劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀魂 > 銀魂 (アニメ) > 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
監督 高松信司
脚本 大和屋暁
原作 空知英秋
製作 稗田晋(集英社)
東不可止(テレビ東京)
樋口弘光(SUNRISE)
製作総指揮 大好誠(集英社)
尾崎雅之(SUNRISE)
出演者
音楽 Audio Highs
主題歌 DOES
バクチ・ダンサー
制作会社 サンライズ
製作会社
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗 2010年4月24日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10.7億円[1]
次作 劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ
テンプレートを表示

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』(げきじょうばん ぎんたま しんやくべにざくらへん)は、週刊少年ジャンプに連載中の空知英秋による少年漫画銀魂』を原作としたアニメーション映画。2010年4月24日より、丸の内TOEI2新宿バルト9シネリーブル池袋他全国にて公開された。プチョン国際ファンタスティック映画祭で観客賞受賞。

概要[編集]

テレビ東京で2010年3月25日まで放送され、2011年4月に第2期の放送が決まった『銀魂』初の映画化作品。人気の高いエピソードである紅桜篇を新たな解釈で再構成している。

劇場前売券は2009年12月12日から発売された。購入特典として『映画化決定記念クリアファイル』がプレゼントされた。2010年3月には前売券第2弾として5種類の『蒔絵シール』がプレゼントされた。また先着来場者特典にはアクションパートのコマ割りしおり『映画化記念ブックマーカー』がプレゼントされた。4月24日からの第1弾が銀時2種と神楽と土方と似蔵、4月30日からの第2弾は白夜叉とさっちゃんと沖田と九兵衛と高杉、更に5月15日より第3弾の銀時、高杉、新八&エリザベス、神楽、銀時&桂がランダム配布となり全15種類となった。

全国90スクリーンながら、全国劇場で初日はほぼ全回満席という大盛況となり、2010年4月24-25日初日2日間で動員16万人、興収2億円を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となった[2]。これは初動では『サマーウォーズ』(127スクリーンで1億2700万円)を超える勢いとなる。またぴあ初日満足度ランキングでも第1位となり、女性ファンを中心に圧倒的な支持を集めている[3][4]。6月7日には拡大館が66館まで決定、興行収入も10億円の大台を突破したことが発表された[5]

主題歌はアニメでも2回主題歌を歌ったDOES。『バクチ・ダンサー』は、先行配信がmusic.jpフルランキングにおいて、2010年男性ロックバンドとしては初のウィークリーチャート第1位を獲得し『music.jpアニメ&ゲームF』では初登場1位、週間ランキングでも第1位となり[6]、4月21日リリース後には発売第1週目で3.3万枚の売り上げとなり2010年5月3日付オリコン週間シングルランキングでも初登場第3位となった[7]

監督を勤める高松信司は、劇場版を作るにあたり『機動戦士Ζガンダム A New Translation』を参考にしたと語っている。ちなみに新訳の意味を聞かれた際には「偉大なる先人が発明した素晴らしい魔法の言葉」と答え、更に企画段階では“A New Translation”という言葉も入れていたが何時の間にか無くなっていたとの事である。

原作・アニメとの相違点[編集]

原作・アニメでは後日談にしか登場しなかった真選組や、紅桜編以降に登場した神威、阿伏兎も登場する他、銀時達の過去の部分がより詳細に描かれる。これらの場面が加わった代わりに、新八が村田兄妹の元に訪れるシーン、攘夷党から鬼兵隊の話を聞くシーン(鬼兵隊の話は真選組が冒頭で語っている)が削除された。それ以外にも細かい台詞の省略、変更がある。また、劇場版のメインビジュアルおよびポスターに登場していないキャラも多く登場している。映画本編上では紅桜編未登場キャラはサイドストーリーやショートアニメへの登場に留まっているが、公開前のCMでは一部のキャラクターがストーリーの本筋に関わる事を予感させるいわゆる予告詐欺的な演出となっていた。

