のだめカンタービレ 最終楽章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のだめカンタービレ 最終楽章
前編 / 後編
監督 武内英樹(前編)
川村泰祐(後編)
脚本 衛藤凛
製作 亀山千広
製作総指揮 石原隆
和田行ほか
出演者 上野樹里
玉木宏
撮影 山本英夫
編集 松尾浩
配給 東宝
公開 日本の旗 2009年12月19日(前編)
2010年4月17日(後編)
上映時間 121分(前編)
123分(後編)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 41.0億円(前編)[1]
37.2億円(後編)[1]
テンプレートを表示

のだめカンタービレ 最終楽章』(のだめカンタービレ さいしゅうがくしょう)は、二ノ宮知子の漫画『のだめカンタービレ』を原作とした日本の映画である。テレビドラマ版の続編という形で前後編2部作で制作された。監督はドラマ版の演出に引き続き、武内英樹が務め、映画初監督デビューを果たした。2010年上半期邦画興収は前編が2位、後編が3位という結果となった。

撮影は国内だけでなく、フランスチェコスロバキアオーストリアといった海外でも敢行。新キャストとして谷原章介なだぎ武ザ・プラン9)、チャド・マレーンが参加しており、外国人役には現地の役者も多数採用されている。ル-・マルレ・オーケストラはブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、映画冒頭ベートーヴェン交響曲第7番、楽友協会での演奏はハラデッツ・フィルハーモニー。オーケストラのシーンではブルノ・フィルハーモニーのほか、フラデツ・クラーロヴェー・フィルハーモニー管弦楽団などのメンバーもエキストラとして協力。ドラマ同様にのだめオーケストラもR☆Sオケメンバーとしてエキストラ出演した。また、のだめのピアノ演奏は、中国人ピアニストのラン・ランが担当した。

解説[編集]

前編[編集]

2009年12月19日に公開された。キャッチコピーは「この冬、映画館がコンサートホールに変わる。」「待っててくださいね先輩。今すぐ追い付きますから。」

公開前日の2009年12月18日放送金曜プレステージ『映画公開記念ドラマレジェンドのだめカンタービレinヨーロッパ完結への序章〜第1夜』および、19日放送土曜プレミアム『映画公開記念ドラマレジェンドのだめカンタービレinヨーロッパ完結への序章〜第2夜』で新撮影部分を含めた再編集版が放送。また、2008年1月4-5日には同局系列で2夜連続でスペシャルドラマ『のだめカンタービレ 新春スペシャルinヨーロッパ』が地上波再放送されている。

全国409スクリーンで公開され、12月19日 - 20日の初日2日間の成績は動員31万7,302人、興収3億9,429万1,600円となり週末興行収入で第2位、2009年フジテレビが製作した映画の中でも『アマルフィ 女神の報酬』を抜いて最高位となる好スタートとなった[2]香港マカオ台湾シンガポールでも2010年3月に前編が公開されており、特に香港では初登場2位を記録するヒットとなった。最終興収は41億円になり2010年度興行収入邦画第6位となっている[1]

後編公開前の2010年4月10-16日には、復習上映会と称し再上映もされている。復習上映会は特別料金1000円で観賞可能で更に後編前売券の提示で500円となった。

後編[編集]

2010年4月17日に公開された。キャッチコピーは「さらば、のだめ」「先輩、お別れデス。」

映画公開を記念して、2010年4月15日にはフジテレビ系『めざましテレビ』とのタイアップの視聴者参加型演奏コンテスト、『のだめファイナルみんなで“ベト7”ロードto武道館』が開催。コンテストにはベートーヴェン交響曲第7番第1楽章が使われた。

全国410スクリーンで公開。初日は主演俳優および監督が4チームに分かれ、東京3カ所、神奈川2カ所、大阪2カ所で18回の舞台挨拶が行われた。舞台挨拶の累計観客動員は1万2,107人となり、東宝では舞台挨拶の歴代最高回数となった[3]。また、2010年4月17-18日初日2日間で動員43万7,613人、興収5億6,307万5,250円になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[4](第1位は『アリス・イン・ワンダーランド』、第2位は『名探偵コナン 天空の難破船』)。公開第2週目には累計動員109万人、興収13億5500万円となり[5]、公開第3週目には興収20億円を突破し、前後編を通じての観客動員数が500万人を突破[6]、公開第5週目には動員259万人、興収31億3,000万円[7]、公開第6週目で累計動員数は275万913人、興収は33億2,833万9,870円となる大ヒットとなっている[8]。最終興収は37.2億円になり2010年度興行収入邦画第8位となっている[1]

キャスト[編集]

