伝書鳩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
伝書鳩

伝書鳩(でんしょばと)は、カワラバト(ドバト)などのを飼い馴らし鳩の帰巣本能を利用して遠隔地から鳩にメッセージを持たせて届けさせる通信手段の一種、あるいはその媒介として使われる鳩。

概要[ソースを編集]

伝書鳩(レース鳩)は、飛翔能力と帰巣本能が優れ、1000km以上離れた地点から巣に戻ることができるといわれる。使い方としては、遠隔地へ伝書鳩を輸送し、脚に通信文を入れた小さな筒(現在ではアルミ製が多い)を付けて放鳩(ほうきゅう)する。飼育されている鳩舎に戻ってきたところで通信文を受け取る。通信文だけでなく、伝書鳩が持てるような小さな荷物を運ぶこともあり、その場合は背中に持たせることも多かった。特に僻地医療血清薬品等の運び手として重要な役を担った。伝書鳩が迷って戻れなくなったり、猛禽類などに襲われて命を落とすこともあったため、通信目的を確実に果たせるよう、同じ通信文を複数の伝書鳩に持たせて放されることも多かった。伝書鳩(レース鳩)は上述の通り1000km以上離れた地点から戻ることができるが、通常は200km以内での通信・運搬等に使われた。

電気が必要ない、フィルムや薬品・血清・家畜の精子等、軽量な物資を素早く運搬できるなど、無線通信などに比べて利点もあるため、通信用をはじめ、軍事用(伝令や偵察)・報道用(主に新聞社通信社)・医療用・畜産用等の通信ならび運搬手段として1960年代ごろまで広く使われたが、近年は交通や通信手段の発達によってその役目を終え、現在では実際に物資の運搬に使われることは稀である。呼称も伝書鳩からレース鳩へ移り、主にスポーツとして開催される鳩レース英語版へ参加するため、愛好家が品種改良や訓練を行うことを農林水産省が統轄する使役動物となっており、脚環の装着と所有権登録、迷い鳩の引き取り、ワクチンの接種などが義務化されている。

あくまで帰巣本能を利用したものであり、一度飛ばした鳩は自分の巣に帰るだけなので、往復通信を行うためには双方に鳩舎が必要であり、あらかじめ鳩を輸送しておかなければならないため通信を行える回数に制限がある。1羽の鳩は1つの目標にしか対応しないため、通信先が複数ある場合はその数だけ鳩を用意しなければならない。また、移動目標に向かって伝書鳩を送ることは出来ないため、船舶から陸上へ飛ばすことは出来ても、陸上から船舶へは送れない。ただし、特殊な例として「往復鳩」と、戦時中の日本軍の「移動鳩」の存在がある。「往復鳩」は、2つの地点の鳩舎を往復するもので、寝場所とエサ場の棲み分けによって現在でも訓練できる。一方「移動鳩」は、戦場において、移動式の鳩舎を探して鳩が帰ってくるもので、放鳩後に原隊が移動しても、訓練された軍用移動鳩は移動先へ帰巣することができた。その実態や訓練法は古い書籍で見ることができるが、現在ではその技術やノウハウは失われている。[1]

歴史[ソースを編集]

伝書鳩の歴史は非常に古く、紀元前約5000年のシュメールの粘土板にも使用をうかがわせる記述があるという。確実な記録では、紀元前約3000年のエジプトで、漁船が漁況を知らせるために利用していたらしい。このころのエジプトでは、様々な鳥で通信することが試みられたが、人によく馴れて飼いやすく、飛翔能力、帰巣本能に優れるカワラバト(ドバト)が選ばれ、定着したようだ。ただ、この当時ハトは主に食用として飼育されており、伝書鳩としてはあまり広く使われていなかった。また、ギリシャポリス間の通信に使われた。特に各ポリス代表が参加して行われた競技会の覇者は、鳩の足に赤いリボンを結び付け、故郷への勝利と栄誉の便りとした。ローマ帝国で通信手段として広く使われ、各地に広まった。

軍用鳩(写真は米軍)
報道用伝書鳩「共同331号」の剥製共同通信社本社内

ローマ帝国以降は主に軍事用の通信手段として広く使われ、産業革命期以降に最盛期を迎えた。第二次世界大戦時のイギリス軍は約50万羽の軍用鳩を飼っていたという。第二次大戦中は伝書鳩が広く使われたため、ドイツ軍は対抗手段として、タカを使って伝書鳩を襲わせた。また、近代になって報道機関が発達すると、通信用に使われた。1850年ロイターの創業時は伝書鳩が主な通信手段だった。当時、最速の通信手段であった。

