魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
魔神英雄伝ワタルシリーズ > 魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』(ましんえいゆうでんワタル しちこんのりゅうじんまる、MASHIN HERO WATARU THE SEVEN SPIRITS OF RYUJINMARU)は、サンライズ制作による日本のWebアニメ作品。

概要[編集]

2020年4月10日よりYouTube『BANDAI SPIRITS 公式チャンネル』で配信の新シリーズ[1]。1話約15分、全9話(前期4話、後期5話)配信予定。

第1作目から32周年目での新作シリーズとなる。以前から新シリーズの企画はされていたが、そのたびに立ち消えになっていた[2]。そうして、2019年10月にシルエットでながら新プロジェクトが発表、同年10月の『TAMASHII NATION 2019』でPVが公開された[3]。2020年2月の『TAMASHII Cyber Fes 2020』では田中真弓、伊倉一恵を迎えたトーク番組を開催・配信[4]、3月にも開始直前番組も配信した[5]

当初、第3・4話は隔週配信予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でスケジュールの変更があり、第3・4話が延期となった。そのため第3話配信予定だった5月8日には第1話スタッフコメンタリーを[6]、5月22日には第2話スタッフコメンタリーを特別配信[7]リモート出演は監督の神志那弘志とサンライズの池谷浩臣[8][9]

本作品では、過去作の舞台である「創界山」が天地反転したような「逆さ創界山」が舞台となり、新たなる敵・ドバズダーとの戦いで身体と魂を失った主役魔神「龍神丸」を救うのが目的。時系列としては第1作、『ワタル2』以降に当たる。

ストーリー[編集]

神部界の創界山と星界山を救った救世主・戦部ワタルはドバズダーとの戦いで龍神丸を失う。しかし、夢の中で聞いた龍神丸の声で逆さ創界山に龍神丸がいると信じたワタルは、虎王やヒミコと逆さ創界山へと向かう。

登場人物[編集]

救世主一行[編集]

戦部ワタル(いくさべ ワタル)
声 - 田中真弓
主人公。宿敵・ドアクダーの侵略から創界山と星界山を救った救世主。龍神丸を救うため、仲間たちとともに逆さ創界山へ向かう。
本作では訪れた世界ごとに服装が変化し、最初の世界であるアップダウンシティでは、青いアンダーウェアに黄色いジャケットを纏った郵便配達員風[注 1]の姿に、第3の世界(ビジュアルストーリー版)では黒いマントを纏ったドラキュラ伯爵のような姿となる[注 2]
忍部ヒミコ(しのびべ ヒミコ)
声 - 林原めぐみ
忍部一族13代目の御頭で、不思議な忍術を使う元気な少女。危機的状況でもマイペースさを崩さないムードメーカー。
剣部シバラク(つるぎべ シバラク)
声 - 西村知道
野牛シバラク流剣術の使い手で、ワタルの師であり父親的存在。ヒミコから「カバ」と呼ばれるなどギャグ的な場面が多いが、年長者としてワタルを見守り支える。第1話冒頭のドバズダーたちとの戦い後にワタル達とはぐれる。
虎王 / 翔龍子(とらおう / しょうりゅうし)
声 - 伊倉一恵
かつてドアクダーに洗脳され、ワタルたちと敵対していた創界山の皇子。のちにワタルの親友(トモダチ)となり、二度にわたるドアクダーとの戦いで活躍する。ヒミコを気に入っており、自分の嫁(ヨメ)にすることを公言している。
本作冒頭で、翔龍子がワタルに加勢するが、ドバズダーの邪気に触れたことで虎王の姿になる。過去作では中盤以降からの登場となっていたが、本作では最初からワタルたちの旅に同行する。

アップダウンシティ[編集]

メル
声 - 吉田小南美
アップダウンシティに住む少女。入院中の母親に贈るための写真立てと手紙をワタルに託す。
『第一作』第3話に登場するゲストキャラクターをリライトしている[注 3]
ワーイ=ファーイ
声 - 龍田直樹
アップダウンシティの市長。自分の銅像から怪電波を発しスマホやドローン、動くビル群を暴走させ市民を苦しめている。人々を困らせて自分の言いなりにしようとしているが、市民からの支持率は低い。

そのほかの人々[編集]

