爆走バギー大レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

爆走バギー大レース』(ばくそうバギーだいレース、原題: Speed Buggy)は、ハンナ・バーベラ・プロダクションが製作したアメリカ合衆国テレビアニメ。世界中を駆けるスピードバギーと、それを利用して世界を征服しようと企む悪の組織とのドタバタコメディである。

あらすじ[編集]

スピードバギークラブに所属するハンサム、ピンキー、食いしん坊の3人組が生み出した車、それは世界にたった1台しかないスピード・バギー。この車は、マスターユニットをONにすると自分の意思で動くことができる。カーレースやカーラリーに参加しようとするが、そのマスターユニットをめぐり、悪の組織が秘密を探ろうと虎視眈々と狙っているのであった。

登場人物[編集]

ハンサム (Mark)
声 - マイケル・ベル / 吹き替え - 納谷六朗
クラブの代表格。
ピンキー (Debbie)
声 - アーリーン・ゴロンカ / 吹き替え - 吉田理保子
チームの紅一点。
食いしん坊 (Tinker)
声 - フィル・ルーサー・ジュニア / 吹き替え - 北村弘一
チームのメカニック。名前どおり、色気より食い気。スピードバギーを自由に操る手の平台のリモコンを持っている。
スピードバギー (Speed Buggy)
声 - メル・ブランク / 吹き替え - 関敬六
意思を持っている車。日本語吹き替え版では「ムッシュムラムラ!」が口癖になっているが、これは吹き替えを担当した関自身の持ちギャグである。

サブタイトル[編集]

  • Speed Buggy went That-a-way
  • Daring Escanades
  • Taggert'sTrooy
  • Speed Buggy Falls in love
  • Kingzilla
  • Professor Snow And Wadan ice
  • Out of sight
  • Gold fever
  • Island of Giant Plants
  • The Sound naster
  • The Ring master
  • The Incredible Changing Man
  • Secret Safari
  • Oils Well That Ends Well
  • The Hidden Valley of Amazonia
  • Captain Schemo and the Underwater City

日本での放送[編集]

日本では全16話で放送。まずNETテレビ(現・テレビ朝日)が1976年10月3日から1977年1月23日まで、毎週日曜 18:25 - 18:55 (日本標準時)に放送。続いて東京12チャンネル → テレビ東京が、そして21世紀に入ってからはカートゥーン ネットワークが『BOOMERANG』枠で放送していた。

その他[編集]

スピードバギーと食いしん坊はその後、ハンナ・バーベラ・プロ作品のキャラクターを集めた『まんがオールスター おもしろオリンピック』(原題: Laff-A-Lympics)にも、クルッパー率いる「ストロングチーム」のメンバーとして登場している。

外部リンク[編集]

NETテレビ 日曜18:25枠
前番組 番組名 次番組
チビらサンデー
(1976年7月4日 - 1976年9月26日)
爆走バギー大レース
(1976年10月3日 - 1977年1月23日)
スピードローラー猛レース英語版
(1977年1月30日 - 1977年5月15日)