「新訳」という関係上、テレビアニメからの映像も使われているが、背景画を新たに書き下ろすテレビでは真夜中の描写が見やすい明るさだったのに対し劇場版ではそれに合わせてコントラストを落とし人物も若干暗くなる人物の色がより鮮明に色彩し直されている血にぼやけたエフェクトが加わる刀、紅桜のコード、船などにうっすらとした影が加わるなど、より手を加えている。更に余分な間をカットしており、テレビ版より速く物語が進んでいく。また、冒頭の桂襲撃シーンなどの約半分が新作カットとなっている[8]

ストーリー[編集]

ある夜、橋の上で決闘を申し込まれた。体よくあしらおうとした瞬間、鮮血の中で桂が倒れた。

辻斬りによる被害が多発しているかぶき町。そんなある日、エリザベス万事屋を訪ね、事の顛末と桂があの夜以来行方不明である事を話し、桂の探索と辻斬りについて一緒に調べてもらう様に依頼する。

一方で銀時はエリザベスの当面の依頼を神楽新八に任せ、元から依頼されていた村田鉄矢・鉄子兄妹の下へ向かう。彼らの依頼は「盗まれた名刀・紅桜を取り返してほしい」。

村田兄妹の依頼を遂行する銀時と桂を探索する神楽・新八・エリザベス、二つの事案が複雑に絡み合い、遂に辻斬りの正体にまでたどり着く。そこには意外な人物がいた。

キャスト・キャラクター[編集]

万事屋
攘夷党(桂一派)
鬼兵隊
真選組
春雨
その他の登場人物
ショートアニメのみ登場


劇場版オリジナルキャラクター[編集]

ワーさん・ナーさん
声 - 山寺宏一
本編後のショートアニメに登場した、本作の配給元であるワーナー・ブラザース映画の代表である二人の兄弟。侍アニメと聞いて本作に配給したらしいが『NARUTO -ナルト-』や『BLEACH』と間違えていた上に、最終的に欲張りな登場人物達のグダグダっぷりに呆れて「下品でめちゃくちゃなアニメーション」と一蹴した。

スタッフ[編集]

  • 原作:空知英秋
  • 製作:鳥嶋和彦、夏目公一朗、田村明彦、宮河恭夫、寺田篤、竹中一博、上木則安
  • 企画:大好誠、尾崎雅之
  • 企画協力:週刊少年ジャンプ編集部(佐々木尚矢作康介、中崎敦)
  • 脚本:大和屋暁
  • キャラクターデザイン・総作画監督:竹内進二
  • デザインワークス:今石進
  • 作画監督:鶴田仁美、佐々木洋平、佐藤陽子、竹内進二
  • 演出:吉村愛
  • コンテ:青柳・F・弐階、青柳弐階Ⓐ
  • TV版コンテ・演出:三宅和男、畑博之、菱川直樹、みなみやすひろ
  • デザイン協力:今岡大、佐藤陽子、鶴田仁美
  • 作画監督協力:乙幡忠志、Kim Juri O
  • 色彩設計:歌川律子
  • 色指定:鈴木仁子、鈴木よう子、上田みず恵、深見祐希、河内山律子
  • 検査:金月梨香
  • 美術監督:野村裕樹
  • 撮影監督:老平英
  • 撮影監督補佐:野上大地
  • 特殊効果:村上宣隆
  • CG監督:真田竹志
  • 編集:瀬山武司、瀬山編集室
  • 音響監督:小林克良
  • 効果:武藤晶子(サウンドボックス
  • 音楽:Audio Highs
  • 宣伝プロデューサー:出目宏、菅野泰史
  • 宣伝プロデューサー補:足立鈴
  • 題字:若鍋竜太
  • 広報:田中太郎
  • 設定制作:前川貴史
  • 制作助手:木村友美
  • 制作デスク:三浦進
  • プロデューサー:稗田晋、東不可止、樋口弘光
  • 監修:藤田陽一
  • 監督・録音演出:高松信司
  • アニメーション制作:サンライズ
  • 配給:ワーナー・ブラザース映画[9]
  • 製作:劇場版銀魂製作委員会集英社アニプレックステレビ東京、サンライズ、電通バンダイ、ワーナー・ブラザース映画)

楽曲[編集]