※外国人キャストのセリフは、声優などが声を当てる形となっている。

2作共通
前編のみ
  • 並木 ゆうこ:山口紗弥加
  • ポール・デュボワ:チャド・マレーン
  • トマ・シモン:マンフレット・ウダーツ
  • ノエミ・クルベ :シンシア・チェストン
  • アレクシ・ソラン :ニコラス・コントス
  • ノースリーブ:ジリ・N・ジェリネク
  • ストライプ :ローラン・リグレ
  • ホルン:ジョナサン・ハミル
  • チェロ主席:ウォルター・ロバーツ
  • ファゴット主席:ニコス・ビィファロ・ビィンチェンゾ
  • シンバル:マーク・トゥリアン
  • 大太鼓:ロイック・ガルニエ
  • ダニエル:ロビン・デュビー
  • ジェイムズ・デプリースト:ジェイムズ・デプリースト
  • いつもの席に座る老人: ルボミール・リプスキー ()
  • 池で船の少年:ギョーム
  • カトリーヌ :ルカ・プラトン
  • マダム・ラントワーズ :ナダ・コヴァリンコヴァ
後編のみ
楽団員

スタッフ[編集]

のだめカンタービレ 最終楽章 前編
のだめカンタービレ 最終楽章 後編

※ 異動があったもののみ記載。

演奏[編集]

主題曲[編集]

  • オープニング曲:ベートーヴェン「交響曲第7番」第1楽章第4楽章
後編はピアノソロとなっている。ピアノ演奏はラン・ラン。

BGM[編集]

のだめカンタービレ 最終楽章 前編
  • ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92より第1楽章
  • ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92より第4楽章
  • チャイコフスキー: バレエ音楽「くるみ割り人形」 小序曲
  • チャイコフスキー: バレエ音楽「白鳥の湖」 情景(第2幕)
  • ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」より 第4楽章から
  • グリーグ: 「ペールギュント」組曲作品55- アラビアの踊り
  • デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」
  • グリーグ: 「ペールギュント」組曲作品55 - ソルヴェイグの歌
  • ラヴェル:「ボレロ」
  • モーツァルト:ピアノソナタ第11番イ長調K.331より 第3楽章「トルコ行進曲」
  • ショパン: ワルツ第6番「小犬のワルツ」 変ニ長調 Op.64-1
  • ショパン: 革命のエチュード ハ短調 Op.10-12
  • ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調作品104/B.191より 第1楽章から ピアノ伴奏版
  • モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調 K.314/285dより 第1楽章 ピアノ伴奏版
  • サラサーテ:「ツィゴイネルワイゼン」 ピアノ伴奏版
  • ジョリヴェ:バソン協奏曲より 第1楽章 ピアノ伴奏
  • グリーグ: ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ短調 Op.45- 第2楽章
  • ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」より第2楽章
  • チャイコフスキー:序曲「1812年」
  • J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第1番ニ短調BWV1052より第1楽章
  • J.S.バッハ:ピアノ協奏曲第1番ニ短調BWV1052より第3楽章
  • チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」より 第4楽章から
  • ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67「運命」より 第4楽章
  • マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調より 第4楽章
  • エドワード・エルガー:「エニグマ」変奏曲より 第9変奏「ニムロッド」
  • ジョージ・ガーシュウィン(原編曲:グローフェ)「ラプソディ・イン・ブルーより」
  • ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11より 第1楽章
のだめカンタービレ 最終楽章 後編
  • ショパン:ピアノソナタ第3番ロ短調作品58より 第1楽章
  • ドビュッシー:「映像」第1集より 「水に映る影」
  • ヨハン・シュトラウス2世トリッチ・トラッチ・ポルカ
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番変イ長調作品110より 第1楽章
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ第31番変イ長調作品110より 第3楽章から
  • ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調より 第1楽章
  • ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11より 第1楽章
  • ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11より 第3楽章から
  • サン=サーンス:「サムソンとデリラ」より バッカナール
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」より 第2楽章 Adagio cantabile
  • モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ長調K.448/375aより 第1楽章
  • 大島ミチル/松谷卓編:「もじゃもじゃ組曲」より第1曲「もじゃもじゃの森」から “のだめとヤドヴィ” ヴァージョン
  • フランス民謡:「アヴィニヨンの橋の上で」
  • ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77より 第3楽章

主なロケ地[編集]

原作との主な相違点[編集]

