は親離れをするが、甘えの欲求を満たすことなく、母親から欲求もしていない一方的な甘えを与えられる(甘やかされ過ぎる)とマザコンの要因になる。

近年[いつ?]日本では「一卵性母娘」と言われる、結婚しても母に家事をしてもらっているマザーコンプレックスの女性も増えている。男性は母親を気遣っただけで「マザコン」呼ばわりされるので人前で母親に愛情を示すことを躊躇するが、女性の場合は、微笑ましいこと、あるいは現代的なこととしてネガティブに報道されることは少なく、男性のようなマイナスイメージを伴わない。むしろ女性芸能人などは母親との距離の近さをアピールして好感度を高めるなどの現象が認められる。

古典文学における西欧との対比[編集]

河合隼雄は、日本のマザーコンプレックスは、西欧的なそれとはかなり毛色が異なるものであると言っている。たとえば西洋に於ける「お伽話」では若者はを殺してお姫様を助けだし、二人は結婚するのであるが、この場合の竜は母親の象徴であり、形式的に母親を殺し、別の女性と結ばれることで男性は自立する。それに対して、日本では、たとえば『浦島太郎』は竜宮城へ行きながら、竜と対峙することなく、娘と幸せに暮らしてしまう。つまり、母親との対立を経ることなく、つながりを持ったままに成長すると言うのが河合の説である。その結果、日本男児は母親とのつながりを持ったままに結婚生活に入り、妻は夫の母親と敵対関係を持つに至る。男性は常に母親の管理下に置かれ、それを脱しがたい。それが、自分の自由に出来る対象を求める心情へと向かえばロリコンや、幼い顔で巨乳、といったアイドルへ向かうと河合は総括している。

しかし、河合のケース・スタディに当てはまらないものもある。例えば『竹取物語』では、かぐや姫への五人の求婚者の一人、大納言大伴御行(おおとものみゆき)に「竜の頭の玉」をとって来るように求め、大伴御行は船に乗って遠くの海々を廻り、大嵐に巻き込まれ、命からがら陸に戻った挙句、求婚を拒絶されている。また『八岐大蛇』(ヤマタノオロチ)の須戔鳴尊(スサノオ)は、奇稲田姫(クシナダヒメ)と結ばれるため、命がけで八岐大蛇と戦って殺し、宮殿を造って奇稲田姫と結婚している。このように民話でみても、必ずしも日本に於ける母 - 息子の関係は調和に満ちたものばかりではなく、河合の説と矛盾する例もある。

イタリア[編集]

情熱的で愛情生活に比重を置くと言われるイタリアでは伝統的に一族や家族の絆を重視する価値観が強く、成人してなおマザーコンプレックスを隠さない人(マンモーネ(mammone)と呼ばれる)は「母親思い」で「家族を大切にしている」と肯定的に見られる傾向がある。3〜40代の実家に住み続ける比較的高所得のホワイトカラーをさすマモーニと言う言葉があるが、本人や周囲も特に問題と考えていないのが現状である。

アメリカ合衆国[編集]

英語ではくだけた会話ではmama's boymommy's boyなどとマザーコンプレックス男性をさす表現がある。ベトナム戦争の時に父親が戦場に従軍し不在だった家庭の子供が、成長した後、対等に大人の女性を愛せなくなったという説が流布されたことがある[要出典]

アメリカにおいて「mother's boy」は女性には嫌悪されると言われ、これは母親のために女性を愛することができないのではないかとの説もあるが[要出典]、はっきりとはしない。

エイブラハム・リンカーンジョン・F・ケネディも、もし日本人であればマザーコンプレックスに挙げられる可能性があるが、彼らは米国では親孝行な息子として知られる程度である。

なお、アメリカやイギリスなど英語圏においての「マザーコンプレックス」とは、母親による子供への精神的・肉体的な暴力を指す言葉として認識されており、日本のそれとは解釈が全く異なるので使用の際は注意が必要である。

中国[編集]

中国の家族は一般に絆が非常に強く、仲が良くても全く問題にする気配はない。マザーコンプレックスに近い中国語の用語としては「恋母情結」というものがあるが、この用語は、母親に似た恋人を選ぶことだとされており、フロイトの概念の用例の一部借用に留まっている。

日本で現在[いつ?]広まっている用法のように、たとえ母親に依存していても、あまり良くないかもしれないとは考えられても、重要な問題だとは認識されていない。中国では大きくなった息子が老いた母親と手を繋いで歩いていることも多々あるとされる[要出典]

韓国[編集]

儒教の影響から長男を尊重する気風が強く、韓国人男性にはマザーコンプレックスが多いと言われる[3]。大人になった息子が母を抱きしめたり、「オンマ、サランヘヨ」(お母さん、愛してる)と人前で言ったりと、情熱的な愛情表現をすることにも抵抗がない。大きくなっても母にべったりの息子をさす「ママボーイ」という言葉があり、マザーコンプレックスが離婚の原因になるなどと言われることがあるが、一般に男性のマザーコンプレックスは当然視されている部分がある。母子関係に限らず、一般に韓国の家族は絆が非常に強く、大学生の小遣いも親に出してもらうのが普通である。

注釈[編集]

  1. ^ Alan Macfarlane,Japan through the Looking Glass,2007,Profile Books,page86
  2. ^ 『深層心理がわかる辞典』(南博 編著 日本実業出版社 1997年)より
  3. ^ 韓国人男性│軍隊│ママボーイ

参考文献[編集]

関連項目[編集]