主題歌
バクチ・ダンサー
作詞・作曲 - 氏原ワタル / 歌 - DOES
エンディングテーマ
僕たちの季節
作詞・作曲 - 氏原ワタル / 歌 - DOES

タイアップ[編集]

下記の他に明治乳業ファミリーマートとのタイアップも展開した。

銀魂池袋ジャック[編集]

2010年3月20日-5月16日開催イベント『“池袋ではやっぱ銀魂が一番人気”銀魂池袋ジャック[10]』と称して池袋各地に銀魂関連のアトラクションやイベント、スタンプラリーなど大規模なタイアップが実施。

スタンプラリー
銀魂料理・デザート
  • 「ナムコ・ナンジャタウン」では、銀魂キャラクターをイメージした料理・デザート・アニメ登場料理のモチーフ「マヨ丼」など販売もする。

TOKYO DRIFT[編集]

2010年3月23・24日東京都江東区青海お台場会場で開催された『D1 GRAND PRIX SERIES TOKYO DRIFT IN ODAIBA』にて映画タイアップのドリフトマシン「銀魂モデル[11]」が披露された。2010年3月25日両国国技館で開催のイベント『銀魂春祭り2010(仮)』でも展示された。

京都市交通局「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 公開記念スタンプラリー」[編集]

2010年3月20日5月9日地下鉄市バスの乗収乗客を図るため、京都市内の駅・施設にあるスタンプポイントを回り、スタンプを4つ以上集めると参加賞、抽選で特別商品が当たるイベントが実施された。

『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』超銀幕瓦版[編集]

『「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」超銀幕瓦版』は、2010年4月25日テレビ東京系列で全国放送された、映画の番組宣伝。

番組概要[編集]

メインナレーターに「志村新八」役の阪口大助松丸友紀テレビ東京アナウンサー)、サブとして「坂田銀時」役の杉田智和が出演。

映画情報・2009年12月19・20日『ジャンプフェスタ2010春・スーパーステージ「痛快!爽快!!てんわわんやの万屋劇!!!」』・2010年3月25日両国国技館開催のイベント『銀魂春祭り2010(仮)[12]』・ナムコ・ナンジャタウンで開催されたイベントの紹介。声優キャスト陣が映画の見どころを紹介し、出演した。

放送情報[編集]

放送局 放送日時 放送地域
制作局テレビ東京 2010年4月25日10時00分 - 10時30分 テレビ東京系列全国放送同時ネット

出演者[編集]

ナレーター
  • 阪口大助、松丸友紀(テレビ東京アナウンサー)、杉田智和
イベントリポーター
  • 松丸友紀(テレビ東京アナウンサー)
  • 繁田美貴(テレビ東京アナウンサー) - ナムコ・ナンジャタウン
声優キャスト陣
  • 坂田銀時 役 - 杉田智和
  • 志村新八 役 - 阪口大助
  • 神楽 役 - 釘宮理恵
  • 近藤勲 役 - 千葉進歩

その他[編集]

主人公交代[編集]

4月1日に公式HPで、「3月25日でテレビシリーズも終了したし、もういいんじゃね?やーめた、俺降りるわ。」と言い残し、坂田銀時が銀魂を去り、『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』は、志村新八を主人公に据え、『劇場版 新八 新訳紅桜篇』となった。ただしこれはエイプリルフール限定のホームページキャンペーンの嘘企画であった[13]

VOMIC[編集]

2010年4月に、ジャンプ専門情報番組「サキよみ ジャンBANG!」にて、「紅桜篇 序章(紅桜篇の1話・2話(第八十九訓・第九十訓)に相当)」が原作の絵を用いたラジオドラマ(VOMIC)で放送された(音声はテレビアニメのものを使用)。また、声優による見所の紹介やプロモーション映像なども同時に放送された。

5月7日より集英社ヴォイスコミックステーションサイト「VOMIC」にて配信。各3分、全5話。

テレビCM[編集]

「ゴールデンから左遷されたアニメの映画化」として紹介するテレビCMが流された。また、公開前のCMでは土方・沖田・九兵衛・あやめの登場シーンが背景を差し替えた上で使用されており、彼らが物語の本筋に絡んでくる事を思わせるような演出となっていた。