聖龍妃(せいりゅうひ)
声 - 藤井佳代子
翔龍子(虎王)の母親で、創界山を統治する女王。ワタルたちを逆さ創界山へと送る。
妖部オババ(あやしべ オババ)
声 - 丸山裕子
モンジャ村の預言者。
忍部オジジ
声 - 沢りつお
ヒミコの祖父。既にドバズダーの悪意を受けて暴れていた。
渡部クラマ(わたりべ クラマ)
ワタルの仲間のひとりで、ドアクダーの呪いで鳥の姿にされていた青年。
漫画版ではアニメ版よりも早期に登場。ドバズダーの黒い霧で再び鳥の姿になり、黒い霧のガッタイダーの内部に捕らわれていた。
海火子(うみひこ)
『2』でワタルたちとともにドアクダーを打倒した星界山の皇子。本作第1話での聖龍妃の会話のなかで名前が挙がるのみで、本人は登場しない。
EXマン(エクスキューズマン)
声 - 龍田直樹(緑)、吉田小南美(黄)、藤井アユ美(赤)
過去作に引き続き、本作のアイキャッチや進行係を務める。

ドバズダー[編集]

ドバズダー
声 - 辻井健吾
正体不明の敵。蜃気楼のような悪意の塊。

小説版の登場人物[編集]

シュワルビネガー
『第一作』に登場するクルージング・トムの元部下。ドバズダーの影響で正気を失い、魔神バトルゴリラ100を駆って暴れる。
ジョン・タンクーガー
クルージング・トムの元部下。ドバズダーの影響で独占欲が止められなくなり、シュワワ村にあるラー湖の聖水を独り占めしていた。戦車型魔神ゲゲゲッペルンに乗る。

ビジュアルストーリーの登場人物[編集]

ドロロンパ
第1話に登場。カウボーイハットとサングラスを身に着けた陽気な性格のオバケ。人をおどろかせるのが一番うまいオバケ「オドロキング」を自称しているが、素顔の瞳は愛らしく迫力に欠ける。住み家である古い洋館に迷い込んだワタルとヒミコをおどろかせようとするが、自分の素顔を笑われたことに憤慨し、乗機のスケルバット14Kを持ち出して襲い掛かってくる。この時点でまだこの世界の龍魔神を呼び出せないワタルを追い回すが、幻神丸に搭乗したヒミコに翻弄され敗北する[注 2]

魔神[編集]

魔神(マシン、MASHIN)とは、「ワタルシリーズ」の世界で普及しているロボットの総称。製作や操縦方法などはおおむね他作品のロボット兵器と同様であるが、龍神丸のような自我や再生能力を備えた特殊な成り立ちの機体も存在している。

龍魔神[編集]

龍魔神(りゅうマシン、RYU MASHIN)とは、砕かれた龍神丸の魂から生まれた7体の魔神。それぞれが過去作の龍神丸のパワーアップ形態や、味方の魔神たちに似た意匠と能力をもつ[10]。逆さ創界山の各世界にある「龍神丸の欠片」を手に入れることで召喚できるが、各龍魔神は欠片を手に入れた世界でしか召喚できないため、新たな世界に行くごとに別の欠片を手に入れる必要がある[注 2]

龍蒼丸(りゅうそうまる、RYUSOUMARU
アニメ第3話から登場予定。青龍の力をもつ蒼き龍魔神。外見は通常の龍神丸に似ている。背中の翼を広げ飛行形態になる。武器は蒼い柄と金色の刀身をもつ蒼龍剣(そうりゅうけん)。
龍戦丸(りゅうせんまる、RYUSENMARU
赤龍の力をもつ赤き龍魔神。外見は戦神丸に似ている。武器は二刀流で使用される紅龍剣壱式と紅龍剣弐式[10]
幻龍丸(げんりゅうまる、GENRYUMARU
ビジュアルストーリー第2話より登場予定。緑の龍魔神。外見は幻神丸に似ている。武器は、背中の翼を連結させて使用する幻龍大手裏剣、逆手で保持する碧龍剣、足裏に内蔵された隠し刀・幻雷刀[10]
龍激丸(りゅうげきまる、RYUGEKIMARU
オレンジ色の龍魔神。新星龍神丸や龍星丸のような巨大な翼と大爪をもつ。背中の翼を広げ飛行形態になる。武器は二刀流の炎龍剣[10]
聖龍丸(せいりゅうまる、SEIRYUMARU
紫の龍魔神。聖騎士パラディンのようなスリット状の頭部バイザーが特徴で、聖龍飛翔形態に変化(チェンジ)する。武器は両刃の大剣・聖龍剣[10]
龍虎丸(りゅうこまる、RYUKOMARU
龍と虎の意匠を持つ邪虎丸に似た、猛き龍魔神。龍虎形態に変化する。武器は組み合わせることで2つの武器形態に変形可能な龍虎盾と虎龍剣[10]
煌龍丸(こうりゅうまる、KOURYUMARU
頭部や胸、両肩、剣に六つの勾玉が輝く金色の龍魔神。煌龍飛翔形態に変化する。武器は七龍剣[10]