日本には、カワラバトは飛鳥時代には渡来していた。伝書鳩としては江戸時代に輸入された記録があり、京阪神地方で商業用の連絡に使われた。1783年大阪の相場師・相屋又八が投機目的で堂島の米相場の情報を伝えるために伝書鳩を使ったのを咎められ、幕府に処罰された。

明治時代に入ると、軍事用として本格的に様々な系統の伝書鳩が輸入され、飼育された。有名なものでは南部伯爵が導入した南部系などが現存している。民間でも報道用・趣味としても飼育が増え、有楽町に集まる新聞各社の屋上には鳩小屋が作られた。第二次世界大戦に入ると、食糧難・軍用に献納されるなどで民間の飼育者は一時的に激減した。

戦後になると飼鳩は若年層の間でブームとなり、1964年東京オリンピックの開会式での放鳩行事の影響もあり、ピークの1969年には年間脚環登録羽数は400万羽弱に達した。その後、漫画「レース鳩0777(アラシ)」等の影響で一時的なブームがあったものの、漸減傾向にある。また、新型インフルエンザ発生地域のレース自粛等、新しい問題も起きている。

21世紀に入り、脚環に電子チップを内蔵して帰還を自動的に記録する自動入舎システムが普及したため、子供の頃にハトを飼っていた団塊の世代が、リタイア後にレース鳩の飼育を再開し鳩レースを楽しむことが小ブームになっている。

また、2010年以降、情報IT関連の新しい試みとして、レース鳩にマイクロSD(合計2TB程度)等の超小型メモリーチップを運ばせたり(200km程度の短距離で所要時間約2H)、GPSユニットやCCDカメラ等を取り付け、より詳細な生態や飛行コースを追跡する実験も行われている。[2]

伝書鳩の帰巣率の低下と諸要因[ソースを編集]

1988年6月にフランスから英国へ向けて行われた国際伝書鳩レースは、たまたま強い磁気嵐が起きている日に行われ、放たれた5000羽の鳩のうち、2日後のレース終了までにゴールに到着したのはわずか5%程度、ほぼ全滅という結果になった。この事件をきっかけに磁場と鳩の帰巣能力の関係に関する実験が多く行われた。

日本では、1970年代を境に、鳩レースの平均帰還率は低下傾向を辿り、数千羽規模の登録レースでも、最終レースを待たず全滅することが各地で頻発している。

イギリスでも帰還率は5割を切っている[3]

原因は解明されていない。主に猛禽類の大増殖説・携帯電話電磁波影響説[4]1990年代後半からいわれるようになった)・育種上外来種偏重かつスピード重視の改良が横行した結果[5]の3説が唱えられている。

エピソード[ソースを編集]

  • ネイサン・ロスチャイルドは、伝書鳩によってワーテルローの戦いの結果をいち早く知り、イギリス公債相場で巨利を得たといわれる。
  • マリー・アントワネットは、投獄中、一羽の鳩で外部の王党派と連絡を取り合っていたと言われる。
  • ヴェルダンの戦いで、ドイツ軍に包囲されたフランスの一要塞守備隊が、救援を要請する伝書鳩を放つ(結局支援は間に合わず、この守備隊は降伏・開城する)。鳩はフランス軍の本営にたどり着くも、衰弱しきっておりそのまま死亡。“殉職”としてレジオンドヌール勲章が叙勲された。
  • 1983年、英国で少女が誘拐され、犯人が身代金の受け渡しにダイヤモンドを伝書鳩に付けて飛ばすように指定した事件が発生した。しかし、この伝書鳩は王立伝書鳩協会の脚環を装着したままだったため、標識から身元が割れた犯人は逮捕され、人質の少女は無事保護された。
  • RFC 1149 / RFC 2549では、伝書鳩によるIPデータグラムの転送に関して記述されている(鳥類キャリアによるIP)。これはエイプリルフールのジョークであるが規格として採用されている。

[ソースを編集]

  1. ^ 「傳書鳩の飼い方」東京農業大学傳書鳩研究会編(実用百科選書)金園社,1956年5月
  2. ^ 2010 伝書鳩による実験
  3. ^ ハトの方向感覚狂う?
  4. ^ Mobile phone mast blamed for vanishing pigeons
  5. ^ 鳩の帰巣本能について

関連項目[ソースを編集]

関連書籍[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]