スカイキッドブラック魔王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スカイキッドブラック魔王』(スカイキッドブラックまおう、原題:Dastardly and Muttley in Their Flying Machines)は、1969年アメリカで放送されていたハンナ・バーベラ・プロダクション制作のテレビアニメである。30分番組。

概要[編集]

同じくハンナ・バーベラ・プロダクション制作の『チキチキマシン猛レース』に登場したブラック魔王ケンケンを、空軍の飛行隊員(航空兵)として再登場させたスピンオフ作品である。魔王たちと同じく『チキチキマシン猛レース』に登場したコウモリボスも同じ軍の航空兵なのだが、本作には登場しない。

本作にはAパートとBパートのほかに、毎回伝書鳩の捕獲作戦とは無関係のショートエピソードが挿入される。このエピソードでは小さく一瞬だがいつもレース時の愛車・ゼロゼロマシンが映っており、前作との繋がりが暗示されている。

あらすじ[編集]

第一次世界大戦の時代[1]、隊長にブラック魔王、隊員にケンケンビックリヘッピリの4人で編成された飛行隊があった。魔王たちには、敵国アメリカ[2]の伝書鳩・ポッピーを捕獲し、機密文書を奪うという重大な任務があった。彼らは大臣からの電話指令のもと、今日も今日とて新型飛行機(複葉機)による空中捕獲作戦を展開する。辛抱強く、何度失敗して飛行機が自爆したり墜落したりしても、彼らが諦めることはなかった。

登場キャラクター[編集]

原語版では、ポール・ウィンチェル英語: Paul Winchell)とドン・メシック英語: Don Messick)の2人が各キャラクターの声を当てた。★はウィンチェルが、☆はメシックが声を当てているキャラクター。

ブラック魔王 [Dick Dastardly] ★
吹き替え - 大塚周夫
飛行隊のリーダー格。いつもケンケンたちを怒鳴りちらして命令するが、結局自分が酷い目に遭ってしまう。自分たちに指令を出す大臣にはまったく頭が上がらない。
ケンケン [Muttley] ☆
吹き替え - 神山卓三
ブラック魔王の飼い犬。魔王に対して皮肉めいた態度を取るが、手柄を立てると勲章を授与される。これはケンケンにとっても大変な栄誉らしく、そのため前作よりはマジメに任務に取り組んでいるようである。空中から墜落してもケンケンだけは尻尾をプロペラにして浮くことができる。魔王から助けを求められると勲章をねだり、もらった場合には最低限の救助を行う。たまに口約束だけで反故にされると仕返しを行う。魔王が酷い目に遭ったり、物語の締めで笑うのは相変わらず。
ビックリ [Klunk] ☆
吹き替え - 大泉滉
ブラック魔王率いる飛行隊の一員。新型飛行機を開発し、作戦を立案する発明家。いつもしゃっくりをしているような喋り方で半分以上は聞き取れず、ヘッピリが通訳を務める。日本語版オープニングテーマの歌詞テロップや初回放送時の声優クレジットには、名前が「ビックリー」と記されている。
ヘッピリ [Zilly] ☆
吹き替え - 関敬六
ブラック魔王率いる飛行隊の一員。その名の通り臆病で、すぐに逃げ出そうとする。それを連れ戻すのは主にケンケンの役目である。いわゆるオネエ言葉で話す。ビックリの通訳を務めることもある。日本語版オープニングテーマの歌詞テロップや初回放送時の声優クレジットには、名前が「ヘッピリー」と記されている。
ポッピー [Yankee Doodle Pigeon] ☆
吹き替え - 増山江威子
ブラック魔王たちが毎度追いかけ回す、アメリカ軍の機密文書を持つ伝書鳩。原語版ではラッパを吹くことによって音声を発し、直接言葉を口にすることはないが、日本語版では口が達者で、自分を捕らえようとする魔王たちを挑発するかのような発言もする。また、日本語版では吹き替え担当声優によってメスというイメージが定着しているが、原語版の設定ではオスであり、作中で魔王たちが "He" と呼んでいる。
大臣 [The General] ★
吹き替え - 上田吉二郎
ブラック魔王たちがどこにいても(空中にいても)電話を掛け、彼らに指令を出す人物。劇中ではほとんど姿を見せず、唯一姿を現した回でも手だけが映された。原語版では電話での大臣のセリフはまったく聞き取れず、魔王がそれをオウム返しすることで初めて視聴者に通じるようになっている。ことごとく任務に失敗する魔王たちを電話越しに怒鳴りつけては彼らから恐れられているが、ポッピーの演技をした鳩にやられたこともある。
ナレーター☆
吹き替え - 鈴木やすし
毎回「今日も今日とて」のセリフを入れてナレーションを行う。