丸魔神[編集]

丸魔神(まるマシン)とは、ワタルやその仲間たちが搭乗する魔神。ほかの魔神とは一線を画す性能や機能をもち、機体名に「丸」が付くことから丸魔神と呼ばれる。

龍神丸(りゅうじんまる)
声 - 玄田哲章
神部七龍神の金龍の魂が宿ったワタルの魔神。ワタルとは強い絆で結ばれており、戦いで弱気になったワタルを叱咤激励する。作中冒頭でドバズダーに取り込まれそうになった影響で体が消滅し、魂が七つに砕け散る。
戦神丸(せんじんまる)
シバラクの魔神。二刀流剣術を駆使する接近戦型の機体。龍神丸と同じく自我をもち、シバラクから電話連絡を介して召喚されるが、作中で声を発する場面はない。小説版ではフィーチャー・フォン(ガラケー)を用いて召喚されていたようだが、のちにスマートフォンに機種変更している。漫画版ではリンゴ村特製10G最新スマホを使用しているが、既読が付かずなかなか呼び出せない。
幻神丸(げんじんまる)
ヒミコの魔神。巨大手裏剣や刀を装備した忍者らしい機体。本来は父である幻龍斎の魔神であり、『無印』では幻龍斎とヒミコの二人乗りだったが、本作では幻龍斎が不在のためにヒミコがひとりで操縦している。なお、幻龍斎の席には猿姿の本人のぬいぐるみが飾ってある。
邪虎丸(じゃこまる)
虎王の魔神。猛虎形態への変形機構と高速飛行能力をもつ高性能機。

敵魔神[編集]

ガッタイダー
『第一作』に登場するザン三兄弟の合体魔神。ドバズダーによって黒い幻のような姿で現れ、幻神丸と対峙する。
漫画版ではドバズダーの黒い霧が渡部クラマを取り込んだ姿として出現する。
邪戦角(じゃせんかく)
『2』に登場する角魔神3号機で、ドワルダー軍に洗脳され敵となったシバラク(魔界シバラク)の搭乗機。ドバズダーによって黒い幻のような姿で現れ、戦神丸と対峙する。
漫画版と小説版では未登場。
セカンドガン・セカンド[注 3]
ワーイの魔神。『第一作』に登場するセカンドガンの同型機で、全身が赤く塗られている。
ヘルコプター
『第一作』に登場するヘルコプターの同型機で、一部が藍色に塗られている。劇中では2機登場。

小説版に登場する魔神[編集]

バトルゴリラ100(ワンハンドレッド)
シュワルビネガーの魔神。以前よりパワーアップしており、100発自動発射できるスペシャルマグナム10連発を放つ。
ゲゲゲッペルン
ジョン・タンクーガーの戦車型魔神。ファイヤータックルで突進し、ミサイルファイヤーを放つ。
ドバズダーの黒い魔神たち
ドバズダーの黒い霧が作り出した黒い魔神。その中にはアイスホッケー選手みたいな魔神(ファイヤーパック)、頭にネジの刺さったフランケンシュタインみたいな魔神(フランケンシュタイン)、ツタンカーメンみたいな魔神(ツインカーメン)もいる。

ビジュアルストーリーに登場する魔神[編集]