  • 原作では渡欧した千秋と再会し千秋を「私の弟子」と認め、千秋をオペラの副指揮者に登用するなど、原作の映画版に相当する部分で出番のあるセヴァスチャーノ・ヴィエラは、映像では千秋とのだめが渡欧直後に「ヴィエラの指揮する演奏会に行く」シーンで舞台上での指揮姿が映るのみ。
  • 原作の、映画版に相当する部分で出番のある千秋雅之(千秋の父)、三善征子(千秋の母)[9]、千秋を支援する三善家の人々、のだめがコンセルヴァトワールで親しくなる天才少年リュカ[9]、三善家所有のアパルトマンに住んでいる李雲龍・長田克広らは省かれている。
  • マルレ・オケ常任指揮者として最初に演奏した曲がチャイコフスキー「1812年」(原作ではロッシーニ「ウィリアム・テル」)。また、同じ公演でJ.S.バッハ「ピアノ協奏曲1番」の弾き振りを実演している(原作では別の公演)。フランス国歌ロシア国歌が踏み潰す趣向のこの曲を、実際にフランスの団体が演奏することがあるのかどうかという疑問もあったが、プロデューサーが音楽監修の反対を押し切った形となった。
  • のだめとシュトレーゼマンの協奏曲デビュー公演がプラハ(原作ではロンドン)。
  • 千秋が来た時にのだめが子供たちの前で弾き始めるのがベートーヴェン「ピアノソナタ第8番『悲愴』」(原作ではベートーヴェン「ピアノソナタ第31番」)。

映像ソフト[編集]

のだめカンタービレ 最終楽章 前編(2010年6月4日発売)
  • 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 DVD:スペシャル エディション【3枚組】
  • 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 DVD:スタンダード エディション
  • 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 Blu-ray
のだめカンタービレ 最終楽章 後編(2010年10月8日発売)
  • 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 DVD:スペシャル エディション【3枚組】
  • 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 DVD:スタンダード エディション
  • 「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」 Blu-ray
2010年10月25日付のオリコン週間DVD総合チャートでは0.9万枚を売り上げシリーズ初の首位となった[10]

CD[編集]

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
のだめカンタービレサウンドトラック
リリース
ジャンル クラシック
時間
レーベル エピックレコードジャパン
チャート最高順位
  • 週間11位(オリコン
  • 2010年度上半期40位(オリコン)
  • 2010年度年間85位(オリコン)
  • 登場回数27回(オリコン)
ゴールドディスク
のだめカンタービレ 年表
アニメ「のだめカンタービレ」巴里編サウンドトラック
(2008年)
のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
(2009年)
アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」オリジナル・サウンドトラック・コンプリート
(2010年)
テンプレートを表示

映画で使用された楽曲を集めたサウンドトラック『のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編』が2009年12月9日に発売されている。第24回日本ゴールドディスク大賞「サントラ・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。クラシックのサントラCDとしては異例の売り上げを伸ばし、発売から約3カ月間で累計出荷枚数10万枚を突破している。

収録曲は以下のとおり。

ディスク1[編集]

  1. 交響曲第7番イ長調作品92より 第1楽章(11:33)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:ベートーヴェン
  2. 交響曲第7番イ長調作品92より 第4楽章(6:55)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:ベートーヴェン
  3. 交響詩「魔法使いの弟子(11:45)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:デュカス
  4. ボレロ(15:42)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:ラヴェル
  5. ピアノ協奏曲第1番ニ短調BWV1052より 第1楽章(8:31)
    演奏:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:ズデニェク・マーカル、作曲:J.S.バッハ、ピアノ:セルゲイ・エデルマン
  6. ピアノ協奏曲第1番ニ短調BWV1052より 第3楽章(8:15)
    演奏:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:マーツァル(ズデニェク)、作曲:J.S.バッハ、ピアノ:エデルマン(セルゲイ)
  7. 序曲1812年(15:15)
    演奏:ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、指揮:大友直人、作曲:チャイコフスキー

ディスク2[編集]

  1. ピアノソナタ第11番イ長調K.331より 第3楽章「トルコ行進曲」(2:33)
    作曲:モーツァルト、ピアノ:ラン・ラン
  2. ピアノソナタ第3番ロ短調作品58より 第1楽章(9:48)
    作曲:ショパン、ピアノ:ラン・ラン
  3. 映像」第1集より 「水に映る影」(7:23)
    作曲:ドビュッシー、ピアノ:ラン・ラン
  4. ピアノソナタ第31番変イ長調作品110より 第1楽章(6:55)
    作曲:ベートーヴェン、ピアノ:ラン・ラン
  5. ピアノソナタ第31番変イ長調作品110より 第3楽章から(2:17)
    作曲:ベートーヴェン、ピアノ:ラン・ラン
  6. ピアノ協奏曲ト長調 より 第1楽章(8:49)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:ラヴェル、ピアノ:ラン・ラン
  7. ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11 より 第1楽章(19:59)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:ショパン、ピアノ:ラン・ラン
  8. ピアノ協奏曲第1番ホ短調作品11 より 第3楽章から(4:21)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:ショパン、ピアノ:ラン・ラン
  9. ピアノソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」より 第2楽章 Adagio cantabile(6:21)
    作曲:ベートーヴェン、ピアノ:ラン・ラン
  10. 2台のピアノのためのソナタ ニ長調 K.448/375a より 第1楽章(6:26)
    作曲:モーツァルト、ピアノ:ラン・ラン
  11. 大島ミチル/松谷卓編:「もじゃもじゃ組曲」より第1曲「もじゃもじゃの森」から “のだめとヤドヴィ” ヴァージョン(2:00)
    演奏:竹内正実、作曲:大島ミチル、編曲:松谷卓、ピアノ:ラン・ラン
  12. フランス民謡:「アヴィニヨンの橋の上で」(0:38)
    ピアノ:ラン・ラン