日本での放送[編集]

『チキチキマシン猛レース』と同様に、本作も日本で放送されている。

日本では、まず1970年8月3日から同年11月23日までNETテレビ(現・テレビ朝日)とその系列局で放送。その後も、東京12チャンネル(現・テレビ東京)の『マンガのくに』枠や地方局で繰り返し再放送が行われていた。カートゥーン ネットワークでの再放送も行われている。

東京12チャンネルは、1979年に『マンガのくに』と『マンガ大行進』の両枠で本作を放送するにあたって『ブラック魔王 空の猛レース』( - そらのもうレース)と一時改題したことがあるが、内容はそれまでと特に違いは無かった。同局は1980年代[いつ?]にも本作の再放送を行ったが、その際には本来の日本語版タイトルに戻っていた。

日本語版主題歌[編集]

地上波放送時には、以下の日本語版オリジナル主題歌がオープニングテーマとエンディングテーマに使われていた。特にA面曲の「スカイキッド・ブラック魔王」は、イントロなど随所に阿波踊りの「よしこの」のメロディが含まれる異色の曲であった。

A面「スカイキッド・ブラック魔王」
作詞 - 水野礼子 / 作曲・編曲 - 橋場清 / 歌 - 大塚周夫
B面「ケンケン大空を行く」
作詞 - 北桑笑 / 作曲・編曲 - 大場秀 / 歌 - ケーシー浅沼
発売 - CBSソニー (SOGA-79002)

本放送時のオープニングテーマとエンディングテーマは共にA面曲の「スカイキッド・ブラック魔王」で、オープニングでは1番と3番を、エンディングでは1・3・4番を使用。曲の最後に入るブラック魔王のセリフは、エンディングでは原盤と同じ「今日もダメなのよ!」であったのに対し、オープニングでは「まあ見ていろよ!」に差し替えられていた。

止め絵とキャプションだけで作られた別バージョンのエンディングではB面曲の「ケンケン大空を行く」が使われており、そちらを流していた再放送ではA面曲の「スカイキッド・ブラック魔王」はオープニングのみに流れていた。

カートゥーン ネットワーク版にはいずれも入っておらず、原語版のテーマ曲が流れる。

日本語版サブタイトル[編集]

  1. ポッピー空中大作戦 / ハエトリマシーン出撃
  2. 地球の底へ体当たり / ブチャムクレ・ボケナス艦長
  3. 空飛ぶ時計 / メッタメタ飛行機
  4. 電子コントロール爆撃隊 / 火山型爆発飛行機
  5. ブラック編隊空中分解 / ポッピー攻撃大失敗
  6. アッと驚く空中作戦 / ブラック作戦ブラブラー
  7. 秘密写真と勲章 / 隊長はなまけもの
  8. 透明飛行機でケンケン出撃 / ハネアガリ・スットビ作戦
  9. 空駈けるボロボロー / ケンケンの飛行隊長
  10. 新兵器クシャミ・ミサイル / 催眠博士のビックリ治療
  11. オテンキマシンでバッチリ作戦 / 勲章めあてのにせポッピー
  12. やったぜ!グンバツ航空隊 / 新鳥型飛行機
  13. デンチョビレ空中出撃 / ダメダメ飛行機部隊
  14. ポンコツ・ヘッピリ戦闘機隊 / ブラック魔王の北極攻撃
  15. 勇猛ワニ号戦闘機 / 忍者カムフラージュ男現わる
  16. チッポケ島のデッカイ基地 / タコハチ戦闘機
  17. 最後のメチャクチャ大戦略 / 何をやってもダメ隊長

(出典:高桑慎一郎著・イーハトーヴ出版刊「ケンケンと愉快な仲間たち」186・187頁 1995年)

脚注[編集]

  1. ^ 日本語版では歴史背景の説明は一切なし。
  2. ^ 日本語版では単に「敵国」となっている。

外部リンク[編集]

NET系列 月曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
チキチキマシン猛レース
(1970年4月6日 - 1970年7月27日)
スカイキッドブラック魔王
(1970年8月3日 - 1970年11月23日)
幽霊城のドボチョン一家
(1970年11月30日 - 1971年3月29日)