スケルバット14K(イチヨンケー)
第1回に登場。ドロロンパの魔神。『第一作』の創界山第二界層ボス魔神「スケルバット」の改修機で、全身が金色に塗装されている。改修前と同じ機体の上下分割機構に加えて、機体を透明化するステルス機能を備えている[注 2]

アイテム[編集]

七魂の剣(しちこんのつるぎ)
本作のワタルの武器で、王者の剣[注 4]に粘土の龍神丸[注 5]を宿らせて誕生した新たな剣。柄には龍神丸の首にあるものと似た六つの勾玉があるが、すべて色を失っている[注 6]
スマートウォッチ[注 6]
ワタルが左腕につけている赤いリストバンド型通信端末。
空飛ぶドローンブーツ
アップダウンシティの救世主の姿のワタルが履く羽根付きブーツ。踵を合わせることで羽根がプロペラになり空を飛べる。
ペッタン手裏剣
小説版に登場するヒミコのアイテム。
へん玉
小説版に登場するワタルのアイテム。

用語[編集]

逆さ創界山(さかさそうかいざん)
「無想界山(むそうかいざん)」「龍の見る夢」とも呼ばれる。創界山がひっくり返ったような、ここ(創界山)ではないどこか、今ではないいつかの世界。そうなるかもしれなかった世界、そうであったかもしれない世界、遠い遠い未来、遥か昔の姿、様々な世界がある。
幻のイメージより逆さ富士から連想している[注 6]
アップダウンシティ
逆さ創界山にある自動化が発達した町。ビル自体が動き、メールやドローン配達が盛んな一方、手紙などが忘れ去られている。かつてメールサーバーに重大な障害が発生したときに、龍の神様の背中に乗り人々のメッセージを届けた救世主が伝説として語り継がれている。
第1作第3話に登場する同名の町の未来像をイメージしている[注 3]。なお、第1作の町は大声を出すと地面の一部が上下する場所だった。
水面の鏡(みなものかがみ)
逆さ創界山を映す鏡。表面が水になっており、その水を桶に満たすことにより無想界山へ行くことができる。
ラー湖の聖水
小説版に登場。シュワワ村にある炭酸水のような水。飲むとドバズダーの黒い霧を退ける効果がある。

スタッフ[編集]

  • 企画・製作 - サンライズ
  • 原作 - 矢立肇
  • 監督 - 神志那弘志
  • シリーズ構成 - 永井真吾
  • キャラクターデザイン - 牧内ももこ
  • メカニカルデザイン - 新谷学
  • デザインワークス - 湯川純
  • キーメカアニメーター - 重田智、東賢太郎
  • 美術監督 - 池田繁美、丸山由紀子
  • 色彩設計 - 佐藤美由紀
  • 音響監督 - 藤野貞義
  • 撮影監督 - 長田雄一郎
  • 編集 - 野尻由紀子
  • 音楽 - 兼埼順一、門倉聡、神林早人(魔神英雄伝ワタル、ワタル2より)
  • 企画協力 - BANDAI SPIRITS

主題歌[編集]

2曲とも第1作の既存音源を使用。フル音源をエディットしてテレビサイズにしている[注 6]

オープニングテーマ「STEP」
作詞・作曲 - 立花瞳 / 編曲 - 志熊研 / 歌 - a・chi-a・chi
『無印』に使用された「改編版」ではなくオリジナル版。
映像はイントロと1コーラス目までは『無印』時代のオマージュだが、以降は新造。
エンディングテーマ「a・chi-a・chiアドベンチャー」
作詞 - 伊藤アキラ / 作曲 - 池毅 / 編曲 - 志熊研 / 歌 - a・chi-a・chi
映像はイントロ部以外は『無印』時代とほぼ同じだが、クラマ・幻龍斎・オババに代わって龍神丸が登場している。

各話リスト[編集]

サブタイトル部のBGMは『無印』時代から流用。

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督配信日
第1話立ち上がれ!救世主
Stand up! Savior[11]
永井真吾神志那弘志いまむら牧内ももこ(キャラクター)
重田智(メカニカル)
東賢太郎(メカニカル)
2020年
4月10日
第2話メッセンジャーはダレなんじゃ?
Who's the messenger?[12]
竹内浩志伊部勇志古俣太一、鈴木卓也
大竹守
4月24日

メディアミックス[編集]