ディスク3[編集]

  1. オーボエ協奏曲ハ長調 K.314/285dより 第1楽章 ピアノ伴奏版(6:45)
    作曲:モーツァルト、オーボエ:池田昭子、ピアノ:三輪郁
  2. ツィゴイネルワイゼン」 ピアノ伴奏版(8:59)
    作曲:サラサーテ、バイオリン:太田雅音、ピアノ:沼光絵理佳
  3. チェロ協奏曲ロ短調 作品104/B.191より 第1楽章から ピアノ伴奏版(11:56)
    作曲:ドヴォルザーク、チェロ:金子鈴太郎、ピアノ:沼光絵理佳
  4. バソン協奏曲より 第1楽章 ピアノ伴奏版(7:08)
    作曲:ジョリヴェ、バスーン:小山清、ピアノ:原田愛
  5. ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品77より 第3楽章(8:25)
    指揮:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、作曲:ブラームス、バイオリン:ペク・ジュヤン
  6. 交響曲第5番ハ短調作品67「運命」より 第4楽章(11:54)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:ベートーヴェン
  7. 交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」より 第4楽章から(4:21)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:ベートーヴェン
  8. エニグマ変奏曲より 第9変奏「ニムロッド」(3:58)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:エルガー
  9. 交響曲第5番嬰ハ短調 より 第4楽章(10:13)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:マーラー
  10. 交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」より 第1,4楽章から(2:31)
    演奏:のだめオーケストラ、指揮:飯森範親、作曲:チャイコフスキー
  11. ラプソディ・イン・ブルーより(3:42)
    演奏:東京フィルハーモニー交響楽団、指揮:飯森範親、作曲:ガーシュウィン、ピアノ:三舩優子

また、後編公開を前に連続ドラマ、スペシャルドラマ版の曲やアニメ版用音源、未収録音源などを収録した『のだめカンタービレ コンプリート BEST 100』がDVD付きの初回生産限定盤と通常盤で2010年4月7日に発売された。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c d 一般社団法人 日本映画製作者連盟 (2011年1月27日). “2010年度(平成22年)興収10億円以上番組 (平成23年1月発表)[邦画] (PDF)”. 2013年4月6日閲覧。
  2. ^ “「のだめ」「ワンピース」対決を制したのは、『ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD』!!‐12月21日版【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2009年12月23日). http://www.cinematoday.jp/page/N0021469 
  3. ^ “「のだめカンタービレ」前代未聞の初日18回舞台挨拶で1万2000人動員”. 映画.com. (2010年4月17日). http://eiga.com/news/20100417/5/ 
  4. ^ “最終章を迎えた『のだめ』にまたもや首位の壁!4・17の激戦区を制したのはジョニー・デップの『アリス』【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2010年4月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0023911 
  5. ^ “「アリス」依然強し。「銀魂」が4位、「タイタン」が5位にデビュー”. 映画.com. (2010年4月27日). http://eiga.com/ranking/20100427/ 
  6. ^ “ゴールデンウイークの激戦区の中でも『アリス』は強し!『矢島美容室』は初登場8位スタート!!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2010年5月6日). http://www.cinematoday.jp/page/N0024175 
  7. ^ “マット・デイモン主演の『グリーン・ゾーン』が3位スタート!! 『アリス』V5で独走は止まらず!!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2010年5月18日). http://www.cinematoday.jp/page/N0024426 
  8. ^ “『アリス』が100億円超えで独走中!『仮面ライダー』、市原隼人の『ボックス!』も順調にランクイン!!【映画週末興行成績】”. シネマトゥデイ. (2010年5月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0024597 
  9. ^ a b 三善征子やリュカは、ドラマでは登場したが、映画では省かれている。
  10. ^ “オリコンDVDランク、『のだめ〜』シリーズ初の総合首位を獲得”. SBIサーチナ. (2010年10月20日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1020&f=entertainment_1020_013.shtml 

外部リンク[編集]