DVD / Blu-ray[編集]

発売元はアニプレックス、販売元はソニー・ミュージックディストリビューション。当初はBlu-ray Discでは発売されずにDVDのみでの発売となっていたが[14]、劇場版第2作の公開に先駆け『銀魂』シリーズで初めてBlu-ray化された。

  • 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 DVD通常版(1枚組、2010年12月15日発売)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編
  • 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 DVD完全生産限定版(DVD2枚組+CDの3枚組、2010年12月25日発売)
    • ディスク1:本編DVD(通常版と同様)
    • ディスク2:特典DVD
      • キャスト&スタッフインタビュー集
      • 完全新作アニメーション「重大発表って言っても薄々内容バレてる時はどんな顔すりゃいーの!?」
      • 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇ハタ皇子吹き替え版
    • 特典CD
      • 書き下ろしドラマ「帰って家の人にただいまと言うまでが遠足 エンドロールがちゃんと終わるまでが映画」
    • 封入特典
      • 劇場上映生フィルムコマ(ランダム封入)
      • 劇場パンフレット縮刷版
      • ピンナップ(5枚組)
    • 特製アウターケース付きデジパック仕様
  • 劇場版 銀魂 新訳紅桜篇 Blu-ray(1枚組、2013年6月26日発売)
    • 映像特典
      • 特報・劇場予告編
    • リバーシブルジャケット仕様

2010年12月27日付オリコン週間DVD総合チャートで、初週9万6000枚を売り上げ、『ワンピースフィルムストロングワールドDVD 10th Anniversary LIMITED EDITION(完全初回限定生産)』以来のアニメ作品のDVD総合首位となった[15]

CD[編集]

劇場版銀魂新訳紅桜篇 オリジナル・サウンドトラック
劇場版銀魂新訳紅桜篇のオリジナル・サウンドトラック

関連書籍[編集]

劇場版銀魂新訳紅桜篇 MOVIE GUIDE
劇場版 銀魂 新訳紅桜篇の映画解説本。特典として、リバーシブルポスターがついている。表側は空知英秋が描き下ろした。
AC 劇場版銀魂新訳紅桜篇
ISBN 978-4-08-874860-3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 「アリス」依然強し。「銀魂」が4位、「タイタン」が5位にデビューエイガ・ドット・コム全国週末興行成績4月24日-4月25日 2010年4月27日
  3. ^ 【ぴあ満足度】「こんなに笑ったアニメは初めて」女性にも大人気の"銀魂"がトップに!MSNエンタメ 2010年4月26日
  4. ^ 10周年を迎えた『TRICK』が初登場2位!『アリス』はV4で勢いは止まらず!!【映画週末興行成績】MSNエンタメ 2010年5月11日
  5. ^ アニメ映画『劇場版銀魂』が10億円超え!ワーナー・ブラザースは日本のアニメにも強し!シネマトゥディ 2010年6月10日
  6. ^ アニメ「銀魂」とのコラボでDOESが人気上昇中!サーチナ 2010年4月23日
  7. ^ DOESの映画「銀魂」主題歌が週間3位 ORICON STYLE 2010年4月27日
  8. ^ 『週刊少年ジャンプ特別編集増刊 ジャンプNEXT! 2010 SPRING』の特集記事より
  9. ^ 本作のオープニングでは演出の一環としてワーナーの企業ロゴが3回も流れた。
  10. ^ 銀魂池袋ジャック
  11. ^ ドリフトマシン銀魂モデル
  12. ^ 銀魂春祭り2010(仮)
  13. ^ 銀さん、主役を降板!『銀魂』映画版でまさかの緊急事態!急きょ主役は新八に決定!シネマトゥディ 2010年4月1日
  14. ^ その事も限定版映像特典である新作アニメでネタにされている。
  15. ^ [銀魂]「新訳紅桜篇」初の劇場版DVD総合首位 オリコンDVDランキングマイコミジャーナル 2010年12月22日

外部リンク[編集]