コミック[編集]

コロコロアニキ』2020年春号でコミック掲載。著者は藤異秀明[13]。本編では描かれなかったワタルの世界から創界山に向かうプロローグ編を描く。

小説[編集]

矢立文庫で配信のWeb小説。著者:小山真。本編では描かれなかったプロローグ編を描く。

ビジュアルストーリー[編集]

月刊ホビージャパン』2020年7月号より掲載。執筆:小山真。ネクスエッジスタイルのフィギュアを用いた特撮写真をまじえて、アニメ本編では描かれないアニメ第4話から第5話までの間で遭遇したエピソードを展開する。

フィギュア[編集]

ネクスエッジスタイルよりアクションフィギュアが発売。初回特典として龍蒼丸と龍戦丸にはアクリルキーホルダーと創界山新聞、龍虎丸にはノンテロップOP&ED収録のBlu-rayが付く。

  • [MASHIN UNIT] 龍蒼丸 2020年5月23日発売。
  • [MASHIN UNIT] 龍戦丸 2020年5月23日発売。
  • [MASHIN UNIT] 幻龍丸 2020年6月27日発売予定。
  • [MASHIN UNIT] 龍激丸 2020年8月発売予定。
  • [MASHIN UNIT] 聖龍丸 2020年9月発売予定。
  • [MASHIN UNIT] 龍虎丸 2020年10月予定
  • [MASHIN UNIT] 煌龍丸 2020年10月予定

ゲームコラボ[編集]

パズル&ドラゴンズ
2020年3月16日から3月31日の期間限定で、戦部ワタルが登場。龍蒼丸にアシスト進化が可能。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ネクスエッジスタイル 龍蒼丸『またまた帰って来た救世主!キャンペーン』特典、創界新聞より。
  2. ^ a b c d ビジュアルストーリー第1話より。ホビージャパン2020年7月号
  3. ^ a b c 第2話スタッフコメンタリーより。
  4. ^ 小説では「勇者の剣」と記載されているが、アニメでは「王者の剣」の形状のまま。
  5. ^ 粘土に亀裂が入っており、六つの勾玉も失われている。
  6. ^ a b c d 第1話スタッフコメンタリーより。

出典[編集]

  1. ^ 本日から『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』が配信開始!「魔神英雄伝ワタル」関連のフィギュアやプラモデル情報を振り返り!電ホビ 2020年4月10日
  2. ^ 『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』特別企画!戦部ワタル役:田中真弓さん、虎王役:伊倉一恵さん、忍部ヒミコ役:林原めぐみさん座談会インタビュー 第1回コロコロオンライン 2020年4月24日
  3. ^ 『魔神英雄伝ワタル』新プロジェクト始動。新作アニメPVが魂ネイション2019で公開! 2020年春に新たな冒険が!?ファミ通.com 2019年10月16日
  4. ^ 【サイバーフェス:アーカイブ配信】『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』キャスト&新情報発表!『七魂』もハッキシいって、おもしろカッコいいぜ!!YouTube 2020年2月23日
  5. ^ 『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』4月10日配信直前! 『七魂』もハッキシいって、おもしろカッコいいぜ!YouTube 2020年3月27日
  6. ^ 新型コロナウイルス感染拡大にともない、制作スケジュールを変更することにいたしました。公式twitter 2020年4月24日
  7. ^ 5/22(金)21時より第2話スタッフコメンタリー&『七魂の龍神丸×ネクスエッジ 特別映像』をYouTube「BANDAI SPIRITS公式チャンネル」にてプレミア公開!公式twitter 2020年5月15日
  8. ^ 魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸 第1話スタッフコメンタリーYouTube 2020年5月8日
  9. ^ 魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸 第2話スタッフコメンタリー&『七魂の龍神丸×ネクスエッジ 特別映像』YouTube 2020年5月22日
  10. ^ a b c d e f g フィギュア公式サイト
  11. ^ 魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸  第1話「立ち上がれ!救世主」YouTube 2020年4月10日
  12. ^ 魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸  第2話「メッセンジャーはダレなんじゃ?」YouTube 2020年4月24日
  13. ^ 【アニキ春号】『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』が最速まんが化コロコロアニキ 2020年3月7日

外部リンク[編集]