銀魂 銀さんと一緒! ボクのかぶき町日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
銀魂 > 銀魂 銀さんと一緒! ボクのかぶき町日記
銀魂 銀さんと一緒! ボクのかぶき町日記
ゲーム
ゲームジャンル 大江戸アドベンチャー
対応機種 PlayStation 2
開発元 ガイズウェア
発売元 バンダイナムコゲームス(バンダイ)
メディア DVD-ROM
プレイ人数 1人
発売日 2007年8月30日
レイティング CEROA(全年齢対象)
関連作品
テンプレート - ノート

銀魂 銀さんと一緒! ボクのかぶき町日記』(ぎんたま ぎんさんといっしょ! ボクのかぶきちょうにっき)は、2007年8月30日PlayStation 2専用ソフトとして発売されたアドベンチャーゲームである。銀魂のゲーム作品では3作目になる。予約特典は「ありえないボイスCD」。

ストーリー[編集]

宇宙中を旅して回り、修繕の仕事をやっていた主人公の空は、大江戸万星博覧会で、修繕をしている最中にトラブルに巻き込まれ、真選組に身を寄せていた。一方警察庁長官、松平片栗虎は「自分の額に『バカ』と描いた犯人を捜して欲しい」と真選組に依頼するも、真選組は博覧会の警備で忙しく、同時に松平の依頼も空の保護もままならなかったため、万事屋に託すが空は記憶を失っていた。自分の記憶を取り戻す為に空は万事屋で居候し、大江戸の人々と馴染んでいくのであった。

エンディングルートによっては空が万事屋で仕事を続けるなどパラレルワールドだが、銀時ルートでの高杉の台詞やたまと九兵衛が未登場であることから、紅桜編と芙蓉編の間の話と解釈できる。

ゲーム内容[編集]

前述の通り、マルチエンディングが採用されており、主に選んだ選択肢で特定のキャラのエンディングルートが決まる。数種類ミニゲームも用意されており、フルボイス仕様である。その為、登場人物はいままでの銀魂のゲーム作品では最も少ないが、坂本、じい、星海坊主など、名前のみ登場するキャラもいる。

登場キャラ[編集]

  • 坂田銀時
  • 神楽
  • 志村新八
  • 志村妙
  • お登勢
  • キャサリン
  • 桂小太郎
  • エリザベス
  • 土方十四郎
  • 沖田総悟
  • 近藤勲
  • 山崎退
  • 松平片栗虎
  • ハタ皇子
  • 長谷川泰三
  • 猿飛あやめ
  • お通(台詞のみ)
  • 高杉晋助
  • 親方ヒロキ
  • カテリーナ
  • 春雨ボス

外部リンク[編集]